月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

上田紬 小岩井紬工房

お茶のお稽古に
a0236300_21315248.jpg
まだまだ寒いので 紬の袷
季節の花柄や 小間のお稽古に仰々しいものや趣味に走ったものも ふさわしくないと思われるので、前回も書きましたが 頻繁に着ていくとなると 困る、ということがわかりました。
でも 面白くないのは つまらないので せめてもと 市松帯締と飛び絞りの帯あげ 薄桃色。
「春らしくて すてき」と言ってもらえたので うれし。

きもの 信州紬 小岩井紬工房
帯   天蚕 九寸名古屋 (きれいな若草色が出ていません)
a0236300_21401291.jpg
小岩井工房は手織 です。
赤い糸が見えますか。
手の込んだ 格子柄で、しっかりとした打ち込みの 質実剛健の見本のような布。
なのですが 艶があって目立たない花があって優しい。この工房の作品は好きです。
ネットで見るとたまに けっこうな特売をしていて 悲しくなります、作り手さんが 可愛そう。
有名な産地や作家ものは はあ? という価格設定をされていたりして なんだか おかしいなあ、と思うのでした。
からくりがあるのかなあ。






[PR]
by fuko346 | 2017-03-06 21:49 | 今日のきもの 春 | Comments(2)
Commented by 朋百香 at 2017-03-07 19:43 x
風子さま
信州紬・・・ですか。素敵な格子柄ですねぇ。見方によってはモダン。格子ってチェックですものねぇ、やっぱり好きだな〜とつくづく思いますが、なんと自分は格子柄は1枚しかないのでした。こんな複雑な色合いの格子柄欲しいなぁ。と、涎を垂らしながら(あはは、汚い表現でごめんなさい)見入ってしまいました。風子さんはどこでこのおきものと出会ったのかしら?今度こっそり教えてください。
Commented by fuko346 at 2017-03-07 23:04
朋百香さま
ね 素敵でしょう。
これは 京都某所で出会ったのですが 小岩井工房の紬は 何回か 呉服屋さんで見かけています。
ぱっと目につくと そうだった、ことが何回かありまして。
特徴 あるんですよね。
こちらは 工房で小売もしています、上田あたりにあるのですが、長野新幹線でびゅ~ん(^v^)