月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

十月一日 秋の色 (今日は9月31日 ですけど)

a0236300_11103226.jpg

さわやかな 朝。
以前はいつっだったか忘れてしまうほど 久しぶり 気持ちよし。
a0236300_11121229.jpg

シシトウ すずなり。
この時期になると 毎年こんな感じ 万願寺も。
ちょっとかたくて たまに 辛いものもあるけれど ありがたく夏の名残りをいただきます。
a0236300_11155981.jpg

柿も色づき始めました。
すずなり 今年は生り年 でしょうか。
a0236300_11172754.jpg

秋の香りも すずなり。

十月一日
きっかり 秋の日。
今年の夏も 生き延びたぞよ。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-30 11:18 | 山里便り | Comments(0)

さすが 京都の、、、きものやさん

久しぶりにお能繋がりのお友達とご一緒するのに 京都へ。
a0236300_2111723.jpg

きもの 白鷹お召し 単衣
帯   首里ロートン 八寸
根付は 銀のぶどう
昨夜は 大雨警報が出るほどの雨。
気温はかなり下がるようですが 湿気は強く 涼しいほどの気温でもなし。
9月も末、着て行くものが無い お召し、しかない。
では、どの程度の湿気、と雨なら 耐えられるのか お召し、の実験です。
もちろん 予報は昼からは そう降らない、というものでした。
結果 ぽつぽつ 雨にあたったけれど 問題は起こりませんでした。
お召しの種類と 布 それぞれで違うでしょうから、実験は 危険をはらむかも。

まずはランチとこちらのお店へ
a0236300_21184114.jpg

祇園新橋 中谷 さん
お若いかたのまだ 新しいお店です。
これは 先付けや お椀や なにやら出た後の おばんざい。
ご主人いわく 自分もいろいろと食べたいので、と。
最後のデザートまで 美味しくいただきました。
サービスメニューで いいのかな、と心配になるほどの料金で 少々 恐縮。
感じも たいへん 好ましく、お友達も気に入って また来ますね、と 店を出ました。

目的その一 ぎをん齊藤さんの秋の展示。
美しいもの たくさん見せてもらって 一番のお気に入りを当ててみても してしまいました。
いつも思うのですが 京都の老舗は すごいなあ、この品物と 接客の妙。
以前の担当さんがやめられて( ちょっぴりしかお買い物したことないので まったくお得意さんではない私ですが)、新しいかた のあれこれの説明も楽しく、遊ばせてもらいました。

目的その2
織楽浅野さんの5年ぶりとかの個展に。
あの 帯が ずらりと。
もちろん 帯も良いのですが 今回 一番気に入ったのは 掛け軸に表装されたもの。
素敵でした。
こちらでも ご主人の ご自分の愛する作品を 見てもらいたい、という熱意を感じました。
説明を聞いて ああ そうだったのか、と思うところもあり やはり 作り手さんの お話を伺うのは とても 楽しいことです。

ええもん 見せてもらいました。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-29 21:39 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)

奥出雲への旅 2 (奥出雲湯村温泉 湯乃上館 他)

a0236300_21485572.jpg

奥出雲湯村温泉 湯乃上館
〒699-1343 島根県雲南市木次町大字湯村1336番地
アルカリ単純泉、43℃
源泉かけながし
二泊目は 以前から気になっていた こちらへ泊まりました。
予想以上、それもかなり良い、というのは そうそうありません。
こちらは 出雲の国風土記にも出てくる 古い湯です。
宿の道をはさんだお向かいに 湯殿があり それが源泉で外湯でもあります。が、外来入浴が終わったあとも、鍵を渡されて 翌朝まで自由に泊まり客は入れます。
お客を二組しかとらないこともあり 今回 私は三度の入浴中 すべて ひとりじめ でした。
お湯の量は申し分なく かけ流され ゆるめで やさしく これぞ温泉を楽しむ だ、と悦に入るのでありました。
お食事も地のものを使い 丁寧で 派手なことは やらない、ときっぱりと決めたような心地良さ。
しみじみ 美味しいのです。
お宿そのものは古いのですが それが良い按配に落ち着きます。
落ち着くといえば 宿の人たちの 人当たりもそうで、必要なこと最低限しかしない、のですが ぶっきらぼう、というわけでもなく、この感じは 初めて、です。
古き良き湯をおごらずに守っている、という矜持が感じられます。
ここは 名旅館 だと思います。
こんなとこもあるのか、と 少々驚いたのでありました。

立ち寄った湯
・たかの温泉 神乃瀬の湯
岡山県庄原市高野新市
ナトリウム炭酸水素泉
炭酸泉が好きなので 行きに寄ったのですが 残念、、、
・斐乃上温泉 かたくりの里 民食たなべ
a0236300_22234615.jpg

島根県仁多郡奥出雲町竹崎1844
アルカリ性単純泉
加水 加温 適量消毒 とあるのですが まったくそんな感じはありませんでした。
かなりの量が かけ流されています。
露天風呂は 桃源郷 でありました。ぼーっと気持ちよく 寝てしまいそう。
一人じめよ~~~。
ここも美味しい地元食材が食べれそうないいお宿の雰囲気をかもしていました。
岩井温泉 共同浴場 ゆかむり温泉
鳥取県岩美郡岩美町岩井521
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
源泉かけながし
岩井温泉には 一度 モサエビを食べに泊まったのですが 良かった、という記憶しかなくて。
ただ 外湯があったのは覚えていたので 帰り道の目ざましに 入浴。
正しい 温泉地の 正しい共同浴場です。いいお湯です。
地元の人がほとんど浴槽に入らずに ほんとに頭から ざばざばお湯をかけていたのですが、あれが正しいのでしょうか、、、。
赤ちゃんまで かけていた、、、。
入っていたほうが気持ちがいいと思うのですが、、、。
古来から ゆかむり だそうです。
熱いけど 入れないほど、ではありませんので 草津温泉の療養方法とも違うような。

島根は 温泉県 なのです。
みな 地味ですが 素晴らしいお湯が ひそと湧いているのです。
実に好ましいのでありました。
が、遠い、悲しい。

観光したとこ 覚書
やっぱり素通りはできない 出雲大社
三度目なんですが 以前感じた神さびた感じは 無くなっていて 観光地みたいな。
騒がしいから神様たちは 少し奥に引っ込んでいるのかもしれません。
松江城
一度行ってみたかった 三保神社
出雲は 車窓から眺める風景も 人も どこか 一味違います。
歴史、がそうさせるのかしら 出雲族の血が にじむのかしら。
旅人には とても魅力的な土地 です。
おっと 最後のお昼は 漁港近くの回転寿司(といっても 回っているのは おいなりさんくらいで、あとは注文します)の地魚が狙いどうり 美味しかったのでした。イカの甘かったこと!



[PR]
by fuko346 | 2016-09-28 23:01 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

奥出雲への旅 1 (吾妻山 山歩き編)

飛び石連休に 広島県と島根県の県境にある 吾妻山に登りに行ってきました。
瓊瓊杵尊が「吾が妻よ」と呼びかけた とのが その名の由来とか。
びゅんびゅんと高速を飛ばし 庄原ICで 降りるとまずは、、、
a0236300_10503492.jpg
 
これは お決まり。
テント泊の予定ですので 食料を買い込み 今夜の目的地へ。
a0236300_1053779.jpg

あら、、、、けっこう強く降り続いた雨が 夜半にも続く、という予報なので 急きょ コテージを 借りました。
休暇村吾妻山ロッジ
広島県庄原市比和町森脇
室内は きれいで 家電 備品完備 バス付き で 完璧、です。 テントのつもりだったので ものすごく贅沢している気持ちになりました。
翌朝は 山は雲に覆われてはいるけれど そこそこの薄曇り。ぽくぽくと歩き始めます。
牧場だったという広々とした草地には マツムシソウが そこここに。
草地を離れ 山道の脇にも たくさんの花々が咲いていました。
この山は 花の山 だったのです。
a0236300_1175695.jpg
a0236300_1185359.jpg
a0236300_119233.jpg

これは ごく一部。
上に行くにつれ ガスの中に入ってしまい 景色はなにも見えませんでしたが 道端の花を見ているだけで、気持ちはうきうき 気持ちのいいお散歩です。
a0236300_11114027.jpg

標高 1238m
誰もいない 静かな山頂。
a0236300_11141848.jpg

下りにかかると 少し 雲の切れ目ができはじめて こんな美しい景色が。
目の下にガスが激しく流れ ひとところ 陽に当たった 薄原が 銀色に揺れます。
天気が良くないので鳥の声もしません。
ただ 風を感じている 時間。
私が感じる 一番 幸せな とき。

美しい 歩きやすい山を静かに楽しむ、という 二時間弱のお散歩、でした。
帝釈山系には 低いけど きれいで歴史の香りのする魅力的な山が連なっていて また来たいなあ、今度はもう少したくさん歩きたいなあと思ったことでした。

立ち寄り湯で 汗を流して さて 今日の泊まり地へと 向かう途中 少し観光、です。
奥出雲たたらと刀剣館 たたら場跡 などを見学。
ここは 大和鉄の 一大産地 だったのです。
ジブリの映画 もののけ姫の たたら場の場面が重なってしまいました。
そんな目で 見るからか 出雲国風土記や古事記や 鉄で豊かであった頃のことや 頭の中でぐるぐるし、今の里のありさまも 凛とした静けさをたたえているように感じました。
里 そのものが 美しいのでありました。
(続く)



[PR]
by fuko346 | 2016-09-26 11:36 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

藤戸

a0236300_22452751.jpg

パンフレットより

9月19日 大津伝統芸能会館
狂言 膏薬煉
能  藤戸
おシテは 片山九朗衛文門 師 

藤戸は殺されて 海に沈められてしまった海人と その母の恨みを陰々滅滅、、、、と。
この 面(おもて) かわず  に惹かれるのでありました。
水死人の相をうつした、といわれ なんともいえず うつろで 静かで 諦念もあり 魅力的なのです。
この面をつけ 水衣の衣装をつけた おシテは もう 亡者そものもの。

恨みは述べるのですが 舞っている姿はもう そんなことはどうでもよい、ようで、最後に供養で恨みを捨てて去っていくのですが それも どうでもいいようで。
というか 彼は そういう次元には もういないようで。
ただ 今一度 現れ居出て 舞ってみたかった そんな感じがするのでした。

これを演じるのは 難しいだろうなあ、と 感じました。

さて この日は ちょっとおしゃれしてきものを、と思っていたのに 前日 むし暑い奈良を歩いて 疲れてしまい、夜 準備をする気力なく、能楽堂に行きつくだけで 精一杯。
お能の間も うつら うつら。
見ているのか 夢なのか ふうわり 浮いているような。
こころに届く 気持ちのいい お囃子と地謡の声。
常ならぬ時間に 全身を浸しているような 贅沢な空間。

私の観能は こんなもんであります。

帰りがけに とても久しぶりに こんな場所で会うとは思いもしなった方に 出会い 驚きました。
へえ ご縁があるのだなあ。
といって この先 またお会いするかどうかは わかりません。

この次のお能はいつかなあ。
これもご縁のあった 講演に そろそろと 行くのでありました。

しかしなあ 私がお能が好きなのは 現世からちと 浮いている自分のありように 共振するからかも、とか思ったりもいたします。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-22 00:30 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)

興福寺とかき氷

a0236300_10421748.jpg

奈良 東向き商店街にある 和菓子屋さん 萬勝堂さんの かき氷。
和菓子屋さんの あんこ わらびもち お抹茶、で とても美味しゅうございました。
むし暑くて 汗をかいたので つい ふらふらと入ってしまったのでした。

雨模様の連休の午後 こんな日なら 人が少ないのでは、と 興福寺の五重塔 三重塔の公開を 見に行きました。
はい もう3時過ぎで  並んでいる人もなく 拝見できました。
でも 観光客は一杯で 奈良もすごいことになっているなあ、と感じたことでした。

このところ 興福寺さんが いろんな催事をするなあ なにかお土産物物まで 売っているなあ、お商売励んでいるなあと 思っていましたが、伽藍復興 再建をなさっているのですね。
と 今更気がついたのでした。
そりゃあ 莫大な費用 でしょう。
ちょっとでも費用の一部になれば、と なにか あったら また行ってみよう と思いました。

塔の公開は
いつもは入れない場所に入れるというのは まず喜び です。
中におわします仏たちは それは美しかったのですが、どうも 私は 建物のほうに魅力を感じるたち らしく、建物の内部を ほうほう と見てしまうのでした。
古びた木材の肌 や その大きさ立派さ をみると それが 生きて枝を伸ばしていたときの その有様を想像し、そして 切り出して 細工して この塔を建てた人のことを思うのでした。
また こんな立派なものを建てさせることのできた その時の施政者のことも その時代も。
ということで 一番 こころが動いたのが 見えるようになって照明もついていた 五重塔の心柱、でした。

礎石も大きくて すごい
柱も 太くて すごい
乗っているだけ で この塔を支えている技術も すごい。
ほう ほう ほう。

南都は 魅力的 ですね。
気候もよくなってきたので また ゆっくりお散歩に行きましょう。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-21 11:01 | おでかけ | Comments(0)

今夜のおかず

a0236300_12514633.jpg


台風16号が近づいてきて 雨が強くなってきました。
先ほど スマホに避難準備情報が 流れてきて 丁寧に避難場所まで 地区ごとに書いてあったのは 親切だなあと思いました。
でも ここからだと ちょっと遠いなあ、、、。
何年か前の 台風で 目の下の風景が 一面の泥沼 家では 崖が崩れたときよりは かなりましな 雨なので、たぶん 大丈夫だろうと思っています。それに そう長い間 降り続くようでもありませんし。

といってもこれから外に出られなくなるかも なので 菜園に 今日のおかずを採りに入っていってきました。

ナスは切り戻してから そう肥料もあげていないのに そこそこ実をつけて ありがたい。
万願寺は 秋風が吹き出してから たくさん成るようになるのはなるのは例年のことです。
味噌焼と 煮びたしに しようかな。

菜園はぼつぼつ 夏野菜を片づけて 冬野菜の種まきに入っています。
それでも実をつけているのは かわいそうで 抜くことができず いつも 種まきが遅くなってしまいます。
まあ それでも二人分の 野菜は ぼつぼつとできるので よしとしましょう。

山の中 びしゃびしゃと降る雨の音だけが 聞こえてきます。
一人で パソコンに向かっていると なんともいえない 静かに気持ちになります。

あれ、風が出てきました。
東側の二階の雨戸だけ 閉めようかしらん。

付記) その後三時過ぎから「台風だぞう~~~」という暴風雨になりました。
たぶん 一時間かそこらで 抜けてくれるのではないか、と 希望的観測。
池の水があふれるのは この頃 めずらしくなくなりました。




[PR]
by fuko346 | 2016-09-20 12:50 | 山里便り | Comments(4)

月にむらくも

a0236300_12524779.jpg

大阪国際美術館 始皇帝と大兵馬俑
兵馬俑は実際に見てみたいものの一つだったので 大阪まで えっさかほっさか行ってきました。
この写真は レプリカで 写真コーナーに並んでいるものです。
レプリカとはいえ 秦の兵隊さんたち 大阪の地下に並びいるとは 思っていなかったでしょう。

本物は数隊でしたが その迫力とお顔の精巧さには 驚きました。
まるで 話しだしそう。
はるばる行った甲斐があり たいへん 面白く拝見しました。

a0236300_12594846.jpg

大阪のお友達と梅田と待ち合わせて 送迎バスで anaクラウンプラザホテルの中華 花梨へ。
お得で美味しいランチを ゆっくり楽しむことができました。
美術館へは 駅から微妙に遠い距離。
なら 途中まで 送迎バスに乗ってしまおうというもくろみは 正解。
この日の大阪の最高気温は31度。湿気もあり陽のあたる場所では かなりの暑さ でした。

a0236300_1332767.jpg

大阪らしい場所で 記念撮影。
涼しげに写っていますが 暑かった、、、。
a0236300_1351076.jpg

きもの 綿 絞り 単衣
帯   麻 九寸 染め更紗
襦袢は もちろん 麻 半襟 帯あげは絽縮緬
この帯は 薄くて涼しげな布 なんですが 芯を入れたら もう暑苦しくて 盛夏には使えません。
色目も暗いので 秋の気配のする季節にしか使えないなあと だいぶ前に購入したけど やっと使うことができました。
今日の中心は 赤の帯あげと 赤の色石の入った指輪。
帯あげ もっと深いこっくりした赤、で気に入ったものなのですが その微妙な色目が出ていないので ちょっと素っ頓狂な 取り合わせに見えるかもしれません。
a0236300_1395434.jpg

そして 一番最初に この日に使おうと決めていたのは この帯留 です。
月に叢雲。
今年の十五夜も 美しい月を 見ることができましたから。

関西では まだまだ暑く気温30℃を超えています。
おでかけはけっこう 歩くので とてもとても単衣きものに手は伸びません。
なんとか こういう薄での綿きものに夏帯か薄手の単帯が やっとです。

暑いから夏はきものは着ません 単の時期も暑いから着ません って 本末転倒。
なんで きものだけ そういうことを業界の人や着なれた人がいうかしら。
もっと自由に気候に合わせましょ。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-17 13:18 | 展覧会 | Comments(0)

ななくりの湯 (榊原温泉)

a0236300_20465646.jpg

三重県 榊原温泉 湯元榊原館
榊原は清少納言の 枕草子に お湯は ななくり ありま たまつくり とある 七栗の湯が ここだということです。古いお湯 ですね。
ここは いかにも の 大きいホテルで 今まで 横を通ってはいたのですが、立ち寄りができるのも知りませんでしたし、こういうところは ほぼお湯が循環なので 興味がありませんでした。
榊原は 今は閉鎖になってしまっていますが いい日帰り施設があって そこに何回か行ったことがあるのです。
ところが 温泉本に ここのお湯が良い、とあり、さらに 一回ただになる券がついていたので 行ってみることにしました。
a0236300_20514925.jpg

日帰り客は ホテルのロビーではなく こちらの 専門の入り口から 入ります。
え、ということは 日帰り客が多いのですね、へえ。

そしてお湯が、、、、素晴らしい。
浴室に入ったとたん うっすらと あのゆで卵臭が。
源泉が 32度ほど。
加熱浴槽が二つ 源泉そのままが一つ。
その源泉風呂の 心地良いことと行ったら。
入ったとたん お湯が肌をぬめっと 滑ります。
季節もあるのでしょうが 冷たいことは なく なんとも気持ちのいい温泉で ぬる湯が好きな私には たまりませぬ。
平日 四時頃 ということもあるのか お客さんは少なく ゆっくりと お湯を楽しみました。
出たり入ったり 加熱浴槽にちょこっと 入ってみたり 一時間も 過ごしてしまいました。

群馬と山梨と 好きなぬる湯は 遠くにしかない と思っていたので うれしくなってしまいました。
車で一時間強 しばしば 行こう と思うのでした。
湯元榊原館 
三重県津市榊原町5970
アルカリ性単純泉

a0236300_2173263.jpg

帰り道に 思いついて うなぎの 初音へ。
ここは三重側からくると 東海道の これから鈴鹿峠へ向かうという 関宿にある うなぎの 名店。
休日には いつ来ても行列ができているので なかなか入ることができません。
今回は 久しぶり 四回目 かしら。

午後から ゆるゆる出かけて 大満足の おでかけ になりました。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-15 21:13 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

トンボのくに

a0236300_94029.jpg

ハグロトンボ
このこは 優雅にひいら ひいら と浮遊しているように飛ぶので 見とれることがあります。
あんな飛び方で 大丈夫なんでしょうか。
山へ向かう家の裏 少し湿った場所に よくいますが、表の池にとまっているのはめずらしい、です。
どうしたのかなあと眺めていましたら
a0236300_9442248.jpg

いきなり別のトンボがやってきて ぶわん ぶわん と音を立てて 飛びかいながら 産卵を始めました。
ぺしっとぺしっと お腹の先を水面に打ち付けては 飛びまわります。
ニンゲンなんか 気にしちゃいられないって勢い。

オハグロは  ぼうっと(たぶん)見ているだけです。

池 大 中 少 とあり 山からの流れもあるので ここはトンボ王国です。
何種類 飛んでいるのかなあ。

今年はヤンマ類が 少ない というか ほとんど見ませんが どうしちゃったのでしょうか。
トンボの国にも 栄枯盛衰は あるのでしょう。

あれだけ わんわん鳴いていたセミも カエルも静かになり、虫の音が うるさくなり(居過ぎて 本当にうるさいのです)、季節の音も変わっていきます。
気がつけば ツバメは南へ帰ってしまい、モズの縄張り主張の チャ チャ という鋭い声がします。
これを聞くと はっきりと 秋が来た と 感じる山里 なのでした。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-14 09:56 | 山里便り | Comments(2)