月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

桜が見たくて

a0236300_2126451.jpg

京は 鴨川のほとり。
長く 桜の並木が続きます。
北山から今出川あたりまで お散歩してみました。
シダレは咲き始め ソメイは 8分、というところでしょうか。
満開までには 時間があるようです。
近々と見ながら歩くと 桜って やっぱり 気が違ったみたいに咲くなあ、と。
ここまで びっしり びっしり 花がついて。

気持ちもほわほわ してしまいます。

サイト上に 桜が咲いた とあちこち見かけるのですが、山里では そんな気配はまだなくて、梅が満開。水仙も咲き始め。最低気温もつい先日まで氷点下。
天気も良さそう、桜が見たくて 京へ行きました。
山を下っていくと ちらほら 咲いていました。

もうひとつの目的は 身体のメンテナンス。
ご縁があって 年に数回 伺っている はすそら鍼灸院 さんへ。
こちらは 佳人の手、で 気持ちの良い時間を過ごすことができます。
身体もこころも 楽になるのでした。

さくら 毎年 見ても 圧倒的に美しい。
今年はどこの桜を あと どのくらい 見られるかしら。

県下では彦根が今日 開花宣言でした。
山里はいつでしょうか。
[PR]
by fuko346 | 2015-03-31 21:39 | おでかけ | Comments(0)

植木屋

a0236300_1642940.jpg

ほこほこと暖かい 良い お天気。
身体が動かない間 気になって気になっていた ぼうぼうの庭樹を剪定しました。
といっても 木だらけの敷地 半日 必死に伐り倒しても なんにも変って見えません。


日ぐれて家に入って 500mlのレモンウォーターを ぐびぐび と飲み干します。
肉体労働 久しぶりです。

植木屋さんを頼めばいいのですが、4,5人かかって二日 作業してもらっても、ん~~~気に入らん、それにたいそうなもの入りになります。
それでは ぼつぼつぼつぼつ 自分でやってみましょうと、まあ 結果は ありゃりゃん、なのですが、ぼうぼうしていなければいいや、ということにしておきましょう。
桜が咲くまで もう少し 切れればいいなあ、と。
思うけど、う、筋肉痛だ。
木のぼり できて 面白かった。

山里は することが 多すぎます。
[PR]
by fuko346 | 2015-03-28 16:59 | 山里便り | Comments(2)

カメラが無い の

東京にカメラを置いてきてしまいました。
あちらでの出来事などは カメラが戻ってきてから 気が抜けますが 書くことにします。
一番お手軽、な私の携帯は今の機種では あらまあ、なくらい上手く撮れません。
が、画像無しもなんなので お目汚しですがアップしておきます。

二週間ぶりに帰宅すると、梅が盛り、水仙もぼちぼちと咲き出して、まだ蕾がほころんだくらいの椿の花を、わしわしと音を立てて ヒヨドリが食べています。

野草も咲きだしました。
a0236300_10463960.jpg

きれいな薄紫色の ショウジョウバカマ。
小さい流れのほとりに 春一番に咲く、、、と思っていましたら。
a0236300_1048565.jpg

日当たりのよい裏の斜面に 菫 が咲いていました。
あれ、ショウジョウバカマより 一呼吸 遅かったような記憶があるのですが、まあ それも確かではありません。

きれいなお花が次々咲いて 嬉しいことですが 草もどっと萌えだして これから 草取りの日々がやってきます。菜園も仕事が 待っています。
忙しいなあ。

さて カメラは いつ戻ってくるでしょうか。
[PR]
by fuko346 | 2015-03-26 10:52 | 山里便り | Comments(0)

奈良田温泉 白根館

a0236300_1258471.jpg

山梨県 南アルプスの登山口にある 奈良田温泉 白根館、に東京からの帰りに一泊してきました。

白根館のサイト
詳しいことはこちらでどうぞ。

ここはお湯がいい、という評判で行ってみたい温泉の一つ、でした。
はい~ 素晴らしいお湯でした。
あそこまで とろとろのお湯は 今のところ ここだけ、です。
しょっぱくて 甘味も酸味もあて かつ 卵臭がするお湯、、、めずらしいですね。
源泉が湯口から落ちているので そのまま飲泉できます。
二泊したかったです。

・山梨県南巨摩郡 早川町奈良田344
・含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(旧泉質名:含食塩-硫黄泉)

山奥でご主人が猟師さんなので メインは鹿のしゃぶしゃぶの 山のお料理。
a0236300_1353665.jpg

お部屋も過不足なく 清潔です。
気持ちのいい お宿です。
ただ、、、、遠い、、、です。

ここ広河原は 南アルプス登山の基地の一つであり、むか~~し 通ったはずなんですが、記憶なし。
ぼろぼろだったので、そんな余裕なかったのでしょうねえ。


さて、昨年からの絶不調、毒沢温泉通い(またもや行きに 一泊してきました)、と こちらのお湯の力なのか、回復してきています。
昨年は帰宅すると しばらく寝込んでいましたが、今日は 片づけ、できています。
うれしや。
よくもまあ、と いろいろ起こって もともとの問題とからめて 不調はもう10年以上続いており、今回は、もしや 私はこのままか、と暗くなっておりましたが、おお 光が!

車を運転して 知らない道を 長く行く、どんどん行く、わあい 還暦近くの新生私、です。
東京では 憧れの(?)一人暮らしを二週間弱、楽しみました。
物心ついてから 常に回りを気にして暮らしてきたので 誰の気持ちも予定もきにせず生活してみたかったのです。東京では両親のことやらなんやら する仕事はたくさんあるのですが、それも余裕を持ってこなせましたし、たくさんきもの遊びもしてきました。

人生の一幕が 新しく始まったような そんなうれしい気持ちです。

誰にでもおすすめはできませんし、持っている力、にも差があるので、私の場合、でいいますと、心療内科でもらう薬、より、温泉が効きます。
がん、になったあとも 退院後すぐに行った 白山の懐の露天風呂の気持ち良さが 最初の光、だったような気がします。
温泉 心身に力をいただける温泉は やはり 昔からそこに湧いている新鮮な 温泉、です。
そういうとこは だいたい 地味なんですが、そういうところが大好き。
まだまだ行きたい温泉は一杯あって、好きなところへ通って常連さんになる、というのも魅力的なんですが なかなかそこまで行きつかないかもしれません。

そして 私をずっと苦しめてきた 過度の自分を客観視をする力は 生きる力でもあったと。
その力が産まれたのは 必要からでしょうが、その力をこれからは少しずつ 楽しみへと変えていきたいのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-03-24 13:33 | 山と温泉と旅 | Comments(6)

ツクツク

a0236300_10412060.jpg

やっと 水仙の蕾が ツクツクと あちらこちらから 伸びてきました。
今朝の最低気温は マイナス3.5℃。
お昼前でも この写真を撮っていると 手の先が 冷たくかじかみます。
梅も椿も まだまだ 固い蕾です。

それでも 枯れ色の芝の中から こうして 緑が芽吹いてきます。
山里では 季節のうつろいを 目でも肌でも鼻、でも、しかと感じることができます。
花が咲かずとも 空気の匂いが変わってくるのを味わうことができます。。


週末から 今回は 少し長く東京です。
時間にゆとりがあるので、あれこれ楽しむこともできればいいな、と思います。
[PR]
by fuko346 | 2015-03-03 10:50 | 山里便り | Comments(0)

第60回 同明会

第60回 同明会 京都観世会館

*番囃子「翁」
*能「鷺」
*舞囃子「田村」
*独鼓「羽衣」
*一調「八島」
*舞囃子「東北」
*舞囃子「安宅」
*一管「乱曲音取」
*一調 「夜討曽我
      「竹生島」
*独調「姨捨」
*狂言「福の神」
*独調 「大原御幸」
*能「羅生門」

年に一度の 一番の楽しみ。
お囃子方中心の能番組。
今年もとっても素晴らしかったです。
超満員だったのが 少し驚き、でした。お囃子に人気が出て来たのかしら、めずらしい番組が出たからかしら。それにお若い方、おきものの方が多くて ちょっと珍しい見所の雰囲気でした。
(ただおばさまの話し声と、マナーモードの音。どうにかなりませんか)

堪能 堪能 能楽囃子は 最高、であります。



あと
独調 「大原御幸」石井仁兵衛師の 大鼓の音と かけごえ、 後見とのお二人の姿、忘れることはないでしょう。
涙が溢れて止まりませんでした。
これは個人的な感情ですが、今の 私の置かれている親子関係とその葛藤と哀しみ、表面的ではなく、深いところの想いを感じてしまい、ああ、そうなんだなあ、と改めて思いました。
こういう想いがあったのか、と再確認、です。
少しずつ いろいろなところで 力のかけらを拾い集めて、越えていこうと、思うのでした。
美しい時間を ありがとうございました。
[PR]
by fuko346 | 2015-03-01 11:48 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)