月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いいをもの拝見できる 喜び

今日も 京都でした。
大鼓の会に着た 波、のきものを作った染めやさんと そのとき一緒に拝見した できれば 全部 買い占めたい!と感じてしまう力があるのに品のいい帯の帯屋さんの展示会があると お誘いいただいて。

a0236300_23363353.jpg

今日のきもの
きもの 牛首紬 袷
帯    たんぽぽ ワラビ 染め帯
この帯 ちりめんなので ほんとは 二月の中ごろから三月中ごろ、までが旬だと思うのですが、あ、まだ31日だし、使ってしまお、と。
この日を逃すと 来年までおあずけになってしまいますもの。

a0236300_2339299.jpg

美味しいお昼も食べたいです、とわがままいい こちらに連れていっていただきました。
祇園 ほりべ  大和大路新橋上ル
薄紅色がよく写っておらず 美しさが伝わりません。
あれ、ここにこんなお店あったかしら、、、伺うと七年目、とか。 お若い二人がきびきびと働いて 気持ちの良いお店。
お味も一工夫が楽しくて 美味しくいただきました。

a0236300_23454784.jpg

祇園白川の桜 もう 7,8分咲き。

展示会場では 以前 お願いした 能登上布無地に あの波の模様のような感じを描いてください、とお願いした着尺を見せていただきました。
ほう、、、、こんなふうになりましたか。
まあ 上品な 上等なきものに なりそうです。
仕立て上がりが楽しみです。
(はてな どこへ着ていこうかしらん その前に夏バテしないようにしないと)

この染めやさん ほんとに好み。
今日も これは春単に、、、、素敵、、、、いいなあ、、、欲しいなあ、、、。
う、いかん、、、、。

染めやさん 帯やさんともにまだお若い方。
美しいものを見せていただいて お話もたくさん うかがって うれしうれし。
ありがとうございました。

波 のきものの記事はこちら

[PR]
by fuko346 | 2014-03-31 23:55 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

菫も 咲いて

a0236300_0361995.jpg
a0236300_0364086.jpg


敷地内には 自然にいろんなスミレが 咲きます。
数種類はあるのですが、、、これは同じ種かしら。
実物はかなり 大きさが違うのです、咲いている場所も違います。

土地の環境が違うだけかしら、良く見ると 同じようにも見えます。
はてな。
白い菫が毎年咲いていた場所を 探してみるのですが いまのところ ありません。
自然は気まぐれで いつもあったから 今年もある、ということにも なりません。

春がどんどん すすんで
雲雀は ピチピチ 
蛙は  クワクワ

山里は 賑やかになってきました。

久しぶりに 庭仕事をしましたら 身体がぎくぎく。
すっかり なまってしまったようです。
少しずつ 畑も始めませんと。
やっと 霜注意報が出なくなったようですから。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-30 00:44 | 山里便り | Comments(2)

京の櫻は 満開?

a0236300_12293596.jpg

御池通りの桜 わあ もう満開 なのですが これはヨウコウサクラ、という品種だそうです。 ソメイヨシノはまだ蕾。

a0236300_12312731.jpg

久しぶりに京都でランチ きれいなものを見ませんか、とお友達に声をかけていただいて、こちらへ行ってきました。
フィオリスカ
お若い二人が きびきびと働く 季節感を取り入れた御料理がとても 美味しい イタリアン。
開店 二年目、だそうです。京都は こういう新しお店がどんどんできていて、うれしいです。このお店、気に入りました。

さて こちらはうれしいサプライズ。
a0236300_12403471.jpg

この写真は大きくなっていますが ぽっちりとかわいい帯どめをいただきました。
実は先週 ギャラリー晏さんの 京都展示会があって行けなくて残念、そしてこの雲の帯とめが気に入っていて、サイトをじいっと見つつ メールで注文しようかしら、と考えていたのでした。
お友達がこれを会場で見た途端 私の顔が浮かんだそうで、どうも念が飛んでいたらしいのです。
 私の雲好き をご存じだからだった、だけ のお話かもしれません。
とまれ とても うれしくて、、、ありがとうございました。

a0236300_12484048.jpg

今日のきもの
きもの:ほぼ久米島紬
帯   : 丹波布
この季節を表わしたくて 櫻の帯飾りと 桃色の帯締めの房。
じゅばん、には桜のはなびらがはらはらと落ちています。
とまあ いつもながらの自己満足であります。

ふうっとこころの晴れた 京の半日でした。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-28 12:57 | 美味しい場所 | Comments(4)

オウレン

a0236300_011190.jpg

山からの流れの脇に 今年は たくさん 花をつけまいた。
ちょっと日陰の湿り気のある場所が好きみたいです。ショウジョウバカマも 同じ場所にこれから咲くはずです。

漢方薬になるとか。
煎じて飲みはしませんが。

ここでは 梅もまだまだ咲き始め 蕾の固い木もあって 水仙さえ 咲いていません。
そんな中 派手さは まったくありませんし 小さな花だけど かあいらしくて 目を楽しませてくれます。


暖かく なりましたね。
とはいえ まだまだ霜注意報の出る 山里なのですが 菜園の手入れをして 種まきの準備にかからなくては。
あっという間に 春が無くて初夏になってしまうような近頃ですものね。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-26 00:06 | 山里便り | Comments(0)

フキノトウ

a0236300_1111472.jpg

菜園のフキノトウ
春の御馳走が かってに出てきました
うれしや うれしや

すっかり鹿に食べられて壊滅した庭の蕗に変わって 新潟の山小屋近くの川べりから ちょこっと移植したものが ずんずん増えて喜んでいましたが 先年の大雨の崖崩れで半分が流れてしまい 今年はどうかな、と危ぶんでいましたが、春の香をいただくにば十分に出てくれました。

野にあるもの とても繊細でその土地から動かすと だめになってしまうものも多いのですが この蕗は強くてありがたいです。

今夜は てんぷら だぞう。

後記*てんぷらはとっても美味しゅうございました
     里のめぐみ めぐみ
[PR]
by fuko346 | 2014-03-24 11:06 | 山里便り | Comments(2)

メダカも元気です

メダカは寒さには強い、と聞いていたけれど ここはとっても冷えるので 冬を超えられるのかしら、と心配していました。
鉢には分厚い氷が はって 寒い日には砂に潜っているのか姿も見えず。
生きてるのかな、、、
ちょっと暖かい日が射すと そろ~っと出てきてはいるけど あんまり動きません。

文字通り 水ぬるむ頃、、、

a0236300_10592122.jpg

その1 鉢 小   黒っぽい大きい子を入れておいたもの

a0236300_1113135.jpg

その2 鉢 中   白っぽい大きい子を入れておいたもの
ここの大きい子は 一番育っていて ふるまいも鷹揚で 餌をまくと小さい子はあたふたすぐに食べるのですが、その後しばらくたってぬ~~~っと浮いて ゆっくり食べ始めるのです。
大きいと言っても メダカですから 小さいのですが そのぬ~~~っと浮いてくるのが 潜水艦が現れたって感じがするのが不思議です。

a0236300_1151431.jpg

その3 鉢 大   その他 わらわら全部入れてみました。
小さい子ばかりだったのですが、鉢が大きいからか 育ちは一番 いいみたい。
メダカの学校 そのものに 群れて泳ぎます。

春になって卵を産んで また わっと増えたら 大きい子を選んで池に入れてみようと思います。
生き残って自然に代々 続いていってくれるのでは、と思いかけています。
この厳冬、ほったらかしに近いのに 生き残る この命の強さに そう 思うのでした。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-21 11:11 | 山里便り | Comments(6)

咲いて 待っていてくれたの かしら

a0236300_17335069.jpg


お友達にいただいたクリスマスローズ この地の厳冬に耐えるかしら、と案じていましたが、少しずつ株が大きくなって、今年も咲いてくれました。
しばらく ばたばた 行ったり来たり留守が多くて お世話もしていないのに、先日帰宅したら たくさんの花が咲いてくれました。
まだまだ蕾もいっぱいあって、うれしいこと。

この色 ほかの花では クロユリ しか思い浮かびません。
きれいね~

後ろにある クリームイエローというかオフホワイトというかの株と ちょうど花びらと花芯のあたりの色が反対なんです。
面白いですね~

少し株分けして 地植えにしてみましょか。

春になって あちこち緑の芽が出てきて そういうものを目にしますと うきうき いたしますね。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-20 17:43 | 山里便り | Comments(2)

エビイモとボウダラの炊いたん

こちらも 二月の お話です

とある 中京の美しい町家に住まいする方に 京都のイモ**(某老舗の、、、)って そう美味しいものではありませんよね、なんて お話をしたところ。
いえ そんなことはありません エビイモは美味しいものです、御馳走しましょ、という ありがたい展開となりました。

実は関西にきて ボウダラも そんなにやいやいいうもんとちゃうやん
あんなもん 長いことかかって戻して食べるのって 他に食べるものないからちゃう

なんて失礼なことを ちらっと思っていたりして。

それが あら~~~~ 美味しい。
薄味のやさしい味付け。
しみじみとお出汁が染みていて。

件のお店で持て余した大きいエビ芋も、こちらではあっという間に 食べてしまいました。

手間暇かけた ごちそう。
私はお料理屋さんのもの 売っているもの しか食べたことがなかったのです。
昔からの京都の町に続いてきた 滋味あるごちそうって そうか こんなに美味しいのか。

イモ** 美味しくないなんていって 申し訳ありません。
(これは個人の感想です)
食事で 美味しくてうれしい、というのはあるけれど ふくふくとやさしい気持ちになることは そうありません。
この時期 介護で苦しかった気持ちが ほおっと ほぐれた ひととき をいただきました。
ごちそうさま でした。

a0236300_10442725.jpg

[PR]
by fuko346 | 2014-03-19 10:44 | 美味しい場所 | Comments(6)

梅の帯どめ

時間が前後しますが、記録に、、、
これは2月のお話です。

お友達がびわこホールに バレエを見に来るとのこと、お時間があればお茶でも、と声をかけていただいたので、上演の前に びわこホテルでおしゃべりの時間を持つことができました。
バレエに詳しい方なので 機会があれば ご一緒させてくださいな、とお願いして。
再開が 楽しみです。

a0236300_23222795.jpg

きもの 月見草で染めた 真綿紬 霜垣さん作
帯    首里ろーとん
羽織は 若い頃のきものリメーク

a0236300_23294793.jpg

この白うるしに描かれた 梅、を使ってあげたくての 取り合わせ です。
けっこう こんなふうに 帯どめ中心に その日のきものを決めることがあります、季節限定品のきものは
あまり持っていないので そうなってしまうのかしら。
季節限定といえば あの櫻の帯、 三月中に出してあげなくては。

袷の時期、ほとんどきものを着ることができなくて ちょっと哀しいのでした。
あわてて 今月中 何回着れるかしら。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-17 23:34 | 今日のきもの 冬 | Comments(4)

春の香を運んで

a0236300_1212225.jpg


梅屋敷の一番先に咲く 一本が 今年も咲きだしました。
そちこちの梅達が咲き出して あの香が敷地内に満ちるのが 待たれます。
水仙の花芽も伸び出しました。
久しぶりの山里は 春の気配。

さて、ふううう

山里の生活も ブログの更新も ぼつぼつと 再開です。
一月か二月おきの上京もこちらの都合でできるでしょう。
行ったり来たりを 楽しんで行きたいと思います。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-17 12:14 | 山里便り | Comments(6)