月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

おばあさんの桐箪笥

a0236300_10041237.jpg
結婚するとき 叔母が 祖父母の家にあった 桐箪笥を洗いに出して きれいにして 持たせてくれた。
今頃 こんなものが張ってあるのに気が付く。
そう 痛んでいない。 もしかして 洗ったときに この紙も洗って貼りなおしたのだろうか、字がきえているところがある。
今でも このお店はあるのか、と検索してみたら 十一屋ビル というものがあるようだ。

父方の祖父は二度 妻を亡くし 私が会ったことのあるのは三度目の奥さん。(と 聞いている)
それも 子供のときで ほとんど記憶にないけれど 黒っぽいきものを 着ていたように覚えている。
この箪笥は彼女のものだったのだろうか、それとも、、、。
私は 一度目の奥さんによく似ているようだ。 これもだいぶ前だけど 法事のときに 「まあ *子さんにそっくり」と何人もの 親戚の女性たちに言われたことを思い出す。
父は母似 であるそうな。
で、私は 父に似ている。

一代 飛んではいるけれど、まあ 女三代の桐箪笥ということになる。
私の丈の長いきもの 二つ折では 入らないので これは 帯箪笥、として使っている。
まあ そこそこのものが びっしり 入っているわけで。
箪笥は 何思う。
まだまだ どこも痛んでいない 四代でも五代でも使えそうである。

母の桐箪笥もある。
あれも どうんかして こちらへ持ってこられないか、と考えているところ。

私のは こんなきもの狂いになるとは思っていたかったので よくある 上半分が桐の作りになっている箪笥 それもかなり大きなものなのだが、下半分の服を入れるようになっている部分も ぎっしり きもの、になってしまい、洋服は別に 押しのけられている。

母方の祖母も早くに亡くなっているので おばあちゃんとの記憶はほぼ 無い。
そうそう もちろん おじいちゃんとの記憶もほぼ無い。

無くても 私は ここにいる。
しんと 不思議な気持ちになるものである。






[PR]
by fuko346 | 2017-03-07 10:35 | おもいつれづれ | Comments(6)
Commented by team-osubachi2 at 2017-03-07 12:51
うちの実家のおふくろさまの桐箪笥、どうしたものでしょ。
なまじ、鍵が不明であかない引出しも面倒で・・・。
受け継いだ桐の箪笥、よいですねえ〜。
ちゃんと手入れして使ってもらえてしあわせ。

下の日記も拝読。小岩井さんの紬もよいですよね。持ってはいないのですが。笑
こちらの格子にいつも♡がときめきます。
Commented by fuko346 at 2017-03-07 23:07
tomokoさん
鍵のかかった引き出し、、、ミステリアス。
母のも、一番大きい小引き出しに 鍵がかかるようになっています。 ということは 桐箪笥には 必ず鍵つきの引き出しがあるのですね。
女たちの 秘密が、なあんて また妄想してしまいます。

いいでしょう この格子。小岩井工房さんに聞かせてあげたい。
Commented by Medalog at 2017-03-08 09:52
おばあさまの箪笥を受け継いでいらしたんですね。
箪笥を洗いに出すというのは話には聞いたことがありますが、実際に大切に受け継いでいらっしゃるのを見ると改めて素晴らしいことだと思います。
戦火をくぐり抜けた貴重な大切な箪笥ですね。
貼られている屋号の紙が綺麗なのも桐の効用でしょうか。安心して着物・帯を任せられますね。

お母様の箪笥もご自宅へ運べるといいですね。でも自分で運ぶのは大変かな…軽トラ以上の荷台が必要ですものね。
Commented by fuko346 at 2017-03-08 11:54
medalogさん
この箪笥 どのおばあさんのものかわからないので、戦後のものかもしれません。
いずれにしろ 大事にありがたく使わせてもらっています。
箪笥が話したら きっといろんなことを聞けるでしょうね。
耳をすませば なにか 聞こえるかもしれません、、、。
Commented by 神奈川絵美 at 2017-03-08 16:55 x
こんにちは。ラベルの字体にノスタルジーを感じます。
うちも・・・今、一人暮らしの父がいる実家にある
箪笥の中、多少は父が整理したみたいですが、
その箪笥自体、のちのちどうするのかな・・・
処分なのかな・・・いろいろ、寂しくなります。
私の場合、箪笥というよりも、今、自分が着ている
着物をどうしようか、、、どうなってしまうのか、
まだ先とはいえ(そう信じたい)、ぼーっと
考えることがあります。
Commented by fuko346 at 2017-03-08 21:52
神奈川絵美さん こんにちは。
そう 私も このきものたち どうすればいいのかなあって考えます。
きものきて お出かけできるのは いつまでかしらん。
今のところ 継いでくれる人はいないので、できるだけ着て、体力と気力の按配をみて 少しずつ処分していくしかないですねえ。
とかいって まだまだ欲しい気持ちもあって 困ったもんです。笑