月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山里便り( 347 )

ぜんまい の 綿

a0236300_11441563.jpg
タケノコを採ろうと うろうろしていたら 目についたので ついでに収穫してみました。
蕨にゼンマイ。
例年は鹿の口に入ってしまうのですが どうも ちょと余所に行っているらくし ちょっぴり採れました。
a0236300_11460731.jpg
で、 ゼンマイの綿毛。
ぜんまい紬というものがあるので どういうことなんだろうと不思議だったので、この綿毛をとってみました。
a0236300_11475150.jpg
ゼンマイの綿毛なんで どう集めるのだろう どう紡ぐのだろうと 不思議だったのですが、綿毛は簡単にむくことができました。
a0236300_11491339.jpg
綿 そのもの です。
ちょっとめ には 茶綿と見まがうかもしれません。
そういうことだったのか と 納得。
a0236300_11505157.jpg
これは 私の持っている ゼンマイ紬 です。
横糸に ちょぴちょぴ と ゼンマイが織りこんであります。

ゼンマイの綿を 布に使うという先人の知恵はすごいなあ、と思います。
丈夫になるし 糸の足しになるし 防虫効果もある と聞きました。
ただ これくらいの量だと 野趣のため、でしょうが 横糸だろうとは思うのですが 全部ゼンマイの紬糸を使ったものがあって それは ゼンマイの量もたくさんで 手もかかり高級品 なのでした。
布の味も特別で いいなあ、と 眺めたことを覚えています。

ともあれ ゼンマイなんか 布になるのか? という私の謎は解けたのでありました。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-19 11:57 | 山里便り | Comments(8)

むくむくっと

a0236300_10320047.jpg
むくむくっと 出てきた タケノコを むずとつかむ の図。
今年のお初は 大きさも形も 上出来です。

ああ 美味しかった。
これから しばらく タケノコ狩りが続きます。

年々 早くなっている タケノコ。
もしや、と ふっとぬるい空気になった日に竹藪に行ってみたら 出ていました。
もしや だったので 少し驚きます。
10年くらい前は 五月の連休くらいだったのですから。

氷点下の最低気温 冷たい春が うそのように ぼんやりとした 暖かい空気になっています。
カエルたちも 出てきて 大合唱が はじまりました。
以前のように すべてが 徐々に 徐々に ではなくて 一気に になっています。

早春からの 好ましいあわあわとした春がなくて 初夏になってしまったみたいです。





[PR]
by fuko346 | 2017-04-16 10:40 | 山里便り | Comments(0)

にょきっ

a0236300_10343886.jpg
今日は 暖かい というか 日向では ちと暑いくらいになりました。
昨日の最低気温は マイナス一度 だったのに まあ めりはりの効きすぎていること。
なんてことには 関係なく 草木は きちんと芽吹いています。
その中でも 力強いのは アスパラ。

土を押しのけて にょき にょき。
この力はどこから湧いてくるものか ふ~ん すごいのねえ あなた、と感心してみています。
そして 美味しそ。
新鮮なアスパラのあの香りが口に 広がります。

ということは そろそろタケノコもでますかねぇ。

楽しや 楽しや。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-14 10:39 | 山里便り | Comments(4)

ちら ちらちら

しばらく留守にして帰ってきてみると まだ冬枯れていた 敷地に かさこそ動きが見えます。
a0236300_22440539.jpg
シャクナゲのつぼみが どんどん膨らんでいますが、ほとんどは まだ緑色。
ですが、
a0236300_22451084.jpg
ちらっと はなびらが 出てきている子も います。
鮮やかな色ですねえ。
で、
a0236300_22460343.jpg
この子は ちら ちらちらちら
こんなに色が吹き出てしまっています。
一本の木で この差が出るのはどういうことか。
日当たり ということではなさそうです。
蕾 ひとつ ひとつにも個性があるのでしょうか。
面白いです。

この春の進み具合は遅くて 山里のソメイヨシノは まだ 五分咲き、です。
春爛漫は もう少し 先でしょうか。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-12 22:49 | 山里便り | Comments(2)

残るは ネギ ばかり

a0236300_11142506.jpg
なんだ これは。
庭の菜園 です。
耕して これからの準備。
残っているのは ネギばかり。
袋の中身は 引いた草や落ち葉や糠をまぜて放置しておいたもの、肥料です。
土に いまから混ぜ込んで 留守にしている間に 馴染んでくれたらいいなあ、と。
この地は 朝方の冷え込みがきつく まだまだ 氷点下になるので 種まきは おいそれとはできません。

ちょぴっとの菜園ですが これでも十分に口に入るものができるので 楽しみでやっています。
毎年の繰り返しですが なんだかちょっとうれしくなります。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-27 11:25 | 山里便り | Comments(0)

春告げ花

小さな流れのそばに オウレンが 咲き出しました。
a0236300_10525955.jpg
丈 5cmくらいの小さい花ですが、あたりが枯れていて茶色一色なので 目立ちます。
今 敷地では イヌノフグリやタネツケバナが咲いていますが、これは まだまだ冷たい風が吹いて ときおり暖かい陽がさす時には開花してしまいます。
オウレンは 毎朝氷点下で氷が張っていても、「あ、もう春だな」と確実に感じるゆるみが到来したときに咲きます。
空気感が変わった時、毎年咲いている場所に探しに行くと きちんと咲いているのでした。
自然はちりぎ なのでした。
a0236300_10533192.jpg
小さい花ですが 造形は複雑 豪奢。
美しくなりたい という 意志があるように感じます。

オウレンは漢方薬で 根を薬にするそうです。
でも お腹が痛いからといって 煎じて飲む勇気は ありません。






[PR]
by fuko346 | 2017-03-24 11:09 | 山里便り | Comments(4)

ことこと ジャム作り

a0236300_11580140.jpg
たまに ジャム作りをします。
お店で買ってきて は しません。
材料があるとき、だけです。
これは いただきものの 晩柑。
静岡で お知り合いが 自分で作っているものです。
お顔は そうきれいではありませんが、それはそれは 美味しかったのです。
ネーブルと デコポンの 掛け合わせ、とか なんとか 新しい品種のようです。
お店で 見たことはありません。

以前も 北海道から送られてきた イクラが 衝撃的に美味しくて驚いたのですが、これも しかり。
産地の その土地の人がくださるものは それは 美味しいことが多いです。
で おいしい おいしい と叫んだところ また 4月ごろに食べごろになるものを 送ってくださることになりました。
うれしや うれしや。

ただ、困ったことは そういう美味しいものを食べてしまうと スーパーに並んでいるものに手がでなくなることです。
はてな。

さて おかえしは 何がいいかと 聞きましたら 当地の タヌキの置物が良い、ということで、タヌキ一体、静岡へ旅立ちました。
気に入って くださった模様。
元気に暮らすのだぞ~ おタヌキ。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-16 12:06 | 山里便り | Comments(2)

春の苦み

a0236300_15100288.jpg
蕗の薹 収穫 第一弾
そろそろ 数がそろうかなと 見に行きましたら 十分な数。
今夜のメニューは てんぷら です。

菜園 今はネギくらいしか 食べるものがありませんが、こうして 土の恵みが 顏をだします。

このところの山里の天気はめまぐるしく 変わり 晴天 にわかにかき曇って 大粒の雪、みぞれ、または 雨、と 思ったら 晴れ、という あんばい です。
朝方の最低気温は まだまだ氷点下で メダカ鉢には 氷がはっては 溶けています。

冬の名残と 早春が 綱引きをしているようです。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-10 15:17 | 山里便り | Comments(0)

玄米お粥

a0236300_09155157.jpg
ほわほわ~と湯気が上がっています。
玄米のお粥さんを炊いてみました。
自家製梅干しを 一つ。

精米機を買って お米を炊く度に 白米に精米しているのですが そのとき糠がたんと 出ます。
けっこうな量 出ます。
もったいない、、、私なんぞは いいものが 全部削れてしまうのじゃないの、と感じてしまいますが、家人は 白米じゃなくてはいや、ということで。
私だけでも 玄米を食べてみようと思ったのでした。
お昼は お粥さんを炊くことがときどきあったので まずは それから。

土鍋でことこと ことこと。
たいへん 良く できました。

昼に家にいるときは これでいこうっと。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-02 09:29 | 山里便り | Comments(4)

山里 早春

弥生 三月
山里は まだまだ冷え込みがきつくて マイナスの朝が続き メダカ鉢も凍っていますが、それでも季節は確実にうつろい 風の気配 空気の匂い が 変わりつつあります。
a0236300_14100195.jpg
春 一番は やっぱり この 蒼。
イヌノフグリ。
a0236300_14112353.jpg
美味しそうな 蕗の薹。
もう少し ほころんだら 天麩羅に、あのほろにがさが もう口に思い出されます。
a0236300_14124706.jpg
水仙も勢いよく出てきました。
a0236300_14133357.jpg
ヤブツバキの大木も やっと咲き始めました。
この 赤も ほんと 美しいです。

これといった 華やかな栽培種は ほとんどない山里の庭。
春の足音が そおっとしています。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-01 14:15 | 山里便り | Comments(0)