月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おでかけ ( 125 ) タグの人気記事

中の湯温泉旅館




東京へ行く途中の寄り道 です。
a0236300_12444050.jpg
高山の町を少し外れたところのお蕎麦屋さん 大変おいしかったです。
a0236300_12461568.jpg
宿に入るには早かったので 以前から入りたかった 水明館 佳留萱山荘へ。
ここは有名なので 混雑必至なのですが 大雪だといわれている今日、人も少ないのではと行ってみれば 独占、でした。向こう側に混浴の大露天風呂があります。すばらしい の一言です。
a0236300_12513417.jpg
本日のメイン 泊りは 中の湯温泉旅館
長野県松本市安曇4467
単純硫黄泉 かけ流し
上高地への入り口 釜トンネルの近くにあります。以前は 川の下にあって 露天風呂が道から丸見え、でした。
移転してすっかりきれいになっていますが、もともとは山の宿だった雰囲気が建物にも人にも残っていて 心地よい宿です。
ここもむか~しから 来たかった場所、です。
お湯も食事も申し分なく オフシーズンなので人も少なく 静かで大満足でした。
そうそう 朝 露天風呂へのドアを開けると リスと目が合いました。端のほうにエサ台が設けられており 小鳥たちやリスが食事に来ているのです。
鳥見 リス見の露天風呂は 初めて うれしくなりました。(ただ気を付けませんと ロビーから見えてしまいます、塀の内側にいましょう)
a0236300_12583311.jpg
晴れていたら どんなにきれいでしょう。
四季を通して 訪れたい宿 ですね。
ここから焼岳への登山道が通じているので 今度はそれを目的に来たいなあと思ったことでした。
a0236300_13000776.jpg
素晴らしいのが もう一つ。
中の湯所有の 卜伝の湯
崖をくりぬいた形になっており いいお湯がかけ流しに。
素晴らしい~~~~。
上高地にハイカーがどっさり訪れる時期を少しはずして 訪れれば 素晴らしい(何度もいいますが)時間を味わうことができるでしょう。
どっさりと積もった雪を見ながらのドライブ(今回は家人運転の四駆)も とても気持ちよくて 素晴らしい(しつこい) 旅 でした。





[PR]
by fuko346 | 2017-02-15 13:14 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

茶碗の中の宇宙 と 東海道

茶碗の中の宇宙 と題して 京都国立近代美術館で 楽家の作品を一堂に展示していることは知っており、いきたくはあったのでですが時間がとれず もうあきらめかけていたときにチケットをいただきました。これは 行きなさい、ということであろと会期終了間近 えいっと この頃 どんどん遠くなる京都へでかけてきました。
a0236300_10325746.jpg
東山三条の駅に降りるなら お昼はこちら。

空いていると聞いていましたが さすがにもう今週末なでなので けっこうな人が来ていて 私はここで ゆっくりと並んで見る、という気力が失せてしまい、、、
ざっくりと拝見してきました。
楽家のお茶碗が 初代から当代まで 一同に拝見できるのは 滅多にないことなので 見応えがありました。
特に初代の長次郎さんの作品がやはり素晴らしくて いってしまえば ただの土くれのようなものをここまでのものにする、ということが 偉大だ、とそれを指示した利休という人が さらにすごい、と 恐れ入るのでありました。
ふと なぜ利休さんが秀吉さんに切腹命じられたのか その一端を垣間見たように感じました。
古い時代のお茶碗をじっと見ていると かすかに低い声で ぶつぶつ ぶつぶつ たくさんの人の声が聞こえるような気がして、ちょっと怖くなりました。
その声は 時代が新しくなるにつれて 変わっていき そのうち 私 私 という作った人だけの声を感じるようになりました。

お茶碗の拝見というのは やはりそれで茶をのみ 手で感じるもの、という気持ちが強く、できれば 楽美術館の茶会へ 一度は行ってみたいもの、と思ったのでした。
そしていつもの妄想ですが、一つだけあげます、といわれたら  長次郎さんの 本覚坊、です。

さて、、、
a0236300_10530410.jpg
身体がすっかりなまっているので 今日は少し歩こうと 岡崎から歩きだし、行けるとこまでとどんどんいくと こんな標識が。
東海道が 残っているのです。
いつもは車 電車で びゅっと通る道 このあたりはどうなっているのかなあ、と気になっていたのですが、やはり歴史は残っていました。
三条から大津へ出る峠道、かなりの坂で 昔は森だったにちがいなく、旅人たちは何を思ったのか、胸にひしひしときます。
ということで 面白く歩いて 山科駅まで 行ってしまいました。
ああ、楽しかった。








[PR]
by fuko346 | 2017-02-09 11:00 | 展覧会 | Comments(0)

湯の峰温泉 あづまや

湯治は今すぐ無理としても とりあえず いいお湯に浸かりたい、、、、
あのお湯、、、
数年前に 心身ともに疲れきって ふらふらだったときに行って 助けてもらったあの湯の峰温泉を思い出します。
家人は一度行った温泉地は行きたがらないのですが お願いして行ってきました。
a0236300_13432142.jpg

真っ白けだった山里から 二時間強 高速道路のおかげで 熊野の海へしゃっと着きました。
なんだ この暖かさと 明るさは 山里と違いすぎます、、、。
一足先に 春の日差しを味わうことがでいました、冷たくない空気を深呼吸。
a0236300_13452915.jpg

新宮あたりを走っていると、国道から 立派な石垣が見えたので行ってみましたら、、、
新宮城(丹鶴城・沖見城)
実に美しい石垣が残っています、見晴らしも良く、案内板などを読んでみますと 賑わっていた往時をしのぶことができます。
お城に詳しくはないのですが 今までみた石垣と様子が変わっていて とても面白く見学しました。
a0236300_13524269.jpg

旅館 あづまや
和歌山県田辺市本宮町湯峯122
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 かけ流し
以前来た時に 趣のある旅館があるなあ 泊まってみたいなあと 思っていたのでした。
a0236300_13564212.jpg

二階の部屋から。
源泉がもくもくちているのが左端に そのちょっと上が有名な 壺湯 です。公衆浴場 観音さんも見えます。
ここは湯の峰の中心 といっても狭い谷筋に なんとか建てました という宿が並んでいます。
源泉は90度以上あり それが川に流れているので あのゆで卵臭が ほんわか漂っています。
こちらは 男女別大浴場 露天風呂 家族風呂2、蒸し風呂、さまし湯、と湯船がたくさんあって、温泉 堪能できます。
4回入浴 全制覇。
もろもろを流し去ろうと 入り過ぎたかも しれません。
a0236300_1414962.jpg

お料理第一段。
このあと 焼き物やら鍋やら 暖かい第二段が登場します。
美味しくいただきました。
難点は 古い日本家屋ゆえ 寒いこと。 私は空いているのがうれしく。寒いのに弱いかたは、冬場はやめておいたほうがいいかもしれません。

今回の立ち寄りは、、、
a0236300_14154542.jpg

ゆりの山温泉
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河8
アルカリ性単純温泉
ほんのりゆで卵臭 ぬるめのお湯 源泉かけながし。
私の好きな温泉です。
ここは湯の川温泉、といいまして あと旅館が一つ 日帰り施設が一つ あります。

和歌山は湯の国 でもあるのでした。

行きは海沿いを来たので 帰りは 山沿いを 高速道路がないので えんえんと帰りました。
標高が上がるにつけて 雪げしき おりしも けっこうな雪降りになって、少し焦りましたが、積もる前に 山道から抜けることができてほっとしました。
ちょっと道は怖いけど 景色は抜群。この時期に走ったのは 初めてなので なかなか趣深いドライブ でした。



[PR]
by fuko346 | 2017-01-25 14:27 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

天王山 ハイキング

a0236300_22562985.jpg

はい 山崎合戦の場 天王山へ 登ってきました。
登ったとしっても こういう山らしい道もちょこっとはありますが、ほんの軽いハイキング、です。 
古寺 古社 史跡等が点在し 見学しながらの 興のある道 です。
ずっと気になっていたので 今回お友達がご一緒してくださって 実現し うれしい うれしい。
a0236300_2302688.jpg

展望台には 合戦の陣立て 図 があり そのときを想像することになります。
うらうらと暖かい秋の陽に 佇みながら ここで たくさんの人の命が失われたのだなあ、歴史が動いたのだなあなどと ぼんやり 考えます。
a0236300_2325696.jpg

山頂は木が茂っていて 展望は ありません。
かろうじて 城があった、という地形と井戸のあと。
これはなにって チーズと冷やして持ってきたスパークリングワイン。

はあ 極楽じゃ。
JRの駅から ちょいと歩いただけ 新幹線やら東海道の電車の音も聞こえるけど 山は山。
枯葉のいいにおいに包まれて。
しばし 戦国のことは 忘れます。
a0236300_2392912.jpg


時間はたっぷりあるので 降りて行った先にある 大山崎山荘美術館へ。
a0236300_23101454.jpg

息を呑むような紅葉に 行きあたりまいた。
ここは 桜のとき 水連が咲いていた時に来たことがありますが こんなにモミジがたくさん植わっていることに気が付きませんでした。
そう、と見上げれば モミジだらけ、であったのです。
紅葉狩りの予定ではなかったのですが  人生何度目かの 鮮やかな 赤、を見せてもらいました。
この日は 特別展はしておらず 所蔵品のみでしたが 趣味のいい品物を見て この屋敷を見て 庭を見て 大満足でありました。

歩くは 楽し。



[PR]
by fuko346 | 2016-11-18 23:15 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

第68回 正倉院展

a0236300_1555814.jpg

今年のポスターです。
平日の5時直前が 一番 空いている時間なのではないか、と家人の車でぴゅーっと行ってきました。
はい ゆっくりと拝見できました。

今年の目玉はこの瓶 なのかもしれませんが、いえいえ 例年どうり ほほ~~~~っとため息のでる宝物がたくさん、でした。

記憶に残ったところを並べてみると
・大幡残欠 色といい 布といい 組み紐といい その大きさといい 大仏殿での法要を想像させるに十分でした。
その場にいられたのは ほんの限られた人間でしょうが、その人たちの 高揚感が伝わってくるようです。
・二彩の器 三彩より もしかしてきれいかも、、、形が少し歪んでいるのも味があって 欲しくなりました。
・きちきち きちきち書かれた書類たち。
どんなお役人さんが 書いたのかなあ。当時は超エリートのはず、もしかして渡来人、、、なんて想像します。
署名のあるものもあるのです。天平の時代に生きていた人が ぐぐと身近になります。

一番は やっぱり布類で 羅のきょうけちの小さな袋がありまして、そのきれいなこと。
この贅沢品の持ち主は やはり 聖武天皇か それとも、、、
女性の持ち物のような気がするので 天皇の覚えめでたい采女なんぞに 与えられたものか、とか、もう、妄想は膨らむのでした。

で 最後に これらが 美しく残っていて そして私たちが見られる、ということの不思議というか 残した人たちの執念というか、を 思うのでした。
国の宝 ですなあ。



[PR]
by fuko346 | 2016-11-08 16:12 | 展覧会 | Comments(2)

はるのひかり 

箱根湯本にある 養生館 はるのひかり へ 一泊して帰宅しました。
a0236300_15173971.jpg

四階の一人部屋 です。
一人部屋が用意されているだけでも うれしくなります。
ごらんのように 今風のシンプルな作り。
落ち着きます。
以前は それなりの和風旅館だったものを改築して 時代に合ったものに作りかえられています、成功しているのではないでしょうか。
お宿のおススメのように連泊したいですねえ、そんな機会がくるかしら。
ただ ここは好き嫌いがはっきりと分かれるように感じます。
私のように いいお湯がかけながし、であること 静かなこと、あれこれ必要最低限が好き、いわゆる旅館の御馳走が嫌いな人、いかにも、の仲居さんが苦手な人 には 良いお宿です。
といって 私の泊まるとこは みんなそうかも、、、。
箱根湯本 養生館 はるのひかり
神奈川県足柄下郡箱根町湯本554
泉質 ナトリウム.カルシウム‐塩化物.硫酸塩 温泉 かけ流し 

さて今回 行きも帰りも温泉とはなんぞや。
はい はこピタ というかなりお得なクーポン券を譲ってもらったから、なのです。
期限は11月末まで、となれば行くしかない、と このお宿も紹介してもらったのでした。
そして以前から懸案だった 一人で運転して新東名 新名神を通る、という大冒険を決行したのでした。
いつもの中央高速は馴染みがあって 一人でも慣れているのですが 知らないとこを運転するのは怖気ずいていたのすが この機会に やってみよ と思ったのでした。
土地勘のないところは さっぱりわけがわからなくなる 地図の読めない女なので自信がなかったのでした。
今回は東京の家を出てから まったく一人で運転したことのないところばかり通ってきたので 緊張して疲れましたが 面白くもありました。

少し大人になったかな。



[PR]
by fuko346 | 2016-10-28 15:38 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

外神田あたり

a0236300_911099.jpg

神田明神さんは夜でもお参りの人が絶えません。
a0236300_93085.jpg

この目線で失礼します。
日がいいのか 結婚式が 次々 おこなれていました。

神田 湯島 上野 秋葉原 あたりをお散歩。
a0236300_953473.jpg

夜は通りがかりの 近くの 焼き鳥屋さん。
a0236300_963726.jpg

昼も 通りがかりの カフェ。
お蕎麦屋さんは 日曜日 軒並みお休み。
今度は土曜日に来なくては。

父は白山下あたりで生まれ 私は千駄木で生まれました。三歳までなので記憶はほぼありませんが。
世田谷に引っ越しても このあたりで仕事をしていたのか よく神田小鍛冶のシュークリームをおみやに買ってきてくれました。
調べてみたら まだ 神田駅前にお店があるようなので 次回 行ってみようと思います。

千駄木にいたころ 両親は私を連れて この界隈を散歩したらしいのですが、そこに子が住むようになって、また二人で散歩しているのは 不思議な気持ちがします。
だいぶ 認知症の進んだ父は 神田の話をすると 聞いたことのない神田の歌を楽しそうに歌いだしたりするのでした。
ともすると 端唄やどどいつや 謡などが口から出てきた父は 子供のころから 遊び人だったようで 家族はたいへん 困ることが多かったのですが、それも 昔のことになりました。

今は 神田明神さんに 子が自分なりによく生きることができますように、とそれだけをお願いするのでありました。
守ってくださいましね。

おっと おみくじが久しぶりの大吉でした。
書いてあることも まるで見ているような言葉。
そうか これでいいのだ ここまできたのだ、と感慨を覚えることでした。



[PR]
by fuko346 | 2016-10-25 09:22 | おでかけ | Comments(2)

奥出雲への旅 2 (奥出雲湯村温泉 湯乃上館 他)

a0236300_21485572.jpg

奥出雲湯村温泉 湯乃上館
〒699-1343 島根県雲南市木次町大字湯村1336番地
アルカリ単純泉、43℃
源泉かけながし
二泊目は 以前から気になっていた こちらへ泊まりました。
予想以上、それもかなり良い、というのは そうそうありません。
こちらは 出雲の国風土記にも出てくる 古い湯です。
宿の道をはさんだお向かいに 湯殿があり それが源泉で外湯でもあります。が、外来入浴が終わったあとも、鍵を渡されて 翌朝まで自由に泊まり客は入れます。
お客を二組しかとらないこともあり 今回 私は三度の入浴中 すべて ひとりじめ でした。
お湯の量は申し分なく かけ流され ゆるめで やさしく これぞ温泉を楽しむ だ、と悦に入るのでありました。
お食事も地のものを使い 丁寧で 派手なことは やらない、ときっぱりと決めたような心地良さ。
しみじみ 美味しいのです。
お宿そのものは古いのですが それが良い按配に落ち着きます。
落ち着くといえば 宿の人たちの 人当たりもそうで、必要なこと最低限しかしない、のですが ぶっきらぼう、というわけでもなく、この感じは 初めて、です。
古き良き湯をおごらずに守っている、という矜持が感じられます。
ここは 名旅館 だと思います。
こんなとこもあるのか、と 少々驚いたのでありました。

立ち寄った湯
・たかの温泉 神乃瀬の湯
岡山県庄原市高野新市
ナトリウム炭酸水素泉
炭酸泉が好きなので 行きに寄ったのですが 残念、、、
・斐乃上温泉 かたくりの里 民食たなべ
a0236300_22234615.jpg

島根県仁多郡奥出雲町竹崎1844
アルカリ性単純泉
加水 加温 適量消毒 とあるのですが まったくそんな感じはありませんでした。
かなりの量が かけ流されています。
露天風呂は 桃源郷 でありました。ぼーっと気持ちよく 寝てしまいそう。
一人じめよ~~~。
ここも美味しい地元食材が食べれそうないいお宿の雰囲気をかもしていました。
岩井温泉 共同浴場 ゆかむり温泉
鳥取県岩美郡岩美町岩井521
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
源泉かけながし
岩井温泉には 一度 モサエビを食べに泊まったのですが 良かった、という記憶しかなくて。
ただ 外湯があったのは覚えていたので 帰り道の目ざましに 入浴。
正しい 温泉地の 正しい共同浴場です。いいお湯です。
地元の人がほとんど浴槽に入らずに ほんとに頭から ざばざばお湯をかけていたのですが、あれが正しいのでしょうか、、、。
赤ちゃんまで かけていた、、、。
入っていたほうが気持ちがいいと思うのですが、、、。
古来から ゆかむり だそうです。
熱いけど 入れないほど、ではありませんので 草津温泉の療養方法とも違うような。

島根は 温泉県 なのです。
みな 地味ですが 素晴らしいお湯が ひそと湧いているのです。
実に好ましいのでありました。
が、遠い、悲しい。

観光したとこ 覚書
やっぱり素通りはできない 出雲大社
三度目なんですが 以前感じた神さびた感じは 無くなっていて 観光地みたいな。
騒がしいから神様たちは 少し奥に引っ込んでいるのかもしれません。
松江城
一度行ってみたかった 三保神社
出雲は 車窓から眺める風景も 人も どこか 一味違います。
歴史、がそうさせるのかしら 出雲族の血が にじむのかしら。
旅人には とても魅力的な土地 です。
おっと 最後のお昼は 漁港近くの回転寿司(といっても 回っているのは おいなりさんくらいで、あとは注文します)の地魚が狙いどうり 美味しかったのでした。イカの甘かったこと!



[PR]
by fuko346 | 2016-09-28 23:01 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

奥出雲への旅 1 (吾妻山 山歩き編)

飛び石連休に 広島県と島根県の県境にある 吾妻山に登りに行ってきました。
瓊瓊杵尊が「吾が妻よ」と呼びかけた とのが その名の由来とか。
びゅんびゅんと高速を飛ばし 庄原ICで 降りるとまずは、、、
a0236300_10503492.jpg
 
これは お決まり。
テント泊の予定ですので 食料を買い込み 今夜の目的地へ。
a0236300_1053779.jpg

あら、、、、けっこう強く降り続いた雨が 夜半にも続く、という予報なので 急きょ コテージを 借りました。
休暇村吾妻山ロッジ
広島県庄原市比和町森脇
室内は きれいで 家電 備品完備 バス付き で 完璧、です。 テントのつもりだったので ものすごく贅沢している気持ちになりました。
翌朝は 山は雲に覆われてはいるけれど そこそこの薄曇り。ぽくぽくと歩き始めます。
牧場だったという広々とした草地には マツムシソウが そこここに。
草地を離れ 山道の脇にも たくさんの花々が咲いていました。
この山は 花の山 だったのです。
a0236300_1175695.jpg
a0236300_1185359.jpg
a0236300_119233.jpg

これは ごく一部。
上に行くにつれ ガスの中に入ってしまい 景色はなにも見えませんでしたが 道端の花を見ているだけで、気持ちはうきうき 気持ちのいいお散歩です。
a0236300_11114027.jpg

標高 1238m
誰もいない 静かな山頂。
a0236300_11141848.jpg

下りにかかると 少し 雲の切れ目ができはじめて こんな美しい景色が。
目の下にガスが激しく流れ ひとところ 陽に当たった 薄原が 銀色に揺れます。
天気が良くないので鳥の声もしません。
ただ 風を感じている 時間。
私が感じる 一番 幸せな とき。

美しい 歩きやすい山を静かに楽しむ、という 二時間弱のお散歩、でした。
帝釈山系には 低いけど きれいで歴史の香りのする魅力的な山が連なっていて また来たいなあ、今度はもう少したくさん歩きたいなあと思ったことでした。

立ち寄り湯で 汗を流して さて 今日の泊まり地へと 向かう途中 少し観光、です。
奥出雲たたらと刀剣館 たたら場跡 などを見学。
ここは 大和鉄の 一大産地 だったのです。
ジブリの映画 もののけ姫の たたら場の場面が重なってしまいました。
そんな目で 見るからか 出雲国風土記や古事記や 鉄で豊かであった頃のことや 頭の中でぐるぐるし、今の里のありさまも 凛とした静けさをたたえているように感じました。
里 そのものが 美しいのでありました。
(続く)



[PR]
by fuko346 | 2016-09-26 11:36 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

藤戸

a0236300_22452751.jpg

パンフレットより

9月19日 大津伝統芸能会館
狂言 膏薬煉
能  藤戸
おシテは 片山九朗衛文門 師 

藤戸は殺されて 海に沈められてしまった海人と その母の恨みを陰々滅滅、、、、と。
この 面(おもて) かわず  に惹かれるのでありました。
水死人の相をうつした、といわれ なんともいえず うつろで 静かで 諦念もあり 魅力的なのです。
この面をつけ 水衣の衣装をつけた おシテは もう 亡者そものもの。

恨みは述べるのですが 舞っている姿はもう そんなことはどうでもよい、ようで、最後に供養で恨みを捨てて去っていくのですが それも どうでもいいようで。
というか 彼は そういう次元には もういないようで。
ただ 今一度 現れ居出て 舞ってみたかった そんな感じがするのでした。

これを演じるのは 難しいだろうなあ、と 感じました。

さて この日は ちょっとおしゃれしてきものを、と思っていたのに 前日 むし暑い奈良を歩いて 疲れてしまい、夜 準備をする気力なく、能楽堂に行きつくだけで 精一杯。
お能の間も うつら うつら。
見ているのか 夢なのか ふうわり 浮いているような。
こころに届く 気持ちのいい お囃子と地謡の声。
常ならぬ時間に 全身を浸しているような 贅沢な空間。

私の観能は こんなもんであります。

帰りがけに とても久しぶりに こんな場所で会うとは思いもしなった方に 出会い 驚きました。
へえ ご縁があるのだなあ。
といって この先 またお会いするかどうかは わかりません。

この次のお能はいつかなあ。
これもご縁のあった 講演に そろそろと 行くのでありました。

しかしなあ 私がお能が好きなのは 現世からちと 浮いている自分のありように 共振するからかも、とか思ったりもいたします。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-22 00:30 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)