月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

やさしい お茶会

一昨年 参加して 穏やかさ 優しさがとても気にって 好きになったお茶会、昨年は都合がつきませんでしたが、今年は再訪することができました。
a0236300_11102980.jpg

床。 綿の花が暖かみを感じさせます。
軸は 山窓無月一燈明 。
月の無い 黒く沈んだ夜に どんな人が住んでいるのだろう 山家の窓に ただ一つ 明かりが灯っている
(これは私の意訳です)
茶会は お茶をいただくことも大事なのですが ご亭主の その会へ込めた想いを 感じる、ことのほうが重要な気がしていて この会は そのことが 素直に感じられるのでした。
一席 短い間ですけれど ほぅっと こころがなごむような会、はめずらしいものです。
a0236300_11211942.jpg

お茶室は 横浜の 大佛次郎記念館
瀟洒な洋館の中に 凝った茶室があるのでした。
これは海に面した窓際に彫ってあった 千鳥さん。
楽しませていただきました。
あと もう一席 中国茶(台湾)の席もあり こちらでも美味しいお茶をたくさん 楽しいお話と共に味あわせてもらいました。

a0236300_11271560.jpg

ご一緒した皆さんの 装い。
拝見するも 楽し。
お付き合い ありがとうございました。
また 来年、、、、って 言うのは 早すぎかしらん。

a0236300_1133080.jpg

お近くなので 帰りによって 楽しい気持ちで 浮かれて つい、、、。
a0236300_1134145.jpg

今日のきもの
きもの 江戸小紋 大小霰 袷 白子のときに着ていたものです。
帯    織九寸 これは少し古い袋帯だったものを仕立て変えました。登場回数が増えそうです。
「お茶会です」という 装いも 気持ちがいいものですね。

メモ:ランチは元町の エビセ で。
コースの最後に坦々麺がでてくる中華ではあるのですが、それに留まらず 美味しいものをいろいろ食すことができました。



[PR]
by fuko346 | 2016-12-21 11:40 | お茶会と稽古 | Comments(4)
Commented by 神奈川絵美 at 2016-12-23 15:32 x
先日は楽しかったです! ありがとうございました。
>ご亭主の、その会へ込めた想いを感じる
おっしゃる通りですね。熊本への深く温かな思いを感じました。
上の記事も拝読しました。異国の布に緑の帯締め、そしてサンタさん。自然に受け入れる和装の懐の深さと、風子さんのセンスの良さにただただ、感心です。
Commented by team-osubachi2 at 2016-12-23 19:57
毎回思いますが、このお茶会はなんとも居心地のよいお席ですよね。
絵を描く、物語りを書く、音楽を奏でるのと同じように
茶の湯もその人それぞれの宇宙をあらわすようなものだとは
お茶をやめてから少しずつ分かってきたような、、、。
帯、直されたものだったのですね。いまどきいい織の名古屋帯ってなかなかないので
賢い選択だなと思いました。
またご一緒できるのを楽しみにしています。
Commented by fuko346 at 2016-12-23 23:46
神奈川絵美さん
こちらこそご一緒ありがとうございました。
ランチからはじまって よい時間をすごすことができました。

きもの遊びは楽しくて 自分なりに工夫しては 自分なりに喜んでいます。センスがいいなんて言っていただくと ひゃあ、うれしい、と舞いあがります。
なんなんでしょうねえ きものって ほんと面白いです。
Commented by fuko346 at 2016-12-23 23:55
tomokoさん
そう たくさん参加しているわけではありませんが、こちらのお茶会の穏やかさと心地良さは 私の知っている中では一番、です。 やはり先生のお人柄、なのでしょうね。
そう ありたいですよね、お茶会。
お茶って ほんとに その場 その時の一回だけの宇宙が そこに現れるようなもので、どう楽しむかは自分にかかっていて、ほんとは けっこう怖いけど、私は のほほん、と、それなりに、です。 あんまりいい客、ではありませんね。
お能も お茶も 似てるな、とか感じていたりして。

出番の無かった帯 夏帯も含めて 名古屋に少しずつ 仕立て変えているのです。確実に出番が増えますね。
ちょっと考えると 袋帯と名古屋帯って う~ん、どうなのって とこ ありますです。