月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

四月に単着物

a0236300_1052631.jpg

東京からのお友達と御一緒に三回目の ごだん宮沢
a0236300_1054353.jpg

お気に入りのこのお店 供されるものは みな 美味しいけど 今回のコースの中で特に印象に残ったものを二つ。
鮎のお椀。
実物はもっと美しくて 写真が上手く撮れずにごめんなさい、です。
a0236300_1056673.jpg

ふきのとう豆腐。
この時期に ふきのとうって? とお聞きしたら 北海道のもの、ですって。

今日も美味しい 幸せな時間をありがとうございました。

ここが好きなのは 宮沢さん御夫婦の醸し出す 空気が 美味しい御料理はもちろんですが、私の波長に合っているのだなあ、と 改めて思うのでした。


きょうのきもの 備忘録。
前日の京都は最高気温28度、とっても暑いと聞いていたので 何を着るか迷いに迷います。
藤の帯を 着る機会は今しかないので それは決まっていたのですが はて きものは?
そうだ これがあったではないか、と箪笥から 取り出したのが、
a0236300_1112927.jpg

きもの 経錦 誉田屋 単
帯   藤 縫いの藤 河村織物

経錦 といえば 北村さんの帯が高名ですが、織り、の一種としての 誉田さんとこの 名称なのかなあ、と思っています。 すべすべの柔らかい生地で あまりきもの、としては 見かけません。
帯の縫いは 見事ととしか いいようのないもので 手仕事の素晴らしさを 堪能できます。
半襟も薄い 藤色のものを使って 満足、です。

さて 暑さは
襦袢を 絹麻、下着を麻、にして それでも歩くと汗ばみます。
4月、ですよねえ、、、。
もう 5月は単、6月は 夏物、ということにいたしましょう、皆さま。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-29 11:13 | 今日のきもの 春 | Comments(8)

トンボの里

a0236300_1184952.jpg

カワトンボ の類 らしいです。
前回の記事のトンボが気になってネットで調べてみましたら オツネントンボ、というもののようです。
青いイトトンボは みな アオイトトンボ んなんて ざくっと思っていましたら、トンボの種類は多くて、専門家でも同定不明、なんてのも多いようです。

今、このほかに3種類くらい飛んでいて 一つはチョウトンボ、のようです。

、、、のようです、ばかりで 情けないですが、断定もできないので御容赦あれ。


このカワトンボ、実に美しい色彩です。
緑に光る身体に茶色の透き通る翅。
自然光だと きらきら 輝いています。

う~ん この取り合わせは 大好きな色。

トンボの嗜好はわかりませんが、地球上の生き物の 美しい色を見ていると、ニンゲンも含め、何を美しいか、と感じるかは 同じようですね。
あ、もとはみんな一緒でしたね。
それは当然のことでした。
面白いなあ。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-27 11:16 | 山里便り | Comments(2)

イトトンボ は 何 思う

a0236300_11119.jpg

敷地内には 水が 多いので トンボがたくさん 飛びます。

a0236300_1123766.jpg

お目当ては 池での産卵。
アオイトトンボが 一番乗り のようです。
見ていますと つがいの二匹は あちらこちらと草を移動して 卵を産んでいるようですが、その間 ペアになれないオス、とみられる個体が ちょっかいを出して 重そうにうろうろしたり 離れてしまったり。
オス同士で 角付き合わせてみたり。
忙しく10匹くらい 飛び交っています。

ところで 池には メダカの様子を見に行ったのですが、いません、、、、。
大きな池に放したものが 春になって一番大きくなっていて 喜んでいたのですが、いません、、、、。

かなりの雨が降り続いたので、流れていってしまったのでしょうか。
しかし みんないない、というのも 解せません。
捕食者がいるのでしょうか。

池の中の生存競争は 激しそうなので、生き残りは至難の業、なのでしょうか。
でも、今年も増えたら また 放してみましょ。
メダカの産卵も もうすぐでしょう。

あちらこちらで 命が 生まれていきます。

*青いから アオイトトンボとひとくくりにしていましたが、これは オツネントンボ のようです。
越年 して暖かくなると飛び回る、と。
それで一番に産卵しているのですね。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-25 11:11 | 山里便り | Comments(4)

さくら 咲く

a0236300_13512488.jpg

うちの山桜が 咲きました。
うちの、といっても庭、とはいえず 裏山へと続く 敷地内、とでもいうべき場所。まあ、すぐ 家の裏、なんですけど。

いつのまにやら 大木になって ばたっと倒れてきては うちが壊れてしまうので 半分くらいの大きさに切って、そこから枝がたくさん出たことは出たけど 花は少なくなってしまいました。
しばらくすれば その枝にもたくさん 花をつけることでしょう。
どのみち 仰向いて 下から見上げる形になるので 近々と花を見ることはできません。

それでも桜が敷地内にあるのは うれしくて 咲くのを待っていたのでした。
山桜 大好きです。

山あいの道を行くと ふき出たいろいろな色調の まだ淡い緑の間に、ぼうっとかすむような白に近い薄紅が広がって見えるのが たとえようもなく 美しい、と感じます。
まとまっていることはなく ぽつん ぽつん とあるのも好ましく。

田んぼの脇の野神さんにある ぼたん桜も咲きだしたので 明日あたり 見に行ってみましょう。

初夏のような 晴れ が続いて 家仕事も 庭仕事も はかどりますね。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-24 14:02 | 山里便り | Comments(0)

高台寺 傘亭

a0236300_11155626.jpg

高台寺 天候不順の続いた4月ですが 昨日は とっても良いお天気で 青空に青葉が輝いて美しいこと。
でも 風が冷たかったのでした。
a0236300_11173837.jpg

通常は 外から拝見するだけの 傘亭で 呈茶がいただけると知り、それっと行ってきました。外から見たことは何度かあり、古いこともあって 大風吹いたら倒れそうな 田舎屋、だけど なにやらただならぬ雰囲気だなあと、思っておりました。
a0236300_11212685.jpg

が しかし。
内部は 贅をこらした造り。 侘びてみせて その手の込んでいること。ご案内してくださった係の方が「天下人の茶室」と評しましたが まさに。
天目茶碗で 美味しいお菓子と共に お茶を一服。 お友達とけっこう長い時間 説明をお聞きしながら 二人じめ、という贅沢な時間を過ごしました。


ランチは 祇園の 貴久政さん、で。
観光客向き、ではなく 地元の人が 美味しいご飯 気楽に食べよ というときに利用するような、感じ。
気に入りました。 今度は お任せで来たいなあ、、、。
a0236300_113035.jpg

うらうら歩いて 高台寺さんへ向かう途中、あれ、 この道 通ったことない、こんな店が
a0236300_11305995.jpg

こんな ろうじ が。
こんなカフェが、と 知らない場所が たくさんあって ちょっと驚きました。
あれ~ なんで 歩いていなかったのかしら。
歩いて見るところが まだまだあるようです。

結局 ずっと歩いていたので、京阪三条から 寄り道しながら 京都駅までお散歩。
ほとんど近寄らない清水道あたりも通って 観光客みたいでしたが、新しい発見もあって 楽しい時間でした。

ここまで歩くということは きもの ではありません。
ちと問題が起きて 藤の帯を準備していたのですがあたわず。じゃあと歩きやすい靴を履いて、いっぱい歩いて満足です。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-22 11:38 | おでかけ | Comments(4)

ミホのしだれ桜

a0236300_9542387.jpg

ミホミュージアムへ行ってきました。
今年はしだれ桜を見ようと 開花とお天気を伺って17日、となりました。
今回の特別展示は
・曽我蕭白「富士三保図屏風」と日本美術の愉悦」
・バーネット・ニューマンの<十字架の道行き
の 二本立て、です。

a0236300_10097.jpg

満開 です。
小さな苗木だった桜たち、年ごとに大きくなって見事です。
a0236300_1015965.jpg

桜色が反射するトンネル。
これは そうそう考え付かない設計だと 見る度に思います。

久しぶりのお友達と3人で うらうら桜の下を歩き おしゃべりも楽しみました。
a0236300_10173042.jpg

お二人と別れた後 さらに奥にある 畑のしだれ桜 を見に行きました。
盛りは過ぎてしまっていましたが この木の迫力は十分に味わうことができました。
近いのに満開のときに なかなか来ることができません。
有名になってたくさん人が来るようになってから ちょっと足が遠のいてしまったのでした。

さて あとは裏の山桜と 野神さんの八重桜 ささやかなお花見を残すのみ。


a0236300_10222823.jpg

きもの 信州紬 小岩井工房
帯   塩瀬染め帯
先日見た 椿が見事だったので 椿の帯どめを使いました。
椿って お正月ごろから咲き始めて 今が盛りのものもあり、感覚的には遅いのだけど、まあいいかな、です。
桜 以外は 神経質にならないのは やはり さくら は特別な花 なのかもしれません。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-17 10:26 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

久しぶりの あおぞら

a0236300_12254622.jpg

 雨は嫌いではないけれど、長く続くと やはり 青空が気持ちいい。
山里では あちらこちらで 蕾がふくらんで そのときを待っています。この 石楠花なぞは 力強いこと。

今朝は うとうとと 鶯の けきょ、 という初音を聞きました。
それから 燕の鳴き交わす声も 青い空に 鋭く飛びかわす 姿も。

日に日に カエルの声も増えています。

風の香も 春から初夏へと 向かっているように感じます。




おそらく あと もう少し もう少し この頭の中の もやもやが晴れるまで もう少し。
きっと。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-15 12:31 | 山里便り | Comments(0)

桜違い

a0236300_1149652.jpg

a0236300_11493937.jpg

近江孤篷庵
京は大徳寺のものが有名ですが、こちらは小堀遠州の出身地にあります。
ひっそりと 美しい庭園が あります。
県内、行ってみたいと思いつつ なかなか行けない場所がたくさんありますが こちらもその一つ、でした。
今の時期は 椿が 咲いていました。

12日の日曜日、他所目には見ていたけど 満足できるまでのお花見はまだ、ということで 岐阜の薄墨桜、を見に行こうと出かけ 下道を言ったので 寄ってみたのでした。
混み合っているのは わかったこと、数年前に夕暮れに行って 空いていたので、その時間を目指し、途中、お気に入りの 久瀬温泉露天風呂 白龍の湯 でゆっくりいいお湯を楽しんで、道の駅のお蕎麦屋さんで 美味しいお蕎麦を食べて、さて、、、、、
え!! 4キロ前から大渋滞。
どうもライトアップを始めたようで、近づけません。
素敵な桜があったとしても 大混雑では 興も冷めます。これは 平日に行けるときに また参りましょう。
ということで 花見を変更。
奥琵琶湖の 海津大崎の桜、を見に 日没と競争で向かいました。
a0236300_122988.jpg

琵琶湖畔に 続く 桜並木。
だんだん 暮れていき 桜が白く にじんでいきます。
a0236300_1232513.jpg

一部 散りかかってはいますが まだまだ 満開です。
湖の波打ち際には 散った桜が 何本もの 筋になって ゆらゆらと揺れています。
花筏、というには 少し 違う おおらかな 眺め です。

土日は一方通行になります。
こちらも大渋滞、ですが、5時に解除になると 反対方向から入れます。暗くなるまで十分に楽しめますのでおすすめ、です。
数年前には見かけなった お花見船の看板がたくさんあって 屋台も増えていて、静かだった湖北の桜も、かなり賑やかになっているようです。
静かな お花見場所を また 探さなくてはいけませんね。

桜違いでしたが、桜のトンネルの下を 走ることができて、また 道々の桜、も楽しめて 十分 お花見をした一日でした。

あとは MIHOのしだれ、 それから裏山の山桜の開花を待っているところ、です。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-14 12:09 | 山と温泉と旅 | Comments(6)

筍 出ました  (下にカエル画像あり)

a0236300_19455023.jpg

五月の連休過ぎ というのが時期だったのですが、だんだん出るのが早くなっているので、もしや、と裏の竹藪へ行くと ありました。
a0236300_19471958.jpg

お初の筍 豊作です。

すぐにゆがいて 筍ごはんと土佐煮に。
わしわし ぱくぱく あ~美味しい。


a0236300_1949033.jpg

ぷにぷに グミのようなキノコが あちこちにあります。
これは もしや 干したら キクラゲになるのでは、、、、、。
じーっと見るけど 毒だったら怖いし。

a0236300_19515221.jpg

この子はだあれ。
竹林の 下で ちょろちょろ何匹もいますけど、あまり 見たことないような。

燕もやってきて 雉も鳴いて 山里は にぎやかになっていきます。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-11 19:54 | 山里便り | Comments(7)

花もまたよし

冷えますね、山里では ストーブつけておこたに 丸まっています。
川沿いのソメヨシノは満開になりましたが、シダレ、山桜はこれから、です。

菜園の花畑
a0236300_14461858.jpg

ミズナ
せっせと食べたけど 留守の間に花畑になってしまっていました。強い雨で もう盛りは過ぎてしまいました。
a0236300_14481831.jpg

こちらは 咲き始めた小松菜。
ミズナより 力強いですね。
a0236300_1449484.jpg

ルッコラ。
わたくし この地のものではありませんの 海を渡って参りましたの、って感じに見えなくもありません。
a0236300_14505531.jpg

さらにトウの立った フキノウトウ。

毎年 同じで 手入れが遅れて 花なぞ見て喜んでいる場合ではないですが 野菜の花を見るのは けっこう楽しくて つんで家に飾ったりもいたします。
この寒さでは もうしばらく種まきはできないので ぼちぼち 畑を耕して お気楽家庭菜園です。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-07 14:54 | 山里便り | Comments(2)