月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:美味しい場所( 30 )

蕎麦屋で 驚く

a0236300_10135357.jpg

そば処 藤村

滋賀県東近江長町116

a0236300_10151458.jpg
近江上布関連の催事をしているとのことで ちょいと 出かけてみたのですが、そういえば 前から気になっていた お蕎麦屋さんが このあたりにあるはず、と ナビを頼りにいってみました。
大きな道からはずれ 近江商人の豪邸が 残っているあたりのひっそりした住宅地に、突然、現れる立派な店構え。
へ こんなところに こんなものが。
で、中も いまどきのおしゃれな雰囲気でして また へえ。
で、食しましたら 美味しくて へえ。
で、蕎麦湯が またまた 美味しくて へえ。

で、メニューはごく限られていまして、ここまでシンプルなのは初めてかもしれません。
自信があるのでしょうなあ。

蕎麦屋で驚くことは あんまり無いので うれしくなりました。
車で 一時間弱かかるので そうそうは行けませんが、お蕎麦を食べたくなったら ここ になるかもしれません。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-19 10:28 | 美味しい場所 | Comments(0)

深川 みの家

a0236300_10164528.jpg

 みの家 
さくら鍋 です。
東京にいるのを知ったお友達に声をかけてもらって ご一緒しました。
下町方面はさっぱりわからないし 遠いので ふうん、、、とちょっぴり尻込みしたのですが、なんのことはない、都営新宿線で一本でした。
この佇まい うきうき。
入れば 下足番のおじさんから いらっしゃい と 声がかかる。
a0236300_10235663.jpg

店内の雰囲気もいいですねえ。
a0236300_10253017.jpg

さくら鍋も馬刺しも たいへん 美味しゅうございました。
お向かいには着物姿の美しいご婦人。うふ。

こういう古くからあるお江戸が感じられるお店 大好きです。
ちょっと 東京の家からは遠いけど あちこち行きたいものです。
また お誘いくださいね。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-01 10:28 | 美味しい場所 | Comments(2)

トラットリア ラ・ヴォーチェ

久しぶり二年半(くらいか)にお友達に会うために こちらへ。
a0236300_11494946.jpg

烏丸四条 の 気軽なイタリアン トラットリア ラ・ヴォーチェ
こちらネットでお得に予約できるサイトから 見つけたのですが わあ 肉!!
コースのメイン エゾシカ です。
こういう 画像は私は珍しいです。
肉 美味しかったのでした。
(うちに 跋扈している鹿ども、も 撃ちとって欲しい、という想いも込めて メニューに 鹿 があればそれを頼むのでした)
どうなさっているかなあ、と 時折思い出しては 気になっていた お友達 ますます美しく。
私の知らない興味深い世界のお話 また 聞かせてくださいね。

それから 今日は歩くべく 洋服だったので あそこと あそこと行ってみようと、むし暑い京都をてくてく。
寺町あたりを ずずーっと北上。
a0236300_1159667.jpg

セール中の えり正さんで 二分紐を。
二分紐って 置いてあるところが少ないけど さすがの京都には けっこうあります。
昔の小さい帯留って 二分紐しか通らないものが 多いのです。

とか あちこち寄り道しながら 地下鉄の丸太町まで 歩きましたら 暑さにぐったり。
暑いとこと 冷房のきいたとこと 出入りするのも 身体に良くないみたいです。
夏の暑さと 冷房に弱い この身体 うやめしや。

といっても それなりに 動けるのだから 贅沢いってはいけませんね。
京都まで ひょこひょこ出ていけるようになっただけでも 元気になったなあ、と ちょと 喜んでいるのでありました。



[PR]
by fuko346 | 2016-07-29 12:08 | 美味しい場所 | Comments(2)

RISTORANTE LAGO(リストランテ ラーゴ)

a0236300_13135523.jpg

滋賀県大津市浜大津浜大津1丁目4−1

琵琶湖畔 登録有形文化財【旧大津公会堂】に入っている イタリアン、です。
ずっと 気になっていたお友達に会うために、これまたずっと気になっていた このお店を選びました。
県内、まあ 地元といえるのかもしれませんが、車で一時間 交通機関を全部使って行こうとしたら、一時間半は かかるでしょうか。
ということは 地元ではありませんね。
きれいな店内 料理もおいしく ゆっくりできるのが 一番でしょうか。

さて お友達と この前会ったのいつだっけ、という話になり おととし、ということが判明。
え!!
どうしているかな お話したいなと思いつつ そんなに時がたっていることに驚きました。
この二年ほどは 介護仕事で 身体的 精神的 魂的に 激動だったので ぴゅーっと過ぎてしまったという自覚はあったのですが、改めて ううむ と唸るのでした。

せめて 年に一回 できれば もう少し会いたいなあ、と思います。
都合があえば 温泉へ行こう、と約束して別れたことでした。
また ゆっくり会いましょうね たくさん お話しましょうね。
[PR]
by fuko346 | 2016-02-03 13:30 | 美味しい場所 | Comments(0)

スコルピオーネ祇園

a0236300_1140432.jpg

町屋を改装したレストランの草分け、、でしょうか。
名前はけっこう前から知っていたのですが、機会がなくて お初に伺ってみました。
というのは サイトからお得なコースが前日夜に 予約できたものですから。
お友達とランチ、です。
あれ 彼女とはお能繋がりですが 二人でゆっくりするのは 初めてです。

a0236300_1143328.jpg

祇園は花見小路に こんな大きな町屋があったのね、とまず感じて、内装を取り払っただけで あちこちいじっていないのに 好感が持てます。
太い梁がむき出しで、長い間、この家を支えてきたのだなあ、どんな人々が暮らしていたのかなあ、とか想像してしまいます。

a0236300_1147454.jpg

料理はイタリアン、です。
コース、のみ。
過不足なく 美味しくいただきました。

この頃 もちろん 料理が残念なのは 困るのですが、それよりもその場に流れている空気感、というものに、重きを置いているような気がします。
ゆったり 心地良い場所であること。
この日は オフシーズンの寒い日の平日、ということもあるのか、かなり広い店内、けっこう空いていて、じつに心地良く 過ごすことができました。
それって 混んでいるとかは別として、働いている人のかもす雰囲気にかなり影響されますよね。

ごちそうさま、でした。

スコルピオーネ祇園
京都府京都市 東山区清本町381
[PR]
by fuko346 | 2016-01-24 11:58 | 美味しい場所 | Comments(2)

ごだん宮ざわ

美味しいものを食べたくて せっかく京都の近くにいるのだから、と ときおり すこうし贅沢。
それなりにいろんなお店に行ったけど、また行きたいな またあそこに座りたいな 食べたいな、と思って通っているのは ここだけ、です。 
といっても たぶん 四回目、かしら。
東からのお友達といつも一緒です。
ごだん宮ざわ
a0236300_11351078.jpg

はじめてのお席で 目の前の床飾りと壺、が気になって聞いてみました。
それはもう逸品で、はあ、これを眼前に お食事できる幸せが、もう一つ増えたのでした。

今回も幸せな時間をありがとう なのでした。
年の最後の外ご飯が ここ 年末の温泉も待っているので それはそれは 贅沢なことだと思うのでした。
(と 思って 叱咤激励 生きるのだ)

と これは一般論ですが。
お料理も温泉宿も 数万円という料金の場合 素晴らしくて当然 だと思うのです。
それでも ミシュランの星三つの料理屋さんでも はてな?と感じるところはあって まあそれはお昼の簡便なメニューだから、かもしれませんが それだからこそ、のはずであって お昼に手を抜いているのなら もうなにをかいわんや。
脱線しました。

この日もぷらぷらと歩くのでした。
五条から四条へ 八坂さんへ
a0236300_11531494.jpg

ご神水。
が 有るのは知っていましたが行ったのは初めて。
a0236300_11543377.jpg

お友達が行ったことがない、というので 長楽館、でお茶をして。
四条あたりを きもの小物のお買い物をするお友達とあれこれ 見て。
私は先日、帯締め二本 帯あげ一本、手に入れてしまったので 見るだけ、です。
この時期のセールには きものを常に着ている、と思われる方が まとめてお買い上げ、しているのに出会い、むふむふご同類、と密かにうれしいのです。

京都は楽しいですが 往復三時間 行きも帰りも山道45分運転がついてくるので だんだんと遠くなってしまうのが悲しいことです。
疲れてしまって連続おでかけできず 行きたいところに行けないことがままあって、うむ、となりますが、まあ それはしょうがありませんわねえ。
あと二回 きもので出かける機会があったのですが ばてて行けず その日の取り合わせはまた いつか。
この日も お友達が洋服、ということもあり少々ばてていたこともあり たくさん歩くだろうということもあり、きものはやめたのでした。

手からこぼれる落ちるものも それはそれで自然なこと、とゆるゆる いきましょう。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-24 12:04 | 美味しい場所 | Comments(4)

ポルチーニ

a0236300_22223014.jpg

新宿御苑前の駅すぐにある イタリアン クッチーナ・サンタ
常連さんに連れていってもらったので 今が旬のポルチーニのコースをいただくことができました。
これは 栗とポルチーニのリゾット。
(写真 美味しそうに取れなくてすいません)
御料理美味しく 小さなお店も居心地良く、ほっとした時間を過ごしました。
ワインはたくさん飲めないけど また伺いたい、です。


って、また東京へ行っておりました。
急な介護用事 父1 母1 家の修理の件。
一人でなにもかもしているので 頭がぐるぐるしますが、状況に応じて 今できる限りのこと、をしていきたいと思います。
両親への想いが少しずつ変化していて、それを感じることを 実に興味深く自分を見ています。
生きていることが 体験とそこから生まれることを感じることの連続であるならば、結局のことろ、なにもかも おもしろい、と味わっていきたいものです。
なんて めちゃくちゃだった当初から 二年近くたって 余裕が出て来たのでしょう。
こんな場所に来ることが できるとは思っていませんでした。
見えなかったものが 見えてくるのは 面白い、です。

と 頭はいっていますが 身体のほうがちょいと。
介護関係でばたばたすると 頭痛とめまい、この夏からはずっと耳鳴り止まらず。
病院へしょっちゅう行っているのに 自分はまったく検診にも行けていないので、はた、と気がついて 受信してみました。
検査結果は次回 上京時、というのんきさですが、まあ、疲れ、だったら良い、ということで安心できればな、と思ったのでした。
両親がかかっている病院 自分も患者になってみよ、という企みでもあるのです。
楽しく遊んでいるときには 症状出ないので、まあ そういうことなのだろうととは 思っているのです。

ということで 次回上京は 予定がいろいろ入って 11月後半 となりました。
[PR]
by fuko346 | 2015-10-29 22:42 | 美味しい場所 | Comments(0)

非日常

a0236300_2138153.jpg

あいにくの曇天ですが、南の島のリゾートに 来ています。
なんてことはなくて、ここは 代官山のテラス。
滝まで流れております。

a0236300_21395562.jpg

時々 登場するワイン繋がりのお仲間 年に一度の オープンエア バルブ。
テラス席で シャンパン 飲んで ゆるゆるしましょう、という集いです。
今回で11年目、初めての参加、です。
ちょうど都合よく 上京、とはなかなかいきませんし、元々 そう飲めないのですから 強く参加、とは思っていなかったのです。
今回は急な上京と予定が合って、行ってみよ、と思ったのでした。
このメンバーのことですから ただならぬ 品ぞろえのようですが、私にはわかりません。

a0236300_2146455.jpg

シャンパングラスに2.3cmずつ 「飲めないのでちょっと入れてください」と毎回頼んで 5種類ほど 味わいました。
あらん   こんなに違うものなの、びっくり。
今まで飲んだのと ちょと違うぞ、それぞれ 味も香りも違うぞ。
ほーほー そうであったのか。

ああ 美味しかった ごちそうさま。

こういう場所も、たくさんの人も、滅多にないこと。
たま~~~には こういう非日常もあり、かしらん。

少し前になりますが覚書 まで。
[PR]
by fuko346 | 2015-07-05 21:54 | 美味しい場所 | Comments(0)

東京ごはん 覚書

な~んでも 忘却してしまうので 覚書、です。
せんだっての東京のお食事、、というか 飲み、、、というか。

a0236300_23473662.jpg
横浜某所。
松茸たっぷりの 蕎麦つゆ。

a0236300_23492623.jpg
経堂ワインバー ハニームーン

住んでいた家は 京王線桜上水と小田急経堂の間、あたりだったので、懐かしく どう変わっているのかなあ、と思いつつ駅に着いたれば かつての面影はまったくなく、知らない町になっていました。
こんなおしゃれなお店の似合う町に。

a0236300_2353274.jpg
代々木上原 やまと
気に入ってしまって三回目、かな。
あても蕎麦も美味しいお店。

a0236300_013045.jpg
本むら庵 六本木
あぁ 六本木で蕎麦、、、変な感慨が湧く。
山里と同じ日本とは 思えない景色と空気だなあ、とか。

とうきょう では ときたましかお会いできないお友達にお会いして 美味しいものを食べて 飲んで、という喜びがあります。
滞在中、あれやこれやと仕事(?)があるので、昼はあまり自由になりませんが、夜は 出歩ける身分になりました。
乱れる想いは想いとして、それとは別に 十分に遊ぶことをも身につけたいと思うのでした。

お付き合いくださいました皆さま ありがとうございます。



少しずつ 自分を苦しめていた 自分の思いこみから こころを離していく作業を、続けています。
失くした分だけ 入れなくちゃいけないのだけど その作業が追い付かなくて からっぽになっていくような、妙な不安感もあるのでした。
少しずつ透明になって消えてしまうのではないかしらん。
そうなったら 違う何かが現れてくるのだろうかしらん。
[PR]
by fuko346 | 2014-10-27 00:12 | 美味しい場所 | Comments(12)

京都 ワインバー

a0236300_2121592.jpg
a0236300_2124315.jpg

イタリアワイン専門ワインバー カヴァレッタ

ワイン繋がりの会 10周年記念の会が京都でありました。
そう飲めないのに、何でメンバーになっているかというと きもの繋がりなのでした。
まずは はこちらで。
SNSの繋がりなので お初におめにかかります、の方もたくさんいらして。

a0236300_21104429.jpg
a0236300_21111447.jpg

京都ワインバー ミュゼ
移動するぞう、のかけ声で こちらに到着。
どちらの お店もメンバーが ワイン好きがこうじて 店主になっています。
なので 初めて伺ったのに すっかり なじんで 好き放題 楽しい時間。

何度か書いていますが このご縁は不思議で、お酒を飲むことも、上手に遊ぶことも 教えてもらいました。誰かについていくと 美味しいものと楽しいことが 待っているのです。
皆さん 酒豪で10年たって 飲む量が減ったなあとお話していましたが、私は はじめワイン一杯のんで倒れていたので、今が一番 強いのです。といっても3杯 ゆるゆるやっとかな、、、。
泡 白 赤 と 飲めるようになったので めでたい のであります。

ここちの良い 団体 というのが あるのです。
不思議な人たち です。
大きな会は 年に数回。あとは 少しずつのメンバーで集まって遊んでいます。
得難い ご縁 です。
あまりワイン会には出席できないけれど 端っこ に置いておいてくださいまし。


a0236300_2130846.jpg

大宴の前のお昼に 女四人で小宴。
9月に伺って気に入った ごだん宮ざわ を再訪しました。
十四代 ちと 飲んでます、ふぇふぇ。
顔を覚えてほしいお店なので 間をおかずに何回か来たいと思っていたのですが、二回目だということ解ってもらっていたようです。また 行っちゃお。うふうふ。

さて 飲むと帰れないので(飲酒運転) この日は京都にお泊まり。
翌日は 京都近代美術館の ホイッスラーー展を見て 北山へ移動。
はすそら 鍼灸院 へ行って 身体をいたわりました。こちらは佳人がその手 で身体のメンテナンスをしてくれます。不思議な手 なんです。ここしばらく 不調でありまして身体もがたがた これは限界であるぞよ、とこちらの不思議な手、を頼っていきました。
限界になる前に来てね、と 当たり前なんですが 定期的に来ようと思っていても、不調なときはここまで辿り着かない、のでした。
行けば ああ もっと早く来ればよかった、なのです。

という思い返せば 身体もこころも 贅沢 大満足の 京都二日、なのでした。
[PR]
by fuko346 | 2014-10-06 21:45 | 美味しい場所 | Comments(12)