月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

せぶせ (背伏せ)

a0236300_21451435.jpg


背伏せ、です。

きものや襦袢、単衣ものの、背縫い部分を補強するための細長い布。
ごくごく ま~ったりと楽しい和裁をしていますが、今は単衣の長襦袢を縫っているので、必要になりました。

以前、半襦袢を作るために、さらし布を探して、あっちこっち回りました。
その折、若い店員さんに「さらし? さらし布ってなんですか」と数回聞かれて、へ?! となったことがあります。
晒って、もう死語なんでしょうか。

そんなことがあったので、背ぶせなんて置いてある店はこのあたりにあるだろうか、教えてもらったように、京都の大丸で買おうかしら。
まあ、試しに、と最寄のスーパーの手芸用品店に行ってみると、駅近くとはいえ、なんとなくうらぶれて、人も少ないその場所に、ぽつんと座っていたのは、かなりの年配のご婦人。

あれ、あるかも、と思います。
無くても「背ぶせってなんですか」とは言いますまい。

「背ぶせ ありますか」
「はい、ありますよ」
「おおー ありますか もしかしてって来てみたんです」
「そうですよね、おおってなりますよね、皆さん 驚かれますわ」
と笑い合う。
といっても置いてあるのは4色だけでしたが、私は白を使おうと思っていたので、すぐさま喜んで購入。

「なさっているのですね、がんばってくださいね」
「はい」
と、再び笑い合う。

あの年代でしたら、自分のきものは縫ったことがあるはずです。
あなたも、きもの、縫うのね、と喜んでいてくれていたような気がしました。

あ~、縫っているとはいえないような、お遊び満載の和裁ではありますが、針を持つことが苦、ではなくなっています。
襦袢もいつかは完成するでしょう。



さて、今日は、和裁のあとは、お笛の稽古
あとは 申し合わせ、で、本番です。

はじめは落ちついていられるのに、だんだん頭に血が登って来て どきどき。
で、指がもつれる。
ああ~~~~。

でも、本番ではなんとかなるような気がしてきました。

ただ、お師匠の顔が「この人、ダイジョウブかいな」と言っているような気がして、それが不安になりました。

素人ですもの、楽しまなくては。
申し合わせってどういうのかな、わくわく。

不肖の弟子は困ったもんです。
[PR]
# by fuko346 | 2011-10-18 22:12 | きもの | Comments(12)

松茸 

a0236300_223349100.jpg


うふっ。
ここ山里は松茸の産地でもあります。

といってもだんだん収穫は減っています。
以前は親戚のおじいさんが、松茸山に入ったので、時期になるとたんといただいたものですが、収穫が減るのと、おじいさんたちが亡くなるのとで、口に入ることはなくなっていました。
国産はとても買えるものではなく、外国産は買ってまで食べることのこともなく。
採りたての松茸のあの香りを知ってしまうと外国産には手が出ないのです。

贅沢に食べた記憶があるので、まあ、いいか、となっているのでした。

が、今日、やすく分けてもらえたから、と家人が持って帰ってきました。
安く、といっても私の家計からはとんでもないので、自分で買うことはありませんから「わ~~~い」と喜んで、夕餉は松茸尽くし。

松茸ごはん 松茸入り茶碗蒸し 松茸の焼いたの

しみじみ 食べるしあわせ。
ふぁ~。


松茸 数年後には栽培できるとかききましたが、そうなったら、今みたいにありがたくなくなってしまうのでしょうね。
でも、かえって自然のものは貴重になるのかな。
[PR]
# by fuko346 | 2011-10-16 22:50 | 山里便り | Comments(6)