月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

お駄賃、、か、、、

お茶関係で 柔らかもの それも夏の柔らかもの または袋帯の使用頻度が上がりそう。
その類は 普段 ほとんど織物を着る生活では 滅多と出番がなく 常の和ダンスとは別のところに仕舞ってあります。
よっこらしょ という作業をしないと出てこないので、はて 何があったっけ? という情けないことにもなっておりました。
なんとか 整理したいなあ 分かりやすくしたいなあ と 悩みに悩み 押し入れに入れられる キャスターつき、桐の帯箪笥を購入する決心をしました。
主に袋帯類 しゃれもので無い帯をここに収納して 空いたところに分かりやすく あれこれ しまおうというわけです。
a0236300_20310873.jpg
ネットで家具を買うなんて、、と 思いつつ、そこそこのものでいい、と あまり悩まずに決めました。
ほんとは 本格的なものが欲しいけど あと何年、、継いでくれる人もなし なので お手軽価格 です。
本日 到来。

お話はここからでありまして
夫の両親のあれやこれや とにかく一度は整理しましたが まだまだ半分は残っており、こちらの気力と体力の残っているうちに片づけたい、ので この地方では滅多と出ない乾燥注意報が出ていて さわやかな風の吹いているうちに できることをしようと 今日は 離れを開けはなってごそごそ。
お菓子の缶箱に 入っている古-くからの書類 郵便物を 一つずつ中を確かめながら 捨てていきます。
と、、、一つの封筒に ぴらぴらっと現金が。 あらま。
それも ちょうど この箪笥の値段とほぼ同じ。
ほう これは お駄賃って ことですかなあ、、、、。
まあ 偶然ではありますが ちょと 不思議でありまする。
今日の今日 でありますから。

後始末 ご苦労さん ってことでしょうか。
ということにして ありがたく使わせていただきましょう。



#桐箪笥 #帯箪笥


[PR]
# by fuko346 | 2017-06-04 20:54 | 山里便り | Comments(4)

強気の山椒

庭(敷地内)に そこそこ大きな山椒の木が4本。
一本は植えたものなのかどうかはわからず 以前からあったものですが、いつのまにやら あちこちに増えて、4本。
熟した身はそれなりに美味しいらしく 鳥が食べるのか 年々 さらに かってに生えて増えています。
新芽 鹿も食べませんしね。
で、それは皆 実山椒なのでした。
さて 収穫の時期が今年もやってきました。
a0236300_20030544.jpg
実のついた房の数はそう多くありませんが、 一房についている数が とても多いです。毎年 按配が違うのは何が影響しているのでしょうか。
a0236300_20043644.jpg
トゲ
うちの子たちは なかなか強気なのです 寄らば刺すぞ。
この枝は昨年のもの、かた~い です。
a0236300_20054531.jpg
実を採るためと巨大化防止のため、この時期に 丸坊主近くにしてしまうのですが 翌春、勢いよく新しい枝がどんどこ生えてきます。なんとなく優しげな色をしているこの春の枝、ですが この棘も強気、です。
こんなものははっきり見えるのでよけますが、それでもたまに あいたた、となり、実の付いた房の根元ににも、小さな棘は生えており それには 取り入れ中 しょっちゅう ちくちく 刺されてしまうのでした。
でも 食べられるものには貪欲に かまわず収穫。
a0236300_20092908.jpg
山椒の木 二本分 二時間かけて収穫した物 右。
左は 実の小枝をとったもの この小枝取りが 手間 です。
新鮮な山椒を料理に使える喜びをかみしめつつ 地味に 作業をするのでした。
昆布と炊いた佃煮を作った 余りは 冷凍保存、一年かけて ちびちび使います。

と 毎年の山椒仕事でした。



#山椒 収穫


[PR]
# by fuko346 | 2017-06-03 20:13 | 山里便り | Comments(0)