月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:お能 ( 67 ) タグの人気記事

大鼓の会 

28日(土)は お稽古させていただいている社中の 大鼓の会、初舞台でした。
私は 草紙洗小町 掛り三段 を務めさせていただきました。
思いがけないアクシデントがあって 上手くできなかったのですが、思い返すと それも いい経験だったなあ、と二日たって感じています。

圧巻だったのは 師匠の番外一調 江口
大鼓で これだけの情感が 感じられることができること自体が 驚きでした。
お能の音、だけで深く感情が揺さぶられたのは 初めてのことでした。

能楽堂の中に満ち満ちて行く 想い。
こんなことが できるのだ、と。

ご縁があって このお社中の一員となっていること お稽古させていただいていること、うれしく思います。
ぼつぼつと お稽古続けて それなりに自分の大鼓が打てたらいいなあ。



さて後宴は 四条御幸町上がったところの 料理旅館 近又 さん、で。
a0236300_16154043.jpg

お椀の中には 松茸が、、、。
こちらはだいぶ前になりますが 東京の両親を一泊で招待したことがあって、お料理が美味しいのは知っていたので とても楽しみでした。
期待は裏切られず、ああ、美味しかった。
皆さまとの歓談も楽しかった。
しあわせ、であります。


この日のきもの。
舞台を降りて すぐに着替えてしまったので着姿は無し。
あら~もったいないことをしてしまいました、よっぽど緊張していたのですね。
a0236300_1619557.jpg

きもの 単衣 名は 波
帯   喜多川俵二 穀織「双竜文」
織物は その布の美しさに目を奪われることがけっこうあるけど、柔らか物には きれいね、とは思っても それほど惹かれないのですが、このきものは わあ 美しい 欲しい~っと思って手に入れてしまった二度目かも。
一度目は 久呂田さんの訪問着、です。

何とも言えない地の墨色。
布のとろりとした手触り 波の模様のデザインと色と、ちょっとだけ施された白と金の縫い。
控えめな柄つけ。
みんな気に入る きものって そうありません。

a0236300_1625124.jpg

大きくしてみましたが 美しさをお届けできないのが 残念です。
月夜の水面に 波が静か輝いている そんな感じなんです。
こういうものが作れる この国を誇りたいのでありました。



お能の会なのに その話題が少ないのですが、私はまだ なにも語れないひよっこ なのでありました。
といって のめり込む 気持ちも 無いのでした。
どう言えばいいのか、できる範囲で 淡々と 見ることも 演じることも 続けていきたいのでした。
ただ、 大鼓を なんて面白いのだろう、と思えたことは収穫でありました。

お世話になった皆さま ご一緒した皆さま ありがとうございました。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-30 16:38 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(20)

やっとこ 単衣きもの

昨日は 会の前の最後の大鼓のお稽古
最高気温30度を下回ったので、所作を確認すべく きもの を久しぶりにきました。
ほんとはお稽古はきもので行きたいのですが、7月初めから やはり夏に負けて まったく 着ることができませんでした。
お稽古場に辿り着くのが やっと というありさま。なんとか夏に強くなって夏きものをきなくては!!!

a0236300_10273212.jpg

きもの 竺仙の綿ちぢみ
帯   枡蔵さんの 八寸

居間から見える 裏庭に このところ ぶんぶんと オニヤンマが飛んでいて、このトンボの帯留を思いつき、使ってみました。ちょっと雰囲気は違うけどまだ トンボ、使ってもいいかなあっと。
このきものは 評判が良くて うれしいのでした。
きもの きもの しておらずかわいらしいところが いいなあ、と思っていただけるのかしら、と。

お稽古は所作を確認なんて のどかなことを言っている場合では ほんとは無くて、最後までつっかからずに打つのに必死です。
おへそのあたり いわゆる丹田に中心に気があるときはいいのですが、それが緊張するとずりずりと上がってきて、そうすると心臓がどきどきしだして 頭のてっぺんまで上がると もう 真っ白になって 覚えたものが飛んでしまいます。
それが はっきり分かるので それはそれでとっても面白いのですが、観察している場合では無いのでした。
いかに ずり上がっていくのを押しとどめるか、それが課題であります。

どうしてここまで緊張するかといえば、私としては客として見慣れた観世能楽堂の舞台に上がるだけで、もう、とんでもないことで、ましてや その舞台上で見なれた能楽師の皆さんにお相手をしていただいていることが、信じられないのでありました。
となりに曽和師 森田師 ぎゃ~~~~~!  という感じなのです。
それに気押されてはいけないのです、ううむ。

ごしょごしょ 言っている場合ではない。
明日は それなりに努めて それなりに楽しんでまいります。

思えばそういう場にいられること なんと果報なことでありましょうか。
ご一緒する皆さま どうぞ よろしくお願いいたします。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-27 10:50 | 今日のきもの 秋 | Comments(6)

小町に呼ばれて

台風が来る前 その後の嵐もしらず のんきに出かけて行きました。
台風が来るから その進行方向を避けて 北西かな、、、と丹後の温泉を目指して。
その途中 京都の北で お蕎麦屋さんの看板を見つけました、 あら なんとなく美味しい感じがする と道を逸れて 細い道をどんどんいくと ありました。
a0236300_2153893.jpg

まつばら
京都の奥座敷 越畑 という小さな美しい集落の お蕎麦屋さん。
ぴん、ときたカン は当たっていて 美味しかったです。

あれ、ここは いつか行ってみたかった 柚子の里 水ノ尾 の近くではないか、行ってみようと さらに山道を京都市内方面へと下っていきます。
ここは 愛宕山の 嵯峨野とは 反対側の登山口にあたり ずんずん行くと 嵐山 なのでした。
(翌日 あんな水害になるなんて!)

ここまで来てしまったら もう京都市内を抜けて 帰ろうということになりました。
市内はいつも ぽくぽく ぽくぽく 歩いているので そこを車で行くのは新鮮です。

と、はっと気がつきました。
帰り道に山科 通る、ということは 小野へ 行って頂戴。
随心院へ 近々行こうと思っていたのです。

ただいま 大鼓(おおつづみ)の会に向けて 猛練習中。
でも なかなか上手くかず どうしましょう!! と泣きごとを言いましたら お仲間に お能の曲にゆかりの場所に行ってみるのはどう?と勧めてもらったのです。

私の曲は 「草紙洗小町」なので 小野小町ゆかりの 随心院へ行こうと ネットで調べたところだったのです。
a0236300_2118076.jpg

降りだした雨に 屋根からのしずくが落ちて 本堂の軒下の苔に きれいに並んで穴があいています。
雨粒が落ちる度に 透明な飛沫が砕けます。

落ちついた立派な 門跡寺院でした。
小町 ゆかりの品も拝見して 緊張し過ぎて わらわらしていた 心が すっと落ちついたような。
小町さん 力を 貸して 頂戴ね。
この時に行かなければ もう 時間が取れずに 会までに 行けなかったかもしれません。
弱気な私に小町さんが呼んでくれたのかしら。

a0236300_21203145.jpg

こんな きれいな お香もいただいてきました。

うん、きっと上手く行くぞ。

会は9月28日(土)11時より 京都観世能楽堂で催されます。
よろしければおいでくださいませ。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-18 21:27 | おでかけ | Comments(8)

かき氷は メインではなく

a0236300_11305036.jpg

岡崎 白川沿いに昨年できた 三味洪庵
こんぶ屋さんかと 思っていたら奥に素敵な空間があって 御食事やお茶、も楽しめるのでした。
いちご氷で ほっと落ちつく。
大鼓の会 申し合わせ(リハーサル)の帰り お仲間の皆さんと。

空間も 氷もいいのだけど 気持ちは どよおん、、、
上手くできませんでした。
あんなに練習したのに、能舞台に上がって 能楽師の皆さんに囲まれたら 頭に血が上り、ほとんど記憶がありません。詰まって 手がとまったことは覚えているのですが、なんでつまったのか はてな。
や~~~ あと二週間と少し どうなりますことか。

できなかったことではなく なんで練習しているのにできないのか、自分が いや~になってくるのでした。
その気分を払拭しなくては。

舞いあがってしまうのは おそらく 自分を信用できていないから なんだろうなあ。
ということは やっぱり練習が足りないのだろうなあ。
というより 練習の仕方が悪いのだろうなあ。

むむ、めげるな自分。


メインはこちらなのです。
a0236300_1140248.jpg

[PR]
by fuko346 | 2013-09-12 11:40 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)

第14回 宇高青蘭能之会

a0236300_10331049.jpg

2013/09/08(日) 金剛能楽堂

・能「二人静」
宇高通成(シテ)
宇高竜成(ツレ)
村山弘(ワキ)、茂山逸平(間)
杉市和(笛)、吉阪一郎(小鼓)、谷口正壽(大鼓)

・狂言「焼栗」
茂山七五三、茂山宗彦

・能「乱」
宇高徳成(シテ)
高安勝久(ワキ)
杉信太朗(笛)、曽和尚靖(小鼓)、谷口正壽(大鼓)、前川光長(太鼓)

演目 二人静 と 乱 、二つとも拝見したかったお能なので 久しぶりに 金剛さんへ。
吉野の大吟醸「猩々」もふるまわれて 心楽しい観能でした。

印象に一番残っているのは 乱で、使われた 猩々の面(おもて)。
舞と囃子と うきうき うきうき。

勢いづいて また 京都駅まで歩いて帰りました。

a0236300_10423149.jpg

の 前のランチは 御所前の 花もも さん。
チケットをお願いしたお友達と 美味しいお蕎麦と 美味しいそばがき善哉をいただいて 幸せ 幸せ。
今回は おろし蕎麦を お願いしたのですが、辛み大根がたっぷり、でうれしいのでした。


以上 覚書。

(大鼓の会が近づいてきているので ほんとはこんなとこいって喜んでいる場合ではなく練習しなくちゃいけないのだけど、、、ごによごにょ)
[PR]
by fuko346 | 2013-09-09 10:48 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(6)

暑いから、、、は言い訳か

a0236300_1294614.jpg

こういう季節になりました。
セミのみなさん たいへんお元気 もう うるさくてたまりません。
何種類くらいいるのかしら。
明け方から夕刻まで わんわん 鳴いています。

どんどん暑さに弱くなって この季節は ぐったり半死半生。
去年は あれこれあって ほとんど三カ月 生きているのか死んでいるのか、というありさまでしたが、今年は少しは ましですが、昼間は 頭の中に 腐りかけの豆腐がぼわんと詰まっているようで、ぼうっとしています。

なのに、、、9月のすえに大鼓の発表会があり、超初心者の私も舞台にあがることになりました。
覚えられません。
お稽古していますが、覚えらません。
頭の中を素通りしてしまいます。

a0236300_1114436.jpg

手、を色分けしてみたら 多少 法則性があって 理解できるかも、、、、と苦肉の策。
が、もともと 手、大鼓の打ち方にきまりがあるのですが、が覚えられていないのだから、そこから始めなくてはなりません。
しかし、ヌク地 打カケ、誘ヒノテ、ノル ノルオヲシ、打カケタタム頭、等々、 もう 呪文にしか聞こえない。
ひー どうしましょう。

謡の部分は謡と共に ぼんやり覚えられそうな様な気がした、、、ところへ笛の中の舞が入ってきたら、頭がこんがらかってきてしまいました。
おひゃーらー、と一緒に鼓の手を覚えるなんて そんな御無体な。
ひー なんとかして。

会に出るのは早すぎるような、、、
まだ わかっていません 大鼓。

年々 老化の坂を転がり落ちているこの頭。
さらに暑さで豆腐になっている。

しか~~~~し なんとかせねばなりません。
窮鼠 猫をかむ あれ 違うな。
火事場のばか力、これも違うか。
困ったときの 神頼み、いえいえ自分でなんとかせねば。

はい、お稽古します。
しかし 覚え方が分からない、、、、、う ぅう。
[PR]
by fuko346 | 2013-08-03 01:33 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(8)

若手能 京都公演

7月27日 (土) 10時半開場 11時開演 京都観世会館
能 金剛流「箙」
宇高徳成(シテ)
岡充(ワキ)、小林努,原大(ワキツレ)、島田洋海(間)
左鴻泰弘(笛)、船戸昭弘(小鼓)、谷口正壽(大鼓)
舞囃子 金剛流「百萬」
今井清隆
杉信太朗(笛)、吉阪一郎(小鼓)、井林久登(大鼓)、井上敬介(太鼓)
舞囃子 観世流「富士太鼓〜現之楽〜」
浦田保浩
竹市学(笛)、林吉兵衛(小鼓)、石井保彦(大鼓)

狂言 大蔵流「魚説教」
茂山良暢、山口耕道、茂山正邦

舞囃子 観世流「熊坂」
河村浩太郎
杉信太朗(笛)、吉阪一郎(小鼓)、井林久登(大鼓)、加藤洋輝(太鼓)
能 観世流「巻絹〜神楽留〜」
分林道治(シテ)
大江広祐(ツレ)
有松遼一(ワキ)、茂山茂(間)
森田保美(笛)、林大和(小鼓)、河村大(大鼓)、前川光範(太鼓)

久しぶりの京都観世会館、、、以前はいつだったかしら、、
緊張しているお若い方を 周りが見守っている感、があってほほえましい、などというのは失礼でしょうか。
ご一緒した お能が 初めての方が「これで若手、、、なの」という感想が おかしかったのでした。
はい、十分皆さん 若手なんです、もちろん抑えに 貫禄のある方も混じっておいでですけれど。
いつものことですが、居並ぶ能楽師の皆さんを拝見していて、綿々と続いていく 能、 というものの不思議も感じたのでした。

巻絹、能を見始めた頃 拝見していて、ほとんど うつらうつら していた記憶があります。
今は謡もだいたい聞きとれるようになったし、舞囃子で 目がらんらんとしてしまうので、あっという間に終わってしまうように感じます。

神楽留 ダイナミック でした。
[PR]
by fuko346 | 2013-07-28 15:36 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(0)

通小町

a0236300_0431098.jpg

7月7日(日) 
能に観る“愛”のかたち 能「通小町 雨夜之伝」
大津市伝統芸能会館
能 通小町  観世喜正 味方玄

県民でありながら この会館は初めてです。
いいなあ、と思う演目を目にしては、行きたいと思いつつ 機を逃していました。
今回 お友達が良い席を取ってくださって 行ってきました。
車で一時間弱、でしたので、これからは ちょくちょく行けるでしょうか。

こじんまりとした アットホームな感じすらする能楽堂です。

さて 通小町。
まずはじめに 味方健さんの解説というかお話があって それが興味深く。
舞とはたらき ものまね
近江猿楽 大和猿楽
白洲正子さんの 世阿弥、を読んでいて なんとなくわかるけど、、、と感じていた言葉がたくさん出てきて、伺っていてわくわくしました。
そして 能を見て 「はたらき」がぼんやりわかったような気がします、といっても素人の感想ですが。

お能はとても良かったのです。
面白く そして感慨深く。
深草少将が 小町を引き留める場面では ふと突き上がるものがあって、、、。
魂を舞台の上に重ねられたような、、、気がしました。

前から二番目正面席、さらに小さい能楽堂で舞台が近く、衣裳がはっきりと見え、とくに小町の着ていた衣のすそに燕の縫いとりがあって、それが演者の動きににつれて、まるで飛んでいるようにひらりひらりと翻るのが、幻のよう。
衣にここまで目がいったのも、初めてのことかもれません。

あと少将の面が はじめ登場したときの暗い感じから だんだんと若返り生き生きとしていくのが不思議に見えました。

観世喜正さんの手と、腕から手先までの動きの美しさにも見とれてしまいました。

なにがどう、とは しかとは言えないのですが、今まで見ていたお能とは、違う、心地よさと自分のこころの奥を見てしまったような思いと共に 帰途につきました。


おまけ:柔らか物の夏きものをデビューさせようと準備していたのですが 朝からの かんかん照り、気温上昇に負けて断念。
せっかく準備したので、また次回アップしたいと思います。
[PR]
by fuko346 | 2013-07-09 01:10 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(3)

佳名会・佳広会

a0236300_10344623.jpg


2013年6月30日(日)佳名会・佳広会 宝生能楽堂
大鼓の亀井忠雄さん・広忠さん のお素人の発表会に行きました。
ちょうど上京予定だったので、一日滞在を伸ばした甲斐もあったもの。

後半三分の一くらいから伺いましたが、十分に見応え聞き応えがありました。
皆さま、お上手なこともありますが、出演の能楽師の豪華顔ぶれ、お囃子 舞、こんなの有り得ないわ、、、、と思いつつ。

一番最後 小さいお孫ちゃん 三人が登場したのですが、とてもお上手。
そうか この歳でここまでできるって そういうおうちに生まれたからこそ、そしてこの先も道が続くのだなあと思ったら胸に迫るものがありました。
道は こうして続いていくのですね。

終了してから お能繋がりのお友達と久しぶりにしばし一献。
楽しい時間を過ごしました。
それに秋にはまたまた素敵な催しに誘っていただき、一度は行ってみたかったのでとてもうれしく、そのときが待たれることです。


しかし、、、お弟子の皆さん ほんとにお上手だったなあ。
あそこまでできるまで 先が長いなあ。
始めるの とんでもなく遅かったなあ。
でもまあ それなりに ぼちぼち いきましょう。
[PR]
by fuko346 | 2013-07-02 10:51 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(6)

曽和博朗お誕生日会

a0236300_19363724.jpg

金剛能楽堂へ行きました。
お誕生日を祝うこと、とさらなる長寿 活躍を祈る気持ちが 現れていて華やかな 見応え聞き応えのある会でした。
おみやに、こんな可愛いお菓子をいただきました。
長寿を願う桃、と小鼓を模しています、しゃれていますね。

楽しかったなあ、時間がひゅ~~んと過ぎて もっともっと聞いていたかったなあ。 



*小鼓 連調「西王母」
福島孝一,成田達志,幸正佳,伊吹吉博,古田知英

*舞囃子「乱〜広蓋ノ式〜」
金剛永謹
杉信太朗(笛)、曽和尚靖(小鼓)、谷口正壽(大鼓)、前川光範(太鼓)

*狂言「東方朔」
茂山千五郎(桃仁)
茂山茂,茂山正邦,茂山虎真,茂山竜正(仙人)

*仕舞 連調「東方朔」
林宗一郎(西王母)、林喜右衛門(東方朔)
大村華由,菅啓好,丹下紀香(小鼓)

*能「枕慈童」
金剛龍謹(シテ)
江崎敬三(ワキ)
杉信太朗(笛)、曽和博朗(小鼓)、河村大(大鼓)、前川光長(太鼓)

*独調「養老」
林宗一郎、曽和尚靖(小鼓)


ところで気候もよく 急いで帰らなくてもいい日だったので、京都駅まで歩きました。
通ったことのない道を きょろきょろしながらお散歩 京都は歩くに良い場所です。
[PR]
by fuko346 | 2013-04-27 19:44 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(0)