月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

伊勢の白子(しろこ)

伊勢の白子 と聞いて おきもの好きの方には お分かりでしょう。
はい 伊勢型紙の里 です。
a0236300_115938.jpg

鈴鹿市伝統産業会 で 匠の里 伊勢型紙フェスタ という催しがあることを知り 行ってきました。
うちからだと 新名神に乗って一時間強 です。
以前から 行ってみたいとは思っていましたが なにか機会が無いとなかなか実現しないものですが、今回は この催しの一環で お友達が 東京で行われた きもの男子コンテンストの入賞者としてトークショーをする、ということで 応援を兼ねて出かけたのでした。
a0236300_11154761.jpg

会館は 伊勢型紙の資料館にもなっており 展示品がいろいろ 実演も体験もできるようになっています。

気の遠くなるような 細かい柄の型紙たちを見ているだけでも とても興味深く また美しいもの です。

今日のきもの
a0236300_11231726.jpg

a0236300_11255365.jpg

きもの 江戸小紋 大小霰 結納のときにいただいた浜ちりめんを 染めたものです。
羽織 は 母のもの 仕立て直し 桃色と白の橘のような花が飛んでいるのがお気に入り。
帯  塩瀬 染め帯 正倉院模様 双鳥紋なんですが お太鼓に 鳥が出ていません。

a0236300_11315819.jpg

お友達と記念写真。
前日にFBでお友達のいでたちを見ていたので 合わせてみました。
色目で 深まる秋 のつもり です。
ただ当日は20℃近い気温で暑かったのでありました。
お友達は ダイコンとおろしがねの 江戸小紋。
二人とも 伊勢型紙に敬意を表して 江戸小紋を着ているのですが、地元の方だろうと思われる きものを着ていいた女性たちが 伊勢型紙を使ったきものを お召しではなかったのがちょっと疑問、でありました。

ふと 伊勢の白子 どころではなく 伊勢型紙も江戸小紋、も 知らない人が多くなってしまっているのだろうと、この国のゆくところを思ったりもするのでした。
一昔前 江戸小紋は箪笥に一枚は 入っていたように思います。
それも変遷か。
ただ あの技術だけは 固守していただきたい、ので 着る人が いなくてはならないわけ、です。
と書いて また ふと思う。
安価なプリントじゃあない本物をを ぜひ 一枚、どうぞ。



[PR]
by fuko346 | 2016-11-14 11:48 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)
Commented by sachiko at 2016-11-17 09:46 x
江戸小紋・・・ 良いですよね~♪
いろいろシーンに合わせ変身できるお着物ですものね
お母さまの羽織 良いですね
お姿拝見し 変身した黒羽織 登場させてあげなければと思いました


型紙の見事さに何かの折に手にすることができたら 額装したいと思っています
そのうちに・・・Tomokoさんの絵やら和のお気に入りのお着物部屋作りたい
             ↑
         願望であります(*^-^*)
Commented by fuko346 at 2016-11-18 22:52
sachikoさん
江戸小紋大好きです。
もう一枚欲しいけど、、、、笑

会館に型紙がたくさんあって 素晴らしかったです。
額にしたら 素敵だろうなあ、と私も想像いたしました。
おきもの部屋ができたら ぜひ 拝見したいです♪