月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

片づけ日和


ちと 暑いですが 良いお天気と気候です。
両親の家 鋭意片づけ 続行中。
a0236300_10191713.jpg
これは 庭木の整理をしたもの。
45リットルの袋 三個 枝5センチまでのもの 三束は 燃えるごみの日に 収集してくれるのでした。
それ以外は 家人が車に積んでご帰還。
私が車で来る時も 剪定しては 運んでいますが、肥料もあげていなく 狭い場所で日当たりもそう良くないのに 木はどんどこ茂り 今回 一本、歩くに邪魔になっていたものを切りました。
少しずつ 整理して 最初は どうしましょの茂り具合だったものが それなりに間引かれて 風も通るようになってきました。

家の中も最初は あまりの量に呆然としましたが そこはそれ慣れてくるもので こちらも少しずつ整理は進んでいます。
一時に業者に頼むにしても あまりに量が多く 以前 引越しをしたときに もめていたのを見ていたので 少しでも減らしたい、のでいた。
それと やはり ひとつずつ確認してからでないと やはり むげには できません。
思いがけないものも 出てきます。
父の学徒出陣のときの 日の丸に寄せ書きしたもの が出てきたときは あら こんなものがあったのか と思いました。
夫の両親のものもそうですが、片づけしていると その人の人生が見えてきて はるか遠くを 目を細めて見ているような気がします。
死んだら その人の持ち物は ほぼ ごみ は 正論です。
翻って 自分のことも思います。

でも 今日のような気持ちのいい日に 穏やかな気持ちで風に吹かれていると ごみだってなんだっていい 今は 気持ち良いのだから、と思えます。
a0236300_10381472.jpg
そんな庭にも お客があり どこからきたのか タツナミソウが咲いていました。
増えたらいいな 山里の家にも 連れて帰ろう、と思います。
a0236300_10393480.jpg
ほったらかしの サボテンも花をつけて実までなっています。
ほったらかし が いいのかしらん。

遠距離看護も六年目かしら、こちらも最初は どうしようと呆然としましたが 慣れてきたのと 両親が穏やかになるにつれて 苦しいことも減りました。 今は 母が亡くなったことを父は覚えておらず、お世話をしてくれているスタッフさんに 様子を聞いたところ「自由になさっています」とのことで、笑えてきました。
好き勝手な人でした、そして上手にいやなことは忘れて 自由にしている うまく年を取っているなあ、と うらやましいです。

自分のこころに起こる 感情を見つめながら付き合っていると 人が生きていくこと の深みを 垣間見れているような気がします。





[PR]
by fuko346 | 2017-05-08 10:54 | おもいつれづれ | Comments(6)
Commented by Medalog at 2017-05-08 15:45
お片づけ、お疲れ様です。
家の中はもちろん庭の草木の整理は大変ですよね。
整理してもゴミの収集日に合わなければ持ち帰るしかないし。
どうぞお疲れが出ませんように。
お父様が今はご自由にゆったりとお過ごしとのこと、風子さんも遠距離のお世話でご苦労なさったのが多少でも楽なお気持ちになれるといいなと思っています。
Commented by 神奈川絵美 at 2017-05-08 22:33 x
こんにちは。たいへんにお疲れ様です。
お父様の学徒出陣…そういうご年代なのですね。
今までの歴史がめんめんとあって、今の私たちが
いるわけですから、粗末には扱えませんよね。
閑話休題、ドイツでは春~初夏のこの時期に
大掃除をする習慣があります。理屈っぽいドイツ人は
「どーして日本人はあんな寒い時期に大掃除するかなー。
春の方が気持ちよく掃除できるじゃないか」と。
理屈だけでなく体感として、春の掃除はいいものなのだろうなと、記事を拝読し改めて思いました。
Commented by fuko346 at 2017-05-09 10:18
> 神奈川絵美さん
こんにちは。
来る度に 掃除等はしているのですが 真冬と真夏は 動けません、、、。
ちょいちょいとお茶を濁す程度に。
気候がいいと 何事もすすみますね。

お正月を清々しく迎えたい、という日本人の気持ちって 他にはあまりないのかもしれませんね。
でも この頃はそう寒くない時期に そこそこしておいて 暮れには 気持ちだけって感じになってしまっています。
Commented by fuko346 at 2017-05-09 10:22
> Medalogさん
草木の勢いには あきれるばかりです 笑

ブログ拝見しましたが Medalogさんも お片づけにいらしていたのですね、なんだかこの頃 よくすれ違いますね。
いろいろ 思いますよね~。
Commented by team-osubachi2 at 2017-05-09 13:46
お片づけ、おつかれさまです。
この日記を拝読しながら、あれえ!そういえば、私の実家には庭木というものがない!ってことに今になって気がつきました〜。
ちいさな漁村ですが、どのお宅にも大きく茂るような木が植えられておらず(昔は浜沿いに黒松があったのでそれが身近な木々でした)、また庭とよべるほどのスペースがないせいもありますが、子供のころからそういう環境があたり前すぎて考えたこともありませんでした。ナルホド、これはこれで楽なところもあるわけですねえ。

今回はお時間がありませんが、またいつか機会がありましたら、持って生まれた星の話などゆっくりといたしませう。
Commented by fuko346 at 2017-05-09 23:06
> team-osubachi2さん
ここに両親が引っ越す前の 世田谷の家も 小さい庭に 木が茂っていましたから、無い家、というのが 私には なじみがありません。
面白いものですね。
山里の家も 木 草 竹 と格闘(笑)しているので、そういう星に生まれたのかしらん。
次回上京のときには 早めにご連絡さしあげます、って 父がいるし、草もすぐ茂る季節ですから、また ちょいとしたら 来ますです。