月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 05日 ( 1 )

鹿児島 招待旅行

お月見の翌日 5時半に起きて 鹿児島へ向かいました。
家人の仕事関係 ご招待、です。
何が一番 楽しみだったかといいますと 「久しぶりに飛行機に乗れる」でした。
九州は えっと四度目かな、、、今回の旅行先も 一度は行ったことのある場所、が多かったのです。
覚書に旅程を。
10月2日(月)伊丹空港ー鹿児島空港ー照国神社ー維新ふるさと館ー指宿温泉 指宿白水館
天気 雨 ときどき曇り むし暑し
3日(火)白露酒造ー長崎鼻ー枚聞神社(ひらきき)-池田湖ー知覧ー鹿児島市内 レム鹿児島
天気 晴れ 暑い
4日 フェリーで桜島ー黒酢やさんー霧島神宮ー鹿児島空港
天気 曇りときどき晴れ 少し暑いかな

三日もいましたが 写真はそう撮っていません。
記憶のあるうちに少し 残しておきましょう。
指宿の旅館は いわゆる団体さんの入るようなおおきな温泉ホテル でありまして、まったく期待していませんでした。
が、お湯も料理も なかなかで楽しめました。
しっかり温泉にも三回 しっかりと入って よしよし。
以前きたときには 有名な砂風呂に入って5分もしないうちに気分が悪くなったので 今回は入りませんでした。どうも のぼせるたちで サウナ、にも入っていられないのです。
a0236300_21342763.jpg
焼酎やさんで。
山は開聞岳。
鹿児島を象徴するのは 桜島とこの開聞岳。
それぞれ海から どおおんと盛り上がっています。
a0236300_21383483.jpg
長崎鼻
岬 です。風がとても気持ち良くて そう 地球は丸いぞう って気持ちになれる場所。
a0236300_21420729.jpg
一番 惹きつけられた場所 枚聞神社の神楽面。
この神社は もういつからあるかわからないくらい古いそうで 薩摩の一宮。
こじんまりとした場所なんですが 例の清冽な空気の流れる場所 でした。
古い古い井戸も近くにあり 神話の世界、です。
好きなんです こういう場所。どのような神様なのかはわかりませんが、神様のいる場所は 空気が違っていて その場にいると 細胞の一つひとつに 風が通っていくような感覚になるのでした。
a0236300_21491893.jpg
知覧 武家屋敷群
ここは以前 このあたりに来た時に通過してしまって残念だったので 楽しみにしていました。
想像していたよりも きちんと残っていて 美しい佇まい でした。
今も人が住んでいるところがほとんど です。
ゆっくり 一軒 一軒 拝見したかったけど それは団体旅行駆け足で 残念。
a0236300_21523066.jpg
フェリーで15分 海を渡って桜島へ。
こちらも 来たのは初めてなので 楽しみにしていました。
溶岩 ごろごろ。島にわたると桜島は複数の火山の重なる島でした。
歩いていると目がしばしばしてきて そのうち ぽつぽつと何か降ってきました。
雲に覆われていて噴火の煙は見えませんでしたが 小噴火したみたいです。
フレッシュな火山灰を踏んで歩くことも ましてや それが身体に当たることもそう無い体験で とても面白かったです。
a0236300_21575718.jpg
霧島神宮 駐車場脇の温泉。
パイプで引いているようです。
うわ~ん入りたい せめて足湯、、、時間がないので手だけつけると ほのかにゆで卵臭。
くやし!!
鹿児島だけで二泊三日 ゆったりと回っていますが 行きたいところは行けず、もしくは時間がちょっと、ここはいいです というところへ行ったり 時間が長かったり。
団体 ご招待ですから 文句はいえませんが かなり残念なことも多く、ことさら 良いお湯の多いところなのに 入れなかったのが 無念であります。
ただ ずっとガイドさんが休まず 案内してくれて いたれりつくせり お大名旅行もたまにはいいのかも しれません、って まあ もう無いかも。
a0236300_22030574.jpg
かくして プロペラ機は 鹿児島空港を飛び立ちます。
さらば 桜島。(また来られるかな)
a0236300_22042445.jpg
おかねを使ったのは 美味しそうだったこれ、と 無人販売の早生みかん一袋 のみ。
(家人は会社へのお土産に さつま揚げを送りましたが)

あ、そうそう 二日目の夜は鹿児島市内の繁華街のホテルで 夜は自由行動。
天文館あたりをうろうろして 豚しゃぶ食べて 満足、だったのですが 心残りは 本家しろくま、を食べられなかったこと。豚しゃぶやさんのコースが 食べきれないほどで、びっくり、お腹ぽんぽんで苦し~デザートを残したのは 初めてかも。なので とても しろくま には行きつけず。
鹿児島の人は たくさん食べるのかしらん。

鹿児島は南の国だな~っと改めて思います。
景色も植生も人も。
薩摩 なんですよね、今、も 色濃く。

すべてお任せの 楽な旅を ありがとうございました。







[PR]
by fuko346 | 2017-10-05 22:14 | 山と温泉と旅 | Comments(2)