月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きものでおでかけ ( 150 ) タグの人気記事

上七軒で落語

a0236300_12521170.jpg


落語には興味があるものの、なかなか聞きに行く機会はありません。
この日は、襲名披露上七軒というロケーションであるという魅力的なお誘いを受け、喜んで行ってきました。

桂こごろう 改め 桂南天さんに。
襲名披露、だからでしょうか出演の一門の皆さんの落語にも力が入っていて、聞きごたえがありました。
実のところ、落語はお江戸が好きで、上方は、、、と感じていたところがあるのですが、この日は大いに米朝一門に楽しませていただきました。

南天さんの落語、ふと枝雀さんを感じさせるところがあるなあ、とまったくの門外漢ながら感じ、それにとってもまじめだなあ、師匠の南光さん仕込みかなあとか思い、、、襲名を拝見するのは何かのご縁、応援させていただきます。

a0236300_12582164.jpg
このあたりは、けっこううろちょろしていますが、上七軒の歌舞練場に入ったのは初めてです。
京の花街、どこもこの紅い提灯が 艶と華やぎをかもしていますね。
花街自体も、歌舞練場も小じんまり。
そこが魅力かもしれません。


a0236300_1355963.jpg



お昼は くろちくさん で。
京町屋の庭を眺めつつ、美味しいお食事をゆったりといただきました。
ほぅ~。











時間に余裕があったので、久しぶりの 弓月さんに寄ってあれこれと見せていただきました。
こちらのイベント、魅力的なものが多く、お知らせをいただいては、行きたいなあと思いつつ、時間が合わずにもうずいぶん長いこと、伺っていませんでした。

西陣、北野天満宮あたりは、少し中心地から外れていることもあり、静かな落ちついた京都、を楽しむことのできる場所です。
きもの関係のお店もいろいろあるので、きもの好きさんにもおすすめです。

弓月さんのサイト


半日、美味しいもの、きれいなもの、楽しいお話、堪能させていただきました。
ありがたいなあ。。。


a0236300_13232015.jpg
きもの 経錦 誉田屋 単衣
帯   首里花織
[PR]
by fuko346 | 2012-05-30 13:26 | おでかけ | Comments(10)

久方ぶりの集い

a0236300_13423695.jpg
さて ここはどこ。

超ろーかる鉄道 信楽高原鉄道の某駅 桜が咲き始めていました。
夕方からの集まりに、お酒が入った場合の交通機関、悩んだ末に、最寄のこの駅からことこと ことこと公共機関を使って京都に出て行くことにしました。
小旅行としては楽しい道のりですが、車を使う場合と比べ、時間 経費、倍増です。
日本中、こんな不便な地方がどんどん増えているのだろうなあ、たとえ一時間に一本あるかないか、10時には最終になったとしても、単線でジーゼルでも、鉄道があるのは恵まれているほうだと思います。


「乗って残そう 高原鉄道」信楽にぜひおいでの節は この鉄道に乗ってくださいませ。
遊びにくるには、景色も楽しく、おすすめでございます。


a0236300_13494890.jpg
出かけた先は、
Normandie ノルマンディ 河原町店
京都市中京区河原町通御池下ル一筋目東入ル

お友達が予約してくれたのですが、美味しい~、お気に入りです、また近々まずはランチに行ってみましょ。
しかし、この場所すいぶん歩いていたのですが、ここにこんな店があるとは知りませんでした。

集まったのは某がん関係のML仲間、ドクタと患者たち。患者といっても あ~半プロ、というべきでしょうか。一体何年 会っていないかしら、という関係でも、深い時間を共有したことのある関係というのは、ありがたいものです。
いちいち報告せずとも、それぞれがそれぞれの時間を超えてきたことは それぞれに感じており、他にはない、得難い関係です。
次はいつ会う、会わないかも、それでもあなたはそこにいる。

少なくても、自分たちが再発もせず、生き残っていることを喜ぶ会、ではありません。
ドクタの上洛に合わせ、あわただしく決まった集まりに声をかけてくれて ありがとう、楽しい時間でした。


a0236300_14234491.jpg
花冷えの京都。
木屋町の桜はすでにほとんど散っていました。
先日 紹介した たんぽぽ わらび帯、この寒さなら、ちりめんのほっこり感でも、ちょうどいい、とやっとこ 使うことができました。
何年 箪笥に眠っていたのかな。

真綿の紬にしよかと感じるほどでしたが、季節がらきものは大島。

きもの 藍大島 袷
帯   ちりめん九寸名古屋 (野口)

色がとんでいますが、帯揚げはレモンイエロー 帯締めに名残の桜をこめて ピンクを使っています。

薄手の道中着を着て行ったのですが寒かった 袷のものにすれば良かったと、ローカル線のホームで寒風にさらされながら思ったことでした。
[PR]
by fuko346 | 2012-04-16 14:32 | 美味しい場所 | Comments(6)

上野 韻松亭

a0236300_23234664.jpg


八日 満開の桜の上野公園。
桜は美しけれど、その下の人出は目を疑うばかり。

かの上野の花見を一度はしてみたいけれど、東京にいた時分にも訪れたことはなく、今回、優雅な料亭での宴に混ぜていただきました。

a0236300_23272252.jpg
風雅な料亭の二階にて、外の喧騒をよそに、二階から桜を眺めつつ 美味しいお弁当をいただきます。
おきものつながりのお友達の年に一度の会は、お正月からの予約とのこと。
さもあらん、このロケーションは絶好です。

人ごみ怖い、の人なので、駅からまっすぐ韻松亭へ急ぎ、帰りもまっすぐ駅へ。
桜はちらと横目でみただけですが、こちらのテラスで十分に咲き誇る桜を堪能させていただきました。
集う皆さまの装いも目の保養。
集合写真をお目にかけられないのが残念です。

a0236300_2334739.jpg
お部屋の雰囲気なりと、、、
きものがぐしゃぐしゃでお目汚しですが。

美しい時を ありがとうございました。











a0236300_23372010.jpg
きもの 牛首紬 袷
帯   櫛織 しゃれ袋 洛風林
帯どめ さくら

花が咲いては桜柄のきもの 帯は使えないので(個人的意見)帯どめに 桜、を使って。
生地の質感と、色、で桜の頃に出番の多いきもの、です。
[PR]
by fuko346 | 2012-04-11 23:43 | 美味しい場所 | Comments(2)

全削除

デジカメの画像、弐年分くらいを全削除してしまったもようです。
あらまあ、、、困った、、え、いえ そう困ってもいない自分に、そうかそういう時期なのかも、と思います。

清々しい、というのとは少し違うのですが、あるものは消えるのは道理なので、ふむふむそうか、消えたかったのか、なんぞとむりくりこじつけています。

撮ったものはきちんと整理、保管しなくてはいけませんね。
という天の声、と聞くことにします。

ということで画像がありませんが、24、24日は、ワインつながり きものつながりの仲間、の中心にいた京の染め師さんの一周忌とて、全国から集まった皆さんと楽しい時を過ごしました。
一周忌にちなんでの集まりに楽しいはないだろう、ではなく、その方のお人柄できっと一緒に楽しんでくれていただろうと、皆思っているのではないでしょうか。

集まりは イルギオットーネ クチネリーア  で。
彼の作品を身に纏った皆と美味し料理にワインに会話。
あんなことも こんなことも、あったね。
あのきものは彼女のところへ、あの帯はあの人のところへ、それぞれ個性にあったお似合いの場所へ収まっているのに納得します。

富夢さん 良い夜をありがとう。

以下 時系列で備忘録です。

まずはお仲間の河野夫妻の そめ・二人展へ。
工房のサイトはこちらです
(ごめんなさい 宣伝写真 消しちゃいました)

そこで数人の仲間と出会って ちょうど展示会をなさっていたkimono gallery 晏さんの会場へ。
たくさんの美しいものを見せていただきました、お世話になりました。
 ・サイトはこちら 

そしてメイン会場のギオットーネへ。

翌日は、ランチを先日伺って気に入った 菜の菜さん でゆっくりといただきました。
ご一緒したお友達も満足していただいたようで 良かったです。

その後、これまたお仲間が展示会をなさっている 三条堀川のギャラリーへ伺い、作品を拝見しました。

と書いてみると、美しい作品と美味しいもの、ひさしぶりの邂逅と、贅沢な二日間だった、と改めて思います。

えっと、お友達の美しい着物姿をおさめた写真も消えました。
またまたごめんなさ~~~い。

あ、そうそう。
この日は↓の 本場結城無地(胴抜き仕立て)と桜帯 (紬地 生駒暉夫さん作)でした。
富夢さんの作品で手持ちのものは単衣 夏もの、なのでこの日は使えず、工房で染めさせてもらった、半襟と帯揚げを使って彼を偲んだのでした。
そのときの記事はこちら。
旧ブログ
[PR]
by fuko346 | 2012-03-26 17:13 | 美味しい場所 | Comments(6)

義援能

13日(火) 京都観世会館

東日本大震災第二回 義援能 (二部)

舞囃子 仕舞 

能は 養老 シテは井上先生

急な舞と囃子に、身体の細胞とこころが、わくわくとなり。
いつしか自分が ここでないどこかはろばろとした場所で舞っているような気分になってきて、心地よい。
たぶん おそらく こういうものが能の面白さなのかも、と感じた夜でした。

この催しは全額 震災への寄付になるそうです。
一年 二年 とことさら区切るこもぜず、他に起こった災害や苦しみにも、あたう限り気持ちを飛ばして、できることをしていこうと思うのでした。

ところで。
今夜の能楽堂は 今まで経験した中では一番 いい感じでありました。
見所の気持ちが やはり常とは違っていたように思いました。

もうひとつ。
記憶力がとみに落ちております。
存じおりの方にすれ違っているような、、、知らんぷりをして失礼をしているのではないかと恐れております。
一度 二度 短いお出会いや大人数の会では お顔が覚えられないのです、お許しあれ。



a0236300_11523552.jpg
きもの ほぼ久米島紬 袷
帯   丹波布 九寸名古屋

目立つのやだな、、、という気持ちがあって、少しずつ払拭しつつはあったのですが、最近、自分の着たいもの着よう、と思うようになりました。

以前なら えっというような黄の帯締と、桃色帯揚げの取り合わせ。
寒の戻りでとっても寒い夜でしたが、春 なんですもの。
[PR]
by fuko346 | 2012-03-14 12:02 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)

目の保養、、、かな

a0236300_23255172.jpg
ご案内をいただいて、大店のこちらの催事へ。

おきもの さわさわしているときは、いっときでも気鬱を忘れます。
きれいなものをたんと見ました。








a0236300_23281836.jpg

折りしも今日から、伝統産業の日がはじまり、市バス・私営地下鉄が、きものを着ていると無料になります。
他にも特典がたくさんなので、20日までに、きもので京都においでの方はパンフレットをぜひ手に入れてくださいね。

山から出て行くと、交通費もばかにならず、、、ということで来週はこの無料券を握りしめて、二回、京都観世会館へ行く予定にしております。




a0236300_23323571.jpg
きもの 結城紬
帯   塩瀬染め帯

先日と同じきものになってしまいました。
この帯、昨年のこちらの催事で求めたたお買い得品。
趣味に走り過ぎて、ちょとしたときの帯が無く、この帯なら何にでも合うかしら、のつもりだったのですが、なんと、手持ちの紬にとっかえひっかえ乗せてみたけど合いません。
どうということない帯なんですが、きっぱりした横縞模様というのはけっこう気難しいのですね。
でも、そのきっぱり、が好きなのだから仕方がありません。






以下 つぶやき。

きもの着て、とんとん とんとん 草履をつっかけ京の街を歩く。
心地よい ひとときを味わうことで、こころの重さを軽くする。
だいじょうぶ だいじょうぶ ここまでやってきたのだもの、だいじょうぶ。
もう少し もう少し、きっとそう遠くないいつかに 空が明ける。
[PR]
by fuko346 | 2012-03-10 23:46 | 今日のきもの 冬 | Comments(0)

御池あたり 右左

今日はけっこうな雨降りで、春が 春が、と聞こえます。
昨日は ぽうっとゆるい空気のお出かけ日和。

a0236300_15403025.jpg
パスタコレクションハウス道月
京都市中京区押小路通麩屋町東南角橘町616

久しぶりにランチをご一緒するお友達と、気楽なところをネットで探して行ってみたら、あら、ここは前はお蕎麦屋さんだったところではないですか。
京都も変化が大きいですね。

気楽なランチにはちょうどよく、たくさんおしゃべりいたしました。

a0236300_15455229.jpg
お腹いっぱい 良い気持ちで、こちらへ。
文化博物館で行われていた 北斎

この人は 天才だわ、、、と改めて思います。
緻密なデッサンの元からの、躍動的なデフォルメ。
ぴたりと決まった構図。
目をあらうような蒼。

そのまま写実したのではないのに、これ以上はないようなリアリティ。
写真よりも、本物を伝えているのではないかしらん、と感心してしまいます。

でも、人が多くて、ゆっくりは拝見できませんでした。
空気が、、、だめになってきています。
困りますね。

a0236300_1553551.jpg

二条駅に地下鉄に乗って。
例のきものが仕立て上がりました。

縫い紋もきれいに仕上がりました。









またまた地下鉄に乗って御池付近へ。
大鼓(おおかわ、 たいこ、ではありません)のお稽古一回目。
楽しい、、、、。

お笛は先生の体調不良で、京都のお稽古場がお休みになっています。
そんなこんなで、こちらはしばらくお休みにする予定です。

最後には京都市役所前から地下鉄で山科駅へ。
はい、東西線にそって右左していた一日でした、先輩方のお稽古を拝見していたので、帰宅は8時近くなってしまいました。


a0236300_162917.jpg
きもの 結城紬
帯   木綿 九寸名古屋
帯どめを 椿にしようか梅にしようか迷って、どちらもちょと遅いけど、椿をつけたくて選んだ装い。
気楽な一そろいです、らくちん らくちん。
[PR]
by fuko346 | 2012-03-09 16:11 | 今日のきもの 冬 | Comments(4)

大徳寺 月釜

a0236300_23102847.jpg

紫野 大徳寺山門
毎月28日に、いくつかの塔頭で釜がかけられます。
いつか参加したいと長いこと思っていましたが、今回 お稽古場の先輩に誘っていただいて実現しました。

表千家のお席に三席 入れていただいて亭主の季節の趣向をこらした道具立て、美味しいお茶にお菓子を味あわせていただきました。
京では名だたる名刹で自由に参加できる茶会があちらこちらで開かれていて、ありがたいことです。

茶席そのものの喜びもさることながら、観光客では入れない場所にすっと入ることができ、ごく普通にいろいろ見ることができるのも、とてもうれしいことです。

今回一番目に残ったものは、一休和尚 自筆、と伝わる一幅のお軸。
おおどかな 自由な筆、に見えました。
その人に会ったような気持ちがすることは、あまり起こることではありません。

a0236300_23232131.jpg
日常とはまったく違う時間が流れて 楽しいことでした。

こういうお茶会、今までは、気楽に考えてけっこう紬なども(むろん格子やいかにも、の絣柄ではありませんが)着て行きましたが、今回はなんといっても大徳寺、姉弟子さんたちもご一緒なので少々改まった装い。




a0236300_23372727.jpg
きもの 縫い一つ紋 
江戸小紋 大小霰
帯   織名古屋

きものの色はこの二枚の中間くらいです、光の加減でまったく違う色になってしまいます。

皆さんどのような装いなのかしらと興味深々だったのですが、訪問着からつけ下げ 小紋 色無地、紬のあっさりした訪問着、などさまざまでした。
さすがだったのは何百人という参加者だったと思うのですが、洋服の方が少なく、素材の違いはあっても、それぞれに茶席の雰囲気を大事にしたお着物姿で、それも楽しませていただきました。
やはり大徳寺の茶会、なんて感心してしまったことでした。
[PR]
by fuko346 | 2012-02-29 23:48 | お茶会と稽古 | Comments(8)

緑に満つ

a0236300_10143790.jpg
時折 美味しいものを食べましょうね、という料亭クラブの三人で、瓢亭別館へ。
本館は予約が取れず、まあ 一度行ってみましょうということで、こちらへ伺いました。
以前からこちらの 朝がゆ、ではなくて冬だけの 鶉かゆをいただきたいと思っていたのですが、それは来年に早くから予約を入れようと、気の早い話をしたのでした。




こちらのお昼のメニューは松花堂弁当のみ、です。
かの 瓢亭卵に うむうむ、なるほど、、、。
一番奥のお庭がきれいに眺められる席で、四方山話。

この前の道は、いろいろな想いを胸に何度も歩き、瓢亭も横目に見ていたので、別館とはいえ、その中でのどかに食事をしている自分が、なにか絵空事のような、不思議な気持ちがしました。

あの自分 この自分。
あのときの私、そのときの私。
まるで違う人のように感じてしまう、またはなっている、のを、それらをみな見ている自分がおかしがっています。

それはともかく、名店瓢亭の一端を味あわせていただきました、御馳走さまでした。

a0236300_1027070.jpg
きもの 草木染め紬 大高美由紀さん作
帯   ひなや   しゃれ袋帯

どれを一番、といってしまっては手持ちの品々に失礼だけど、このきものはやはり 一番 愛しい一枚です。
この作品は、きもの、と作者がほとんどだぶってみえ、その想いに、力を貸してもらえているような、そういう心持がします。












・一人言コーナー
長きにわたる訓練のせいで、うち倒れてはいませんが、おそらくかなりの重症の今、私を支えているものの一つです。
[PR]
by fuko346 | 2012-02-20 10:34 | 今日のきもの 冬 | Comments(6)

松竹梅の帯

2月28日(土)大鼓の会へ

a0236300_18404172.jpg
きもの 月見草染め 無地真綿紬 霜垣さん作
帯   ちりめん染め九寸名古屋 

バックに溶け込んでまっくろけに写っていますが、海老茶の濃いの、濃い紫とも見える色です。






a0236300_18432117.jpg





帯も上では白く写っていますが、薄い薄い紅色。
前帯の柄は白ぬきのみで、あっさりしていますが、お太鼓には金 銀の縫いが入っています。

このあっさりさが私の好みで、とっても気に入っています。
でも、松竹梅で金銀となれば、お正月かお祝いか、にしか使えないような気がして、そうそう登場していません。

今日はまだ一月だし(お座敷にも 松 が 飾ってありました)、お友達のお祝いでもあるので、ぴったりではないか、と使いました。

帯締めもちらり、と金糸の入っているものにしました。
いかがでしょ。
[PR]
by fuko346 | 2012-01-30 18:50 | 今日のきもの 冬 | Comments(8)