月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今年も無事に

a0236300_1812177.jpg

ちと早いのですが 明日から東に向かうので 年越しの 神祭り。
今年も無事に暮れそうです。
ありがとうございます。

a0236300_1824520.jpg

くるくるくる くるくるくる、、、

a0236300_1841535.jpg

お餅も できました。

やはり お正月は 東京になりました。
本年度中は お付き合いありがとうございました。
どうぞ 良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-29 18:06 | 山里便り | Comments(2)

極上 おろし蕎麦

a0236300_10282619.jpg

蕎麦をいただいた。
地元のそば粉で打った蕎麦。
わああい わああい、と喜んで。
a0236300_10294584.jpg

菜園で大根 とってきて。
a0236300_10303243.jpg

ネギもあります。
a0236300_10313632.jpg

こうなります。

このご近所さんのうつ蕎麦は そんじょそこらの 蕎麦やさんより ぐんと美味しい。
あー 美味しかった。
ごちそうさま。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-26 10:33 | 山里便り | Comments(6)

さざんか

a0236300_11441984.jpg

あたりには すっかり色がなくなっているのに 一か所だけ 鮮やかな場所があります。
そこだけ ポウと 浮かんでいるよう。
あなたたち きれいねえ と見つめてしまうのです。

さざんかの落花。

木のほうは 手入れをしていないので ぼうぼうと伸び放題。
花と葉と入り乱れて 野放図です。
a0236300_1151188.jpg

あまい香りもしています。
暖かい日には 暖冬のせいもあるのかまだまだいる虫がたくさん 集まっています。
スズメバチも来ているので おっと危ない。

きれいに刈り込んだ植木もいいのだけれど こういうのも 力があっていいなあとか、これは 強がりかしら。
あっちにも こっちにも手が回りません。
ま いいか。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-25 11:57 | 山里便り | Comments(2)

穏やかに

a0236300_21194598.jpg

クリマスといって ことさら なにかするわけでもないけれど ちょっと気分だけでもとケーキ。
いただきもののワインをあけてみた。
一本 飲みきれないので 自分で買うことはなくて いただいてもなかなか開けられなくて時間がたち、お味はどうかしらん、と不安だったけど 美味しかったのでした。

穏やかな夜。
この穏やかさが この国に続きますように。
そして世界が 「穏やか」に向かいますように。

どうぞ どうぞ、、、、。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-24 21:24 | おもいつれづれ | Comments(0)

ごだん宮ざわ

美味しいものを食べたくて せっかく京都の近くにいるのだから、と ときおり すこうし贅沢。
それなりにいろんなお店に行ったけど、また行きたいな またあそこに座りたいな 食べたいな、と思って通っているのは ここだけ、です。 
といっても たぶん 四回目、かしら。
東からのお友達といつも一緒です。
ごだん宮ざわ
a0236300_11351078.jpg

はじめてのお席で 目の前の床飾りと壺、が気になって聞いてみました。
それはもう逸品で、はあ、これを眼前に お食事できる幸せが、もう一つ増えたのでした。

今回も幸せな時間をありがとう なのでした。
年の最後の外ご飯が ここ 年末の温泉も待っているので それはそれは 贅沢なことだと思うのでした。
(と 思って 叱咤激励 生きるのだ)

と これは一般論ですが。
お料理も温泉宿も 数万円という料金の場合 素晴らしくて当然 だと思うのです。
それでも ミシュランの星三つの料理屋さんでも はてな?と感じるところはあって まあそれはお昼の簡便なメニューだから、かもしれませんが それだからこそ、のはずであって お昼に手を抜いているのなら もうなにをかいわんや。
脱線しました。

この日もぷらぷらと歩くのでした。
五条から四条へ 八坂さんへ
a0236300_11531494.jpg

ご神水。
が 有るのは知っていましたが行ったのは初めて。
a0236300_11543377.jpg

お友達が行ったことがない、というので 長楽館、でお茶をして。
四条あたりを きもの小物のお買い物をするお友達とあれこれ 見て。
私は先日、帯締め二本 帯あげ一本、手に入れてしまったので 見るだけ、です。
この時期のセールには きものを常に着ている、と思われる方が まとめてお買い上げ、しているのに出会い、むふむふご同類、と密かにうれしいのです。

京都は楽しいですが 往復三時間 行きも帰りも山道45分運転がついてくるので だんだんと遠くなってしまうのが悲しいことです。
疲れてしまって連続おでかけできず 行きたいところに行けないことがままあって、うむ、となりますが、まあ それはしょうがありませんわねえ。
あと二回 きもので出かける機会があったのですが ばてて行けず その日の取り合わせはまた いつか。
この日も お友達が洋服、ということもあり少々ばてていたこともあり たくさん歩くだろうということもあり、きものはやめたのでした。

手からこぼれる落ちるものも それはそれで自然なこと、とゆるゆる いきましょう。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-24 12:04 | 美味しい場所 | Comments(4)

京都観世会12月例会

20日 京都観世会館へ

チケットをいただいて 久しぶりのお能。
簡単な覚書。
午後から行ったので前半は見ていません。
観世例会の12月は 満員で 大賑わいでした。
(能) 六  浦 青木  道喜師
(能) 龍  虎 田茂井廣道師
二つとも初めての演目。
といって そう見ていないので 初見が多いわけでもありますが。

六浦は もみじの精が 主人公。
さえざえというか深々というか 気持ちの良い舞台でした。
龍虎は 龍と虎の姿(頭の飾り)が あまりに意外で 驚いてしまいました。
もう それに目がいって 他は見えなくなってしまい、、、

お能って幽玄 幽玄 ってそれしかないようい言われることが多いですが、 もう えんたーてぃめんと、なのであるということを 再認識。

お稽古を休んでいるので 情報が入らず あ、面白そうな、と気がつくと もうチケットがない、とそんな具合で、声をかけてもらえるのは たいへん ありがたいことなのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-23 18:08 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(0)

石塀小路でランチ

きもの繋がりのお友達と 京都デート。
a0236300_1051612.jpg

きもの 染め小紋
帯   たつむら ノートルダム
このきものは 仕立てあがりしつけ付き、のリサイクル品です。

だいぶ前に 洋風のパーティなんぞにいいのではないか、と 購入したものですが、そんなパーティがあるはずもなく、例によって 箪笥のこやし、になっておりました。生地もかわっており、なんだかクリムトの絵のような柄で、なんでこんなの買ってしまったのかしら、と後悔していたりして。
今回 あ、クリスマスだし、着ていないものを使おう、という気持ちもあって 着用してみました。
帯は ステンドグラスを意識して作られたもののようで、雰囲気が合い、あれ、まあまあ いいのではないかしらん。

ランチはこちら
a0236300_10145490.jpg

石塀小路にある イタリアン  イルピンパンテ
控えめな クリスマスモードが 好ましく。
a0236300_10174490.jpg

石堀小路は 京都の中でもいかにも古都らしい雰囲気ですが 玄関を入ると完全に洋館。
ゆっくりと美味しい料理をいただきました。
帰る頃には 他にお客さんがいなくなったので 暖炉の前で一枚。
とても感じのよいお店でした。
a0236300_10183327.jpg

このあと ぷらぷらと四条あたりを バーゲンになっている和装小物をお店を覗きつつ おしゃべりしつつ、楽しんだのでありました。
去年も書いたような気がしますが、京都のクリスマスシーズンは 控えめな装飾で 好ましいのです。
クリスマスを無視するわけではありませんが 大騒ぎはしませんよ もうすぐお正月ですよ感、があって、観光客も比較的少なく ゆったりできます。

おすすめ、です。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-21 10:29 | 今日のきもの 冬 | Comments(6)

初雪

a0236300_13244436.jpg

昨日の朝。
山里は 雨でしたが 周りの山々が 白くなっていました。

とてもきれいです。

この初冬は 暖かくて石油が減らず助かっていましたが、さすがに昨日 今日はごんごん、とファンヒーターをつけています。

それでも例年の暮れに比べたら 暖かいです。
寝る前に部屋を暖めておかなくても 冷たく眠れないこともなく 湯たんぽも まだ登場していません。

氷点下になった日もまだ数えるくらいですが、さて この先はどうなることやら。
冬の暖かさは 冷え込みのきついこの里では ありがたいことです。



*この日は京都まで出たのですが 比叡も比良も白くなっていました。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-19 13:30 | 山里便り | Comments(2)

箱根湯本    (平賀美術館の湯)

一日中 自由時間があったので、温泉! と思って一番近い 箱根湯本へ行ってみました。
もう 表通りは子供のときから 何回来たかわからないくらい来ているのですが、なんと 一本裏道、別世界でした。
a0236300_13231625.jpg
a0236300_1324041.jpg
a0236300_13243333.jpg
a0236300_1325281.jpg
a0236300_1325595.jpg

冷たい風の吹く寒い日で 噴火の影響もあるのかもしれませんが、ほとんど人影もなく。
一人で ぷらぷら ぷらぷら。
さて 目的は温泉であります。
地図を見ながら行きますと、、、
a0236300_13283224.jpg

正しい温泉地には 必ずある 神社と温泉井戸がありました。
この昔からの源泉を引いているのが、平賀美術館
a0236300_13301756.jpg

大三浴場まであるのです。(使われているのは 第二、だけ)
a0236300_13304742.jpg

スペイン産大理石をふんだんに使った 美しく豪華な浴場に 湯がとうとうと注がれております。

旅館の別邸として建てられたお屋敷を 画家の平賀敬さんが 買い取って、今は夫人が一人守っています。
美術館の絵を鑑賞に来た人に お風呂も提供する、ということで ここは入浴施設ではないのです。
いろんな温泉に行きましたが びっくり!!!
建物も素晴らしく鑑賞に値し、絵も見ることができ そして秀逸は 夫人であります。もれなく彼女の接待とお話がついてきます。
お湯は極上。
一組40分 貸切ですので、事前に連絡していったほうがいいのかもしれません。
東京に行って 時間があったら 何度でも来たい 場所です。
様子がわかったので、次回は40分いっぱい 入っていよう。

いやあ 温泉を求めて行くと すごいものに出会います。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-13 13:40 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

ちょいと銀座

きもの繋がりのお友達と会うために 銀座へ。
三越のライオンさんあたりで、と待ち合わせ。
これには 失敗談がありまして。
一年くらい前でしょうか 同じように ライオンさんの前でと 約束し、いそいそ出かけたのはいいのですが、お友達の姿がありません。
はてな?
なんと 私は 日本橋のライオンさんのところへ行ってしまったのでした。
子供のときからの記憶で 三越⇒日本橋の本店、と無意識に思ってしまっていたようです。
もう 困ったものです。
この日は「銀座の三越のライオン、はここでいいのですね」と受付の方に 念には念を入れて聞いてしまいました。
もうすっかり おのぼりさんになってしまっているのでした。
a0236300_10244048.jpg

今日のきもの
きもの 伊兵衛織
帯   紬地九寸 東京友禅染め 佐藤節子さん作

帯は 銀座なので 伊兵衛織を少しおすましにしたい、のと、吹き寄せの柄は もう今しか使えません。
a0236300_10284024.jpg

道中着を。
コート類を充実させたいなあ、と この頃思うのです。
コートから見える きものの衿と裾と その色柄と雰囲気に合わせて 数種類 欲しいなあ、と。
新しく布を買うのではなく 手持ちのもので 繰りまわして 作りましょ、と。
でも どれを何に 長コートにするか 道中着か、羽織か、悩んでいるうちに 月日が過ぎてしまっているので、ここは よいしょ、と腰を上げねばなりません。

a0236300_10433819.jpg

ビストロ ヌガ
ディープな きもの話がたのしくて 美味しいお料理とともに 時間は過ぎゆく。

銀座はいいな 年に 一度ではなくて もう少し 行きたいな。
今回の上京 きものでおでかけ、はこれで お終い。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-12 10:37 | 今日のきもの 冬 | Comments(0)