月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

きもの日和

うらうらと晴れた 初冬のある日。
久しぶりのお友達と四人集って きもの遊び。
例のワインつながりで きもの繋がりの 不思議なご縁のお友達。
一声かけて 神戸 東京から 集まったのはある意味 すごいなあ、と思います。
a0236300_10214015.jpg

集合場所はこちら ORTO / オルト
前から気になっていたのと、本日の目的地に近いので選びました。
衣棚の狭い通りに おしゃれなお店がいくつかできていて この頃の京都はそんな場所が増えました。
最初の一品で お店の雰囲気ってわかりますね。
a0236300_10291318.jpg

a0236300_10293616.jpg

コースのお料理のいくつか。
きれいで、凝ったものが次々と。
二階のテーブル席が落ち着いていることもあって 美味しい料理におしゃべりに あっという間に 二時間以上がたってしまいました。

a0236300_10343677.jpg

目的地は 京都文化博物館別館で行われていた 貴久樹さんの展示会。
能楽堂のところでも書きましたが きものの展示会も 主催のお店というか問屋というかメーカーというかによって 客層が違っていて面白いです。
貴久樹さんの展示会には何回かお邪魔していますが、こちらは品数がとても多くて見応えあり、でした。
きれいなものを た~んと拝見させていただきました。

そのあと こちらで行われていた 黄金のファラオと大ピラミッド展 も拝見して 盛りだくさんの日。

a0236300_10433377.jpg

a0236300_10442374.jpg

きもの 浜紬 型染め 袷
帯   織しゃれ袋 貴久樹
あれ~ おはしょりが、、、このきものは日常に着始めた初期に購入したもの 誂えたはずなんですが 全体に一回り大きくて かなり上に腰紐を結んでもまだ余る、、、
始末したつもりがゆるんできてしまったようです 恥ずかし。
この姿で写真を撮ってもらい 来春の 美しいきもの に載るようです、あの後ろのほうにでている記事ですね。小さくでるので よくわからないかも、と期待しています。
美しいきもの の編集長さんが お若いのにちょっと驚きました。

この帯 若女将さんが 自社作と気がついて 久しぶりに見られてうれしい と言ってくださったのが こちらもうれしく思いまいた。
だいぶ前のものなのに 覚えているのですね、さすが、です。
貴久樹さんのものは 大方 あ、と見ればわかるけど たくさんの過去の品の中の一つを たくさんのお客さんの中から目を留めるって すごいな、と感心したのでした。

a0236300_10571354.jpg

ちょっとおすまし の日の 道中着。
以上 きもの備忘録 でした。

10年以上のお付き合いの中で この4人で会ったのは初めてで ワイン会等でちらと会っても ちゃんと話したのは 初めて という方もいらして、感慨深し。
また きもので集まって 遊びましょう、と東へ西へ北へと お別れしたのでありました。



[PR]
by fuko346 | 2016-12-04 11:06 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2016-12-05 10:24
たのしいたのしい着物遊びの一日♡いいですね!
着慣れるほどに、自分に着心地のいい寸法って決まってきますよね。
それに年齢とともに体型もかわってくるから、ポイントになる箇所も違ってきたる感じもして。
とはいえ、微妙な寸法の差って把握できてるわけじゃないので
いつも大雑把な私ですが、
洋服と違い、そういう変化をおおまかに包み込んでくれるあいまいさ、便利さも反面あるのが着物ですよね。
本当に着物って不思議な衣服だなあ〜・・・。
Commented by fuko346 at 2016-12-06 12:13
tomokoさん
あれこれ あれこれ 費やして やっと 今頃 自分のきものの道が見えてきたような。
これからが楽しいのでしょうが ちと あれこれ 力尽きているような 笑
ああ、あの頃 これがわかっていたら、と思うことしきり、ですが、何にでも言えますが それは過去があるからですものね。
なんてことまで思える きもの って不思議な衣装でありますねえ。