月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

本日は雪降り

今日はこの冬一番の寒気 積雪に注意、ということでしたが
a0236300_16545774.jpg

朝 9時のおタヌキ。
a0236300_16553171.jpg

午後 4時のおタヌキ。
a0236300_16561257.jpg

物干し竿に つらら。

けっこうな積雪になりました。

上京して 母の部屋で一晩付き合った あと 風邪を引き込み、葬儀やあれやこれも熱に浮かされつつ なんとかこなし、帰宅して 昨日まで 寝込んでおりました。
ここまで 長く寝込んだのは たぶん 人生で初めてかもしれません。
復活 いたしました。


この先は聞くに楽しいお話ではなく わかりにくいので スル―してくださいまし。
奇麗事を書いても無意味なので そこそこ 今の気分をとどめておきましょう。


うちは かなり変成家族でありまして、常に緊張を伴い その中の調整役は私でありまして、物心ついたときから 母を背負って よろよろ歩いていたように感じます。
その母は強烈な御方でありまして自分の価値観以外の価値観がある、という精神回路が無いのでした。
父はといいますと お気楽というか 好き勝手というか 子供というか 危険人物というか、常になにかやらかすので 身構えておかねばなりません。
子供のころから生きにくく たぶん 小学生の一二年頃 初めてお友達の家に遊びに行って その暖かさにびっくりした記憶があります。
私は 穏やか というものを知りませんでした。
tvドラマでも こういうことは 映せないでしょうという話はたんと ありまして、まあ、書けませんわなあ。
生きることが苦しいのは なぜと 突き詰めたのは がん になったときで もう時間が無いのなら このまま死ぬのは厭だ、と 魂の叫びが聞こえたのでした。
突き詰めて ああそういうことか、とは 思いましたが 結局のところ できるところまで 私の仕事ととして 最後まで できることをしようと 思ったのでした。
思いましたが 母も父もここまで長生きするとは 思っておらず、さらに 認知症やらなんやら さらに手がかかることになるとも 思いませんでした。
もう だめだ~~~ といことも 何度かあり もしかして 私は先に母にくい殺されるのではないか なんて思ったこともありました。
しかし 最後まで まあ 向こうはご不満でしょうが、 良い子を できる以上のことをした、と 自分では思っています。

じつは 12月の半ばに 東京から持って帰ってきた 母が栽培していたジャコバサボテンの花が初めて咲きそうになり蕾が大きく膨らんだのを見 あれ もしかして、とこころに浮かんだすぐあとに 医師から 段階が少し進みました、と話を聞きました。
まだ元気であり 美味しそうにアイスクリームを食べていたのですが、なんだか今までの毒気というか強気というかそういうものが抜けて 初めて おまえにだけ世話になったね ありがとう と何度も言うので 気持ち悪く思いつつも あれ あれ もしかして、、、と感じていました。
そして その半月後 思ったよりも あっけなく 静かに逝ってしまいました。

亡くなる三日前にかけつけて 一晩 ほとんど寝ずに 母を見ていまいた。
看とりの部屋で二人きり。
はあ はあ と息はせわしなかったけど 苦しそうではなく 話しかけると うなずいたり 手を振ったりしていました。
額に時々手を当てると すこうし熱くなったり 冷たくなったりを繰り返していました。
その はあ はあ という母の息を聞きながら 初めて 母と穏やかな時間を過ごしました。
なんだか 母に はじめて 包まれているような気がしました。
返事はなかったけど おかあさん と 初めて 穏やかに呼びかけることができました。
苦しかったけど できる以上のことをしてきて 良かった と思いました。
たぶん この母にしてこの子の強さが 私にあったのでしょう。
死はすべてを浄化してしまうのかもしれません。
興味深い 人生であります。 

あなたの子供に生まれるのは もう いやですが やはり私からの最後の言葉は ありがとう、なのでした。
母には母の言い分があり 愛おしいと 思えるようになりました。
そんな気持ちになるとは 考えていませんでした。
不思議です。

悔い無し。



[PR]
by fuko346 | 2017-01-15 17:55 | 山里便り | Comments(2)
Commented by fuko346 at 2017-01-16 18:16
鍵コメントさん
Tさんのブログ拝見しました。
素敵なお着物姿でした。
京都においでになるときには ぜひ ご連絡くださいませ。
こちらへのカギコメントでも このサイトに書いてあるアドレスでも どちらへでも (^v^)
Commented at 2017-01-16 21:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。