月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

小千谷麻襦袢 120番手

a0236300_11551182.jpg

今年も 麻襦袢をもう一枚 染めてみました。
麻を 濃い色に染めるのはなかなか難しくなっているらしく やや難航しましたけど きれいに染まりました。
また 緑~ って言わないでね。
希望は 椿の葉の 新芽と古い葉の中間くらいの緑、だったのですが そんな注文 困りますわねえ。
a0236300_1211423.jpg

120番手の布は さすがに柔らかくしなやかで、絽目は入っていますが、4月の暑い日から10月まで たぶん 着ることになるでしょう。
これで 夏の襦袢は絹物 海縞綿、も含めて かなりの枚数になりました。
贅沢かしらん。

10代からきものは着て というか着せられていましたけど それなりの年になってから いわるゆ普段着というかおしゃれ着というか を自分の好みに着るようになってから 何をどうしたらいいのかわからず きもの本 やら 呉服屋さんで聞くやらで あれこれ あれこれしましたけど。
とどのつまり 基本は知っていて、あとは もう自分の好きなように 楽なように着ればいいのです、と判じたわけです。
でも、「こうしなくてはいけません」「それはおかしいです」という声は 頭の隅にひっかかっているので、それを、ええい 好きなように着るんだ、と払いのけるのは それなりに力がいります。
a0236300_1274519.jpg

先日の宮古麻布に合わせてみました。
これだと9月半ば過ぎまでいけそう。
今日 最高気温32度でして これはまだ続くでしょうから 単衣なんて まだ暑くて着られません。
木綿以前 または絹物なんて買えない層は 昔は一年中 麻、着てたんですから 盛夏(暦上の)に限る っていうしばり 無くしてほしいですねえ。

麻は優れもの。
大好きな布 です。
できれば国産の麻が 復活してほしいなあ。
旅していると 各地に 麻・苧 という字のついた地名があります。
おそらく産地だったのだろうなあ。 



[PR]
by fuko346 | 2016-09-07 12:15 | きもの | Comments(6)
Commented by 香子 at 2016-09-07 22:05 x
おお、いいお色ですね〜♪
ワタシもミドレンジャー=緑好きです。
先日、頂き物の麻の反物を染めに出しました。
今度は自分で染めずにプロに出したのですが
染め上がりが楽しみであります♪

Commented by fuko346 at 2016-09-08 10:56
香子さん
香子さんはどんなお色でしょう、拝見するの楽しみです。
染めるのって楽しいですね。
ほんと 出来上がりが楽しみで 待つのが うきうき♪
Commented by 神奈川絵美 at 2016-09-08 22:13 x
おおー風子さんらしいお色♫
確かに、真っ白だと季節が限られる麻も、染めてあれば
長く着られますよね。
120番手、あのお店でしょうか。肌触り良さそう~。
Commented by さくらこ at 2016-09-09 10:37 x
おお、良い色。
麻を綺麗に染めてくれる染屋さんは少なくて
うちのお抱えも来年は辞めたい、というのを
うちの分だけかろうじて
お願いできるように頼みました。
紺屋の白袴ならぬ
呉服屋の白襦袢、なので私用も染めなくては。
Commented by fuko346 at 2016-09-09 12:48
神奈川絵美さん
はい 横浜のじざいやさんで。
染めは京都で頼みました。

きれいですよね。
白の襦袢は礼装用 という感じがして 夏でもあまり
着たくない 笑
以前は盛夏の襦袢は白 というしばりはなかったのでは
ないか、と。
映画でとてもきれいなレモンイエローの襦袢を袖から
少し見えるように映していたのが とても美しくて
印象に残っています。田中絹代さんだったかなあ。
Commented by fuko346 at 2016-09-09 12:50
さくらこさん
色襦袢 うきうきします。
麻って 難しいのですってね。
そうそう注文もないのでしょうね。
ほんとは きれいな柄のが欲しいのだけど
ありませんわね~。