月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おでかけ ( 115 ) タグの人気記事

2016年 年末年始の温泉 その2 (松の湯 松渓館 他)

上田から渋川方面へ 東へ進む 長野原 東吾妻あたりにには 良い温泉がたくさんあることは知ってはいましたが、そうそう行ける場所ではなし、と思っていました。
が、ちょっと遠回りをすれば上京の途中で寄れるではないか、と気が付き、昨年から 回っています。
今回は、群馬在の温泉好き友達から すばらしいお湯、と聞いた 松の湯へ一泊するべく、わくわく、期待を胸に向かいます。
a0236300_10165694.jpg

八ツ場ダム 建設のためにたいへん立派になっている道を ちょっと入ったところに ひっそりと建っておりました。あれ、こんなところにあったのね。
写真右手前が浴室です。
到着早々にお風呂へ直行。
きゃああ あははは。喜色満面。
写真では見ていたけど、、これは すごおい。
小さめの浴槽に 源泉が溢れ タイル張りの縁から ざんざん流れております。
源泉の温度が低いので さらに小さめの浴槽に加熱した源泉がでてくるカラン、と非加熱源泉の出てくるカランが並んでいまして、お好きな温度で ざばざばしてくださいまし、状態になっています。
もう 温泉の川に浸っておるのであります。
常に新鮮な温泉に浸かっていられるのです。
あのゆで卵臭が満ちているのであります。
細かい泡泡がつくのであります。
スバラシイ!!!
(ただ 源泉にゆっくり浸かるには冬は寒すぎるので それがお望みの方は 真冬以外をお勧めします、わたしはたいへん堪能いたしましたが)
源泉はどちらから、と女将さんに聞くと 窓をガラリ、と開け、そらそこに、と見ると、源泉が すぐ裏の崖から 流れ落ちています。多すぎるので 捨てているのであります。
あれも浴槽に入れたら とんでもないことになりそう。
お湯の出る崖にむりくり建てたお宿なので 大きい浴槽を作る余裕がないのですねえ。
今は女将さん一人で切り盛りしているので、お客さんは一日 二組限定、日帰り入浴は不可、なので、泊まらなくちゃいけないのであります。
お風呂は一組貸切で 交代、です。
至福の温泉、であります。
a0236300_10504189.jpg

お料理も過不足なく いただきました。
料金もたいへん安く、女将さんも素敵で また行きたい~~~~。
松の湯 松渓館
群馬県吾妻郡東吾妻町松谷937−3
カルシウム-硫酸塩温泉

31日 万座のお風呂に入りたくこちらへ
a0236300_11249100.jpg

a0236300_1132947.jpg

万座温泉 日進館
馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉 2401
マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉他
日帰り入浴はたくさんあるお風呂のどれにも入れるのですが、この露天へ行きました。
はい 極楽でございます。
山の稜線には 樹氷が見えます。
景色とこのお湯、う~~~~ん 素晴らしい また来たい 泊まりたい。

さて もう一湯。
昨年 いい共同浴場があると聞いて 勇んで探して あらあ、鍵がかかっていた平*温泉へもぜひ入りたく、昨日も寄ってみたのですが 先客さんがいたのであきらめました。地元の方専用のお風呂ですから、ここは謙虚に。ということで だめもとでこの日も帰りに再訪。
あ~ 誰もいな~い 空いてる~。
うわ~~~ん スバラシイ!!!
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉

宿泊したお湯に 朝 その後 二か所の立ち寄りは 初めての経験。
泉質が全部 違って 身体はびっくりしたかも、私は 大満足。

3日 帰宅時には いつもの 下諏訪毒沢鉱泉神の湯に立ち寄り。
ここは すっと身体と頭が軽くなるのです、それはここだけ、なので不思議です。

ということで 今回の上京では行き帰りで 5湯に入り、それも みな泉質がちがって それぞれ素晴らしくて、もう 大満足であります。
今年も一杯 行ったことのないところ、 再訪、温泉三昧したいものです。

私は温泉馬鹿 と化したのであります、はい。
[PR]
by fuko346 | 2016-01-06 11:28 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

ごだん宮ざわ

美味しいものを食べたくて せっかく京都の近くにいるのだから、と ときおり すこうし贅沢。
それなりにいろんなお店に行ったけど、また行きたいな またあそこに座りたいな 食べたいな、と思って通っているのは ここだけ、です。 
といっても たぶん 四回目、かしら。
東からのお友達といつも一緒です。
ごだん宮ざわ
a0236300_11351078.jpg

はじめてのお席で 目の前の床飾りと壺、が気になって聞いてみました。
それはもう逸品で、はあ、これを眼前に お食事できる幸せが、もう一つ増えたのでした。

今回も幸せな時間をありがとう なのでした。
年の最後の外ご飯が ここ 年末の温泉も待っているので それはそれは 贅沢なことだと思うのでした。
(と 思って 叱咤激励 生きるのだ)

と これは一般論ですが。
お料理も温泉宿も 数万円という料金の場合 素晴らしくて当然 だと思うのです。
それでも ミシュランの星三つの料理屋さんでも はてな?と感じるところはあって まあそれはお昼の簡便なメニューだから、かもしれませんが それだからこそ、のはずであって お昼に手を抜いているのなら もうなにをかいわんや。
脱線しました。

この日もぷらぷらと歩くのでした。
五条から四条へ 八坂さんへ
a0236300_11531494.jpg

ご神水。
が 有るのは知っていましたが行ったのは初めて。
a0236300_11543377.jpg

お友達が行ったことがない、というので 長楽館、でお茶をして。
四条あたりを きもの小物のお買い物をするお友達とあれこれ 見て。
私は先日、帯締め二本 帯あげ一本、手に入れてしまったので 見るだけ、です。
この時期のセールには きものを常に着ている、と思われる方が まとめてお買い上げ、しているのに出会い、むふむふご同類、と密かにうれしいのです。

京都は楽しいですが 往復三時間 行きも帰りも山道45分運転がついてくるので だんだんと遠くなってしまうのが悲しいことです。
疲れてしまって連続おでかけできず 行きたいところに行けないことがままあって、うむ、となりますが、まあ それはしょうがありませんわねえ。
あと二回 きもので出かける機会があったのですが ばてて行けず その日の取り合わせはまた いつか。
この日も お友達が洋服、ということもあり少々ばてていたこともあり たくさん歩くだろうということもあり、きものはやめたのでした。

手からこぼれる落ちるものも それはそれで自然なこと、とゆるゆる いきましょう。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-24 12:04 | 美味しい場所 | Comments(4)

箱根湯本    (平賀美術館の湯)

一日中 自由時間があったので、温泉! と思って一番近い 箱根湯本へ行ってみました。
もう 表通りは子供のときから 何回来たかわからないくらい来ているのですが、なんと 一本裏道、別世界でした。
a0236300_13231625.jpg
a0236300_1324041.jpg
a0236300_13243333.jpg
a0236300_1325281.jpg
a0236300_1325595.jpg

冷たい風の吹く寒い日で 噴火の影響もあるのかもしれませんが、ほとんど人影もなく。
一人で ぷらぷら ぷらぷら。
さて 目的は温泉であります。
地図を見ながら行きますと、、、
a0236300_13283224.jpg

正しい温泉地には 必ずある 神社と温泉井戸がありました。
この昔からの源泉を引いているのが、平賀美術館
a0236300_13301756.jpg

大三浴場まであるのです。(使われているのは 第二、だけ)
a0236300_13304742.jpg

スペイン産大理石をふんだんに使った 美しく豪華な浴場に 湯がとうとうと注がれております。

旅館の別邸として建てられたお屋敷を 画家の平賀敬さんが 買い取って、今は夫人が一人守っています。
美術館の絵を鑑賞に来た人に お風呂も提供する、ということで ここは入浴施設ではないのです。
いろんな温泉に行きましたが びっくり!!!
建物も素晴らしく鑑賞に値し、絵も見ることができ そして秀逸は 夫人であります。もれなく彼女の接待とお話がついてきます。
お湯は極上。
一組40分 貸切ですので、事前に連絡していったほうがいいのかもしれません。
東京に行って 時間があったら 何度でも来たい 場所です。
様子がわかったので、次回は40分いっぱい 入っていよう。

いやあ 温泉を求めて行くと すごいものに出会います。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-13 13:40 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

御嶽山

a0236300_11431014.jpg

中央高速からの 御嶽山。
まっ白に雪をまとって 真っ白な噴煙。

行きも帰りも いいお天気で ドライブを楽しみました、と書きたいところですが やはり高速長距離は緊張するので、そうそう景色を見ていられません。
それでも季節によって その見えるところは違うもので 今あたりは2000m超えの山々だけは 白く輝いていてとても目立ちます。
山肌は すっかり裸になった木とまだ色づいた葉が残っているものと 緑の常緑樹が混じっていて それはそれできれい、です。

東京の家はそれなりに まあまあ しばらくは住めますね、という程度になおしてもらい、一安心。
行った来たりがいつまで続くのかは 分かりませんが、こちらの身が持つ内は 続くのでしょう。

10年くらい年前から 「あと 2,3年だな」と言っていた父は 今回 「まあ 95だな」とあと5年と 時期が延びたので あらあ、そうですかあ、と ちょっとおかしくなりました。
両親はめでたく( ほんとはめでたくない、と私は思っておりますが)、90歳を超えです。
母は100歳近くなってしまいますが、そんなこともあるのかもしれません。

二人とも 不思議な境地へと 進んでいっているようです。
できるところまで お付き合い いたしましょう。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-09 12:00 | おもいつれづれ | Comments(0)

兎口温泉 植木屋さん

山小屋一泊のあとは、、、
この旅館が管理していた 至福の市営露天風呂が隣にあり そこを目指して訪れて存在を知り、一度泊まってみたいと思っていた温泉旅館です。
露天風呂は残念なことに閉鎖になってしまいました。(うう もったいない)
a0236300_1093310.jpg

兎口温泉 庚申の湯
新潟県十日町市松之山756-3
玄関には もう雪囲いが準備されていました 豪雪地帯です。
a0236300_10114491.jpg

コースターが可愛いので 思わず写真を撮りました。
a0236300_10125665.jpg

朝 一面に広がる雲海。
a0236300_10141635.jpg

お湯。
加熱したものと非加熱源泉。
すごおうく しょっぱいです。大古の海水がわき出ているそうです。
温泉成分が浴槽について 元はなんだかわからないくらいになっています。
いいお湯です。4回 入ってしまいました。
・ナトリウムー塩化物泉
a0236300_1023255.jpg

いわゆる旅館の料理、はあんまり好きではなくて 家庭料理の延長のようなものが好き。こちらは私の好みにぴったりで 優しく美味しく。
ただ この旅館の唯一の欠点は 品数が多すぎて 食べきれないこと。残すのはもったいなく、申し訳なく。

松の山温泉郷の一つに数えられていますが ここは一軒離れていて とても静か。
以前はスキー客が多くて 別棟まであったそうですが 今は5部屋へと縮小しています。家族経営、静かさと 手作りの料理と いいお湯、が満喫できる 良いお宿。
いつになく たくさん書いていますが、こういうお宿は貴重なので お湯好きの方にはぜひ 訪れて欲しいのでした。

サイトはこちら 植木屋旅館

移動距離が長いので 立ち寄ったところはここだけ
a0236300_10384115.jpg

大量の鮮烈な水がわき出ていて 池になって とうとうと流れています。
周囲が日照りでも ここだけは枯れず 竜神伝説がたくさんあります。
一帯には なにか違う 気が 流れているように感じます。
龍が窪

二泊三日 新潟 群馬の名湯に満足しました。



新潟県中魚沼郡 津南町谷内
[PR]
by fuko346 | 2015-11-25 10:43 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

また 新潟の山小屋へ行きました

今年は春にも行っていたような気がしますが 連休に 新潟は六日町 巻機山のふもとにある 山尾小屋へ行ってきました。一泊目は山小屋ですが、二泊目は私の希望で温泉宿。
a0236300_10525047.jpg

もう木々は葉を落としてしまいました。
5月は残雪と新緑、いつだったかは紅葉のときにも来たことがありますが、晩秋は 初めてで新鮮な景色です。
高い山の上には もう雪がありました。
いつものように 立ち寄り温泉は 六日町温泉公衆浴場へ。
国道わきにひっこして 知らない人は こんなところに いい温泉がどばどばとかけ流しになっているとは思わないかもしれません。
湯口は手を入れらないくらい 暑いお湯、です。
ぴっと身体が元気になるような気がします。
a0236300_10585517.jpg

これまた例によって なにもするわけではなく ストーブの火を見ています。
たき火大好き人間には 至福の時間。
小屋外に置いてある 発電機の音だけが ういーんウイーンと聞こえて、それを止めると し~~~~~ん、と音のする夜がやってきます。
月あかりで 窓の外はぼんやりと黒く木々のシルエットが黒く浮かんでいます。

一日目は行くだけ。
二日目は 前から行ってみたかった兎口温泉へ泊まることにしていましたので その前に、群馬方面へきになる温泉があったので 行ってみました。
高速乗らずに一時間半くらい三国峠を越えて。
宿りついた温泉宿はしん、として 「ネット上に書くのはご遠慮を」との張り紙が二枚も張ってあったので、名前は伏せます。
湯治に来る地元のお客さんを大事にしたいのだと思います。
女将さんは 立ち寄りもできれば断りたいような雰囲気。 もしかすると この先、立ち寄り不可になってしまうかも、と思いました。
いいお湯でした。
一人占めで 30分くらい 入っていました。
ぬるい源泉が たっぷり注がれて 小さめな湯船から 溢れていきます。
透明なお湯に かすかな ゆで卵臭。まったりとした肌触りに 小さな気泡がいっぱいつきます。
ここは ほんとにお湯の恵みが必要な人が ゆっくり来るところ、お湯を大事にありがたく思う人のための温泉だなあ、泊まりに来たいなあ。
できれば数日いたいなあ。

いたい、なあ。

兎口温泉は頁をかえてまた明日。
[PR]
by fuko346 | 2015-11-24 11:14 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

帰りの寄り途

a0236300_1058613.jpg

直前に予約が取れたので またまた下諏訪の毒沢温泉に一泊。
4回目、ですが 毎回 お部屋が違って 面白いなあと思います。神さま 一めぐり、かしらん。
ここのお湯は もう恋しくて できれば月に一度は行きたくなるけど そうもいかず。
はあ 湯に浸ると なにかに包まれているようで 嫌なものが 流れ出て行くようで ほおおっとします。
連休ということもあって 満室の様子 それでも お風呂はそう混んでいなくて 独り占めのときもあり、館内もいつもどおり ひっそり、しています。そういうお客さんしか 来ませんものね、この地味な宿には。
それも とても好ましいのでした。
それといつも女性より 男性のほうが多い。
一人の人とか 男性二人、とか。女性グループ、に出会ったことがありません。そういうお宿です。
元気 注入。

a0236300_1183372.jpg

翌日 快晴。
霧ヶ峰に行ってみようと、ナビのすすめる道を行くと なんと車幅ぎりぎりの林道、だった。
おそろしや~~~、バックできないので ひやひやしながら もう 行くしかありません。
ぴょんと 本来の道、八島湿原の駐車場にでると 今までの 誰もいません状態から、わんわんの車と人。こんな朝から これだけの人出は予想していなかったので びっくりします。
人もすごいから ちょっとだけ湿原歩こうか、と歩きだしたら 結局 一時間強 一周 歩いてしまいました。人がたくさんいたのは 駐車場の回りだけでした。
草紅葉の盛りは過ぎていましたが 十分 美しい 高層湿原でした。
夏とは すっかり様変わりしています。

a0236300_1114311.jpg

お昼は パンフレットで知った 岡谷のうなぎ屋さんへ。
岡谷が うなぎ名物で いくつもお店があることを知りませんでした。昔は諏訪湖で うなぎがとれた 名残なのでしょう。
この うなぎ 水門 じつに美味しかったです、今まで食べた うなぎはなに?
なのですが たいへん混んでいて 待ちます。開店11時半で一時半には 品切れ閉店。待って待ってしましたが、食べられただけでも 良かったのかも、です。

毒沢なら行く、と着いてきた子を 岡谷で降ろし、一路中央高速で 帰途に、だったのですが 連休最終日、自然渋滞のほかに 事故渋滞にも巻き込まれ、陽のあるうちに着くはずが、家に帰ったときは 暗くなってしまいました。

頻繁にあっちこっち、二年目もそろそろ過ぎていきますが、もう それを楽しんでしまおうと思います。
来週も また介護用事ができて 上京です。
今回は毒沢と鰻が 効いたのか 慣れたのか、そう疲れもせず、こちらの用事をあれこれすませて また 出かけようと思います。
[PR]
by fuko346 | 2015-10-17 11:21 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

きもの モダニズム - 泉屋博古館

a0236300_15503056.jpg

六本木にある 泉屋博古館 に 銘仙を見に行きました。
きもの モダニズム  と銘うって 大正 昭和の 銘仙の一品がたくさん 展示されておりました。
そのモダンなこと デザインの良いこと きれいな色、 銘仙のイメージが変わってしまいました。
きものって このくらい ぱああっとしったものでも いいんじゃないかしら。
悪目立ちする、とかで 大人しく あるいは つまらなくなってしまった感のある 現代のきもの、少し 変化があってもいいのではないか、と思うのでした。

a0236300_15584759.jpg

この日は この 田中昭夫さんの 藍染め帯を その存在を教えてくだれたお友達に お披露目です。
a0236300_160502.jpg

きもの 西陣お召 胴抜き
帯   国産木綿藍染九寸名古屋
藍とベンガラで きっぱりと染められた 向鶴。
頒布会最終日、最後に残っていた数本のうちの一つ。
もう 私には これ、です。
ご縁が うれし。

田中さんの仕事についてご興味のあるかたは
ブログ けろ企画  
の中の カテゴリー 正藍型染師 田中昭夫 をご参照くださいませ。

この後銀座に移動 もうひとつの展示会へ。
和光で行われていた 松尾鏡子染織展へ 
こちらも 美しい布を 堪能させていただきました。

で、もう少し時間があったのでふらっと寄ったところで 例の伊兵衛織に出会ってしまったことでした。

わくわく どきどき ああ 楽しかったのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-10-14 16:23 | 展覧会 | Comments(6)

そば そば そば

今回の上京 お蕎麦編。
a0236300_11385296.jpg

学芸大にて。
お向かいに きものの佳人がちら、と見えます。
お能 ブログつながりのお友達です、私がきもの着て行きます、といったので 着て下さったのに 私は予定が変わって 洋服。失礼しました。 また きものでご一緒してくださいまし。
で、美味しいお蕎麦と楽しいお話 。

東京では 寸暇を惜しんで あっちこっち。

a0236300_11413027.jpg

高尾山
何十年ぶりに 中学からのお友達を誘って 高尾山にリストで登り 歩いて降りる。
しかしまあ なんとたくさんの人でしょう。
それから 蕎麦やでまったり。
これは そばのてんぷらってなにかしら、と頼んでみたもの。
蕎麦がきをあげて 蕎麦汁に 絡めてかります。
美味しい!
いつもの蕎麦やさんが 満員で ひそっとした 初めてのお店に行ってみたのですが、当たり。
お蕎麦も美味しかったです。
彼女とは12のときからのご縁ですから つかず離れず もう50年ちかいお付き合い。
でも 昔と同じ。不思議ねえ。

a0236300_11492116.jpg

高田馬場
以前から聞いていた 小さなお蕎麦の名店(だと思います)に、ワイン きもの繋がりのお友達に連れていってもらいました。
ここまで 蕎麦を食べにくるのは、と 思ったのですが また行きたくなってきました。
いつもお付き合いありがとう、ほんと助かっています。

この後 沼袋に移動して こちらは きものの名店、シルクラブ さんへ。
お召しの  矢代仁さんが京都からいらしていて、お話を伺い 美しい布と 素晴らしいお屋敷も堪能。
ここはかなり前からお話だけ聞いていて 行ってみたかったお店ですので 伺えて満足です。
お召しのお話 京都のお話 とても面白かったです。
ちょうど こちらのお召しを持っていっていたので 着て行けば良かったのですが、う~ん 着ていかずに正解かな、とも思ったりして。
夜はここに連れていってくれた お能 きもの繋がりのお友達と新宿へ移動。ふらっと入った イタリアンのお店が これまた美味しくて、楽しい時間でした。

とうきょう一人暮らし。
あれこれ あれこれ 介護仕事して 家仕事して おでかけして 人と会って 美味しいものを食べて。
懸案は次々現れて 綱渡りは続いていますが、得難い繋がりをいただいて 豊かな時間を味わっています。

で、最後のお蕎麦は帰り道。
いつも気になっている 国道20号線沿いにある 相模湖過ぎたあたりの お蕎麦屋さん。
今回 入れました。これも 美味しかったのでありました。

備忘録として まとめてしまいましたが お付き合いくださった皆様 ほんとにありがたく思っております。
[PR]
by fuko346 | 2015-10-13 12:08 | おでかけ | Comments(8)

秋田駒ケ岳へ 田沢温泉 (6-6)

9月24日(木)
とてもいい 共同浴場がある、と聞いていたので 群馬県は吾妻線沿いに帰ることにします。
万座鹿沢口駅周辺を うろうろするも見つからず 交番で聞いてみる。
「そんなとこに温泉あったかな」
でも目安のなる建物を示すと 「ここでしょうね」と 判明。
で 発見したのはいいのですが、鍵がかかっていました。
うううう、、、、、、
この道沿いには素敵なお湯がたくさんあるので ああ あそこで あそこで入っておいたら良かった。
戻るのはなんなので、どんどん進み。
a0236300_10342779.jpg

a0236300_1035316.jpg

田沢温泉 共同浴場 有乳湯
長野県小県郡青木村田沢2698
単純硫黄泉(アルカリ性低張性温泉)
ぬるめで、肌にびっしりと細かい泡のつく 気持ちのいいお湯でした。
仕上げのお湯に ぴったりだったかもしれません。
この田沢温泉 立派な旅館がいくつかひっそりとあって魅力的です。
いい佇まいですね。

a0236300_10401140.jpg

産地なんですね。
温泉はいって 松茸尽くしってのも いいなあ。

ということで 無事に帰りつきました。
ああ 楽しかったのでした。

混雑時期ですが 間道を行っているからか、間が良かったのか 渋滞にもほとんど会わず、温泉も浴槽がいくつもあるところが多かったからか、一人、もしくは入れ違いに一人、という感じで入れて(有乳湯は除く)、平泉を除き わんわんの人ごみにも会わず 美しい山と たくさんのいいお湯を味わうことができました。
というより 誰もいないね、とか 車 走っていないね、というのがけっこうありました。

常に気になっていることは まだありますが、こういう旅ができるようになって 良かったなあ、としみじみしているのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-29 10:52 | 山と温泉と旅 | Comments(0)