月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:お能 ( 67 ) タグの人気記事

菫によせて

a0236300_1842198.jpg

庭の というか裏山の裾の日当たりのいい斜面に スミレが咲きだしました。
桜のような華やかさもなく 待ち焦がれられているわけでもないけど、あ、咲いている、と見つけたときはうれしい 春の妖精。

昨日 一つの葬儀に参列してきました。
お知らせをいただいたときは少々戸惑いがあり、どういう立ち位置でいればいいのか迷いました。
亡くなられたのは、お稽古していただいている先生の先生、大先生です。

私が昨年 おずおずと伺った春ごろ、入退院を繰り返している、ということでしたがお元気にお稽古場においでになっていました。
おいでになるのは昼の部のみだったので、その後 夜の部へ伺うようになって大先生には二回ほどしかお目にかかりませんでした。
どうも そのときがお元気だった最後、だったようです。
私は大先生に御挨拶しお声をかけていただいた最後の孫弟子になったようです。

とてもやさしい穏やかな方、でもふっと底のところに厳しさが垣間見えるようなそんな方でした。
その厳しさを素人のお弟子さんやましてや孫弟子に向かわせることはむろんありませんでしたが、きっと御自分は厳しい修行をなさってきたのだろうな、と感じさせる方でした。
お稽古してくださるのは先生で、大先生は 最後に一言二言 声をかけてくださるのでした。

「手で打つのではありませんよ 胸で打つのですよ」
と 今日のお天気はいいですね、というような調子でおっしゃった一言は、あれから私のこころの中から消えたことはありません。

そういうお話をお稽古仲間の皆さんに話した時に え そんなこと言ってもらったことないわ~、と少し驚かれたので、なんかの拍子でふと 伝えたくなったのだろうか、と今になっては思い返すだけです。

近親者のみで、と伝えられた葬儀は簡素で、清々しく、亡くなられた方を思う人たちで、その人たちの思いが満ちていて、今まで私が参列してきた中で「私もこういうふうに、、、」と思わされたはじめてのものものでした。
きっと大先生のお人柄、なのでしょう。

最後のお見送り
能楽師さんたちの 低いけれど力強い、 謡 に送られて 大先生は旅立っていかれました。

私は浅いご縁でなにも存じあげず こんなことを言ってはいけないのかもしれないのですが、その道を生き切った方、と感じました。

真似なぞできないけど、そんなふうに思える先人に出会えたことは 幸せなことです。
大先生 ありがとうございました。
[PR]
by fuko346 | 2013-03-27 19:09 | おもいつれづれ | Comments(4)

友枝昭世さんの求塚

大阪の大槻能楽堂へ (遠い、、、)

・2013/03/23(土) 14時開演
大槻能楽堂 日本探訪 日本の歩んだ道・日本人の想い「求塚」

まずお話が45分「万葉集の世界は」中西進

能「求塚」

友枝昭世(シテ)
内田成信,大島輝久(ツレ)
福王茂十郎(ワキ)、中村宜成,是川正彦(ワキツレ)
小笠原匡(間)
赤井敬三(笛)、成田達志(小鼓)、河村大(大鼓)

友枝さんのお能をみたくて大阪まで遠征。
往復5時間弱かかるので、よほどのことが無いかぎり大槻能楽堂へはまいりません。

う・・・・ん
どう言葉にしたらいいのかわからず
帰り道 頭がぐるぐる

感じたのは シテは 莵名日少女 一人の人格ではない、ということ。
と、友枝さんが演じていたのだろう、こと。

なぜ 莵名日少女は最後 塚を求めて そこを安住の地と戻っていくのかしら。

あの 痩女の面とともに、ずうっと記憶の底にあり続けるであろう 求塚、でした。
[PR]
by fuko346 | 2013-03-24 16:49 | Comments(2)

第58回 同明会能

京都観世会館にて同明会能

京都囃子方の皆さんが中心となった会、です。
チラシに この国のクラシックを知らない人へ とありますが、本当にそう思います。
この国にはいい音楽がある!

私がたらたら説明するよりも サイトがありますので興味のある方はご覧くださいませ。
今日の番組も出ています。
同明会サイト

今日は観世、金剛、宝生と、各流派の皆さんが出演なさっていて見応え、聞きごたえがありました。
とくに宝生の謡は、ふわっと花が開くような柔らかさがあって、少なからず驚いたのでした。

お囃子は、もう うきうき堪能いたしました。
お若い方のきりとした勢いのあるもの、熟練の味、どれも素敵!
おっと、上の流派はシテ方の流派で、囃子の笛 小鼓 大鼓 太鼓もそれぞれ流派があります。
それが一堂に会しての上演ですから、能の音好きにはたまらないのであります。
あと、お囃子は流派が同じでも、皆一人一人 音が違います。お能を見始めたとき、一番最初に気になったのがそのことで、はてな? なんでこんなに違うのだろうと思ったことでしたが、お稽古するようになって、さらに良くわかるようになりました。

お囃子 聞いてると身体がリズムをとって動いてしまうので困ります、おっといけないと小さく足咲きだけを動かしているのでありました。

楽しい時間をありがとうございました。


a0236300_23273954.jpg

きもの 本場結城 阿波藍で染めた糸を使ってあり、その美しさに目がくらんで手に入れたものです
帯   藤山さんの吉野間道

帯と帯じめの色が飛んでしまって 藤山さんには申し訳ないです、もっと美しい帯です。
帯締めは空色なんですが、、、。

久しぶりのきもので能楽堂。
うれしや うれしや。


根付は 木でできた小鼓。大鼓を探しているのですが これ、というものにまだ出会いません。
[PR]
by fuko346 | 2013-02-23 23:34 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(8)

それなりに 大鼓 改良版

a0236300_11405136.jpg

以前 先生からいただいた皮、を使ったそれなりに大鼓練習用をアップしましたが、あれは打っているうちに、かくっと胴に見立てた竹がはずれてしまうので 改良しました。

はてな~~~と考えた末に思いついたのが、胴に似ていなくもないお椀。
使っていないお椀を装備してみると、いい塩梅です。

本物の胴が入っている ちゃんとした大鼓とは比べようもありませんが、お椀に音が響き、手が入った時の音、がわかります。
初心者の練習用には十分なのでした。

これでしつこく練習しますと、先生にお稽古で言われたことがよくわかり、はぁはぁと納得するのでした。
納得しても できるかといえばそういうわけではないので悲しいのですが、そのうちになんとかなるかもしれない、と思い始めました。
それまでは、???のてんこ盛りで、これは無理かもしれない、と感じていたのでした。

思い返せば お能が好きになってご縁でカルチャーセンターでお謡をかじり、またご縁でお笛をかじり、またまたご縁で今は大鼓です。
あはは、無謀だ。
老化の坂を転がり落ちているときに始めるものではありませんなあ、と今頃思っています。

少しわかりかけてきましたら、お手本を見ずに 暗譜しましょ、という課題に突きあたりました。
はあ。。。。
謡を覚えるのは短いものならどうにかなるし、お笛もメロディーがあるので必死になればなんとなったのですが、大鼓は謡の間、に囃すものなので、もう丸覚えするしかありません。
はあ。。。

なんたって記憶力というものが ぼろぼろなので、ため息しか出ませんが、やるしかありません。
ぼつぼつ いきましょう。

*大鼓(おおつづみ または おおかわ)能のお囃子に使います。小鼓でも太鼓でもありません。
[PR]
by fuko346 | 2013-01-21 12:11 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)

能楽大連吟 2012年

12月23日(日) 京都コンサートホール ムラタホール

「謡でつなげる、にっぽんのこころ」

能 高砂 の地謡(バックコーラス)を素人170人でうたってしおまおうという、ある意味無謀な取り組みに参加してきました。

おめでたいときに、「たかさごや~~~ このうらぶねに~~~ ほをあげて~~~」を、お聞きになったことのある方は多いと思います。
そのおめでたい曲を、お能を知らない人も知っている人も、謡を習ったことのある人も、聞いたこともない人も、老いも若きも、誰でも参加OKの、とっても太っ腹な催しです。
お能は、敷居が高い、と思われている今、この取り組みを考えて実行され、指導されている能楽師の皆さんには、頭の下がる思いです。
大変、ですもの~。 お能って、いわゆる楽譜、はありませんし、指揮者もおらず、それを一から教えて合わせて謡えるようにするのは至難の技ですから。

大連吟のあることは、数年前から知っていましたが、練習の時間がとれないだろうと危惧して、参加をためらっていました。でも、そんなことではいつまでたっても、参加できないので、今年は、えいっ、だめなときはそれまでよ、と参加してみました。
東京行きの合間を縫って、おやすみがちではありますが、初めは「こんなの覚えられないわ」と思っていた謡も、ラストスパートでどうやら 覚えられ、当日も無事 参加することができました。

今回は5年目、ということもあり、高砂 ほぼ全曲を演じて、地謡に素人が参加する、という形になっていました。
はい 装束もつけ囃子方も狂言方も総出演であります。
ホール舞台後方、半円形にずらっと、素人地謡軍団が並んでいるので、能楽師さんたちは、舞うのも、囃すのも、なかなかご苦労なことだと思います。

謡うのはとっても気持ちが良くて、それは幸せなことなのですが、私は、正面二列目の立ち位置になったので、目の下 すぐに囃子方の皆さんが並んでおられ、舞も囃子もすぐ 後ろから拝見するという、滅多とない機会に恵まれました。
これはとっても 面白いのでありましました。

170人が謡いますと、さっぱり囃子の音がかき消えて聞こえません。どこで間をとっていいのかわからなくて困りましたが、全体の声に合わせるように努めてみました。

とても楽しい時間を味わうことができ、御指導くださった先生方、お世話いただいた方にお礼申し上げます。
来年は 12月22日、と決まっています。
この催しは、参加してこその面白さ、ちょっとでもご興味のある方はどうぞ、参加なさってみてください、来年は、大阪でも教室が開かれるようです。

お能は、とっても面白い!

能楽大連吟の今年のサイトはこちら

a0236300_1222439.jpgご指導いただいた能楽師、当日シテを舞われた深野貴彦先生と打ち上げにて ちゃっかり記念撮影。
(ち、近い、、、ワイン一杯で酔っぱらっていたので失礼 お許しください)
[PR]
by fuko346 | 2012-12-25 11:45 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(10)

井上同門定期能楽会12月公演(2012)

観能 覚書。
久しぶりの舞台、、、いったい この前はいつだったかしら。
チケットをいただき、喜んで京都観世会館へと急ぐ。

素謡 玉鬘 
能  龍田 
狂言 寝音曲
仕舞 野宮 船弁慶
能 菊慈童

半日を楽しませていただきました。
印象に残ったのは 片山幽雪さんの 仕舞 野宮。
凛とした気配が 舞台から降りてくるようで 気持ちよく拝見することができました。

能楽堂を出れば さらさらと小雨が降って すでに暮れかかり、その中を歩いて帰ります。
この日は急いで帰る必要がなかったので、まあ、京都駅までぼちぼち行ってみようと思いました。

a0236300_18561397.jpg
別に道を決めるわけでもなく 師走の暮れかかる京の町を駅方向へ見当をつけて、お散歩しながら。
いつのまにやら 宮川町にでたときは、石畳濡れてそこにともる提灯の 美しいこと。

と、何回か行ったことのあるお蕎麦屋さんの近くにでたので、一人蕎麦。
夜ご飯を一人で食べることは滅多とありませんが、そんなことではいかん、と意を決するほどのことではありませんが。

お腹一杯になって、また 京都駅まで歩いて帰りました。
京都って 歩けるのですよね、むろん、今日はきもの ではありませんでした。

計画だけは あれこれしている一人旅にも 出たいものです。
[PR]
by fuko346 | 2012-12-03 18:59 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(6)

鬘帯 かずらおび

a0236300_12251437.jpg

お能の衣裳 小物は みな美しいのですが、この鬘帯はその中でもひときわ目立つものではないか、と感じています。
この細い一条に込められた手仕事には、ため息しか出ません。
能装束展や虫干しを拝見しに行っても、いつも じいっと見つめてしまいます。
それを、つけていただきました。
とってもうれしくて うれしくて。
a0236300_12304059.jpg

それも、おそれおおくも 能楽師の山井さんに。
で、満面の笑み、です。(ちしゃねこが笑ってるみたいですが)
a0236300_12354337.jpg

なお おそれおおくも このような風体にもかかわらず 小面もつけていただき、仕舞の基本のき、をほんの少々教えていただきました。
お仕舞をお稽古するつもりはまったく無いのですが一度は 体験してみたかったので、これもうれしくてうれしくて。
面(おもて)をつけたときの視野、というのを能の本など読みますとよく出てくるのですが、想像のしようがありません。

おお こう見えるのか!


山井さんの舞もお話もとても美しく 興味深く 楽しませていただきました。
若手の能楽師さんたちが あちらこちらでお能のワークショップをお忙しい中(能楽師さんはほんとにお忙しいので)、なさっているのにいつも頭が下がります。
この国の誇るべき伝統を、芸を、たくさんの人に知ってほしい、という気持ちが伝わってきます。

山井綱雄さんの公式サイトはこちら

この講座の開かれたのは こちら じざいやさん

a0236300_12555851.jpg おまけ
それで まあ じらいやさん です。

きものを着て行けなかったのが 返す返すも残念です。
山井さん じざいやさん とても楽しかったです、ありがとうございました。
[PR]
by fuko346 | 2012-11-08 12:40 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)

能楽大連吟 2012

a0236300_1705819.jpg


画像はお知らせハガキの一部です。
み~~~~んなで 能 高砂をうたおう!

この催し 数年前から面白そうだなぁとサイトを見ていたのですが、今年 申し込んでみました。
山里から出て行って たくさん人と会って、大きな声をだすのが 今の私にはいいんじゃないのかしら、と。
全体で集まって 説明会とお稽古、といっても100人以上の人が、先生のあとについて謡う、だけですので てんやわんやの様相で、これから始まる少人数稽古で、少しずつ形になっていくのではないかと思います。

能 高砂 の一部を謡います。

暮れの恒例になった感のある たくさんで歌うベートーベンの第九、のお能バージョンという説明を聞き、なあるほど、と思った次第です。

例の たかさごや~ だけ謡うのかと思いましたら、けっこう謡う部分は多くて、覚えられるかどうか、かなり怪しいです。
まさに老若男女で ありまして、そのうえ、な~んにも知らない人から、けっこうな手だれ、最初から参加して5年目、と、参加は様々です。
先生方のご苦労が いまから察せられるのですが、こういう取り組みをしようという京の若手の能楽師さんたちの心意気が、うれしいです。


で、折々 お笛を吹いて 大鼓(もどき)を よ~~~っと打って、大声で謡をうたっているのでありました。
なのに お能の舞台にはとん、と行っていないことを反省 しきり。

サイトはこちらです
くわしくはこちらをご覧くださいませ
[PR]
by fuko346 | 2012-10-21 17:21 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)

能の音

a0236300_13212115.jpg


これは何かと申しますれば
お能のお囃子に使う 大鼓(おおかわ)でございます。
あ、の、ようなもので、練習用、私作です。

皮は、フライパンを使って練習していると聞いた師匠が、古い使わなくなったものを下さり、それに裏庭で切りだした竹を胴の代わりに、紐は工具で、あと古い帯締めをかけてみました。
むろん、音、は期待できませんが、持っているたたずまいと、打つ時の手の感触は同じですので、フライパンとは比べようもありません。
ありがたいことです。

お笛は師匠の体調不良のあと、京都のお稽古場がなくなり、こちらの不調もあって考えた末に休止と相成りました。
家で、今まで教えていただいた曲をときどき吹いては お笛の機嫌をとっています。気力やらあれやこれや、今よりも上向きましたら またお笛は再開したいと思います。
お笛の音は大好き ですから。

6月来の不調でお稽古はもとよりすべて お休み 生温かい崩れた豆腐が頭に詰まったようになり、ぼうっとしていましたが、今月よりぼちぼちと動き出し、大鼓のお稽古も また一から始まりました。
お笛もですが、大鼓なんぞと自分が稽古しようとは、思ってもいなかったことで、ご縁に感謝しています。お友達の素人会に行き、お稽古の見学に行き、やってみようなんて だいそれたことをしてしまいました。

お能を初めて見たときは、大鼓の奇声(失礼)にびっくりしたものですが、いやはや わからないものです。
師匠は私の不調を察してくださり、家でのお稽古は無理せず、お稽古場で稽古するつもりでいらっしゃいと言ってくださっています、まずはお稽古場に辿り着くことを目標に ぼつぼつ 続けていきたいと思います。

聞いていると ふるふるしてしまうくらい 能の音が好き。
なんなんでしょ。

あ、そうですね、ちょと説明。
鼓、と聞くと小鼓を思い浮かべる方が多いのではないかしら。肩の上に構えて、ぽんぽん、というあれですね。
大鼓は 小鼓より大きく、膝上にすえるようにして打ち下ろします。
[PR]
by fuko346 | 2012-10-17 13:51 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)

ワインに布に謡に またワイン

6日 ほぼ四か月ぶりに どっぷりお遊びで京へ。
なので、この取り合わせを用意しましたが、ちと問題が起きて着て行けませんでした。
近いうちに 着用予定ですが、せっかく用意したのでアップしておきましょう。
a0236300_18131941.jpg
単衣紬に首里花織の帯。
葡萄の根付は 夜に伺うつもりの場所にちなんで付けたのですが、残念なことになりました。

a0236300_18155695.jpg
お友達と京都文化博物館で待ち合わせ、近くのなじみのお店につれていってもらってランチ。
長らく引きこもっていたので、快気祝いじゃ、とグラスワインを一杯。
ワインを飲みつつのおしゃべりも久しぶり うきうき。はしゃぎすぎてしゃべりすぎてしまったかも。

その後は 某呉服問屋さんの催事へ。
美しい布を見ては あててみたり それがいいの あっちが似合うの。
ここは ほぼ放置、なんですがとても気さくに相手をしてくださるので時間を忘れてしまいます。
あ、たいへん 時間が無い、急いで移動。

本日のメイン、
謡講 京の町家で謡を楽しむの会場 弘道館へ
メインの謡は 大原御幸 
部屋の明かりを落として聞くうちに、庭の水の落ちる音、虫のすだく音が、しみじみと抑えた謡とあいまって 秋深い大原の里を彷彿とさせます。
昼の部では そんな音は気がつかなったとのことですから、やはり謡講は夜の部がいい、と改めて思ったことです。ひさしぶりの 謡講 堪能させていただきました。

それからこの立派な町屋を守るべく 代表になっている方に、お話を少し伺いました。
次々に町家がビルに変わっていく京都、応援したい取り組みです。
弘道館のサイトはこちら、です。

さていつもの謡講のあとは、空いたお腹をかかえて一時間半、帰途につくのですが、今夜はお迎えをお願いすることができたので、お友達と、こちらへ伺いました。
a0236300_2343867.jpg

 ワインバー・カヴァレッタ
ワイン好きが高じて ワインバーを開いてしまったお知り合いのお店。
地下鉄 烏丸鞍馬口からすぐの便利のいい場所、美味しいワインを良心的な価格で提供してくれます。さくさくっと作ってくださる軽いお料理と共にワインを二杯、またまたおしゃべり。
楽しい時間でした。

私の中での復活の日、贅沢な時間を過ごすことができました。

ところで、、、
この日の予定には入っていなかったのですが。
a0236300_23532521.jpg

総絣の手仕事に目を奪われ、柔らか物中心のこの問屋さんでは、あまり手にとる人もいるまい、とこの子が不憫になっておもわず抱えてしまいました。
もう買ってはいけないけど、あえていうなら必要だからいいものがあったらいいかしらリストにも入っていなかったのに、、、目が合ってしまうといけません。
またまた趣味に走ってしまう私。
白鷹お召でございます。細い縞のものは一枚あるのですが、着心地いいのですよね、白鷹のお召。だって 総絣が、、、あ~言い訳しています。 ふわ~。
破滅的人生かもしれません。

危ない心のありようでワイン飲んで 行ってはいけない呉服屋さん、とはわかっていたのですが、ここまで地雷を踏むとは、、、、ああ。
でも 元気でてきたし ま いいか。
(誰か止めて)
[PR]
by fuko346 | 2012-10-08 18:25 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(13)