月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おでかけ( 35 )

小町に呼ばれて

台風が来る前 その後の嵐もしらず のんきに出かけて行きました。
台風が来るから その進行方向を避けて 北西かな、、、と丹後の温泉を目指して。
その途中 京都の北で お蕎麦屋さんの看板を見つけました、 あら なんとなく美味しい感じがする と道を逸れて 細い道をどんどんいくと ありました。
a0236300_2153893.jpg

まつばら
京都の奥座敷 越畑 という小さな美しい集落の お蕎麦屋さん。
ぴん、ときたカン は当たっていて 美味しかったです。

あれ、ここは いつか行ってみたかった 柚子の里 水ノ尾 の近くではないか、行ってみようと さらに山道を京都市内方面へと下っていきます。
ここは 愛宕山の 嵯峨野とは 反対側の登山口にあたり ずんずん行くと 嵐山 なのでした。
(翌日 あんな水害になるなんて!)

ここまで来てしまったら もう京都市内を抜けて 帰ろうということになりました。
市内はいつも ぽくぽく ぽくぽく 歩いているので そこを車で行くのは新鮮です。

と、はっと気がつきました。
帰り道に山科 通る、ということは 小野へ 行って頂戴。
随心院へ 近々行こうと思っていたのです。

ただいま 大鼓(おおつづみ)の会に向けて 猛練習中。
でも なかなか上手くかず どうしましょう!! と泣きごとを言いましたら お仲間に お能の曲にゆかりの場所に行ってみるのはどう?と勧めてもらったのです。

私の曲は 「草紙洗小町」なので 小野小町ゆかりの 随心院へ行こうと ネットで調べたところだったのです。
a0236300_2118076.jpg

降りだした雨に 屋根からのしずくが落ちて 本堂の軒下の苔に きれいに並んで穴があいています。
雨粒が落ちる度に 透明な飛沫が砕けます。

落ちついた立派な 門跡寺院でした。
小町 ゆかりの品も拝見して 緊張し過ぎて わらわらしていた 心が すっと落ちついたような。
小町さん 力を 貸して 頂戴ね。
この時に行かなければ もう 時間が取れずに 会までに 行けなかったかもしれません。
弱気な私に小町さんが呼んでくれたのかしら。

a0236300_21203145.jpg

こんな きれいな お香もいただいてきました。

うん、きっと上手く行くぞ。

会は9月28日(土)11時より 京都観世能楽堂で催されます。
よろしければおいでくださいませ。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-18 21:27 | おでかけ | Comments(8)

そうだ お伊勢さんに 行こう

 昨日 今夏 初のツクツクボーシが鳴きました。
以前は この声は夏の終わりを感じさせたものですが、予報によると 暑い日が続くとか。
暦では秋が立ち、山里では曇りがちで、アキアカネも田んぼの上に飛び交って、晩夏の風情が感じられるのですが、、、予報は35℃です。
ここしばらくは 夏は とにかく生き延びるのが目標です。

7日は 墓参りという行事があって 以前はそりゃ大変なことでしたが、今は来客も減り、午後の時間が空いたので それっとお伊勢さんへ行ってみました。
(ほんとは ぐったりしていて 行きたくなかったけど おいてけぼりはいやなのでついていく私)
a0236300_11164240.jpg

遷宮 なんと清々しい白木のお社。
今、行っていてよかったなあ としみじみ思いました。
神さまはまだ旧社においでで、新 旧 並んでいるところが見られるのは そう長い期間ではありません。

a0236300_11204976.jpg

出ました 夏のお伊勢さんには欠かせない 赤福氷。
もう店じまい近かったので 並ばずに。

a0236300_1123579.jpg

行きは新名神から伊勢道をびゅ=っと(伊勢が近くなりました)が、帰りは関で高速を降りて旧東海道を行きます。
お目当ては関宿近くのこの うなぎの初音
ここは休日は昼も夜も行列で入れないので、もしや平日だから入れるのでは、と寄ってみたのでした。
ウナギが切れました、の店じまい近くに 入店できて 美味しい鰻。
鈴鹿峠を越えるとき 昔 ここを斎宮の行列が 通っていったのだなあ、と。
歴代の斎宮さんや つき従う女官たちは 何を思ったのかなあ、とか。

新名神ができて すっかりさびれた鈴鹿峠越え、を走りながら思ったことでした。
[PR]
by fuko346 | 2013-08-08 11:29 | おでかけ | Comments(16)

伊良湖岬

連休は福島の山小屋に行こうかと、、、が、吹雪のお天気予報や高速の速度規制などを考えると、どうも一日では行きつかない模様なので、中止にし、中日に 例によってどこか行こか。
今回は行ったことのないとこに 行こ。
で、渥美半島の先っぽ、伊良湖岬へ。
いい加減 あっちゃこっちゃ行っていて、近場で行っていないのは、海沿い東方面のみ、です。

なぜ伊良湖岬に目が向いたかというと、秋にサシバやなどのワシタカ類が集まって鳥柱ができ、南への渡りを始める出発点、ということを聞き知っていたからです。
季節じゃないから鳥はいないでしょうが、 って魅力的な響きですよね。

と、それだけ決めて出発、地図を見ていると 豊川稲荷、というのが途中にあるので、寄ってみました。
a0236300_18221043.jpg

愛知県豊川にある 豊川稲荷。どおんとおっきな お狐様。
広い敷地で立派な建造物、お参りの人も多くて 賑っていました。
名前だけは知っていても、行って実際に見てみる、というのは新鮮な体験です。

近江の山里から 鈴鹿を超えると、お天気いいのですよね、あったかいのですよね、いつも、いいなあって感じます。
半島を進むに従って、植生が南のそれになってきて、そう遠くない場所なのに不思議な気持ちがします。
ちょっと前までは、雪のちらつく厳冬だったのに。
a0236300_9562146.jpg

伊良湖崎灯台
太平洋は広いなあ。
お向かいの鳥羽へ向かうフェリーがちょうど出港していきます。

a0236300_958124.jpg

帰りは伊勢湾フェリーで、鳥羽へと帰ります。
便は一時間に一本あり、けっこう利用者があります。
所用時間は50分ほど、こんなに近いとは思っていませんでした。

a0236300_1016129.jpg

船は伊勢湾を横切って、まっすぐに夕日の沈む 鳥羽港へ白波を立てて進みます。
海の上って わくわくしますね、非日常だからかしら。
ここからは高速ができたので 一時間強で帰ることができます。
でも、この日は渋滞がひどかったので下道へ下りたのでもう少しかかりましたが。

さてさて、初めての場所、というのはこんなに面白いのだ、ということを再確認しました。
同じ日本、それもそう離れていないのに、空気も風も、街の佇まいも、草木の種類も違う。
風土、とでもいうのでしょうか、その違いを楽しんだ久しぶりの日帰りの小さな旅、でした。
[PR]
by fuko346 | 2013-02-11 17:45 | おでかけ | Comments(4)

鹿せんべい くれ

a0236300_14163162.jpg

恒例の奈良は春日大社に少し混雑が治まった頃 初詣に行ってきました。

で、鹿は常にわらわらいるのですが、今回は今までの鹿の態度と違うので はてな、と思ったわけです。

なにせ 寄ってくる。
しずしずと寄ってくる。

鹿せんべいくれ
と その目は言っているように思われ。

この親子だけでなく、そこらじゅうの鹿がまっすぐ見つめ返してくる。
態度が穏やか。
さわっても逃げもしないし、いやがりもしない。
身体の大きなオスも同じ。

あれ~~~今日の鹿 なんだか変です。

寒さが続いて動作がにぶくなっているのか、寒さが続いて観光客が少なく、鹿せんべいにありつく頻度が減ってお腹は減るは淋しいわ、となっているのか、なぜかな。
奈良公園の鹿は鹿園で餌、もらえてるのではないのかな。

今までの奈良公園の鹿の印象がかわってしまいました。
この日だけのことなのか、は、わかりません。
春になって暖かくなって観光客が増えたら また変わるのかな。

人なつこい犬、みたいな奈良公園の鹿に はてな、と思いつつ 穏やかな時間を過ごしました。

そうそう
鹿たちがまとまって じ~~~っと見つめてくれるので、その顔の違いが良くわかり、丸顔の子や面長の子、毛の流れの違いで、顔の模様が違うことも、目つきの違いも、新発見。
これは毎日見ていたら、個体識別できるくらい違いがあるのだなあ、とあたりまえのことを、改めて思ったことでした。
[PR]
by fuko346 | 2013-01-20 14:35 | おでかけ | Comments(6)

2013年 正月

a0236300_17353769.jpg

2013年 お正月バージョン 東京タワー神谷町あたりから

今頃気が抜けていますが、お正月はもうずっと東京なので、今更ながら御挨拶。
今年もよろしくお願いいたします

あれこれありましたが 簡単に覚書です。

a0236300_17391072.jpg
ワインな夜。






a0236300_17395710.jpg
鴨ねぎ、蕎麦の夜。 代々木上原 「山都」













初詣は、千駄ヶ谷の鳩森神社
半日 歩いていました。
子の部屋のある 笹塚から代々木 渋谷 青山と、ぐる~っと一周、歩いていくと 今の日本が見えて興味深いものでした。

a0236300_17474451.jpg

今年の初きもの。
ワインの夜にご一緒したお友達のリクエストで、この茜染めの帯を選びました。
この日は横浜の呉服屋さんにもちょっと寄って、ちょっと必要なものをお買いもの。

きもの ほぼ久米島紬 真綿袷
帯   日本茜染め
帯どめは、お正月なので 塗りの梅、です。

この一年、出来る限り、きものでお出かけしたい、と思うのでした。
[PR]
by fuko346 | 2013-01-09 17:59 | おでかけ | Comments(15)

紅型で紅型展

大阪市立美術展で行われている 
沖縄復帰40周年記念 紅型 BINGATA 琉球王朝のいろとかたち
へ 行ってきました。
行くつもりではいたのですが、お友達からチケットあるからと 誘っていただき喜んでご一緒することに。

a0236300_026117.jpg

きもの 伊那紬 単衣
帯    紬地紅型九寸 宮城里子さん作 

襦袢は麻絹、のものを着用。今日の大阪はけっこう暑くて、あれ、単衣お召でも良かったかな、というくらいの気温でした。
この伊那紬は着て歩くのは初めてで、着心地はわからなかったのですが、さらりというよりぱりっとした生地感があるので、今頃の単衣にたいへんよろしい。単衣で仕立てて良かったなあ、と。
帯はお気に入りのひとつ、紅型は素敵なものがたくさんあるけど、この作家さん 好きなんです。

紅型展ですが、圧巻です。
最初の一枚を見たとき あれ、木綿、、、。
作品は木綿と苧痲がほとんどでした。
麻ものがあるのは当然として、木綿に染めれらた紅型の美しさといったら。
しのごのは言いますまい、どうぞ見てくださいませ。

a0236300_0371729.jpg

連れて帰ったのはこの絵葉書。
型染めなんですから型があります、その多くも展示されていてその緻密さとデザインの秀逸さといったら、言葉にならない。
戦火を逃れたものが、残ってくれて、ほんとにありがたいことだと思います。

感じたこと 思ったことは いっぱい いっぱい。
布から放たれる 何か に打たれて くらくらしまた。
すごいなあ、、、。

と、書くことは控えて こんな一枚。
公園内にある庭園にて。
a0236300_0435845.jpg

[PR]
by fuko346 | 2012-10-14 00:46 | おでかけ | Comments(6)

濃緑

a0236300_22595692.jpg


いただいていたチケットの会期ぎりぎり、ミホミュージアムへ行ってきました。

昨夜、雷がものすごく眠りが浅いほどでした。
雨も降ってはいましたが、このあたりはそれほどではなかったのですが、明けてみると、あちらこちらが通行止めになっており、ごく近隣の場所に被害が出ていたことに驚きます。

雨、大丈夫かなと心配しつつ出かけると、山ひとつ向こうのこの美術館に通じる道は、かなりの水が出たことがありありとわかるありさまを呈しており、雨量がかなり違っていたことを感じます。
災害はいつでも、どこでも、なのだなあ、たまたま今まで出会っていないだけなのだなあ、と改めて思います。

さて、今回の展示は企画展ではなく、収納品+α の展示で、そう期待せずに出かけたのですが、やはり、いいものが揃っていて、見応えありました。
良いもの 美しいもの 、見て感じるのは いいなあ、と久しぶりの展示会で思ったのでした。


その大雨の上がったミホ。
夏の盛りの頃にて、緑の濃いこと。
いつもは聞こえない水音も高く、一面の景色が濡れたさまが、新鮮でした。

MIHO MUSEUM開館15周年記念特別展 MIHO GRANDAMA Ⅱ 母なる方へ

~19日まで
[PR]
by fuko346 | 2012-08-14 23:17 | おでかけ | Comments(2)

湖上の風

近江の国に来てから30年近くなりますが、湖上の遊覧船というのに乗ったことがありません。
地元民というのは そんなものかもしれませんんね。
が、この日、琵琶湖で一番大きな遊覧船、ビアンカに乗る機会がありました。
それも、お客16人で貸し切りという お大尽。

a0236300_21593196.jpg

大津港で乗船を待つ ビアンカ。

a0236300_2212044.jpg


ランチを食しつつ、琵琶湖大橋を超えてくるっと回ってくる二時間半ほどのコースです。
いつも湖岸を走っているときとは 違う景色を楽しむことができます。
船上からは、こんなに違ってみえるのか、と驚きました。

a0236300_2243417.jpg


琵琶湖大橋を背景に4階デッキにて記念撮影。
船の大きさがお分かりいただけるでしょうか、これだけの船が小さく見える琵琶湖の大きさ、です。
滑るように、という表現そのままに船は進み、湖上を渡る風に吹かれ、はろばろとした景色を愛でる 喜び、です。

a0236300_2275466.jpg

帰港途中、出港していく、ミシガンとすれ違いました。
一回り、ビアンカのほうが大きいそうです。

うす曇りの そう暑くない午後。
ぼんやりとすそ野がけぶる 琵琶湖南湖の美しいこと。
おいでの節は、ぜひどうぞ。


a0236300_2213118.jpg
今日のきもの

きもの 塩沢お召 単衣
帯   生紬 染め九寸名古屋

帯揚と半襟は絽ちりめんになりました。
この帯は お友達のおすすめで、私に合うかなあといぶかりながら、でもいつもとは違う感じのものが欲しくて 催事で手にいれたもの。
いかがでしょうか。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-03 22:17 | おでかけ | Comments(4)

上七軒で落語

a0236300_12521170.jpg


落語には興味があるものの、なかなか聞きに行く機会はありません。
この日は、襲名披露上七軒というロケーションであるという魅力的なお誘いを受け、喜んで行ってきました。

桂こごろう 改め 桂南天さんに。
襲名披露、だからでしょうか出演の一門の皆さんの落語にも力が入っていて、聞きごたえがありました。
実のところ、落語はお江戸が好きで、上方は、、、と感じていたところがあるのですが、この日は大いに米朝一門に楽しませていただきました。

南天さんの落語、ふと枝雀さんを感じさせるところがあるなあ、とまったくの門外漢ながら感じ、それにとってもまじめだなあ、師匠の南光さん仕込みかなあとか思い、、、襲名を拝見するのは何かのご縁、応援させていただきます。

a0236300_12582164.jpg
このあたりは、けっこううろちょろしていますが、上七軒の歌舞練場に入ったのは初めてです。
京の花街、どこもこの紅い提灯が 艶と華やぎをかもしていますね。
花街自体も、歌舞練場も小じんまり。
そこが魅力かもしれません。


a0236300_1355963.jpg



お昼は くろちくさん で。
京町屋の庭を眺めつつ、美味しいお食事をゆったりといただきました。
ほぅ~。











時間に余裕があったので、久しぶりの 弓月さんに寄ってあれこれと見せていただきました。
こちらのイベント、魅力的なものが多く、お知らせをいただいては、行きたいなあと思いつつ、時間が合わずにもうずいぶん長いこと、伺っていませんでした。

西陣、北野天満宮あたりは、少し中心地から外れていることもあり、静かな落ちついた京都、を楽しむことのできる場所です。
きもの関係のお店もいろいろあるので、きもの好きさんにもおすすめです。

弓月さんのサイト


半日、美味しいもの、きれいなもの、楽しいお話、堪能させていただきました。
ありがたいなあ。。。


a0236300_13232015.jpg
きもの 経錦 誉田屋 単衣
帯   首里花織
[PR]
by fuko346 | 2012-05-30 13:26 | おでかけ | Comments(10)

能登上布会館

a0236300_12405553.jpg


日曜日、早くに目が覚めてしまったので、どこか行こか、能登 行こか、ということになり出かけました。
千里浜なぎさドライブウェイにわらわらと鳥の群れがいて、波打ち際に首を突っ込んではなにか捕っています。小魚の群れでもいるのかな。
車を寄せると、すすすー、と移動します。
おそらく アジサシの皆さん。カモメの皆さんもいました。

a0236300_1251110.jpg
能登に行くなら、とナビに能登上布と入れて辿り着いたのがこちら。
今、能登上布の織り元は一軒になってしまいましたが、それとは別に展示場のようなものがあることを数年前に知り、機会があったら行ってみようと思っていたのでした。

能登上布会館
石川県鹿島郡中能登町能登部下134部1番地


a0236300_12544746.jpg製作過程を公開、織体験もでき、実際に反物を織っています。
このときはお昼休みで、織り子さんたちは別室でお食事中。





反物の入っている箪笥の前に座り込み、あーの こーの と質問すると、4人ほどの織り子さん、若い頃から上布を織っていた皆さんが出てきてくださり、方言も豊かにお話しを聞かせてくださいました。
実際に作っている人のお話を聞くのは、楽しいのです。a0236300_1304848.jpg








この一枚は 魅力的でした。
ああ、もう能登上布は二枚あるから、、、あきらめました。

宣伝しますから、と約束してきたのでご紹介であります。
お近くにお越しのさいはぜひ、立ち寄ってくださいませ。
そして 昔のお姉さま方のお話を聞いてみてくださいませ。





以下行程メモ。

桜もきれいでしょうと金沢へいくも、兼六園付近は大渋滞。
通り過ぎることにしましたが、それだけでもそちこちの満開の桜は楽しむことができました。

a0236300_13101736.jpg
白峰 通って帰ろうか、と北上したところで見つけた蕎麦屋さん。
しば野
石川県白山市曽谷町ソ三番地一
美味しゅうございました。







通りがかりに 白山媛神社により、白峰温泉総湯で湯あみし、帰宅。
大満足の一日 ドライブでありました。

(えっと、、、白峰総湯は以前行ったときに工事中で、今回は立派になったものにはいりました。
が、恐れていたように、立派にはなりましたが、お湯が循環 塩素消毒になってしまい、、かなり魅力が減りました。源泉好きは、哀しいです。それと大好きだった白峰村そのものが行くたびに観光地化しており、有名になって人がくるのはいいことでしょうが、どこにでもある観光地化は、そこにしかない魅力が減っていくことでもあり、、、ちょっと残念)
[PR]
by fuko346 | 2012-04-18 13:22 | おでかけ | Comments(2)