月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

上布の夏

久しぶりに感じる京都へ
a0236300_09063744.jpg
きもの 能登上布
帯 しな布
しな布そのものの色と墨黒の染め分けなので 反対巻きにすると 自然なしな布の色が前に出ます。
今日の取り合わせは 緑色の帯あげで、出先の展示に合わせて身に付けた母のエメラルドの指輪、と合わせました。
a0236300_09104350.jpg
京都ロームの モダンタイムス
お友達はきれいな色のちぢみをお召し。
ここ どんなところかなあ、と気になっていたのです。
コースでないと予約ができないので 初見ということで選んでみました。
少なめで と お願いしたごはん 残してしまいました お腹いっぱ~い。
天井の高い ゆったりした空間で お食事を楽しめます。
a0236300_09204890.jpg
目的は 京都近代美術館 
技を究める=ヴァンクリーフ&ァーペルハイジュエリーと日本の工芸

以前 ミホミュージアムで見た マハラジャの宝石で その美しさに気付いたので その美しいものを見たいなあと 猛暑を省みず、、、。

超絶技巧の日本の美術品も一緒に展示してありました。

直接 見る機会のないものをたくさん 見ることができたのは よかったのです。

が デザイン、として感じたのは 肌合いの違い。

宝飾品としては もう 関係ない世界なので 自分が使うとしたら という想像は無意味なのは 分かっていますが、美術品を見るときは それでも この中で一つ 差し上げますといわれたら、という品を見つけて どきどきするのですが、それが どうも感じられません。

という なんとも もやもやの残った 不思議な感想が残りました。


暑くて 頭が 壊れかけていたのかな。

この日の最高気温は34度とか、かつ 湿気がものすごくて 歩いているとふっと息が苦しくなるほど。

全身 ほぼ麻の場合 暑いのは帯回りだけで あとはすうすう風が通るので きものだから、というわけではないと思いますが 外を歩きまわるには 危ない気候でありまする。

a0236300_09450829.jpg
ということで 今年 お初のかき氷。




[PR]
by fuko346 | 2017-07-13 09:47 | 今日のきもの 夏 | Comments(6)
Commented by 香子 at 2017-07-13 23:14 x
ワタシも丸一日着物の日は上布でした (^-^;;
ああ、いいな×2かき氷。
まだ食べてないのです、くぅ〜食べたい♪
Commented by Medalog at 2017-07-14 09:43
レストランは素敵な雰囲気で、料理もボリュームあって満足でしたね。
あのデザート、カフェタイムにもいただけるみたいですよ。
今度は美術館の帰りにご一緒にいかがでしょうか?
桃山も食べたいですもの。

涼しげな能登上布としな布の色合わせにエメラルドの指輪がとても映えていらっしゃいました。
着物とジュエリーの相性の良さを実感させていただきました。
Commented by 朋百香 at 2017-07-14 10:43 x
風子さま
見た目には涼しそうな上布のおきもの。帯も素敵だわ〜
でも・・・殺人的暑さ、今年はもうきもの、断念しております。早いですよね、暑くなるの。
Commented by fuko346 at 2017-07-14 13:00
> 香子さん
そちら 拝見しております。
すっきり しゃっきり で ございますね~。
じつは 盛夏に 柔らかものを着たことがなく、、、、
手にとっては 暑い! と 投げ捨て(笑) 上布にしてしまう、の繰り返しです。
どこへ行くにも 道中長いこともありまして。
が、この夏は きっと! と 思っていて 明日も京都へ行く機会があるのですが、
最高気温37℃予想を見てしまいました、、、、、。
どうなりますかねえ。
Commented by fuko346 at 2017-07-14 13:04
> Medalogさん
そうなんですか ぜひ デザート食しに行きたいです。
あれも これも 食べてみたかったのですもの 笑

指輪 ほんと そうでしたね。
悪目立ちしないなあと つけてみて思いました
きものって やっぱり けっこうな衣装なのかもしれません。
新しく 手に入れようとは 思いませんが あるもの もったいないから せっせと
使おうと 思ったことでした。
Commented by fuko346 at 2017-07-14 13:09
> 朋百香さま
ま もう あきらめてしまわれたのですね。
わたし 悪あがきしてみます。
もう そんなに時間がない きものを着ることができる夏は 残り少ない、
あるものを使わずにいるものか の 貧乏根性でございます 笑

これまでの10年くらいは ばたばたで体調崩していたりしたから、夏きもの
あまり 着れていないのです。それは 無念 じゃ。