月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2016年 10月 25日 ( 1 )

外神田あたり

a0236300_911099.jpg

神田明神さんは夜でもお参りの人が絶えません。
a0236300_93085.jpg

この目線で失礼します。
日がいいのか 結婚式が 次々 おこなれていました。

神田 湯島 上野 秋葉原 あたりをお散歩。
a0236300_953473.jpg

夜は通りがかりの 近くの 焼き鳥屋さん。
a0236300_963726.jpg

昼も 通りがかりの カフェ。
お蕎麦屋さんは 日曜日 軒並みお休み。
今度は土曜日に来なくては。

父は白山下あたりで生まれ 私は千駄木で生まれました。三歳までなので記憶はほぼありませんが。
世田谷に引っ越しても このあたりで仕事をしていたのか よく神田小鍛冶のシュークリームをおみやに買ってきてくれました。
調べてみたら まだ 神田駅前にお店があるようなので 次回 行ってみようと思います。

千駄木にいたころ 両親は私を連れて この界隈を散歩したらしいのですが、そこに子が住むようになって、また二人で散歩しているのは 不思議な気持ちがします。
だいぶ 認知症の進んだ父は 神田の話をすると 聞いたことのない神田の歌を楽しそうに歌いだしたりするのでした。
ともすると 端唄やどどいつや 謡などが口から出てきた父は 子供のころから 遊び人だったようで 家族はたいへん 困ることが多かったのですが、それも 昔のことになりました。

今は 神田明神さんに 子が自分なりによく生きることができますように、とそれだけをお願いするのでありました。
守ってくださいましね。

おっと おみくじが久しぶりの大吉でした。
書いてあることも まるで見ているような言葉。
そうか これでいいのだ ここまできたのだ、と感慨を覚えることでした。



[PR]
by fuko346 | 2016-10-25 09:22 | おでかけ | Comments(2)