月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

秋 点描

涼しくなりました、8月に30℃を切るって とても久しぶりのように思います。
といっても昼間に庭仕事をすると 汗だくだく ですが。
関東はもっと気温が低いようで 驚きます。

a0236300_213249.jpg

アキアカネが やってきました。

a0236300_2134573.jpg

小さいくて 食べられないけど 。

a0236300_215416.jpg

キノコの行列。
この夏は雨が多くて そこらじゅうにいろんな子が はえています。

稲も実って早生の刈りとりがはじまります。
天候不順だったので 収量は期待できないけど 新米のピカピカが 待たれます。

夜風が冷たく 一昔前は こんなだったけど 暑い、いつまでも暑い夏に慣れてしまって、意外な感じ。
来週は30℃超えるようですが、そんな夏の終わりを期待する、わがままなものです。
いきなり涼しくなると 暑いのは嫌いなくせに 淋しくなる、そんなものかしら。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-29 21:11 | 山里便り | Comments(8)

採血

え~ お見苦しいけど(それにいやに太く写ってるし)、小さく 載せてみます。
a0236300_22243466.jpg

派手に 内出血しています。 

保険組合で行う 簡易な健康診断を去年から 受けています。
そこでの 採血の結果であります。
ここまでひどいのは 久しぶりだなぁ、と感慨深く。

血管 細いです。
医療者が 「う~~~~ん」というほど 細いです。
ある ドクターは 「うむ、腕は太いが血管は細い」と 失礼なことを言いましたが ほんとなので くすっと笑ってしまったりして。
まあ、笑うような状況じゃあ なかったのだけど。

手術室に4回も入っているので、採血、輸液 どれだけ針をさしたか わかりません。

検診のときはは 採血ばっかり毎日して慣れているので、上手な人が多く この日も安心していたのですが、間際になって実は ちと 不安でした。
だいたい採血するときって 何人か担当者が 並んでいますでしょ。
この人はだいじょうぶ この人はちょっと不安だな、って もう わかるのです。
ぁ、あの人がいいな、と感じた人には順番で当たらず ちと不安 という人に当たってしまいました。

結果 ああ やっぱり。
上手く 針が入らず ごそごそ針先を動かします。
痛いのよ~。
焦らせてはもっと痛い目に合うので にっこり大丈夫ですよって顔しているし 言いもしますが。

どうしてわかるかって。
雰囲気がね、 ほんやかしている人は まず 下手です。
緊張感が少ない とでもいいますか。

上手な人は 佇まいに きっとした感が あるんです。
真剣味が伝わるというか。
血管 細いな、と見るや じっくり腕をみます、そして針を寝かせ気味にして 針先を 目を近づけてじっと見て 一瞬 息を止めるんです。
一点集中。 すっと入ります。
たぶん 針先の角度も吟味してるんだと思います。
ほんとに上手な人は 痛みもほぼありません。
むろん 跡も残りません。
小さな小さな赤い ぽち があるだけ。

下手な人はこの反対。 無造作にぶちっと刺して あ 入らないってそこからあわてます。
何回やってもだめで、 他の人を呼びに行ったこともありました。恐怖であります。
お願いですから 血管の細い人には 病棟で一番 注射の上手な人を回してくださいませ。

*経験 針を刺す場所。
ひじのあたり 二の腕の内側 手首 手の甲 足の甲 入らなくなったら 順次 場所が移ります。
*病院によって技術の差 あります。
*放射線科の医師は上手 毎日 造影剤入れてますものね。(気質もあるのかも、、)
放射線科といえば 印象深い医師が二人。
1: 僕、注射うまいでしょ と言った方。
2: ベットに横たわっている私に つかつかと近づき 手をとり 針を刺し つかつかと去る、終始無言の方。
このときは びっくりして 終始 ドクターを見つめてしまいましたが、目は一度も合いませんでした。
その後 看護師さんが 飛んできて フォロー、いろいろ説明してくれました。あの方はいつも ああなんだろうなあ。

ひどい青じみを 見ていたら いろいろ思いだしてしまいました。
とはいえ あれこれ お世話になりました、なのです。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-28 23:20 | おもいつれづれ | Comments(0)

花は 咲く

a0236300_15301983.jpg


ムクゲの苗木が育って 今年は蕾がたくさんつきました。
これは 一番花。
ほんとは 白い花で底紅 が欲しくてそのはずだったのですが、咲いてみて ありゃ 色が違う。
それでも 花はきれい 少しずつ大きくなってちょうだいな。
白い底紅も みつけたら 仲間に連れてまいりましょう。

a0236300_1541810.jpg

こちらは 五月ごろに咲く しゃくなげの蕾。
もう 来年の準備を ちゃくちゃくとしているようです。



花は咲く。
人はそれをよるべに 生き ようと 思うのでした。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-26 15:44 | 山里便り | Comments(2)

シシトウ を 冷凍します

a0236300_23391381.jpg

本日の収穫。

鈴なりの野菜責めは 続いています。
あと 南瓜も 数日おきに手を替え品を替え、といいたいけどそうそう料理の仕方を知らないので、似たようなのが並んでしまいます。
じゃかいもと玉ねぎ ニンジンは いただきものがあって あとネギとレタスとイタリアンパセリは菜園にあって、、、えっと。
あ、アスパラも ちょとまだ出ているのでした。

今年の不作は オクラで 初夏からの雨で 一度は苗が枯れてしまい 二度目に植えたのが 背は低いけど、やっと成りかけてきたところ。
そうそう きゅうりは この間の台風でばったり倒れてしまい、だめになりました。

ということで 野菜はこのところ ほぼ買っていません。
キャベツだけ、かな。

鈴なりが続く シシトウは おすそわけなどしても 食べきれず どうしましょ、とネットをうろうろしていましたら、冷凍できる、とありました。
ほ!!
洗って 水を切って ジプロックに入れておけばいいのですって。
はい はい 冷凍できるならしめたもの。
さっそく 保存 いたします。
料理するときは 凍ったまま だそうです。

しめしめ。

自家製の野菜はみな 美味しいけど 万願寺とうがらし は 採りたて ほんとに 美味しいです。
買えばけっこうするし 育てるのは 簡単なので 夏の家庭菜園 おすすめであります。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-23 23:52 | 山里便り | Comments(6)

捕食者

メダカの稚魚 卵の数のわりには 増えないなあ、、、
誰か食べてるのかなあ、、、

じいいっとメダカ鉢を探してみると、見つけました。

a0236300_21233231.jpg

二種類 いました。
イトトンボ か ハグロトンボ 、ころんとしているのは カゲロウのようです。
種は分かりません。

a0236300_2127964.jpg

ほいっ。
お顔は トンボねぇ。
尻尾が エビみたいに 三本にわかれているのはなぜかしら、親にはないのに。
はてな~.

アップにすると わかるけど 実物は小さくて ぴんぴん動き よく風体がわかりません。
池の水を使っているから 紛れ込むのかな、知らない間に 卵を産んでいるのかな。

メダカの稚魚 食べてる犯人なのかな。
ぬれぎぬ、かな。
もっと いろいろ住んでいるのかな。

小さな水の世界に もろもろ もろもろ いろんなものが生きています。





とりあえず 池に放しましょう。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-21 21:35 | 山里便り | Comments(0)

季節の空

a0236300_10373696.jpg


あっついけど
見上げれば

空には 移りゆく 季節の気配

つくつくぼーし
[PR]
by fuko346 | 2014-08-20 10:40 | 山里便り | Comments(4)

ごだん宮ざわ

a0236300_10264770.jpg

お友達が東からいらして ランチをご一緒しました。
じき宮ざわ の二号店ができた、とのことで 楽しみに伺いました。

a0236300_10294027.jpg

こちらは店主 宮沢さんではなく お若い方ですが、からすみ すってます。
動きがきれいでみとれました。

むろん お料理おいしく工夫があって 次はなにかしら、の期待があって、器も素敵で、お店の設えも素敵で、あと いいなあ、と思ったのがこの動き。
全体に 静かで 無駄がなく どこか凛、とした空気が流れているのに くつろげる。
お店の方がみな そう。

宮沢さんの精神、というものを感じました。
食事にいって そういうこと思ったのは あまり無いような。


しばらく上京していて 過酷な精神状態にさらされていたからなのか、美味しいものを召しあがっていただくひとときを大切にしたい(と 御本人がおっしゃったわけではないけれど)という 気持ちが伝わってきて、気持ちがやさしくなりました。
帰り際に 幸せな時間をありがとう とお伝えしたことでした。


ごだん宮ざわ
下京区東洞院通万寿寺上ル
[PR]
by fuko346 | 2014-08-19 10:57 | 美味しい場所 | Comments(6)

盆提灯

a0236300_12555426.jpg


盆の入りです。
お寺の法要のあと おしょらいさんを お迎えに行ってきました。

お寺に集まる人たちが 年々 少なくなっています。
私がこちらに着た頃は 本堂にぎっしり 溢れて 階段もぎっしり 庭で待っている人もけっこういました。


東京では 菩提寺が遠く お寺は お彼岸にお墓参りに行くもの、法要があれば行くもの、と思っていました。
地方では お寺はその地域に密接に結びついており かなり驚いたものです。

明日は朝7時から お坊さんが 家々を回ります。
仏壇まわりを きれいに飾って お膳もあげて おしょらいさんの 御接待。

しかし過疎化の進むこの地 すぐそこの二軒は もう無人。
そういうおうちの おしょらいさんは どこへ行くのかしら。


セミの声が高い山里 湿気の多い曇り空。
気温はまだ30℃に届いていません。
例年は とっても暑いのに こんな気候の 盆の入りは こちらに来て 初めてです。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-12 13:10 | 山里便り | Comments(4)

つくつくぼうし

a0236300_1522115.jpg


台風一過 の晴天 にはならず 雲が 多い今日 です。
居間から 後ろの斜面に 薄の穂が 出ているのが見えます。
ササユリの咲く 裏山へ続く斜面です。 こんな立地なので 川が溢れるのは 怖くないけど 山からの水には警戒 なのでした。

台風が行って お盆が始まって 薄を見ると ああ 今年の夏も終わりだ、なんていう気分になります。
そんな気持ちが 伝わったように 今年初の ツクツクホーシが 聞こえました。

この軽やかな ツクツクの声 「まだまだ暑いけど それでも 夏も終わるよ~ 秋がそこまできているよ~」って聞こえてしまいます。

小学生の頃 この声を聞いて 焦って 宿題を引っ張り出していたころの 記憶が 蘇るのでしょうか。


38℃なんて あほのような気温に それでも慣れてしまって 今日あたりは すごし易いなんて 感じてしまう ニンゲンの適応力ってすごいですね。
願わくば もうそこそこの暑さで ゆるゆると 秋に向かって欲しいと願うのでした。

雨降って 土が柔らかく 身が溶けそうな陽でもないうちに 菜園の修理と草引きを 終えてしまいましょう。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-11 15:13 | 山里便り | Comments(2)

台風11号

a0236300_21554444.jpg

昨日 台風11号が まだ 上陸もしていない昼ごろ 降り続く雨が心配な気配が漂いはじめ、去年の被害の時みたいにならないかしら。
早々といつもの最寄JR駅への山道は通行止めとなってしまいました。 どうも土砂崩れとか、回復はどうなるでしょう。

午後 警報が出て そのうち 避難指示が出て 消防車が 避難指示が出ているので避難場所へ移動してください、と 警告して回っています。
が、どうみても昨年よりは 雨はまし、増水もまし。 それにうちは避難場所より高台に建っているので様子をみることにします。
だぶん、川沿いの低い場所 昨年 浸水した家の人たちしか 避難はしなかったと思います。

風雨は 夜から今日の昼過ぎまで荒れ狂ったけど、被害は 稲の倒れた田んぼがでたこと、菜園がくちゃくちゃになったこと、くらい、で済みました。
稲は売り物にならなくなるので 痛いのですが それで生活をしているわけではないし、全滅でもないので はあ、とため息をついてすませられます。

a0236300_2271467.jpg

今日 台風が日本海へ抜けて 風雨が治まってからの近くの川。
下流では 浸水した個所があるようです。
この川沿いに 県内でもいち早く 警報が出るようです、ということは 最近の気象である一定の雨が降れば、毎年 洪水警報、と 覚悟しなくてはならないようです。 
そういう道筋に当たってしまったのですね。
さてさて 難儀なことです。

今回 からぶりになってもいいから 早めの避難を、ということで警報やら避難指示やら 出まくっていましたが、いいことだと思います。
覚悟 しますし それなりに準備もします。

といっても 長いこと 自然災害とは無縁だったこの土地、そんなことになって う~~ん。
折り合い つけなくてはいけませんね。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-10 22:26 | 山里便り | Comments(0)