月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

夏きもので お茶会

京都 岡崎あたりにあるお茶室で お茶会。
お宅の御主人は仏師 奥さまは 截金。工房と作品も拝見いたしました。
素晴らしいお茶室あって 漏れ聞くところによると 元はお茶人の住まいだったとか。

そのお茶室 小間と広間 それぞれに 茶箱のお手前を 野立のしつらえで行われ、初めて見るお手前、趣向だったので 新鮮でした。
と、なんちゃってお茶好きの茶会の話はお終いです。
a0236300_10420594.jpg
きもの うすもの染め 下から上へだんだん柄が小さくなっていくので形としては訪問着になるのでしょうか。
帯 染め 袋帯
a0236300_11224310.jpg
きもの 地の柄が透けています。 
こういう生地はなんというのでしょう。
透け感もあまりないので 5月末から9月はじめ まで着られそうです。
これは このところよく登場する 20年余 箪笥で眠っていたもの、です。
やっと出番がやってきました。今年はもう終わり ですが これからはどんどん着てあげようとおもいます。が、やはり麻ものにくらべ 風が通らず 暑い、、、。
下は全身麻 でも 上から風が通らないとこんなに違うのか、と感じました。
35℃とかの真夏は無理かもしれません。
a0236300_11293434.jpg
帯は 野村さんというお知り合いになった友禅作家さんに 生地から選んで 染めてもらったもの、です。そのころ 染めの袋帯 が欲しかったのです。
が、夏に袋帯 という機会はなく、というか芯を入れたら 暑いので 機会がなくこれも10年以上眠っていたもの。
使うことができて うれしい限り。
a0236300_11332207.jpg
帯あげ
藤色で萩模様。
これも透けている夏物です。
8月半ば過ぎから9月の単衣の初めごろ、の使用でしょうか。
夏物は 絽 紗 麻 だけでなくて いろいろな生地があってきれいで魅力的。
ですが この頃の気候では 暑くて着て歩きまわるというわけにはいかず 機会が少ないのが悲しいことです。
私は ホテルで着替えて パーティなんて機会 ありませんもの。

とはいえ まだまだ眠っている夏物はあり これからは なんとかして箪笥から出してあげようとおもうのですが 今年は 夏が終わってしまいました。

そうそう
この日のお客様は 見たところ全員 夏物 でした。
京都はまだまだ暑い、です。
私は 夏物にするか 単衣にするか その日の気温で決める ことにしています。







[PR]
by fuko346 | 2017-09-04 11:40 | お茶会と稽古 | Comments(8)
Commented by 朋百香 at 2017-09-04 13:49 x
風子さま
柔らかな遠山の風景に珍しい地のお着物、素敵です〜。
しかも生地から選んで染めるなんて・・・通ですわねぇ。

Commented by fuko346 at 2017-09-04 14:39
> 朋百香さま
たまたまご縁があって親しくさせてもらっていた方に気楽に頼めたのです。
なかなかできない体験、もさせてもらいました。
もう 亡くなってしまって淋しい限り。

生地やさんに連れていってもらったのですが 白生地が あたり狭しと積んで
並んでいるのは壮観、でした。
京都 ですねえ。
Commented by 香子 at 2017-09-06 09:14 x
すご〜い、さや型に絽目が入ってますね!
こんな凝った生地初めて見ました。
ワタシ、昨日で夏物は着納めにしました。
今年の関東は秋が早くて (^-^;;
Commented by team-osubachi2 at 2017-09-06 10:55
以前は面白い夏の織物、いろいろあったのですかねえ。
それにしても、絹の薄物は盛夏には暑いですよね。
初夏、晩夏くらいの気候が正絹の薄物には一番適してるかもしれませんですね。
全体白っぽい装いに「白秋」という言葉が浮かびました♡
Commented by 神奈川絵美 at 2017-09-06 15:46 x
こんにちは! お召し物は夏物とのことですが、
雰囲気がそこはかとなく、秋ですね。
風のゆらぎを感じるような地風ですが、
実際はあまり風を通さないのですね。
夏の袋帯…私もまったく出番がありません。
萩などの、秋草が描かれているもので、
眺めて楽しむだけ・・・になってしまっています。
Commented by fuko346 at 2017-09-06 22:20
> 香子さん
このころは まだそんなにきものに詳しくなくて この布がきれい~と
まあ それだけで選んだのでした。
でも こういうもの その後も見かけません。けっこうめずらしいのかも
しれません。
こちら 朝晩は涼しいですが まだ30℃くらいの気温で この日も 汗だくに。
そちらは すっかりと冷え込んでしまったようですね。
Commented by fuko346 at 2017-09-06 22:22
> team-osubachi2さん
はい この20年くらいで 生地の種類も激減したのかもしれません。
需要と供給なので 仕方がないかもしれませんが 淋しいことです。

あえて 帯締を同系にして ぼや~っとして 秋っぽくしてみたの
ですが 成功しているでしょうか。
白秋 なんていってもらいますと 喜んじゃいます(^v^)
Commented by fuko346 at 2017-09-06 22:26
> 神奈川絵美さん
こんにちは!
小物の色目で そこはかとなく 秋の風情を出したつもり です。
成功していたらうれしいです。

夏物は袋帯以外にも まだ出番を待っているのですが、、、
普段は自然布に手が伸びて(涼しいので)しまうし、機会もなくて
塩蔵、、、、でも なんとか手持ちは一度は 箪笥から出したいですう。
絵美さんの 秋草も また拝見できますように。