月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2016年 10月 06日 ( 1 )

うすむらさき

a0236300_1045284.jpg

台風が去って ひんやりした朝、玄関を開けると 景色が何か違う、と感じた目に この薄紫色が飛び込んできました。
一瞬 意識が この色一色に満たされます。
花茎に気がついていなかったので 唐突な発見だったのです。
そういうときの ふっと息を呑むような 小さな驚きは新鮮です。

毎年 メダカの産卵のために 5月ごろに一株買ってくる ホテイアオイは 次々と増えるので あちこちにおいてある、メダカ鉢や池に分けていれてあります。
それに全部 花がつくわけではなく、今年はなぜか 一番小さな鉢の そう大きくもない株にだいぶ前に 花が咲いて、今年はそれでお終いなのかしら と思っていました。
今朝 咲いたものは 買ってきた 親株で 一番 大きなものです。
花も立派でたくさんついています。

10月に入って 咲く ということもあるのですね。

もしかして 来年芽吹くかも と池に少し 残して あとは 菜園の肥料となります。
芽吹いたことは 今までにはなく 毎年買ってくることになりますが ホテイアオイの種類もいろいろあるようで、どうも これまでのものは 毎年 少しずつ様子が違います。
この子は ちんまり丸い葉で 株もそう多くならず これもちんまりとした株を 少しずつ 作りました。
ちんまりのわりには 立派な花をつけて おやまあ 最後に自己主張。

いのちの主張 ですねえ。
見届けました。
(そんなことは あなたには 何の意味はもたないでしょうけれど)



[PR]
by fuko346 | 2016-10-06 10:58 | 山里便り | Comments(4)