月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2013年 09月 06日 ( 2 )

根づきました

a0236300_22522661.jpg

ムクゲが咲きました。

庭にはけっこうな花木があったのですが、獣害でだいぶやられて減ってしまい、お出かけ先の道の駅に寄っては 気に入ったものを連れ帰って 柵の中の鉢に植えています。
ある程度大きくなって 新芽を食べつくされて枯れてしまう心配がなくなったら 柵の外に地植えしようかな、と考えています。

こんな鮮やかな色だったのですね。
きれい。
でも、白に底紅、も欲しいな。


a0236300_2314534.jpg

こちらも連れ帰って 少し大きくなったので 柵の中に地植えした ムラサキシキブ。
あの紫がにじみ出ています。
色はこんなふうに ついていくのですね。

きれいだ と しみじみ思います。

もっともっと いろんな花の咲く 庭にしたいな。
季節 季節に 咲いたら いいな。

ムクゲもムラサキシキブも庭にあったんです、やられてしまったのでした。

敷地は広いけど 悪食の動物の口に かからない場所、というのは少なくて 悩ましいことです。
柵だらけ、というもの 風情がありませんものね。


食べられちゃっても 枯らしてしまっても また 植える。
はて なぜかしらん。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-06 23:16 | 山里便り | Comments(6)

秋 へ

a0236300_1142656.jpg

居間の窓から
正面に生えている 薄に穂がでました

今のところ ここ数年の暑い暑い9月ではなく しばらく前の 9月、に戻ったような秋の気配の濃厚な日々です。
暑い9月に身構えていたので なんだかとっても涼しくなったように感じます。
この夏の暑さはすさまじかったけど、暑い 死んでしまう と つぶやきながら生きながらえました。
強いなあ けっこう。 ここ数年 夏はほとんど半死半生で 生き延びることだけ 目標です。頭も身体も動かなくなってしまうので まあ 仕方が無いのですが、そういう情けない自分を 責めることをしなくなったことを退化ではなく 成長だと思いたい。

ずいぶんとぼうっとした人だと 思われているやも、ですが、それもそのままの私なので あがいてもしかたがありません。


恐れや怒りや悲しみや不安を抱えて それを埋め合わせるように 焦ってとんがって走って来た日々は それはそれで愛しい時間。
楽に生きたい と願って でもどうしていいのかわからず まずは考えない ように努めました。
ただの ぼんやりになってしまった感、はあるけれど、山里の家に一人いて、何をなさずとも 穏やかな時間を楽しむことをできるようになったことを 喜びたい。

あれを食べたい あれが欲しい あそこに行きたい 無くなってしまったわけではないけれど、そういう欲はどんどん減っていっています。
そういうことは ときおりぽっちりと楽しんで そういう方向ではない 豊かさを持ちたい、と願うのでした。


生きて行く時間の 秋 に穏やかに入っていくことができたのではないか、と そんなことを思っています。
冬 は どんなものなのでしょう 行ったことがないのでわからないけど きっと秋を味わうことがあできれば、冬も 恐れるものではないのかも しれません。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-06 12:06 | 山里便り | Comments(6)