月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山里便り( 381 )

スズメバチを襲ったのは 誰

a0236300_12013473.jpg
本文とは無関係 かつ いろいろ映りこんで むさくるしいですが 今日の玄関。
花が無いので そこらで 摘んできました。

さて本題。
また スズメバチが お風呂のあるあたりの屋根裏に 巣を作ったようで 軒下から ぶんぶん出入りしておりました。
寒くなっていなくなるまで そーっとしておくことにして 近くの 勝手口は出入り禁止です。
の はずでしたが。

大暴れしていた 家内侵入動物たちを ほとんど捕獲して ここのところ静かだったのですが、また、かなり大きめの やつ、が 屋根裏をどたばたしだしました。
夜中の三時頃に 起きだして 出ていってもらうべく殺虫剤など 天井裏に噴射したりしていたところ、スズメバチの巣が あるあたりで ものすごい音がしだしました。
がっさ がっさ なにか 渇いた物体を かいているような音。
え もしかして 巣を壊してる、のか?
食べるのか?

翌日 巣のある ハチだちが出入りしたいたあたりを 見ると たくさん ぶんぶんしていた スズメバチの姿がありません。
し~ん としています。
食べたのか 侵入動物。

それでネットを見てみると アライグマは ハチを食べる と出ています。
ハチの子は 美味しかろう。
寝込みを襲うのか。
ということは 侵入動物は アライグマか。
前にいた やつ が とられて 縄張りが空いたので どこからか やってきたのでしょうか。
でも 屋根裏のハチの巣の存在をどうして 知っているのでしょう。

捕獲箱 二つ 設置しましたが いまのところ かかりません。

はて
スズメバチと同居
アライグマと同居
どちらにします?

ではなくて 両方 困ります。
捕獲しなくては 安眠は訪れません。




[PR]
by fuko346 | 2017-10-07 12:16 | 山里便り | Comments(6)

冬野菜 完了

a0236300_21271445.jpg
庭の ちっさな菜園。
夏野菜を 片づけて 冬野菜へ。
年々 作付は縮小。
食べきれる分 だけになっていきます。

手前左は やや早めに 種をまいた 水菜。
そろそろ間引いて サラダにしましょ。
右は イチゴ。
冬にはしゅ~ん としますが 春になればもくもくと元気を取り戻します。

いま 植わっているのは その他に ルッコラ ダイコン(大・小)、ネギ、二十日大根、小松菜、レタス、アスパラ(これも春にはぐんぐん)、、、、だったかな。

気温がそれほど低くならないうちにみな 種まきしようと それに今日は午後から雨がふるからと 9時から2時まで お昼も食べずに ごそごそ。
目についた あれこれ外仕事もしていたら、、、
身体が 疲れて ぐだぐだに。
遅いお昼を食べたら ぱたっとお昼寝してしまいました。
う~ん 体力が無いですなあ。

そんなこんなの 静かな山里。




[PR]
by fuko346 | 2017-09-27 21:44 | 山里便り | Comments(0)

こんな日には

今日のようなお天気 ニホンバレ というのでしょうか。
さわやかな晴天です。
運動会の行われている 小学校のスピーカーから 風に乗って 様子が流れてきます。
玄関の花を活けました。
自家調達。
a0236300_10224589.jpg
a0236300_10232045.jpg
すすき むくげ ききょう
すっかりと 秋 です。

家そのものがきれいになったわけではありませんが なんとなく 玄関が清々しくなったようで、すっとします。
こんな日には だれか 遊びに来てくれないかなあ、なんて思います。
なんのおもてなしもできませんが 新米と自家製梅干しのおにぎりと 自家製味噌のおみおつけ くらいはお出しできます。

薄暗い家の中から 四角く 切り取られた 窓の外の まぶしい光を 見ながら そんなことを思うのでした。

なんて感傷的になっていないで 冬野菜へ向かう 菜園へ 行かなくちゃ。
まだまだ暑いうちに もうちょっと種まき。




[PR]
by fuko346 | 2017-09-24 10:32 | 山里便り | Comments(8)

目 の 端 (アカタケ)

a0236300_22471799.jpg
メダカ鉢に入れる水を汲もうと 池にバケツを差し入れていると ふと目の はしっこに いつもはない色が 一瞬入った、ような気がして 少し離れたその場所をじっと見ると 赤いキノコが 生えていました。
真っ赤だわぁ。
小さい です。
調べてみると アカダケ という毒キノコのよう。
潰すと 赤い汁が出て 染め物に使う、、、え、染められるの!!
ほお。

これだけ真っ赤なものに気がつかないはずはないので 今まで ちょうど生える時期に この水辺に来なかったのか たまたま今年 生えたのか。

それはさておき。
ニンゲンの目の 構造の素晴らしさ というか 脳の機能の素晴らしさ、というか、そういうものを時々 思います。
ピントが合っていなくても 視線の先になくても はしっこでも 遠くでも 「あれ」と いつものとは 違うものを見つけます。
この時も  水を汲む バケツ しか見ていないはず なんですもの。
目の端っこに 異常を 一瞬に 見つける。
「なんかあるぞ~ いつもはないものだぞ~」

そういえば 目はしが利く って言葉ありますね。
わたし けっこう 見えちゃうのです。
視力は悪いのに 見えるというか 気づくというか。
な~んの役にも立たない 気がつかなきゃいいのに ってこともけっこうあります。

とまあ なんてことない お話でした。





[PR]
by fuko346 | 2017-09-19 23:02 | 山里便り | Comments(2)

さんま と 台風18号

a0236300_14341654.jpg
高いけど 新物の誘惑には 抗いがたく

昨日は台風18号が 通過していきました。
なんだか 腑に落ちない台風でありました。
大きかったから、でしょうか。

まだ九州 四国あたりに いるころに こちらは 恐ろしいほどの風が吹いてきて 家が揺れるほど。
え、こんな遠くにいるのに こんなすごかったら この先 どうするんだ、と思っていた矢先に、スマホに緊急警報が たて続けに鳴って え、と驚きます。
風は強いけど、、、、
雨 まったく降っていないし 衛星画像を見てみても すぐに降りそうではないし。

それに警報が出ているのは 町内の限られた地域。
はてな?
集落の中心を流れる川が この頃 しょちゅう溢れるので 先手をうったのかな。
が 結局 夕方でた 警報はずーっとでっぱなしで 深夜まで。
その間 雨はそう降らず。
上流でもそう降らず。
衛星画像を見ても そう降りそうではなく。
はてな?

それから 凄い風で怖かった時間 ごく近くの地域では そうでもなかったらしく。
あの 風は いったいどこからきたのでしょう。
そして台風が接近してきたら 風は 弱まってしまったのでした。

こんな台風もあるのだなあ。
情報 あればあったで おろおろと。
とどのつまり 自分で状況を判断しなければいけない ということですね。
台風によらず みんなそういうことなんだな、と 再確認。

早々に雨戸を締め切った部屋の中で 美味しくサンマを食べた夜 そんなことを考えていたのでした。




[PR]
by fuko346 | 2017-09-18 14:50 | 山里便り | Comments(0)

あおじその 花

a0236300_11542634.jpg
アオジソの花。
拡大して まあ なんてきれいなんでしょう。
おしべ でしょうか ほんのりとした紫色 です。
ただ 小さい白い花 と見ていたのですが こんな色をかくしていたとは。

いつも不思議に感じるのです。
だれがみるわけでもないのに この造形 この色。
草木もですが 虫も 動物も なぜその模様 その形、、、、と 首をかしげるもの多数。
美しくなりたいという 意志があるようです。

それともその意志を ニンゲンが 美しいと名付けたのでしょうか。
見ていないと思うのは ニンゲンだけで この花に寄ってくる虫たちも なんてきれいなんだろうと、ふらふら呼ばれてきているのかしら。
放置して 紫蘇林になってしまった一角には 大小の虫たちが寄ってきて ぶんぶん しています。

その姿はなりふりかまわず 食べ物 食べ物 というように見えますが。
そうじゃないのかも しれません。

今日は強い秋の日差しの中で 緑が強く反射しています。
でも つくつくほーしの声も なんとなく元気がないようで、さわやかな風に 季節の移ろいを感じます。

秋 ですね。




[PR]
by fuko346 | 2017-09-09 12:09 | 山里便り | Comments(2)

ゆく 夏

昨日は ほんに久方ぶりに 美しい夕焼けを見ました。
あまりに 久しぶりに感じたので ひととき その色の移ろいを眺めてしまったのでした。
この夏はずっと梅雨 ときどき猛暑、の山里 今日は 秋めいた さわやかな風が吹いています。
a0236300_10525225.jpg
そんなおり あら と居間のカーテンを開けて こちらを発見。
秋草の季節にうつろいゆく。
おりしも その時 百舌鳥の けけけけ という高い声を 聞きました。
気がつけば 蛙はひっそりとしてしまい オオゼミの声もなく ツクツクホウシだけがやかましく時を惜しんでいます。
夜されば 虫の声も高く 低く。

あ~ 今年の夏は ここ数年の猛暑に比べ 湿気はものすごかったけど 過ごしやすかったなあ、と、もう秋の気分になっていますが 今日は まだ8月27日。
一昔前の 息も絶え絶えではない 夏を もう少し楽しみたいものです。





[PR]
by fuko346 | 2017-08-27 11:02 | 山里便り | Comments(0)

おっきな 闖入者

夜 窓をしめようと少し動かすと 耳元を掠めて なんだか巨大なものが部屋に飛び込んできた
ぶおおおおん ぶおおおおん がたっばしっ ← 天井や壁にぶつかっている音。
わ カブトムシだな それにしても大きいな。
この状況でこの音は カブト以外にはありません。
a0236300_12412239.jpg
捕獲。
カ) なによ なにするのよ
a0236300_12432250.jpg
ぎゅわ~ん どわ~ん
ほとんど怪獣のように見えます。
a0236300_12444311.jpg
すでに寝てしまった家人に翌日見せようと 重石。
が ものともせずに 引きずって移動するので さらにお皿を追加。
これで動けぬだろう。
カ) なによ これしき
翌朝 カブトの姿はなく 探してもいません。
はて~ どこぞにもぐりこんでしまったな 夜になればまた 出てくるだろう。
a0236300_12471271.jpg
出ました。
ふたたび ぎゃわ~ん どわ~~~ん どしばし。
落下。
カ) ああん あわれな姿をさらしてしまった
a0236300_12490243.jpg
がっしり 捕獲。
大きいでしょう。
時折 見かけるカブトムシ ここまで大きいのは 初めて見ました。
カ) ああん 私をどうどうするのよ~

はい すぐに 外へ逃がしてあげました。
さらば 

こないだは 逃がしてくれてありがとう という カブトムシの恩返しは 今のところ ありません




[PR]
by fuko346 | 2017-08-25 12:52 | 山里便り | Comments(6)

メダカ ちゃん

やっぱり そうは問屋がおろさなくて お終い近くになって 夏は気を取り直したらしく あ つ い です。
くらっとするくらいの 陽の強さ。
でも 風の湿気が少ないのでしょうか ちょろっと もう少しで 夏は力尽きます という気配があるような ないような。
a0236300_12232424.jpg
水気があれば 少しは涼を感じていただけるかな。
今年のメダカたち。
虫取りに あちこちメダカ鉢 六個 置いてます。
これは 菜園の奥にある 火鉢。
池の泥を入れたので 水が濁っています。
睡蓮と タヌキモが 繁茂しています。
なるべく なにもしません。
餌もあげません。
が、どうも ここが一番 メダカには居心地がよさそうです。
映っていませんが 子メダカも います。
隠れるところが いっぱいあるから なのか 虫だらけで 餌が豊富だからあなのか 親メダカに食べつくされていないのです。
まあ 自然では 自然に繁殖しているのですから 当然といえば当然 ではあります。
a0236300_12310853.jpg
こちらは 玄関横。
なので 水はきれいにしています、といっても 池から汲んできたものを ばさっといれるだけ。
他の鉢から救出した 子メダカを 入れてあります。
どの生物もそうですが まあ ちびちゃんたちは 動きが早いので 上手く写りません。
以前のように 毎日のように 卵を探しては 移すことはしていないので 今年増えた子は ここにいる10数匹と 火鉢に生き残っている 数匹 です。

(池 大 のものは 順調に世代交代しております、たぶん)

六つある メダカ鉢(買ってきたわけではなくそこらに転がっていrたもの転用)に数匹づつ 常にいれば いいな、という具合になるようにしています。

蚊やら ブユらやが そのおかげで減っているかどうかは 定かではありませんが、きっと効果はあるだろう、そして なにより面白いので、メダカたちとの 山里くらしは続きます。





[PR]
by fuko346 | 2017-08-24 12:42 | 山里便り | Comments(4)

夏の終わりのような

a0236300_18320169.jpg
ヒグラシの声が降る
うろこ雲が 流れていく
ひんやりとした 静かな風

これで湿気がなければ もう秋のはじめ といってもいいような 夕暮れ時。

東は どうも とっても涼しいらしけど こちらは そこそこの気温はあり。
そして 途切れることのない 毎日の湿気。
でも いつもの真夏の暑さ には 程遠く 涼しい夏は続いています。
8月なかば、とは思えない気候です。

暑さと直射日光には からきし弱いので 私は これでいいけれど、いろいろ不都合がでるだろうなあ、ということはわかります。
不思議な夏は 続いています。

昨夜 帰宅しております。





[PR]
by fuko346 | 2017-08-16 18:38 | 山里便り | Comments(0)