月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きもの袷 ( 65 ) タグの人気記事

利休さんの 茶杓

お声をかけていただいて お茶事へ。

御亭主の御趣味で ダイナミックなお茶。
それとお道具が、、、
利休さん作のお茶尺を使ってお茶をたて じかに 拝見。

その薄いこと 軽いこと 端正なこと 麗人です。
ほんに美しい。
繊細な方、だったのですね。
待庵で感じた あのすーっと 時間が静まって時が遡っていくような感覚を覚えました。

お茶会もいろいろありますが、とても楽しませていただきました。
お道具 たくさん拝見させていただいたのですが、良いもの、を見て手にとって、それって力になります。
きもの、と比べてはいけないけど、同じところの 喜びが刺激されるなあ、と。

詳しい内容は省略。


a0236300_23213034.jpg

a0236300_23221697.jpg

今日のきもの。
色目は上のものが近いです。
きもの 浜紬 型染め訪問着
帯   洛風林 袋帯

このきもの、久しぶりに陽の目を見ました、虫干しになったかな。
けっこう好きなものなんですが、そうそう出番がありません。
[PR]
by fuko346 | 2014-12-23 23:27 | お茶会と稽古 | Comments(10)

白トリュフ と ウフィツィ (2014秋 東京3)

a0236300_10412081.jpg
東京都美術館
a0236300_10434825.jpg
今回の上京では こちらを楽しみにしていました。
東京の展示では ものすごい人出、が、多いので心配していましたが 夕刻から入ったせいもあるのか、元々日本で有名な絵がきていないからなのか、ゆっくり見て回ることができました。
数年前に訪れた ウフィツィ美術館 あんまりすごすぎて圧倒され、ほわんとしたまま見学時間が終わってしまいました。 あそこは三日間くら 一日中 見ていたい場所です。再訪を期しているのでした。
今回の展示は フィレンツェ画壇、というべきものが時代を追って展示され 展示品も少なかったので、頭の中から はみ出てしまうこともなく、堪能できました。
期待していなかったのですが、メディチ家の人々の肖像があって うれし!
こんなに小さかったのか。
おおきなロレンツォの画は確か二枚くらい見たけれど この小さな 有名な画は探せなかったのでした。
歴史を彩ったそれぞれの人の肖像を見ながら その時代 人々の想いに しばし気持ちを遊ばせてみました。

行って良かった。

で、この夜は この数年 年に一度くらいは 行かせてもらっている 神谷町のダ オルモへ。
a0236300_10573190.jpg

白トリュフ 削ってます、サクサクさくさく てんこ盛り。
うふ、素晴らしい香り。
a0236300_1115711.jpg

ジビエの時期とて お肉は 仔イノシシ。
あれやこれや 好きなものを好きな量、合うワインも贅沢に出していただいて、美味しい~。
今回も連れていっていただいて 感謝。

a0236300_1165190.jpg

きもの 本場結城
帯    たつむら 名古屋 ノートルダムという銘がついてますが、その理由はお太鼓にあって見えません。手を反対巻きにすると前にも出るのですが 急いで着たので慣れない巻きかたをする余裕がありませんでした。
青のステンドグラスをイメージしたような柄なので、きものに合うかな、と選んでみました。
フランスじゃなくて イタリアの日でしたが ヨーロッパ感、を出してみた、という自己満足です。
[PR]
by fuko346 | 2014-12-05 11:22 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)

北関東へ (2014秋 東京2)

新幹線を使っても 2時間半かかる 叔母の家がある北関東の都市へ。
30数年ぶり、でしょうか。元は大塚に住んでいて 子供頃何度か行ったことがあり、そちらの記憶のほうが残っています。

その前に。
その同じ都市に住んでおいでになって 「あ、叔母のうちがあるから、いつか伺いますね」といって もう数年たってしまった おきもの繋がりのお友達のおうちへ行くことができました。
a0236300_954123.jpg

その前に 美味しい創作和食のお店で ランチをいただきました。
ほっこり~~~~。

ブログでちらり ちらりと拝見していた お友達のお宅は それはもう素晴らしくて、おお! とか ほう! とか 感嘆詞 の連続でございました。
茶室にて 流し立て で おいしいお茶を一服いただき、また ほっこり~。
雨の中 送迎もしていただいて 感謝、でございます。
ほんとうに久しぶりの 叔母の家、少し足が重かったのですが、力をいただいたことでした。

a0236300_1035246.jpg

今日のきもの
きもの 本場結城 阿波藍で染めた糸で
帯    紬地 名古屋 佐藤節子さんの作

いつも素敵なおきもの姿のお友達 そしてきものが好きな叔母の家へ 行くのですから どしゃぶりの雨でも、きもの でございます。
(改まったときに着る服がない、ともいう)

ところで叔母のところ。
うちは 親しく親戚付き合いをする家ではなかったので叔母以外、あまりなじみはないのでした。
が、はじめてといっていいくらい お嫁ちゃん(従兄の)、その息子ちゃん(こういう関係をどういうのでしょう)、とお話することができました。
その場にいなかった従兄からは電話があり、東京駅で待ち合わせて 御食事をすることになりました。
待ちあわせ場所に行くと、従兄とその息子二人が 待っていてくれて、丸ビルの上層階のお店で 晩御飯を。
従兄 いわく 家族 全員に会わせたかった、とか。
私の記憶の中の 一番 印象深い従兄は 早くに亡くなったお父様の葬儀で 学校の制服を着て泣いていた姿。
それが もう定年になり 息子が三人 それも大きな素敵に育った息子たち。
四人で 食事しながら 不思議で不思議で たまりませんでした。

肉親の縁が 浅い、です。
ここへきての こういう場面に 戸惑いながら じわり と暖かいものを 感じていました。
[PR]
by fuko346 | 2014-12-04 10:26 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)

苦中楽 (2014 東京 秋 1)

a0236300_11272234.jpg

秋晴れの連休の一日、お声をかけていただいて お茶会に伺いました。
目黒区にある管刈公園の中にある西郷隆盛公の弟・西郷従道氏の別邸跡にあるお茶室です。
え、こんなところに緑濃い公園があるなんて、が、最初の驚き。

お濃茶席 お薄席とそれぞれの御亭主の心尽くしの設えのお席を楽しませていただいて。
こちらはお薄席の お軸 「苦中楽」。
苦中 楽 苦中 楽  う~~~~ん そうありたいもの。
大寄せ、とはいえこじんまりとした 暖かいお茶席。
とても ありがたい機会です。

a0236300_1136474.jpg


a0236300_11364522.jpg

御一緒した皆様は それぞれの好みの 今日にふさわしいきもの姿。
きもの繋がりのお友達とお出かけするときは、茶会もさりながら その装いを拝見できるのも 御馳走、です。

a0236300_11401985.jpg

今日のきもの
きもの 松煙染 小紋ではあるのですが 柄が繋がって絵羽になっているので訪問着に近いのでしょうか。柄は樹下鳥獣文 なので無紋ですが かなり改まったもの、です。
帯   龍村 九寸

帯あげは きものの色に合わせて 柄は万寿菊なんですが 見えませんね。
全体に 地味目なので 帯締めは 灰桜にして すこし 色をさした つもり、です。


お誘いいただき 感謝。
東京でのお茶会なぞ お声をかけていただかなければ 行くことはできません。
またの機会がありますように。
[PR]
by fuko346 | 2014-12-03 11:50 | お茶会と稽古 | Comments(2)

唯一無二之会 と 京博

 久しぶりにきもので京都へおでかけ

唯一無二之会〜創〜
10月30日〜11月2日 京都ちおん舎
大島と結城のお若い皆さんが 集まっての展示。それぞれ工夫をこらした今までにはないものも意欲的に創作なさっています。
美しい布を見てさわるのもうれしいけど、作り手の方とのお話は さらに楽しいことです。
初めて見る木綿も使った結城にを興味深く拝見しました。今は一軒の機屋さんでしか作っていないそうです。
いろいろと見せていただいて、もう、初めて見るものって そう無いと思っていましたが、いやいや まだまだ全国には、いろんな布があるのかもしれません。


a0236300_2221655.jpg

きもの 藍大島
帯 藤原さんの吉野間道
もみじの帯飾りが なんだか ヒトデみたいに写ってしまって可愛そうなことになっています。

大島と結城の会なので どちらか着ていこうと思いましたが、今日は ほわんと湿気を含んだ空気が生温かく、真綿を着る気が起こらなかったので大島を。
下着も薄めのもの、襦袢も単衣、でしたが 歩くと汗ばむほどで、出かけるときには着ていた薄手の道中着も京に着いてからは脱いでしまいました。

a0236300_22383334.jpg

時間に余裕があったので こちらへも。
京博 新しくきれいになって 国宝が一杯と聞いていたので楽しみにしていました。
はい たくさんの展示で お腹が一杯で くらくら、と。
目に残ったのは 空海と最澄の袈裟。
え、残っているの。 本人が使ったもの、を目の当たりにするって けっこう衝撃的です。実在の人間としてなまなまと感じられますね。
とても 美しかったのは 秀吉の小袖。
保存状態もよく 辻が花の絞りとその色の鮮やかさとデザインの良さ。
ああいう絞り 今もできるのでしょうか。
すごいものが 残っているのだなあ、というのが 一番の感想です。

お隣では 鳥獣戯画展も始まっていて 見たかったのですが夕方四時過ぎで 一時間待ちの列。
行列きらい人間は あっさりとあきらめたのでありました。



きものを着て出かける気力が回復してきたようで うれしいな。
[PR]
by fuko346 | 2014-10-31 22:46 | 今日のきもの 秋 | Comments(7)

いいをもの拝見できる 喜び

今日も 京都でした。
大鼓の会に着た 波、のきものを作った染めやさんと そのとき一緒に拝見した できれば 全部 買い占めたい!と感じてしまう力があるのに品のいい帯の帯屋さんの展示会があると お誘いいただいて。

a0236300_23363353.jpg

今日のきもの
きもの 牛首紬 袷
帯    たんぽぽ ワラビ 染め帯
この帯 ちりめんなので ほんとは 二月の中ごろから三月中ごろ、までが旬だと思うのですが、あ、まだ31日だし、使ってしまお、と。
この日を逃すと 来年までおあずけになってしまいますもの。

a0236300_2339299.jpg

美味しいお昼も食べたいです、とわがままいい こちらに連れていっていただきました。
祇園 ほりべ  大和大路新橋上ル
薄紅色がよく写っておらず 美しさが伝わりません。
あれ、ここにこんなお店あったかしら、、、伺うと七年目、とか。 お若い二人がきびきびと働いて 気持ちの良いお店。
お味も一工夫が楽しくて 美味しくいただきました。

a0236300_23454784.jpg

祇園白川の桜 もう 7,8分咲き。

展示会場では 以前 お願いした 能登上布無地に あの波の模様のような感じを描いてください、とお願いした着尺を見せていただきました。
ほう、、、、こんなふうになりましたか。
まあ 上品な 上等なきものに なりそうです。
仕立て上がりが楽しみです。
(はてな どこへ着ていこうかしらん その前に夏バテしないようにしないと)

この染めやさん ほんとに好み。
今日も これは春単に、、、、素敵、、、、いいなあ、、、欲しいなあ、、、。
う、いかん、、、、。

染めやさん 帯やさんともにまだお若い方。
美しいものを見せていただいて お話もたくさん うかがって うれしうれし。
ありがとうございました。

波 のきものの記事はこちら

[PR]
by fuko346 | 2014-03-31 23:55 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

京の櫻は 満開?

a0236300_12293596.jpg

御池通りの桜 わあ もう満開 なのですが これはヨウコウサクラ、という品種だそうです。 ソメイヨシノはまだ蕾。

a0236300_12312731.jpg

久しぶりに京都でランチ きれいなものを見ませんか、とお友達に声をかけていただいて、こちらへ行ってきました。
フィオリスカ
お若い二人が きびきびと働く 季節感を取り入れた御料理がとても 美味しい イタリアン。
開店 二年目、だそうです。京都は こういう新しお店がどんどんできていて、うれしいです。このお店、気に入りました。

さて こちらはうれしいサプライズ。
a0236300_12403471.jpg

この写真は大きくなっていますが ぽっちりとかわいい帯どめをいただきました。
実は先週 ギャラリー晏さんの 京都展示会があって行けなくて残念、そしてこの雲の帯とめが気に入っていて、サイトをじいっと見つつ メールで注文しようかしら、と考えていたのでした。
お友達がこれを会場で見た途端 私の顔が浮かんだそうで、どうも念が飛んでいたらしいのです。
 私の雲好き をご存じだからだった、だけ のお話かもしれません。
とまれ とても うれしくて、、、ありがとうございました。

a0236300_12484048.jpg

今日のきもの
きもの:ほぼ久米島紬
帯   : 丹波布
この季節を表わしたくて 櫻の帯飾りと 桃色の帯締めの房。
じゅばん、には桜のはなびらがはらはらと落ちています。
とまあ いつもながらの自己満足であります。

ふうっとこころの晴れた 京の半日でした。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-28 12:57 | 美味しい場所 | Comments(4)

梅の帯どめ

時間が前後しますが、記録に、、、
これは2月のお話です。

お友達がびわこホールに バレエを見に来るとのこと、お時間があればお茶でも、と声をかけていただいたので、上演の前に びわこホテルでおしゃべりの時間を持つことができました。
バレエに詳しい方なので 機会があれば ご一緒させてくださいな、とお願いして。
再開が 楽しみです。

a0236300_23222795.jpg

きもの 月見草で染めた 真綿紬 霜垣さん作
帯    首里ろーとん
羽織は 若い頃のきものリメーク

a0236300_23294793.jpg

この白うるしに描かれた 梅、を使ってあげたくての 取り合わせ です。
けっこう こんなふうに 帯どめ中心に その日のきものを決めることがあります、季節限定品のきものは
あまり持っていないので そうなってしまうのかしら。
季節限定といえば あの櫻の帯、 三月中に出してあげなくては。

袷の時期、ほとんどきものを着ることができなくて ちょっと哀しいのでした。
あわてて 今月中 何回着れるかしら。
[PR]
by fuko346 | 2014-03-17 23:34 | 今日のきもの 冬 | Comments(4)

お初釜と お茶会のきもの

a0236300_23221176.jpg
昨年もお初釜と 水無瀬神宮のお茶会のはしご、をしました。
大きなお道具の記事 覚えておいでの方はいらっしゃるかしら。

無事 初春の行事をなんとか楽しむことができました。

きものの覚えがき のみで。

a0236300_23125162.jpg

きもの 箔おきの訪問着
帯 誉田屋さんの袋帯

帯揚はうす水色と白、帯締めは 菱餅みたいな薄い桃色と薄緑なんですが 飛んでしまってわかりません。
初春、らしく、と。

このきもの光の具合で 箔を置いた部分があるので派手かなあって最初 着たときはかんじたのですが、それから時を経て 気負いもなくするっと纏うようになってしまいました。
人は変わるもの けっこうインパクトのあるものを着てしまうようになったからでしょうか。

帯はほんとはもっと格が高いものがが適、だとは思うのですが、このきものにそういう帯を合わせるとなんかたいそう過ぎて、ちょと恥ずかしい。
社中の初釜はけっこう軽めで、そうたいそうなお召ものの方はおいでにならないのです。
それと、大寄せの茶会に続いて行くことにもなっており、帯できものを軽めにした事例。
それでも軽すぎは きもの そのものに合わないので、あれこれした結果 これに落ちつきました。



水無瀬神宮のお茶会は 地域の方たちが気楽に参加するような感じで、普段着感覚。
きものの人より 普段着でちょっと来てみました、という方が多く、あまり仰々しいと 浮いて見えるかもしれません。
きものでも、柄衿 色足袋の若い方もいらして、茶会、というより 神社の一行事、という印象です。
そういうのも いいかも と感じました。
茶会も いろいろ です。

今年は何回くらい お茶会に参加できるでしょうか。
楽しみたい です。
[PR]
by fuko346 | 2014-01-14 23:29 | 今日のきもの 冬 | Comments(6)

きもので美術館

a0236300_21284544.jpg

滋賀県立近代美術館
紅葉狩りが目的ではなかったのですが、ちょうど見ごろに出会えました。
a0236300_21302656.jpg

赤がきれいだったので その前で、、、

目的はこちらの特別展 柳宗悦展─暮らしへの眼差し─
民芸運動の創始者 柳の集めたもの、書いたもの、書斎の復元、説明も丁寧にしてあり 見応え十分。
すべて同意、とはいえないけど 名の残っていない市井の人々の手仕事は 力強く美しいのでした。
布好きとしては やはり そこに目がいって しまいます。 布を強くするため、の目的ではあるけど その中で出来る限りの美しさを込めた 刺子、こぎん、のきものには 作った人の気持ちが溢れ出ていました。

この美術館は広い公園になっており 森もあり 池もあり、美しい場所で、良い展示もあるのですが、いつも空いているので 実に気持ちのいい場所なのでした。贅沢が味わえます。

きれいなものを見た後はランチへ
a0236300_2142213.jpg

車で少々走り
ル・ゴーシュ・セキ
滋賀県栗東市安養寺8-3-12
更紗をお召の方が向かいに、、、
このライ麦のパン 美味しかったので二個も食べてしまいました。
a0236300_21462089.jpg

メインの鯛。
あと前菜とサラダとデザートとついて 大変 お得なお値段 美味し。
お腹一杯になりました。

今日は久しぶりにお天気も良くて 滋賀の半日を心行くまで味あわせていただきました。


a0236300_21485245.jpg

日ぐれて撮ってたので色が沈んでしまいました。
きもの 士乎路紬
帯    紬地東京友禅 佐藤節子さん作
今しかない 吹き寄せ柄、年に一度でも外に出してあげられて良かったです。
季節のものは その季節に合わせてけっこう焦って使ってもその年に出せないこともあり、仕舞ったままだと、きものにも帯にも申しわけないなあ、とか 感じてしまうのでした。
何年も出してあげていないものもあるな、、、と 箪笥の中が気になってしまいます。
すねていないかしらん。
[PR]
by fuko346 | 2013-11-14 21:53 | 今日のきもの 秋 | Comments(10)