月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きもの袷 ( 65 ) タグの人気記事

大徳寺 月釜

a0236300_23102847.jpg

紫野 大徳寺山門
毎月28日に、いくつかの塔頭で釜がかけられます。
いつか参加したいと長いこと思っていましたが、今回 お稽古場の先輩に誘っていただいて実現しました。

表千家のお席に三席 入れていただいて亭主の季節の趣向をこらした道具立て、美味しいお茶にお菓子を味あわせていただきました。
京では名だたる名刹で自由に参加できる茶会があちらこちらで開かれていて、ありがたいことです。

茶席そのものの喜びもさることながら、観光客では入れない場所にすっと入ることができ、ごく普通にいろいろ見ることができるのも、とてもうれしいことです。

今回一番目に残ったものは、一休和尚 自筆、と伝わる一幅のお軸。
おおどかな 自由な筆、に見えました。
その人に会ったような気持ちがすることは、あまり起こることではありません。

a0236300_23232131.jpg
日常とはまったく違う時間が流れて 楽しいことでした。

こういうお茶会、今までは、気楽に考えてけっこう紬なども(むろん格子やいかにも、の絣柄ではありませんが)着て行きましたが、今回はなんといっても大徳寺、姉弟子さんたちもご一緒なので少々改まった装い。




a0236300_23372727.jpg
きもの 縫い一つ紋 
江戸小紋 大小霰
帯   織名古屋

きものの色はこの二枚の中間くらいです、光の加減でまったく違う色になってしまいます。

皆さんどのような装いなのかしらと興味深々だったのですが、訪問着からつけ下げ 小紋 色無地、紬のあっさりした訪問着、などさまざまでした。
さすがだったのは何百人という参加者だったと思うのですが、洋服の方が少なく、素材の違いはあっても、それぞれに茶席の雰囲気を大事にしたお着物姿で、それも楽しませていただきました。
やはり大徳寺の茶会、なんて感心してしまったことでした。
[PR]
by fuko346 | 2012-02-29 23:48 | お茶会と稽古 | Comments(8)

緑に満つ

a0236300_10143790.jpg
時折 美味しいものを食べましょうね、という料亭クラブの三人で、瓢亭別館へ。
本館は予約が取れず、まあ 一度行ってみましょうということで、こちらへ伺いました。
以前からこちらの 朝がゆ、ではなくて冬だけの 鶉かゆをいただきたいと思っていたのですが、それは来年に早くから予約を入れようと、気の早い話をしたのでした。




こちらのお昼のメニューは松花堂弁当のみ、です。
かの 瓢亭卵に うむうむ、なるほど、、、。
一番奥のお庭がきれいに眺められる席で、四方山話。

この前の道は、いろいろな想いを胸に何度も歩き、瓢亭も横目に見ていたので、別館とはいえ、その中でのどかに食事をしている自分が、なにか絵空事のような、不思議な気持ちがしました。

あの自分 この自分。
あのときの私、そのときの私。
まるで違う人のように感じてしまう、またはなっている、のを、それらをみな見ている自分がおかしがっています。

それはともかく、名店瓢亭の一端を味あわせていただきました、御馳走さまでした。

a0236300_1027070.jpg
きもの 草木染め紬 大高美由紀さん作
帯   ひなや   しゃれ袋帯

どれを一番、といってしまっては手持ちの品々に失礼だけど、このきものはやはり 一番 愛しい一枚です。
この作品は、きもの、と作者がほとんどだぶってみえ、その想いに、力を貸してもらえているような、そういう心持がします。












・一人言コーナー
長きにわたる訓練のせいで、うち倒れてはいませんが、おそらくかなりの重症の今、私を支えているものの一つです。
[PR]
by fuko346 | 2012-02-20 10:34 | 今日のきもの 冬 | Comments(6)

松竹梅の帯

2月28日(土)大鼓の会へ

a0236300_18404172.jpg
きもの 月見草染め 無地真綿紬 霜垣さん作
帯   ちりめん染め九寸名古屋 

バックに溶け込んでまっくろけに写っていますが、海老茶の濃いの、濃い紫とも見える色です。






a0236300_18432117.jpg





帯も上では白く写っていますが、薄い薄い紅色。
前帯の柄は白ぬきのみで、あっさりしていますが、お太鼓には金 銀の縫いが入っています。

このあっさりさが私の好みで、とっても気に入っています。
でも、松竹梅で金銀となれば、お正月かお祝いか、にしか使えないような気がして、そうそう登場していません。

今日はまだ一月だし(お座敷にも 松 が 飾ってありました)、お友達のお祝いでもあるので、ぴったりではないか、と使いました。

帯締めもちらり、と金糸の入っているものにしました。
いかがでしょ。
[PR]
by fuko346 | 2012-01-30 18:50 | 今日のきもの 冬 | Comments(8)

美味しい場所 あちらこちら

2月27日 (金)
京ではちらちら雪がちらつたとか、、、。

お友達と京都あちこち。
まずはこちらでランチ、時節がら 新年会ということにして、ちょっと一杯。
って、いつもちょと一杯しておりますが。

a0236300_22584423.jpg


a0236300_22593273.jpg

寺町四条下ったあたりにある 菜の菜
お友達のご紹介、玄関入ってすぐのお座敷に通されて、ゆったりと美味しい和食をいただきました。
一番お手頃なランチコースを選びましたが、十分満足できます。




















さて、寺町を上がって御池から地下鉄に乗り、二条駅へ。
a0236300_2331659.jpg
a0236300_2334281.jpg

こちらは二条駅すぐの町屋の洋菓子屋さん 凡蔵さん。
表向きの御用は御母さんにあったのですが、こちらではホテルで修業した息子さんが、見た目も味も美味しいお菓子を作って商っておいでです。
御家族でお仕事をなさっていて、その暖かさがお店にも作品にも現れています。
美味しいですよ~~~。


a0236300_23103868.jpg
この日のきもの

きもの 士乎路紬
帯   紬地 日本茜木版染め 九寸名古屋 田中ユキヒトさん作

久しぶりのお遊びで京都美味しいもの、だったので、元気出しに赤い帯をしめたくて、それで、この紬にしてみました。
背に雪輪のしゃれ紋がついています。

無地(これは無地ではないけど遠目には無地に見えます)紬には背紋を入れたくなる私。
これはその第一作目、です。

楽しい半日を過ごしました。
[PR]
by fuko346 | 2012-01-28 23:17 | 今日のきもの 冬 | Comments(8)

吹き寄せの帯

11月25日(金)


a0236300_12133192.jpg
チケットをいただいたお友達と文博の小袖展後期展示へ。
そのあとてくてくと三条あたりで 蕎麦のランチ、また てくてく歩いて岡崎あたりへ。

お友達と別れて 京都国立近代美術館へ行われていた 夢二とともに を見に行きました。

美しいものが頭の中でぐるぐる回ります。

小袖展は以前書いたので省きますが、夢二のほうは、今まで見たことのないタッチの絵がけっこうあって、そうかあ やっぱり天才の部類だったのだなあと改めて思いました。
この展示物は博物館へ寄贈されたものなので、これからも拝見できる機会があるかと思います。
実のところ 展示が多すぎてお腹が一杯になり、じっくりと見ることができませんでした。
どうも私の容量はあまり多くないようです。

a0236300_12205825.jpg
12月になったら飾ろうとこちらの絵ハガキを買いました。
いいですよね、このタッチ。

黒船屋もいいけど、こういうものいいな。
(黒船屋は今回は展示されていません)




a0236300_12241343.jpg


今日のきもの

きもの 琉球絣(ほぼ久米島) 真綿袷
帯   紬地 染め九寸名古屋 佐藤節子さん作 秋の吹き寄せ柄

ついこの間まで、胴抜きでも暑いのなんのと言っていましたが、いきなり真綿の袷です。
道中着を着て首にはスカーフ、でも 風の冷たい日でした。
でも、室内は暖房で暑い、、、この差がけっこうこたえます。

帯は今しか使えない 吹き寄せ。
大好きな色と柄です、年に一度は使いたいと思っているので、箪笥から出してあげられて良かったです。

このあと、きものでおでかけの予定が二つ三つあったのですが、風邪ひきで没。
あ~~~ん、悲しい。
秋深し、という取り合わせはもうできなくて、この先は冬の装いになってしまいますね。
[PR]
by fuko346 | 2011-11-28 12:31 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)