月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

扉温泉 明神館

戻ってきていた子を東京に送りがてら の 温泉一泊です。
a0236300_14223816.jpg
扉温泉 明神館
長野県松本市入山辺8967番地
アルカリ性単純泉
源泉かけ流し ではなないので 滅多と選ばないタイプのお宿なのですが、だいぶ前から気になっていたのと、子が誕生日プレゼントにしてくれる(!)というので 行ってきました。
深い森に囲まれていて 宿の全体が見えません。
立地としては 素晴らしいです。
a0236300_14225525.jpg
フレンチのレストランのテラス席。見えるのは緑ばかりなり。
a0236300_14232396.jpg
前もって伝えたわけではないのですが 私の誕生日が近いことを知って こんなサービス。
小さい蝋燭とともに。
この日は7割がたお部屋は埋まっているとのことでしたが フレンチを選んだのは三組ほど。
そのうちの もう一組もこのサービスを受けていました。
そういう使われ方をするのに ふさわしいお宿 だと思います。
チェックアウトが12時というのも とてもうれしいです、朝、ゆっくり温泉に浸かれますから。
温泉に関していうと 三つあるうち 寝湯が 一番温泉らしさ、を感じました。ただ熱過ぎてゆっくりと入っていられなかったのが疑問。
なので お湯としては この宿自慢の 立湯が やはりおすすめ ということになりましょうか。

a0236300_14234863.jpg

翌日は せっかくだからと美ヶ原から霧ヶ峰、白樺湖へとドライブ。何度か来ていますが、美しい場所です。
a0236300_14240687.jpg
梅雨の時期は やはり人が少ないのでしょう、ゆっくと楽しむことができました。
ちょうど 良いお天気にも恵まれて そうかあ こういう時間を味わうことができるのだなあ、と しみじみしていたことでした。



#扉温泉明神館 #ビーナスライン #温泉












More
[PR]
by fuko346 | 2017-06-25 14:51 | 山と温泉と旅 | Comments(5)

バケツ いっぱい

a0236300_20122244.jpg
バケツ 一杯の 梅 です。
今年は ずっと朝晩寒いくらいの気候が続いて 梅の育ちがもう一つ。
明日から 留守にすることですし、帰ってきて 熟したものがあれば 梅仕事しようかなあと思っていました。
でも 昨夜の嵐で ぼとぼと ぼとぼと たくさん 落ちてきました。
とりあえず そこそこ拾ってきました。

といって 梅仕事を落ち着いてする時間は無し、、、
留守の間の食糧で 冷凍庫はいっぱいだし、、、

さてさて 如何せん。

できることだけ ささっとやってみることにします。




[PR]
by fuko346 | 2017-06-21 20:17 | 山里便り | Comments(0)

浄瑠璃寺の、、、夏、、

山道越えて 小一時間 浄瑠璃寺へ。
今までの涼しさから一転 あつい、、、。
目的の半分は 門前にあるという 蕎麦 吉祥庵
a0236300_20120197.jpg
お店の佇まいもお蕎麦も上等 ごちそうさまでした。

浄瑠璃寺には 高校の関西旅行で 40ん年前に来ました。
事前に堀辰雄の 浄瑠璃寺の春 を読んで期待に胸ふくらませて。
その期待を裏切らない その御寺、岩船寺への石仏の道 当尾の里。
後年関西に住むことになって 久しぶりに行ってみたところ 観光地となって わんわんしており 一度がっかりしてしまったのでした。
今日は梅雨時 平日 人もそんなにいないだろうし お蕎麦やさんへ 一度は行ってみたかったので でかけたのでした。
a0236300_20194954.jpg
目論みどうり 人は少なく、、、
a0236300_20203481.jpg
猫ものんびり昼寝。
a0236300_20211538.jpg
九品仏は昔と同じ ひっそりと本堂に鎮まっており、この国宝の三重塔は あまり記憶が無かったことに気づきます。
とても美しいのになぜでしょう。
御本尊の吉祥天は 今回は公開されておらず また ゆっくり暑くないときに訪れましょう、と。
茶屋のおばさんいわく 三時すぎたら いつでも空いています、とのこと。
いいことを聞きました。
a0236300_20272261.jpg
で、その茶屋の わらび餅が 美味しかったのでした。

ちょいと往復 二時間弱 午後からゆっくりでかけて 思いのほか充実した 小さな旅 でありました。



#浄瑠璃寺 #蕎麦 吉祥庵








[PR]
by fuko346 | 2017-06-19 20:29 | おでかけ | Comments(4)

きもの お手入れ

a0236300_13320575.jpg
宅配便で 荷物が届いたので いそいそ いそいそ。
といっても 新しい仕立て物は 一枚だけで あとは 丸洗い二枚と 裄出し二枚。

お仕立て 洗い張り その他 着物関連で 難民となっていましたが ネットで県内に 良さそうなところを発見。
一度はお店に行って どんなところか確かめて 仕上がりも確かめて、と 五月の連休前に出かけて行って、頼んだものです。
車で小一時間ほどは かかりますが 京都まで運ぶことを考えると楽 です。
それにかなり良心的な お値段設定 なんです。
呉服屋さんに あれもこれも 頼むと もう それなりの経費がかかってしまって たまりませぬ。
仕上がりは満足です。
あるやなしやに 入れて と 頼んだ 縫い紋も 上々、です。

帯はとてもいいところを確保しましたし、これで安心。

写真に写っている 色無地二枚は 丸洗いと裄出し。
袷と絽。
これは 義姉の義母のもの、です。
お茶で必要な紋つき 色無地要員として いただいてきました。
しかし、、、あててみると 地味 である。
色喪服のようである。
そのつもりで 誂えたのではないかしらん。
そういうものも必要なので たいへんありがたく着用することにします。
なんせ 柔らかものは 手薄なのに加え 織のもののように どきどきしないので(つまり これ欲しい!とは思えない)ので こういうものをいただけるのは ありがたい のであります。
紋は おもいっきり違いますが お社中には いただきもので~す、と お伝えいたしましょう。

いただきものは まず 裄が足りません。
手軽に頼めるところが 見つかって めでたし めでたし。

持ち主さん そう親しくしていたわけでもないので 私が手入れして着るとは 思ってもいなかったでしょう。
お空で 驚いているかもしれません。





More
[PR]
by fuko346 | 2017-06-17 13:51 | きもの | Comments(4)

お召し 日和

梅雨なのか、、
降水確率 ゼロ なので お召し日和。
単衣の時期は雨の時期でもあって 水に弱いお召しを着る機会が少ないのですが 今年は連日 晴れ。
やっと きものでお出かけの機会があって 京まで出かけてきました。

京都駅で待ち合わせて まずはランチ。
駅構内にある はしたて です。
a0236300_18311024.jpg
本日の催しは 京都東急ホテルでの 文化講演会。
茂山良暢の狂厳言教室 無料ご招待であります。
狂言のお会話と 実演 清水
蝸牛
楽しませてもらいました。
a0236300_18401384.jpg
茂山さんは アンケート回収中です。

a0236300_18414529.jpg
今日のきもの
きもの 本塩沢 単衣
帯   こうぞ布 絞り染め九寸名古屋
襦袢は麻
半襟 絽ちり 帯上げも 絽ちり
a0236300_18440227.jpg
きものは 大きな格子にもなっているのですが わかりませんね。
帯上げは きれいな薄緑と薄桃です。
全体を冷たい色で統一してしまうと 面白くないなあ、と思いまして。

単衣に実に いい気候 で 快適でありました。







[PR]
by fuko346 | 2017-06-16 18:47 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)

ササユリ 2017その2

裏の斜面は 家の中から 見えるので ササユリ どうかな どうかな 咲くかなと しょっちゅう見ています。
a0236300_13320051.jpg
先日 きれいな若緑色だった蕾が だんだん色づいていきます。
a0236300_13331095.jpg
こちらは下にある二本。
a0236300_13335753.jpg
日に日に ではなく 午前と午後でも もう色付きが違います。
葉脈ではないので 花脈とでもいうのでしょうか 濃い紅色が網目のように走っています。
この紅色 どこでどうやって作って運んでくるのでしょう。
あの香りは どこでどういう仕組みで作るのでしょう。
すごい としかいいようがありません。
この下に生えてる二本には 手が届くので 毎年 一本は手折って 玄関に活けます。
花の姿も美しいけれど、あの濃厚でありながら優しい香りに 家じゅうが満たされます。
今日の夕方か 明日には 開花するでしょう。

あと見えるところには もう二本 蕾のある株が見えます。
楽しみは続く、、、。
 ・
 ・
 ・
#ササユリ 自生



[PR]
by fuko346 | 2017-06-13 13:40 | 山里便り | Comments(2)

清風

a0236300_15202794.jpg
山里 三時過ぎ 薄曇り 時々晴れ
気温 19℃
湿度 64%
北北西の風 4m

敷地のアジサイたちが 咲き出しました。
これは お気に入りの シチダンカ。

実にさわやかな気候 です。
ときどきもれる 陽に 冷たい風が さやさやと。

この山里では こんないい気持ちの日が続くことは滅多となく いぶかりながらも 喜んでいます。



#アジサイ #シチダンカ



[PR]
by fuko346 | 2017-06-12 15:26 | 山里便り | Comments(2)

ササユリ 2017

a0236300_20592113.jpg
裏の斜面のササユリ 一輪目が 咲きました。
いまか いまか 無事か と やきもきしていましたが 今年もその美しい 姿を見ることができました。
この斜面は ササユリのために 手をつけずにいるので 樹も草もぼーぼーです。
近づけない斜面の上のほうなので デジカメの望遠で撮っています。
a0236300_21010302.jpg
どの子が親なのか 年年 本数は増えており 昨年は7,8本 あったでしょうか。
あちらこちらで 膨らんでいく蕾がちらちら見えます。
が、この子の横の 少し開けた場所で 今にも咲きそうだった一本は 真ん中からぱくっと食べられて消えてしまいました。
はい いつもの 鹿め が犯人です。
これも何度も書きましたが 町花にもなっているササユリ 義姉などのいうには 昔はそこらじゅうにあったそうです。
鹿の食害で 激減というか絶滅寸前、というか。
今は めずらしいものに なってしまいました。

この狭い斜面 なんとか死守して もっと株を増やしたい、と思っています。
なお 手に届くところにあるものを 花が終わったら掘り出して 菜園の柵の中に移植しようと思います。
そうしておけば ここも絶滅 ということにはならないでしょうから。
菜園のすみっこの半日陰あたりでも 増えてくれたら うれしいのですが、どうなることでしょうか。

さて 話は別ですが この初夏の朝晩の冷たいこと。
最低気温 10度を下回るような日が続いています。
一度しまった毛布をひっぱりだして 夜は お風呂で温まって寝ています。
そんな六月 この30年数年 はじめてのこと。
昼はそこそこ暑くはなりますが 風は冷たい。
それに 梅雨入という発表があってから やっぱり雨の降ったのは当日だけで あとは晴天。
この先も雨の予報は出ていません。
というか 関西は天気図見ても 梅雨という感じはなかったのに どうして梅雨入りなんだろうと不思議でありました。
いわゆる 梅雨 という気候が 無くなっていくのかも しれませんね。

しとしと続く雨模様の 梅雨 を知っている世代が 減っていくのかもしれません。
気候だけでなくて ニンゲンの世界も どうも いろんなところで 変わり目 なのかなあと 感じるこの頃でありました。



#ササユリ 



[PR]
by fuko346 | 2017-06-10 21:17 | 山里便り | Comments(8)

柚子の花

梅雨入り だそうですね。
今日は まさにそんなお天気。
でも 明日も 明後日も 天気予報は晴れマーク。
季節関係なく 暑かったり 寒かったり 土砂ぶりの雨が降ったり 日照りだったり、もう そういうことになってしまったのでしょうか。

さて
昨年 柚子の苗木を買ってきました。
なにせ キンカンも枯れる 山里の冷え込み 大丈夫かなあと見守っておりましたが、どうも元気が無く、やっぱり無理なのかなあとあきらめかけてきた 初夏。
急に新芽がどんどん出て あおあお茂ってきました。
あら うれしや根付いたわ、と喜んでおりましたところ、、
a0236300_15002475.jpg
つやつやの葉っぱの先に ころんと 白いものが、
わ 蕾がついた!
なんてかわいいのでしょう。
a0236300_15013245.jpg
そして開花しました。
美しいこと。
鼻を近づけてみますと かすかに柚子の香りを含んだ あま~い香りが そこはかとなくします。
ふわ~ん しあわせ~。
柑橘類は みなだめになっているので その花をまじまじ見るのは 初めてです。

実がなるかしら、大きく育ってくれるかしら。
何年か先の 柚子ジャムを夢見てしまうのでした。


で 今日は曇っているし 涼しいので 菜園仕事 せっせせっせ。
今のうちに やっておかなくてはならないことが いっぱい なのに 柚子で喜んで こんなことを書いているのでした。



#柚子 花

[PR]
by fuko346 | 2017-06-08 15:08 | 山里便り | Comments(2)

アゲハの幼虫

山椒 毎年 収穫するのですが アゲハの幼虫を見つけたことがありません。
山椒 好きなはずなんだが、、、樹が茂りすぎて見つからないのかなあとか 思っておりました。
先日 柚子にちっちゃな子を見つけて 山椒に移したりしていたのですが、今回 初めて 山椒で発見。
虫画像の苦手な方は見ないでね、、、











a0236300_00032105.jpg
影になっていることもありますが 見事な保護色であります。
たまたま 切り落とした枝のすぐ手で持った所にいたので見つけましたが そうでなければ わかりませんね、これは。
a0236300_00050840.jpg
せっかくなので まじまじ 観察。
半透明の柔らかな足で うにゅうにゅ動くところが かあいいです。
けっこうすばやく動きます。
目にみえるとこが 動きに合わせて のびたり縮んだりするのも 面白い。

元気にちょうちょになって 羽ばたいてね~。
では さらば。
また 山椒の木に戻しました。



#山椒 #アゲハの幼虫



[PR]
by fuko346 | 2017-06-06 00:12 | 山里便り | Comments(4)