月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

むさしの

a0236300_19571380.jpg


両親の家の近所
公園にあるイチョウの大木から、落ち葉が散り敷いています。
試しに携帯から送ってみたしたが、大きすぎました。
このあたりはまだ 武蔵野の風情がところどころに残っています。

大雨の降ったという3日に父が仕事にでかけた新宿で階段から足を滑らせて足を折り家の近くの病院へ緊急搬送されました。
昨日、無事に手術が終わり、一息ついたところです。
母は家の中のことはことことできるのですが、外回りや社会的なことはみな父がしていたので一人では暮らせません。
父の足のめどがたったので、母がお世話になっていたケアマネさんと相談して、できる範囲の最上を選んでいきたいと思っています。

10年近く通続いた義父母の介護を経て送って、仕事も区切りをつけて、時間の余裕があるときで良かったなあ、まあ、そろそろ来るなあと感じていはいたので、さてさて第二弾だぞと、ふう、と息を吐くのでした。

こちらの時間が今までよりは長くなるでしょうが、介護にかかりきり、ではなく、東京の時間も楽しむようにしたいと思います。
[PR]
# by fuko346 | 2011-12-12 19:57 | おもいつれづれ | Comments(10)

山の上

a0236300_18104876.jpg


山里のさらに山の上。
ゴルフ場があってホテルがあって温泉があって。

池の様子がきれいでした。

三重県との県境、その昔、徳川家康が本能寺の変のおり、通って逃げた御斉峠の近くです。
このあたりでは一番標高が高く、風の通り道で私の好きな場所です。
ふらっと 行ってみました。
車で35分くらいでしょうか。



a0236300_18203273.jpg
ここ湖国の南の端っこは、京へも、奈良へも、三重にも 接している交通の要所、間道が通っていました。

いにしえから、たくさんの人がたくさんの想いで超えていった道が何本もあります。







明日からしばらく留守にいたします。
[PR]
# by fuko346 | 2011-12-03 18:24 | 山里便り | Comments(0)