月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おでかけ ( 125 ) タグの人気記事

湯の峰温泉

あまりにも疲れて 心身が動かないので 温泉、、、静かで昔から自然に湧いているところ、、、と、和歌山の湯の峰温泉へ 行ってきました。

小栗判官 照手姫の伝説で有名な つぼ湯 のある温泉地です。
この つぼ湯 以前から入ってみたかったのでした。

b>00_11244133.jpg


熊野本宮大社にお参りし、今回は 大斎原へも行くことができました。
熊野は何度も訪れているのですが、大斎原はいつも素通りで あの場所に立ちたいと願っていたのでした。
大洪水で流されるまで 古の熊野大社が立っていた 中洲、です。
寒い日の夕方、とあって さしもの世界遺産も閑散としており、十分に神の気、を感じることができました。
大斎原の中は 恐れ多いので写真は なし、です。

a0236300_11334143.jpg

湯の峰は小さな温泉地、この川のあちこちから自然に湧いています。
四世紀ころに発見されたとか、熊野詣において湯垢離場として栄えたようです。
手前は熱湯が湧いていて 卵や野菜を茹でることができます。右の川岸には湯の峰神社があり、奥に 世界遺産でもある つぼ湯が見えています。
とまりは 温泉民宿 湯の谷荘。かけ流しの湯に ほわほわと疲れが流れていきました。
温泉地の民宿ってどんなかしら、とちょっと心配でしたが いやいや満足でございます。
三日くらい いたかったなあ。

憧れの つぼ湯も 堪能しました。
河底に自然にできた岩穴の底から ずんずんお湯が湧いているのでありました。
湯の峰 いいお湯 いい温泉地です。いいお湯のほかは 何もありません。

a0236300_11442213.jpg

熊野灘に出て 帰る途中 看板を見つけて あ 瀧原宮 がある、とお参りしました。
お伊勢さんの別宮、こちらの神の気が満ちています。
遷宮は 来年、だそうです。

熊野は神の地。たくさんの神さんがおわします。
古の人々が 蟻の熊野詣と 訪れた霊地、熊野古道が世界遺産になって 現在も訪れる人が増えている模様。 蘇りの地は いつの世でも 人のこころに染みいるようです。
しかし 熊野古道 複雑に入り組んでいて どこをどう歩いたらいいのやら、でも、歩いてみたいなあ、堪能するまで 歩いてみたいなあ。

a0236300_1151973.jpg

うれしいことに お約束の美味しいお蕎麦屋さんも 見つけることができました。
満足 満足。


*一番上の写真 内部ではなくて大鳥居なんですが なぜかアップされません???
はてな~。
[PR]
by fuko346 | 2014-01-22 11:53 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

厳島観月能 

いつか行きたいと思っていた 観月能へ行くことができました。

a0236300_21563633.jpg

宮島口からのフェリーに乗り 見えてくるこの景色。
訪れるのは二度目ですが、やはり 美しい。
早めに到着したので あちこち見学。
a0236300_21573717.jpg

日が落ちかけて、、潮も満ちはじめ 期待が膨らみます。
a0236300_21594866.jpg

席について 月に群雲。
a0236300_221820.jpg

能舞台の回りにも 水が静かに満ちて行き、それに従って これから始まるものへの期待も増して 胸が高鳴ります。
ここまでの景色だけで十分 美しいのです。
ここを作った清盛さんは、この美しさを求めていたのでしょうか。
どう 見たのでしょうか。

10月16日 第17回 友枝昭世厳島観月能 厳島神社能舞台 6時45分~

・仕舞
 「実盛 キリ」出雲康雅
 「三輪」粟谷明生
 「熊坂」友枝雄人
  地頭:長島茂
・能「経政 鳥手」
 シテ:友枝昭世
 ワキ:森常好
 笛:杉市和 小鼓:横山晴明 大鼓:亀井広忠

夢に漂ったような、それでいてかすかな緊張を含んだ時間は あっと言う間に ほんとに飛ぶように過ぎました。
友枝さんの 経政 はまだういういしい、という表現をしたいような美しい青年に見えました。
烏手、という小書は 笛が 琵琶の音を奏でます、その音に呼ばれてふうと漂い出てきてしまった幽の者。
その戸惑いまでが 感じられるようで。
たぷり たぷりと波の音。
その波の動きにつれて ゆらめく光。その光が面に映えて 見えている世界そのものが揺らいでいるようです。
今 ここにしか現れない世界、を見せていただきました。

a0236300_22124645.jpg

終演後 あっという間に観客も引き、静かに浮かぶ能舞台。
夢のあと。








現実に戻って。
この日は ゲストハウス菊川 へ 一泊。
a0236300_22153256.jpg

能の終わるまで待ってもらって 美味しい食事をいただきました。
貝類は得意ではないのですが、はじめて 牡蠣を美味しいと感じました。
もちろん 他のお料理も。まだ続く興奮を胸に就寝。
翌日も あちこちたくさん歩いて 宮島を堪能。

着いた日には お能の前に身を清めるのもいいいのでは、と温泉にも。
錦水館へ立ち寄り湯。 独り占めで楽しみました。
・含弱放射線-ナトリウム-塩化物冷鉱泉

先日の白木峰も美しい時間でしたが、それとは又違う 美しい時間を味あわせてもらいました。
こちらに何年か前から通っている お能友達に お世話になって、、、
ご縁をいただいて ありがたいことでした。
[PR]
by fuko346 | 2013-10-17 22:27 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(16)

野村 萬斎さんの  ボレロ

a0236300_19294935.jpg

びわ湖ホール開館 15周年記念コンサート
で、萬斉さんの ボレロが上演されると知り 行ってきました。

不思議な舞台。
あの 翁の三番叟 鈴の音と たん た たん という小鼓の音が 聞こえてきてしかたがありません。
むろん こちらはオーケストラのボレロ。 そんなはずはないのですが 重なって仕方がありません。
萬斉さんは 狂言の形から はずれてはおらず、なのに ボレロを舞っている。
おもしろいなあ 美しいなあ いい男だなあ。
引き込まれました。

最後 ぱっと消えて この世のものならず の ものは どこへいったのでしょうか。

そのあと
モーツァルト:ピアノと管弦楽のためのrロンド 二長調k.382
ストラヴィンスキー ;火の鳥
指揮 沼尻 竜典 
    日本センチェリー交響楽団


a0236300_19421679.jpg

叶 匠壽庵さんのお茶席が出ていたので 琵琶湖を望んで一服。
びわ湖ホールからの景色は 超一流。
今日はお天気もよく、空気も澄んで 見晴らしもよく いい気持ち。

栗のきんとんも美味しかったのでありました。

ほんの短い時間だけど 常を離れて どこか地上数メートル浮いて どこか違う場所にいたような。
[PR]
by fuko346 | 2013-10-12 19:47 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(6)

小町に呼ばれて

台風が来る前 その後の嵐もしらず のんきに出かけて行きました。
台風が来るから その進行方向を避けて 北西かな、、、と丹後の温泉を目指して。
その途中 京都の北で お蕎麦屋さんの看板を見つけました、 あら なんとなく美味しい感じがする と道を逸れて 細い道をどんどんいくと ありました。
a0236300_2153893.jpg

まつばら
京都の奥座敷 越畑 という小さな美しい集落の お蕎麦屋さん。
ぴん、ときたカン は当たっていて 美味しかったです。

あれ、ここは いつか行ってみたかった 柚子の里 水ノ尾 の近くではないか、行ってみようと さらに山道を京都市内方面へと下っていきます。
ここは 愛宕山の 嵯峨野とは 反対側の登山口にあたり ずんずん行くと 嵐山 なのでした。
(翌日 あんな水害になるなんて!)

ここまで来てしまったら もう京都市内を抜けて 帰ろうということになりました。
市内はいつも ぽくぽく ぽくぽく 歩いているので そこを車で行くのは新鮮です。

と、はっと気がつきました。
帰り道に山科 通る、ということは 小野へ 行って頂戴。
随心院へ 近々行こうと思っていたのです。

ただいま 大鼓(おおつづみ)の会に向けて 猛練習中。
でも なかなか上手くかず どうしましょう!! と泣きごとを言いましたら お仲間に お能の曲にゆかりの場所に行ってみるのはどう?と勧めてもらったのです。

私の曲は 「草紙洗小町」なので 小野小町ゆかりの 随心院へ行こうと ネットで調べたところだったのです。
a0236300_2118076.jpg

降りだした雨に 屋根からのしずくが落ちて 本堂の軒下の苔に きれいに並んで穴があいています。
雨粒が落ちる度に 透明な飛沫が砕けます。

落ちついた立派な 門跡寺院でした。
小町 ゆかりの品も拝見して 緊張し過ぎて わらわらしていた 心が すっと落ちついたような。
小町さん 力を 貸して 頂戴ね。
この時に行かなければ もう 時間が取れずに 会までに 行けなかったかもしれません。
弱気な私に小町さんが呼んでくれたのかしら。

a0236300_21203145.jpg

こんな きれいな お香もいただいてきました。

うん、きっと上手く行くぞ。

会は9月28日(土)11時より 京都観世能楽堂で催されます。
よろしければおいでくださいませ。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-18 21:27 | おでかけ | Comments(8)

え 当たったの!?

a0236300_22391598.jpg


何かしら、といぶかる郵パックが届き
ん?
え?
もしかして
もう、応募したことすら忘れていたのに。

一泊二食付き 二名様 宿泊券 抽選で当たったようです。

きゃ うれしや~
一年間 有効。

いつ行こうかなあ。
志摩観光ホテル 一度 泊まってみたかったのです。


しかし くじ運の悪い私。
何か当たる という目出たいことは ほぼ経験が無く、かなり驚いています。
そうかあ 当たることにもあるんですね。

ありがとうございま~~~す。
[PR]
by fuko346 | 2013-08-31 22:53 | おもいつれづれ | Comments(12)

大鹿村 大池高原キャンプ場

しばらく帰ってきていた子を 送りがてら 温泉でも。
いや 温泉旅館疲れしているな。
じゃ いつもの新潟の山小屋へ 
いや あそこは標高がそう高くないから暑いな。
じゃ 涼しそうなキャンプ場へ。
ということでこちら。
a0236300_2132266.jpg

大池高原キャンプ場 長野県下伊那郡大鹿村大池高原内

お盆の最盛期に空いているだけあって静かでいい場所、でした。
そういうところが好きな人達が 他に少々。
標高1500 あるのですが まあまあ涼しいな と言う程度。下が暑すぎますね。
何をするということもなく 火を見つめています。

a0236300_21364272.jpg

翌日は こちらの温泉を浴びに。
小渋温泉 赤石荘の露天風呂。塩化物炭酸水素塩冷鉱泉 
長野県下伊那郡大鹿村大河原1972
ふぁあ あああ 気持ちいいなあ。

ここらは 南アルプスの登山口です。

子を岡谷でおろし 行きと同じ道をはつまらいない、と松本から野麦峠を越え 高山に出て、帰りました。野麦あたりは夕方のせいもあるのか 冷涼な風が吹き渡り、暑さに弱った身体がいっとき 生き返りました。

大鹿村に初めていったのは もうだいぶ昔ですが、寒村 というイメージ。
今回 あれ 賑っている、、、こぎれいになってる。
あの 映画のせいかな、秘湯ブームかな、それともゼロ磁場効果かな。

山村がさびれていくのは見なれていても、盛り返していくのは珍しいこと。
いいなあ 大鹿村。

お盆休みが始まって 観光地や有名な場所 便利できれいなキャン場は 大賑わいなんでしょうが、私達の二日間は 人気の少ない場所ばかり。渋滞にもつかまらず のどかな時間を楽しみました。

さてと、今日からこのあたりは盆の入り。
昼にお寺にお迎えに。
盆提灯を灯して、15日まで行事が続きます。
[PR]
by fuko346 | 2013-08-12 21:54 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

そうだ お伊勢さんに 行こう

 昨日 今夏 初のツクツクボーシが鳴きました。
以前は この声は夏の終わりを感じさせたものですが、予報によると 暑い日が続くとか。
暦では秋が立ち、山里では曇りがちで、アキアカネも田んぼの上に飛び交って、晩夏の風情が感じられるのですが、、、予報は35℃です。
ここしばらくは 夏は とにかく生き延びるのが目標です。

7日は 墓参りという行事があって 以前はそりゃ大変なことでしたが、今は来客も減り、午後の時間が空いたので それっとお伊勢さんへ行ってみました。
(ほんとは ぐったりしていて 行きたくなかったけど おいてけぼりはいやなのでついていく私)
a0236300_11164240.jpg

遷宮 なんと清々しい白木のお社。
今、行っていてよかったなあ としみじみ思いました。
神さまはまだ旧社においでで、新 旧 並んでいるところが見られるのは そう長い期間ではありません。

a0236300_11204976.jpg

出ました 夏のお伊勢さんには欠かせない 赤福氷。
もう店じまい近かったので 並ばずに。

a0236300_1123579.jpg

行きは新名神から伊勢道をびゅ=っと(伊勢が近くなりました)が、帰りは関で高速を降りて旧東海道を行きます。
お目当ては関宿近くのこの うなぎの初音
ここは休日は昼も夜も行列で入れないので、もしや平日だから入れるのでは、と寄ってみたのでした。
ウナギが切れました、の店じまい近くに 入店できて 美味しい鰻。
鈴鹿峠を越えるとき 昔 ここを斎宮の行列が 通っていったのだなあ、と。
歴代の斎宮さんや つき従う女官たちは 何を思ったのかなあ、とか。

新名神ができて すっかりさびれた鈴鹿峠越え、を走りながら思ったことでした。
[PR]
by fuko346 | 2013-08-08 11:29 | おでかけ | Comments(16)

栗駒山と源泉の宿 東北への旅 (温泉覚書その2)

7月16日
山形へ南下する途中、かの有名な鳴子温泉へ寄ってみましたが、、、
a0236300_13281882.jpg

鳴子温泉 下地獄足湯 右上方に源泉のもくもく、、、が見えます。
宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷
お湯:含硫黄-含食塩-芒硝泉(含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉)
ここも源泉が何本かあり、ほんまもんの温泉地。立ち寄り入浴するつもりできたのですが、なにせ宿では三回、立ち寄りにも入って 少々 温泉疲れ。足湯で鳴子の湯を楽しませていただきました。
無料の 温泉卵作り釜、もあります。

泊まりは
銀山温泉 古勢起屋別館 山形県尾花沢市銀山温泉417
a0236300_13393631.jpg

銀山は この建築群が見事、です、ガス灯が灯った風景は ここにしか 無いものです。
細い川の両側に十数件の建物がならぶ 思っていたより小じんまりした温泉でしたが、思っていたより、美しい眺めでした。
お湯:ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)
建築当時の風情を残そうとしている努力が報われていると思います。川底から湧いていた湯をそのまま湯船へ引き込む都合で 湯殿は半地下。ステングラスがきれいで、その時代を感じました。
立ち寄りでも十分ですが、夜景はぜひ ご覧になっていただきたいです。

17日
泡の湯温泉 三好荘 山形県西置賜郡小国町大字小玉川.  
お湯:含炭酸鉄芒硝食塩壱泉、含鉄炭酸石膏食塩泉
日本秘湯の会 会員

これぞ 山の湯!
飯豊連峰への登山口にあります。学生のときに登りにきたのですが この温泉の記憶はまったく無し。
そんな余裕はなかったなあ、あの頃は。
38℃という温度が気持ちよい湯でした。

この旅でうれしかったのは 食事に イワナ 鮎 がどの宿でも供されたことで、イワナの刺身、も二度ほど。
私、鮎 イワナ 大好きなんです。まあ 山の中ばっかり選んで行った、ということでもあります。
そして どの宿もそれぞれの特徴を大事に、食は地元のものを あ、そうそう 山菜もすごく美味しかったのでした、素直にいじりすぎずすに出してくれて うれしかったのでした。
対応も食とおなじで 素朴、という手垢のついた言葉ではなく、べたつきのない 暖かさ、でした。

最後の立ち寄りはこちら。
五頭温泉郷 出湯温泉 外湯 華報寺共同浴場
お湯:単純泉低張緩和性鉱泉
お寺の境内にあります。お寺の、、、
初日に行った 環翠楼でもらった五頭温泉郷のパンフレットに出ていたので興味深く 立ち寄り。
ぐるり、一めぐりしたことになります。

どの温泉地のお湯も 良かったです、たゆたゆ シアワセでございます。
でも、これだけ連日 違うお湯に入ると そのうち なにがなんだか よくわからなくなってくる、というのが正直なところでしょうか。
最後など カメラを出すのも忘れてしまいました。

東北 また行きたいいいい  素晴らしいお湯が まだまだ一杯です。

栗駒山 登山編へ続く、、、、
[PR]
by fuko346 | 2013-07-22 14:24 | 山と温泉と旅 | Comments(7)

栗駒山と源泉の宿 東北への旅 (温泉覚書その1)

梅雨も明けない東北へ 栗駒山登山と 源泉の宿をめぐりつつ、、
ずらっと傘マークの「並ぶ 東北地方の天気予報を横目で見て、北陸自動車道へ突っ込みます。

・7月13日(土) 曇り ときどき 土砂降り
新潟県阿賀野市 五頭温泉郷 村杉温泉環翠楼
a0236300_23403216.jpg

広い敷地に 明治 大正 昭和の建物がぽつぽつと森の中に 見え隠れする趣のある宿でした。
泊まったのは 大正の間、素敵な建築の角部屋、とても落ちつきます。
a0236300_23445027.jpg

御料理が ちょっと驚くくらい 美味しかったのでした。

お湯:単純放射能温泉 ラジウムの含有量が国内有数とか
さらさらとやさしいお湯で 身体が溶けていくような感じ。

隠れた名旅館、って感じがしました。
旅の一日目としては、大正解。

・14日 ほぼ雨 夜は一晩中じゃじゃ降り
a0236300_21495757.jpg

須川温泉野営場 岩手県一関市厳美町祭畤山国有林内
須川温泉の駐車場すぐ。なので須川温泉へ入りました。
お湯:強酸性みょうばん泉
a0236300_2232027.jpg

源泉です、うわうわうわ、、、どんぶらどんぶら 引湯している分より川となって流れていってしまっている量の方が多いのです。
14日には露天風呂 16日には栗駒山を下りてきてから 内湯の千人湯へ 入りました。
白緑の美しい色、硫黄臭の強いお湯、はい 極楽湯でございます。

15日は栗駒山登山日だったのですが 雨で中止。
うろうろとして 泥湯へ立ち寄り湯。 秋田県湯沢市高松字泥湯沢25
a0236300_22165374.jpg

ううむ 東北にはこういう湯治温泉が残っていたのだな、と感慨しきり。
a0236300_22185461.jpg

この風情 そうあるもんじゃありません。
小椋旅館の内湯をいただきました。
お湯:酸性単純温泉 低張性酸性高温泉
灰茶色 とでもいう色、硫黄臭 そしてとにかく熱い! 水をホースでどんどん入れても熱い!
源泉はすぐ横の河原毛地獄から どばどばと。 そこらじゅうに湯気が出ている ほんまもんの温泉地です。
ここもいいです。

ここだけではなく栗駒山麓には源泉 ざんぶの温泉がそこらじゅうにあって あ ここも そこも入りたいのですが、身が持ちませんのであきらめました。

15日 栗駒山荘 秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林
a0236300_2231424.jpg

三階 客室からの眺め イワツバメが飛び交っています。
お湯:強酸性のみょうばん緑ばん泉 
露天風呂からの眺めもお湯も素晴らしいのでした、御食事美味しかったのでした。
お勧めなのでサイト紹介

大満足でありました。

温泉編その2へ続く、、、
[PR]
by fuko346 | 2013-07-21 23:25 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

インカ帝国展 「マチュピチュ発見100年」

a0236300_2201714.jpg

京都文化博物館で 23日まで

友人に招待券をいただいていて、元々興味があったこともあり、きものつながりのお友達とありがたく見に行ってきました。
実際に見る、というのはやはりまったく違うものだとの印象を、大きく感じました。
な~んとなくマチュピチュやインカの宝物や衣装や、はTVで見たり 本で読んだりしています。
でも この目でまじまじ見てみたら ぐ~んと 近しくなったような気がしました。
どことなくユーモラスな印象を受ける陶器や衣装のデザイン。でも精密 かつおおらかで美しい。
こういうものを作る人達とは お友達になれそう、という感じを持ったのは初めてかもしれません。

先日 TVでマチュピチュを取り上げていて 遺跡はどうも広範囲にたくさんあるようで、発掘中、とのこと。
今まで考えられている以上に インカとは大きく豊かな国だったのではないでしょうか。

しかし スペイン人が行ってむちゃくちゃしてしまったのは、これはもう歴史といってしまえばそれまでですが 残念です。

期待していなかったのですが、ミイラが何体が展示してあって、見た途端、以前読んだ インカの飛脚を主人公にした小説を 突然 思いだしました。

深い興味を覚える文化と人たち、そして今いる末裔たちのこと たくさん知りたいなあと思ったことでした。

この日の続きはまた別項で。
[PR]
by fuko346 | 2013-06-19 22:12 | 展覧会 | Comments(0)