月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

子供のころから よく見る夢がありました。

どのような状況であれ 一人 取り残されて 哀しくて泣いていて 泣きながら目が覚めるのでした。
そういえば そういう夢を見なくなったのは何時ごろから かしら。
そんなに昔ではないような。

今朝 その類の夢を見ていて でも 状況は変わっていて、取り残されるのではなく そこにいるメンバーに 拒絶され 呆然とし、怒りが湧き上がってきて 、目が覚めてるような覚めていないような状況で 自分が その時に言い放つ言葉を考えているのでした。
たった一人取り残される のではなくて そんな人たちとはこちらから さようなら と決然と思っているのでした。

こういう類の夢は 初めて、のような気がして つらつら、と考えています。
折々、深いところからのメッセージ を夢からもらってきたように感じていますが、今回の夢も そう感じます。

こころの深いところで起こっていることを意識にあげて 自分なりの納得をしないと気が済まないたち なので、これはその行程の一つのきっかけと ありがたく思うことにしましょう。

今日も東京の空は蒼い ですねえ。




[PR]
by fuko346 | 2017-02-19 12:02 | おもいつれづれ | Comments(2)
Commented by 朋百香 at 2017-02-21 10:33 x
風子さま
夢って不思議ですよね〜。私が繰り返し(と言っても最近はみなくなりましたが)家の夢です。
何年も住んでる家なのに、ある日知らない部屋があることに気付くの「あら、こんな部屋があったんだわ」って(笑)
それも家は毎回違う家なのです。
夢分析の人に聞いてみたいですね。
Commented by fuko346 at 2017-02-22 10:21
朋百香さま
あ、思い出しました。
似たような夢 私も良く見ました。
やはり 知らない部屋が見つかって なんで使わないのかなって思うのです。
ここをこうして ああしてと家具の置き場所を考えたりして。 そして出てくるのは実際には住んだことのない家。
いつも同じ家。
あれはどこなんでしょう。
今、思い返すと 思い当たることがあります。
夢って面白いですね。