月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

オニユリに降る 蝉しぐれ

a0236300_12365009.jpg
せど に生えているオニユリが 咲き出しました。
キッチンの入り口を 網戸にすると すぐそこに見えています。
蝉が わんわん と 鳴いています。

夏 であります。

例によって 誰が植えたのか分からないシリーズの1つ なのですが 毎年 きっちり花が咲きます。
球根をユリネとして 食べられるということなので 食用に植えたのでしょうか。
この子は 鹿が 食べません。
鹿には 毒なのかしらん。

この強烈な色と 蝉の音で 真夏、であることを ことさら強調されているようで 暑苦しいのでした。
そんなふうに思っては ユリには 申し訳ないのですが 私は あんまり 派手な 花は好みません。
ユリなら 白か ササユリのような 薄桃、か。
といって 取り払ってしまうほどでもないので 夏、の 味わいとして 毎年 それなりに開花を楽しみにしています。

セミの鳴き声が うるさい とかなんとか 話題になっているようですが、どのくらいの音をいっているのかなあ、と聞いてみたいような。
音源は その量と 距離 が違えば まったく違う音に聞こえるものですものね。

少し離れた 神社の森から 風に乗って聞こえてくる ひぐらし は 風情があるでしょうが、数メートルの近さで たくさん 鳴かれたら もう やめてくれ~~~~の騒音です。
昼間は ヒグラシではなくて アブラゼミを中心に 数種類いるようですが それも すぐ側で 大量に鳴かれますと TVの音量を上げなくては聞こえなくなるくらいの 騒音 です。

う る さ い

といって 近くの木を 全部 切払ってしまえ とはならず(多少 減らしたいけど) ああ、うるさい 暑苦しい、と ぶちぶち言いながら 夏は過ぎていくのでした。
長くても二月 と わかっているから 夏の音だから と 感じているからでしょう。

時節柄 皆様も どうぞ 御身体 お大事に。
この夏を乗り越えましょうぞ。




[PR]
by fuko346 | 2017-07-26 12:53 | 山里便り | Comments(2)
Commented by つきのこ at 2017-07-27 16:59 x
風子さん、
オニユリを鹿が食べないなんて!
何故でしょうね?
確かに暑さを倍増する色ですが、
地下で百合根が育ってると考えれば許す!?

ここんとこ、こちらは気温が下がって
夜中は肌寒いのです。

Commented by fuko346 at 2017-07-27 21:05
> つきのこさん
でしょ オニユリ。
一度 掘り返して食べてみようとは 思っているのですが、ちと 不安。
売ってる ユリネと同じなのかしらん?

そちらの気温をみては は~いいなあ、と。
30℃以下って 関西はあり得ないかも。
それでも こちらは ここ数年の猛暑に比べれば 今のところ 楽な夏 です。