月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

お茶の時間

a0236300_09175358.jpg
JR山崎駅近くの カフェ で お稽古仲間とお茶。
ランチの時は混んでいる店内も 午後はひっそりして ゆったりとおしゃべりを楽しむことができました。
しばらく 通った お茶のお稽古場、この日が最後になりました。
お休みの人が多く、早めにお稽古が終わったので お茶の時間、です。
いつもは夕方 急いで帰るので こんなお茶の時間は 初めて。
お稽古では 離れても お茶会など ご一緒しましょうと そんな話をしていました。
お稽古場を離れても ご縁は繋げておきたかったので 良い時間となりました。

こちらのお稽古場は ひょんなご縁で 通わせてもらうことになり、佇まいと お道具が 素敵で 先生も ゆったりとしていて とても心地良い場所でした。
こころが 荒れている時も 釜の前に座ると すっと そのひとときだけでも その荒れた波がおさまるように感じたものでした。
でも 車だと高速を行って 一時間ちょっと、電車に乗っていくと一時間半 かかるので、少し疲れていたり、気持ちが沈んで動けなかったろすると、お休みしてしまうことが多く、また 介護状態の中で、一月お休みとか 二月お休み、とかもけっこうあり、結局続けて きっちりお稽古できたことはありませんでした。
一年くらい前から お稽古場が 遠い と 感じるようになり、往復するだけでぐったり、のありさまで、どうしようか、と悩んでいたのでした。

そこにご近所に お稽古場があることを発見。
これもご縁なのだろうと そちらへ通う決心をしました。
決心なんて大げさだけど ずいぶんと 悩んでいたのです。
今更ですが こちでは おやすみを少なくして 一から 学びたいのでした。
同じ流儀ですが 先生が違うと いろんなことが がらっと変わるので、慣れるのにしばらくかかるでしょうが、長く細く 続けたいと思います。
そして それに慣れたら 大鼓のお稽古に 月に二回 京都へ通えればいいなあと 思っています。
京部へは 山道運転付き一時間半、ですが、月に二回なら なんとか まだ行けそうだと思うのです、いけるとこまで でしょうか。
これからは 体力と気力のある限り と そういう 段階に入ったなあと 思うのでした。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-14 09:43 | お茶会と稽古 | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2017-03-16 08:37
茶道のお稽古、いつか私も再開したいなあ〜と思いつつ
もう何年もご縁のないままです。
スーパーへ丘を下るたびに通るすぐそばの大地主さんところ(平屋で蔵も農作業小屋もあるその脇にある)の離れの茶室がもうもったいなくてもったいなくて、ここで良い先生がお稽古場を設けてくれないかと夢見ています。笑
新しいお稽古場、楽しみですね。またこちらの日記に記されるのを楽しみにしています。
Commented by fuko346 at 2017-03-16 11:38
tomokoさん
始めるよりも やめるときは 勇気いりますね。先生に申し訳ないこともあって、、。
この先のことを考えると 今がぎりぎりかなあと決心しました。
tomokoさんに良いご縁がありますように。
そうそう あちらの家の近くにも 同じようなお茶室があるのを見つけました。
もう 森みたいになってしまった敷地に隠れるように。ほんと、もったいないですね。たぶん あそこも代がかわったら、一軒が四軒になってしまうのではないかなあ。