月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

9月12日のきもの 夏大島

a0236300_2313994.jpg大阪、追手門学院へ藤田六郎兵衛さんのお笛を聞きに

きもの 夏大島
帯   楮布 九寸名古屋

単衣の時期ではあるけれど、今日は33℃の気温に湿度も高く、このきものを選びました。
が、やはり絹ものは暑かったです。
大阪は、こちらよりかなり暑いですね、知ってはいたけど、、、。
この気候ですと、まだ麻物でいいな、と思ったことでした。
きものの色目、帯の質感、小物の取り合わせで、初秋を感じられるようにしようと思ったことでした。
でも、秋っぽい色目の麻着物なんて持っていないなあ、はてな。少しおしゃれっぽい綿麻、とかがあったらいいのだけど。
今日は中秋の名月。
帯飾りは木彫りの うさぎに薄、です。


a0236300_2375456.jpg
絽ちりめんに秋草の刺繍半襟
先日のお友達のお笛の会に、と思って襦袢につけてあったので、使ってみました。

半襟が体感温度にそう影響するかしらと、いぶかっていましたが、どうも あなどれないようです。
麻の半襟ですごしてきた夏には感じなかった熱が首周りに、、。
ほんの少しの時期にしか使えないようです。
きものならではの贅沢でしょうか。

ともあれ、この時期のきもの、取り合わせに毎回 悩みそうです。
といって、暑苦しいのはいやなので、30℃越え、湿度も高い時は、夏物になるでしょうか。
早めの夕食をご一緒したお友達は、さらりと単衣をお召で、偉い!

帰り際、きものをお召の方とお話しながら大阪駅まで戻りました。
絹紅梅と思われるきものに、麻に鈴虫の刺繍の帯をお召で、素敵でした。
[PR]
# by fuko346 | 2011-09-12 23:19 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)

ムラサキシキブと百舌鳥

a0236300_13163010.jpg


ムラサキシキブが色づいています。
今日の山里は気温は高いですが、風があるのでしのぎやすい気候になっています。

昨日、この秋はじめての百舌鳥のさえずりを聞きました。
庭の草むらでは虫の音がさかんに聞こえ、田んぼからは、今が最盛期の稲刈り機のエンジン音が響いていいます。

いつもながらの初秋の音です。
いつもながら、が変わらずあることの恵みを思います。


あれこれしていたことから手を引き、能動的に動くことをしばし休んでから、見事にぱたっと、パソコンのメールも電話も、しん、となりを潜めてしまいました。
世の中の動きの外に、はみだしていまったような焦燥感がちょっとあったのですが、それにも少しずつ慣れ、家と畑と、ほとんどそこらにいて、しなくちゃ、というのは家事と野菜作りの他はお笛の稽古だけになりまし。
(時折、きもので出かけることがお楽しみ)
それでも、というより そう生きていけることが恩寵なのではないか、と、ここへきて想っています。
願う 穏やかさへ近づいてているのかしら、と、うれしくもあります。

おそらく 生きていくうえで 何をしていようと、この穏やかさが芯として、こころの奥にあることが、幸せ、というものなのかもしれない、と。

人の世の外界におびえることが少なくなってきました。
それがどういうことだったのか、も少しわかっていました。

でも、まだ旅の途中です。


先ほど、お笛の練習をしていて、あ、腹筋だ、と感じました。
明日は久しぶりに電車に乗っておでかけ。
大阪へお笛の講座にまいります。
ひさしぶりにお友達にも会うので 都会もお笛もおしゃべりも、楽しみ 楽しみ。
[PR]
# by fuko346 | 2011-09-11 13:38 | 山里便り | Comments(4)