月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

緑に満つ

a0236300_10143790.jpg
時折 美味しいものを食べましょうね、という料亭クラブの三人で、瓢亭別館へ。
本館は予約が取れず、まあ 一度行ってみましょうということで、こちらへ伺いました。
以前からこちらの 朝がゆ、ではなくて冬だけの 鶉かゆをいただきたいと思っていたのですが、それは来年に早くから予約を入れようと、気の早い話をしたのでした。




こちらのお昼のメニューは松花堂弁当のみ、です。
かの 瓢亭卵に うむうむ、なるほど、、、。
一番奥のお庭がきれいに眺められる席で、四方山話。

この前の道は、いろいろな想いを胸に何度も歩き、瓢亭も横目に見ていたので、別館とはいえ、その中でのどかに食事をしている自分が、なにか絵空事のような、不思議な気持ちがしました。

あの自分 この自分。
あのときの私、そのときの私。
まるで違う人のように感じてしまう、またはなっている、のを、それらをみな見ている自分がおかしがっています。

それはともかく、名店瓢亭の一端を味あわせていただきました、御馳走さまでした。

a0236300_1027070.jpg
きもの 草木染め紬 大高美由紀さん作
帯   ひなや   しゃれ袋帯

どれを一番、といってしまっては手持ちの品々に失礼だけど、このきものはやはり 一番 愛しい一枚です。
この作品は、きもの、と作者がほとんどだぶってみえ、その想いに、力を貸してもらえているような、そういう心持がします。












・一人言コーナー
長きにわたる訓練のせいで、うち倒れてはいませんが、おそらくかなりの重症の今、私を支えているものの一つです。
[PR]
# by fuko346 | 2012-02-20 10:34 | 今日のきもの 冬 | Comments(6)

春近し

a0236300_1093153.jpg


今年は雪が積もらずに終わるのかと思っていましたら、湿った春の雪が降りました。
昨夜の最低気温 マイナス4℃で そうたいしたことないなあと思っておりましたが、やはり積もった景色を見ても、春が近いなあという雪です。

空気がほわっと暖かくて、季節の移ろいを感じさせてくれます。

雪の におい、とでもいうようなものがあって、真冬に降るものと今では違うのですが、どこがどう違う、と言われても説明に困ります。


とはいっても陽が落ちると、道路がこのまま凍るので、自分で運転してのお出かけは取りやめです。
最寄駅までの山道は、なかなか怖いことになるのでした。

謡講、楽しみにしていたのですが、残念です。
[PR]
# by fuko346 | 2012-02-18 10:20 | 山里便り | Comments(0)