月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

蒼 を 効かせて

 五月の連休 二日目 今日はとてもいいお天気でした。
私は 一日中 お茶のお稽古。

a0236300_17194252.jpg
きもの 野蚕紬 胴抜き
帯   丹波布 
このきものは ざくっとしていて かつ厚ぼったくなく 胴抜きにしてあるので 今日のような ちょっと暑いかも、という日には 最適です。
そして なんとなく 蒼い空 風 を感じたくて この一揃えにしました。
帯締は 黒ではなく 濃紺 です。

山里の気温はそう高くないので ちょうどいい按配でした。

お稽古は 旅箪笥を使っての お濃茶。
濃茶は いままでほとんどしていなかったので 不安でしたがなんとなく 先生に教えてもらいながら 30年前を思い出しつつ。
たてたお茶を美味しいと言ってもらえて うれし。

山里のお稽古場は 今までのくせを あちこちなおしてもらいながら、いろいろなお稽古も拝見できるので お勉強になります。
そして お茶会なども 積極的に参加なさっている先生なので それも忙しくなりそうです。
今まではそういうことに お付き合いしきれない、と 感じていましたが、強制的でもなく 自分の時間にも余裕ができたこともあって 可能な限り 楽しもうと思います。
どうも 回りのお弟子さんたちも 一からのお稽古の方は おいでにならないようです。
こちらのお稽古場は 最終的には 自分でお茶事ができるように を目指しているようです。
そこまでは 無理ですが お茶事が楽しめるようにはなりたいものです。

もう一つ。
「そうね 無地単一つ紋ね」と とあるお茶会着用のきものについて 先生。
あら 手持ちにあったかしら。
織りに 特化している 私のきもの お茶会用が少ないです。
大寄せのお茶会に自由参加ですと 織りのものも使いますが 先生 お社中と一緒では そうもいきません。
ん~ 買ってもいいリスト が増えたかしらん と ちょっと喜ぶのでありました。
いや 繰り回しましょ、そういう計画も うれし。






[PR]
by fuko346 | 2017-04-30 17:38 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

近江牛のすて~~~き

a0236300_14535588.jpg
ふふふ
ご当地 近江牛のステーキ用 お肉。
ヒレとサーロイン 200g ずつ。
県内には 町内に一軒は 近江肉専門店があり、さびしいこの山里の商店街(昔は賑わっていたらしい)にも ちゃんと生き残っています。
このあたりでは なにかあると 近江牛のすき焼き なのでありました。

で、お礼とかご挨拶とかで そのお店だけで使える食肉券なるものも存在し、時折 いただくことがあります。常にはためておいて お客さんがあったときに使うのですが、なんだか そういうときには 主婦は一人でばたばたして、食べた気がしません。
で、え~~い やけっぱちだ ステーキ 食べてやる! と 思いこんだのでした。
産地といえども それなりの品でありまして 券がなければけっして購えるものではありません。
たまには ステーキ食べますけど それは スーパーでお安くなっているものを見つけたときに限ります。
もちろん それも、近江牛なんてブランドものではなくて 国産なの、というだけのものです。

で 今夜はステーキ 付け合わせは 菜園のアスパラ 箸やすめに 裏山のタケノコの土佐煮 であります。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-29 15:13 | 山里便り | Comments(2)

ミホミュージアムのしだれ桜(2017) 和ガラス

ミホの桜が満開になったので 行ってきました。
a0236300_14113016.jpg
a0236300_14131478.jpg
a0236300_14135001.jpg
a0236300_14121833.jpg
例年よりかなり遅くの開花で、すこうし色が薄いようですが もちろん あでやかに美しいのでした。
ここがあるので あちらこちらのお花見を ことさらしようとはしていません。
あさってあたり 桜吹雪になっているかしら。 
一番好きな景色を見に もう一度いってみましょうか。
a0236300_14173597.jpg
展示の 和ガラス こちらもとても美しくて 意匠も素晴らしくて 見たことのない その品々に驚きつつ 見入ってきました。
それまで無かった ガラス というものが入ってきたとき この国の人たちがどれほど魅了され、そして 見たもの以上の美しものを作ろうとした その興奮が伝わってくるような。
というか 作ってしまうことも 驚きです。
この作品たちは 道後にある 博物館のものですが そちらへ行ってみたくなったのでした。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-23 14:21 | Comments(6)

ぜんまい の 綿

a0236300_11441563.jpg
タケノコを採ろうと うろうろしていたら 目についたので ついでに収穫してみました。
蕨にゼンマイ。
例年は鹿の口に入ってしまうのですが どうも ちょと余所に行っているらくし ちょっぴり採れました。
a0236300_11460731.jpg
で、 ゼンマイの綿毛。
ぜんまい紬というものがあるので どういうことなんだろうと不思議だったので、この綿毛をとってみました。
a0236300_11475150.jpg
ゼンマイの綿毛なんで どう集めるのだろう どう紡ぐのだろうと 不思議だったのですが、綿毛は簡単にむくことができました。
a0236300_11491339.jpg
綿 そのもの です。
ちょっとめ には 茶綿と見まがうかもしれません。
そういうことだったのか と 納得。
a0236300_11505157.jpg
これは 私の持っている ゼンマイ紬 です。
横糸に ちょぴちょぴ と ゼンマイが織りこんであります。

ゼンマイの綿を 布に使うという先人の知恵はすごいなあ、と思います。
丈夫になるし 糸の足しになるし 防虫効果もある と聞きました。
ただ これくらいの量だと 野趣のため、でしょうが 横糸だろうとは思うのですが 全部ゼンマイの紬糸を使ったものがあって それは ゼンマイの量もたくさんで 手もかかり高級品 なのでした。
布の味も特別で いいなあ、と 眺めたことを覚えています。

ともあれ ゼンマイなんか 布になるのか? という私の謎は解けたのでありました。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-19 11:57 | 山里便り | Comments(8)

さくら と バラ

a0236300_22510887.jpg
15日(土)とあるグループの滋賀オフ。
石山寺へ行きました。
a0236300_22522622.jpg
この春は桜の開花が遅くて 思いがけず満開の桜が迎えてくれました。
a0236300_22532312.jpg
桜だけでなく ミツバツツジ レンギョウ 雪柳 そして 芽ぶきの緑。
こう一度どきに見られるのは 珍しいのではないでしょうか。
a0236300_22550655.jpg
真っ白な桜の その美しいこと。
久しぶりに会った そのときの戦友のような仲間と うらうらと散策 その穏やかなことと 当時の自分を比べて なんともいえない気持ちもが ない交ぜになります。 
そして 今日 たまたまなのか そういうことなのか この石山寺の桜のことを聞きました。
悲しく 哀しく 優しく 強い お話 でした。
来年の桜は そのお話のことを思いながら 自分の味わったことも 重ねて 歩いてみたい、と思ったことでした。
a0236300_22595406.jpg
ランチは名物しじみご飯。
もう三十年来 このあたりをうろうろしているのに 石山寺ももう何度も来ているのに 初めて 食べました。 満足。
a0236300_23012269.jpg
場所を石山から 守山へと移し 和バラカフェへ。
優しい色のバラたちが迎えてくれます。
店内はバラで溢れていて 女性なら もう 大喜び間違いなし、です。
しばし お茶の時間。

お世話 お付き合い ありがとうございました。
a0236300_23035804.jpg
和バラカフェでは 一本 おみやげをいただけます。
翌日 きれいに開花しました。
ベットサイトに置いて かすかにただよう いい香りとともに 安らかな眠り、です。

さくらも ばらも ほかの 花たちもたくさんみて そう花って こんなに幸せな気持ちを運んでくるのだと再確認。期せずしての 今年初めてのお花見もうれしいこと、でした。






[PR]
by fuko346 | 2017-04-17 23:07 | おでかけ | Comments(4)

むくむくっと

a0236300_10320047.jpg
むくむくっと 出てきた タケノコを むずとつかむ の図。
今年のお初は 大きさも形も 上出来です。

ああ 美味しかった。
これから しばらく タケノコ狩りが続きます。

年々 早くなっている タケノコ。
もしや、と ふっとぬるい空気になった日に竹藪に行ってみたら 出ていました。
もしや だったので 少し驚きます。
10年くらい前は 五月の連休くらいだったのですから。

氷点下の最低気温 冷たい春が うそのように ぼんやりとした 暖かい空気になっています。
カエルたちも 出てきて 大合唱が はじまりました。
以前のように すべてが 徐々に 徐々に ではなくて 一気に になっています。

早春からの 好ましいあわあわとした春がなくて 初夏になってしまったみたいです。





[PR]
by fuko346 | 2017-04-16 10:40 | 山里便り | Comments(0)

にょきっ

a0236300_10343886.jpg
今日は 暖かい というか 日向では ちと暑いくらいになりました。
昨日の最低気温は マイナス一度 だったのに まあ めりはりの効きすぎていること。
なんてことには 関係なく 草木は きちんと芽吹いています。
その中でも 力強いのは アスパラ。

土を押しのけて にょき にょき。
この力はどこから湧いてくるものか ふ~ん すごいのねえ あなた、と感心してみています。
そして 美味しそ。
新鮮なアスパラのあの香りが口に 広がります。

ということは そろそろタケノコもでますかねぇ。

楽しや 楽しや。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-14 10:39 | 山里便り | Comments(4)

ちら ちらちら

しばらく留守にして帰ってきてみると まだ冬枯れていた 敷地に かさこそ動きが見えます。
a0236300_22440539.jpg
シャクナゲのつぼみが どんどん膨らんでいますが、ほとんどは まだ緑色。
ですが、
a0236300_22451084.jpg
ちらっと はなびらが 出てきている子も います。
鮮やかな色ですねえ。
で、
a0236300_22460343.jpg
この子は ちら ちらちらちら
こんなに色が吹き出てしまっています。
一本の木で この差が出るのはどういうことか。
日当たり ということではなさそうです。
蕾 ひとつ ひとつにも個性があるのでしょうか。
面白いです。

この春の進み具合は遅くて 山里のソメイヨシノは まだ 五分咲き、です。
春爛漫は もう少し 先でしょうか。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-12 22:49 | 山里便り | Comments(2)

大冒険 群馬一人運転 温泉旅

今回 温泉行きの話が ひょっと決まって それなら そのまま帰宅してしまおうと、7日(金)に、一人運転して 初めての中央ー圏央道ー上越道と高速を飛ばして、お友達が来ている 吾妻線 河原湯温泉駅へと向かいます。
目的はこちら。
a0236300_11085918.jpg
松の湯温泉 松渓館
吾妻郡吾妻町大字松谷937-3.
松の湯カルシウム-硫酸塩泉 32.4℃ 源泉かけながし
こちら 一度来訪 あまりのお湯の良さに いい いい と叫び、温泉好きの御友達とまた行ってきました。
a0236300_11092068.jpg
お湯が 溢れているのがわかりますでしょうか。
ご覧のように なんの変哲もない というか 温泉旅館としては風情のない浴槽なんですが、これが極上 であります。
左にある加熱源泉を好きなだけ入れられる浴槽と源泉浴槽とに 代わる代わる入っていますと 身体がふにゃふにゃ溶けていくのでありました。
極楽 であります。
今回 できれば 一人ずつのお部屋にして欲しいとお願いしてみたところ 小さめのお部屋を二つ 用意してくれて もともと 一日 二組しかお客を取らないので 今回 私たちだけで 独占、でありました。旅館 貸し切り であります。
素晴らしい~~~~~~~~!
女将さんとのお話も楽しくて このお宿は 機会があればまた訪れたい、です。
ただ いろいろな意身で レア ですので どなたにもおすすめ、とはいきませんが、温泉のお湯が目的の方には 一度 訪れて欲しい お宿です。
女将さん 今回もありがとうございました。

翌日は お友達が帰るまでと つれを拾うまでに時間があったので 一度行ってみたかった 草津温泉へ移動、大滝の湯へ立ち寄り入浴。
a0236300_11275806.jpg
下駄箱。
草津を代表する 公衆浴場。
たまたまこの日は 月に二回だけの 配管を掃除した 湯の花が注がれていて お湯が真っ白。
さらにお湯が濃くなっていました。
白濁の湯 ということで 幸運でした。
煮川源泉 
酸性硫黄泉 かけながし
お昼は美味しいお蕎麦 でありました。
煮川の湯を堪能したあとは 長野原草津駅へお友達を送り 連れを迎えに 中の条駅へ。
a0236300_11403326.jpg
二泊目は 沢渡温泉です。
こちらは共同浴場。
右にちらと写っているのが 宿泊した お宿です。
沢渡温泉 まるほん旅館
群馬県吾妻郡中之条町大字上沢渡甲2301
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 源泉かけながし
共同浴場に繋がっているのではないか、という作りからわかるように 源泉すぐそば、で よいお湯がかけ流されてきます。
温泉好きには有名な 混浴大浴場に入りたいのと 草津の仕上げ湯、といわれる名湯に入りたいのとで、宿泊しました。
お湯はとっても良いのですが その大浴場は混浴で タオル巻きもできないので、女性専用時間にしか入れません。が、その設定時間が短く かつ夕食後と朝六時から七時、という時間なので ゆっくりと楽しむことができません。半分ずつにして欲しいものです。
沢渡温泉はこじんまり 静かな温泉街で 好感が持てます。湯治に三日以上 いたいところでした。
a0236300_17165293.jpg
三日目は草津泊、時間があるので近所を観光。
a0236300_17184025.jpg
展望台から 八ッ場ダムの工事中を見降ろします。
この近辺 ダム建設のために 地形もなにもかも変わっていて ここだけでなく付近の道もあちこち工事中 通行止めなどがあり 変貌を続けています。
a0236300_17205578.jpg
吾妻渓谷 遊歩道を少し歩いてみました。下流はダムに沈みます。
前からの遊歩道 ハイキングコースも 工事中のところがあり、まだ 落ち着いていません。
ダムが完成したらどうなるのでしょうか。
ニンゲンがもともとの土地をすっかり変えてしまうのを目の当たりにするのは 複雑な気持ちになるものです。

三泊目は 草津温泉 泉水館
群馬県吾妻郡 草津町草津478
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉 かけ流し
a0236300_17235703.jpg
こちらは 草津十二湯のうち 君子の湯 という源泉を持っており ここでしか入れないので 以前から行きたかったところです。
これは 離れの湯小屋。あと 二つある湯小屋も 全部 貸し切りで入れるようになっています。
昨年 リニューアルして 贅沢な作りになりました。
三つの湯小屋の内部は昔と変わっておらず とても風情があり お湯も豊富にかけ流しです。客室は四部屋のみになっているので すべてに贅沢なお宿です。
a0236300_17322559.jpg
a0236300_17340095.jpg
美味しいお料理をお腹いっぱい食べすぎたので 何度目かですが お散歩に。
夜の湯畑。
今回は草津をぐるぐる 歩いて 草津通になったかもしれません。
a0236300_17355274.jpg
朝ごはんの温泉卵がかわいかったので つい。

さて 三つの温泉地 三つの旅館。
料金は ほぼ 二泊目が一泊目の二倍 三泊目が三倍。
お部屋 お料理 備品 それに比例してそれなりです。
なので単純比較はできません。それぞれに素晴らしい温泉で 湯量豊富で 素敵な宿だと思います。
が、今 すぐ どれかに行けるとしたら 松渓館へ 行ってしまいますねえ。
あのお湯と女将が作る料理と 女将さんの笑顔ともてなし。
まるほん旅館と泉水館は 一度行ってみたかったので大満足ですが、たぶん 松渓館は三度目の来訪があるような気がします。

翌日 東京へ帰るおつれを 佐久平駅へ送り 峠を越えて諏訪まで南下、岡谷から高速に乗って 無事に自宅へ帰ってきました。
知らないとこ 一人運転 温泉三泊 みな 初めてのこと。
私にとっては 大冒険だったのでした。
できたことが うれしく ありがたいのでした。
やってみたいけど 尻込みしていたこと これからは できる範囲でやってしまおうと思うのでした。

ああ 楽しかったなあ。もっと長く あちこちしたいなあ。





[PR]
by fuko346 | 2017-04-11 17:50 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

銀座で牛首紬デート

お友達と 牛首デートをいたしましょう、という話が以前からあって 今回実現。
ちょうど 銀座で 七緒の「和トセトラ」を開催中とあってのぞいてきました。
a0236300_11402299.jpg
きもの 牛首紬 先染め 同抜き
帯   紬地九寸 型絵染 鈴木紀絵さん作
この帯は まんまるのハチと ふにゃ~としたウサギが 気に入ったのですが 見えておりません、、、、。
見えているのは 菜の花と茗荷。茗荷が印象的なので 茗荷帯、と呼んでいます。
a0236300_11503233.jpg
ランチは 五丁目にある レストラン イシダ。
これはデザートです。
前菜 デザートが 選べるようになっておりまして 楽しいのです。
ランチは女の人のこころを いかにくすぐるか を考えておりますね。
ちょっとずつ いろいろ食べたい ですものね。

七緒の「和トセトラ」には たくさんのブースが出ていて あれこれ あれこれ 拝見。
お店の方や作家さんとお話しもできて 楽しい時間でした。
あそこで 予算に合わせてきもの一式 お気に入りが選べますね。きもの業界もだんだん 変わってきているなあ、と感じました。

お友達 お二人のきもの姿がそれぞれ素敵だったのですが 写真を撮り忘れました。
レポしなくちゃ きものブログじゃないわ、と後から反省いたしました。
ご自分のスタイルが決まっていて お似合いのものをお召の方は 見ていて 気持ちの良いものです。

さて そのあと 三軒茶屋へ 一人移動。
a0236300_12060901.jpg
お友達のお知り合いの呉服やさんへ 連れっていってもらいました。
選び出した反物 あと 帯が一条。
紬は買ってはいけないので、柔らかもの、です。
う~ん う~ん お稽古に着る柔らかものが欲しいけど 今 まったく無いわけでもなく でも足りているわけでもなく、母や叔母のものを仕立て直せば なんとかなるかも とか う~ん う~ん。
特に墨色の江戸小紋は 必ず重宝しそうなので 悩んでいます。
どうしましょ。

このお店 昔は町内に一軒はあった小さな呉服屋さん なんでもきもののことは相談できたものです。
もう 今は 絶滅危惧種 ですね。
事情があって 在庫処分中。
でも なくならないでほしいです。
そして ここは小さなころ 少しだけ住んでいたあたりで、記憶が。
もしかしたら きものが好きだった母が 来ていたのではないか、と思いました。

近くに シベリアをおいてあった お菓子屋さん(パン屋さんか)が あったように思うのです。
不思議な感覚になりました。







[PR]
by fuko346 | 2017-04-06 12:12 | 今日のきもの 春 | Comments(10)