月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ディナー ( 25 ) タグの人気記事

美味しい ということ

a0236300_10271625.jpg
おおきい、、、
美味しい、、、
a0236300_10294191.jpg
白ワインなんですが この色。
どうして と聞いてしまいます。
お料理も好きなものを好きな量で ワインはいいものを好きな量だけ。
お料理もワインも接客も すばらしい と思います。
年に二回くらい ここ数年 うかがっています。
しみじみ美味しい 神谷町の夜。





[PR]
by fuko346 | 2017-05-09 10:42 | 美味しい場所 | Comments(2)

外神田あたり

a0236300_911099.jpg

神田明神さんは夜でもお参りの人が絶えません。
a0236300_93085.jpg

この目線で失礼します。
日がいいのか 結婚式が 次々 おこなれていました。

神田 湯島 上野 秋葉原 あたりをお散歩。
a0236300_953473.jpg

夜は通りがかりの 近くの 焼き鳥屋さん。
a0236300_963726.jpg

昼も 通りがかりの カフェ。
お蕎麦屋さんは 日曜日 軒並みお休み。
今度は土曜日に来なくては。

父は白山下あたりで生まれ 私は千駄木で生まれました。三歳までなので記憶はほぼありませんが。
世田谷に引っ越しても このあたりで仕事をしていたのか よく神田小鍛冶のシュークリームをおみやに買ってきてくれました。
調べてみたら まだ 神田駅前にお店があるようなので 次回 行ってみようと思います。

千駄木にいたころ 両親は私を連れて この界隈を散歩したらしいのですが、そこに子が住むようになって、また二人で散歩しているのは 不思議な気持ちがします。
だいぶ 認知症の進んだ父は 神田の話をすると 聞いたことのない神田の歌を楽しそうに歌いだしたりするのでした。
ともすると 端唄やどどいつや 謡などが口から出てきた父は 子供のころから 遊び人だったようで 家族はたいへん 困ることが多かったのですが、それも 昔のことになりました。

今は 神田明神さんに 子が自分なりによく生きることができますように、とそれだけをお願いするのでありました。
守ってくださいましね。

おっと おみくじが久しぶりの大吉でした。
書いてあることも まるで見ているような言葉。
そうか これでいいのだ ここまできたのだ、と感慨を覚えることでした。



[PR]
by fuko346 | 2016-10-25 09:22 | おでかけ | Comments(2)

ななくりの湯 (榊原温泉)

a0236300_20465646.jpg

三重県 榊原温泉 湯元榊原館
榊原は清少納言の 枕草子に お湯は ななくり ありま たまつくり とある 七栗の湯が ここだということです。古いお湯 ですね。
ここは いかにも の 大きいホテルで 今まで 横を通ってはいたのですが、立ち寄りができるのも知りませんでしたし、こういうところは ほぼお湯が循環なので 興味がありませんでした。
榊原は 今は閉鎖になってしまっていますが いい日帰り施設があって そこに何回か行ったことがあるのです。
ところが 温泉本に ここのお湯が良い、とあり、さらに 一回ただになる券がついていたので 行ってみることにしました。
a0236300_20514925.jpg

日帰り客は ホテルのロビーではなく こちらの 専門の入り口から 入ります。
え、ということは 日帰り客が多いのですね、へえ。

そしてお湯が、、、、素晴らしい。
浴室に入ったとたん うっすらと あのゆで卵臭が。
源泉が 32度ほど。
加熱浴槽が二つ 源泉そのままが一つ。
その源泉風呂の 心地良いことと行ったら。
入ったとたん お湯が肌をぬめっと 滑ります。
季節もあるのでしょうが 冷たいことは なく なんとも気持ちのいい温泉で ぬる湯が好きな私には たまりませぬ。
平日 四時頃 ということもあるのか お客さんは少なく ゆっくりと お湯を楽しみました。
出たり入ったり 加熱浴槽にちょこっと 入ってみたり 一時間も 過ごしてしまいました。

群馬と山梨と 好きなぬる湯は 遠くにしかない と思っていたので うれしくなってしまいました。
車で一時間強 しばしば 行こう と思うのでした。
湯元榊原館 
三重県津市榊原町5970
アルカリ性単純泉

a0236300_2173263.jpg

帰り道に 思いついて うなぎの 初音へ。
ここは三重側からくると 東海道の これから鈴鹿峠へ向かうという 関宿にある うなぎの 名店。
休日には いつ来ても行列ができているので なかなか入ることができません。
今回は 久しぶり 四回目 かしら。

午後から ゆるゆる出かけて 大満足の おでかけ になりました。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-15 21:13 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

深川 みの家

a0236300_10164528.jpg

 みの家 
さくら鍋 です。
東京にいるのを知ったお友達に声をかけてもらって ご一緒しました。
下町方面はさっぱりわからないし 遠いので ふうん、、、とちょっぴり尻込みしたのですが、なんのことはない、都営新宿線で一本でした。
この佇まい うきうき。
入れば 下足番のおじさんから いらっしゃい と 声がかかる。
a0236300_10235663.jpg

店内の雰囲気もいいですねえ。
a0236300_10253017.jpg

さくら鍋も馬刺しも たいへん 美味しゅうございました。
お向かいには着物姿の美しいご婦人。うふ。

こういう古くからあるお江戸が感じられるお店 大好きです。
ちょっと 東京の家からは遠いけど あちこち行きたいものです。
また お誘いくださいね。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-01 10:28 | 美味しい場所 | Comments(2)

東京 2016 8月

東京にて おきもの友達とデート
a0236300_1815097.jpg

きもの 宮古麻布
帯    芭蕉布 八寸
a0236300_183136.jpg

このきもの 二年か三年 箪笥に塩蔵されておりました。
初夏 晩夏 初秋 透けすぎない麻着物 として購入のもの。
たてよこ苧麻の上布より 厚みがあるので着心地はどうかな、と思っていましたが まとってみると 布がはりはりで 襦袢との間に隙間ができ 風通しが大変よろしく 涼しく感じました。
この日の東京は33度の最高気温だったかと思いますが、快適でした。
たぶん 関西のじと~っとむわ~っと熱い35度を経験しているので そう感じただけ、かもしれません。
帯あげの 緑と 手提げの 緑が ほぼ同じ色目です。
大好きな色。
この色があると すす~っと引き寄せらてしまいます。
(麻襦袢を一枚 この色に染めました。 仕立てあがってきたらご紹介します)

布 のときはそう感じなかったのですが これ まとうと けっこう目立ちますね。
縦線の あお が気に入っているので 派手かもしれないけど お気に入りになりました。
でも 京都だったら もっと目立ちますねえ、、、、

お出かけ先は 日本橋の三越 お友達の探し物と 未練のある品物をもう一度みたくて。
a0236300_18103990.jpg

熱くなった頭を氷で冷やす の図。
お友達は 宮古上布をすっきりお召で かっこよかったのでありました。

a0236300_18114038.jpg

夜は西新宿に移動。
楽しく 美味しい 夜 でありました。

簡単に覚書 であります。



[PR]
by fuko346 | 2016-08-27 18:16 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)

鷲ヶ岳登山 と 郡上の鮎

梅雨も明けぬ せんだっての三連休一日目。
日帰りで岐阜へ。
a0236300_2135339.jpg

車を降りたら 寒い。かなりの標高があるので その冷涼なことよ。

鷲ヶ岳ってスキー場じゃあないの、と思う方もおいでになるかも。
はい、その鷲ヶ岳です。
四駆で林道の終点まで この先は工事中。
丸太の階段がほぼ続く直登道、といっても 登り40分で山頂へ。
a0236300_21462298.jpg

360℃の展望のはずでしたが ガスって真っ白け。
それでも高いところは 気持ちが良くて お昼を食べて。
だ~れも来ません。

a0236300_2148667.jpg
a0236300_21482251.jpg
a0236300_21485665.jpg
a0236300_21494759.jpg








地味な山ですが お花はけっこう咲いていました。
下山中 三人、とすれ違いました。
歩いたのはちょっぴりでしたが 汗もかいて 気持ちのいい時間。
山歩きは久しぶり ぐだぐだの身体には このくらいがちょうどいい、、、いや やっぱりちょっと物足りなく。
また 今度はもう少し長く歩きたいなあ。



さて下山後はお決まりの温泉です。
a0236300_2154929.jpg

湯の平温泉
岐阜県郡上市高鷲町大鷲
ナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉
源泉の投入もある模様。まったりとして肌がぬるぬる 美肌の湯とか。
これは日帰り施設ですが 旅館もありました。
静かでいいところ、です。

そしてこのあたりにこの時期きたら 鮎でしょ。
ということで道すがら看板を見つけた 長良川添いのお店へ。
a0236300_2211572.jpg

この住所を見よ。
鮎立!
ぽつんと 小屋、というかなんというか、が 建っておりまして
a0236300_2222665.jpg

お刺身。 その後 塩焼き二本(何本にしますか、と聞いてくるので)、しめはアユ雑炊。
あとちょっとしたお料理も付いていました。
ごちそうさまあ 美味しかったです。
は~ 山来たんだか 鮎食べに来たんだか わからなくなりました。
次回は 付知川の鮎を食べたいな。



[PR]
by fuko346 | 2016-07-21 22:08 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

ほおずき の 麻帯

a0236300_11172095.jpg

目白にある 古民家ギャラリー ゆうど で はちすさんの催事が ちょうど行われており、きもの仲間とでかけてみました。
こういうおうちは 落ち着いた気分を味わえて好きです。
何度目かな 伺ったのは。
a0236300_11205274.jpg

ご自由に ゆっくりどうぞ。
そういわれて 二人で ほぼ全部の品物を拝見。
楽しいこと。
ちょっと覗いて、のつもりが やはり、というか けっこう長いこと 遊ばせてもらいました。

その後は 経堂の蜜月 へ移動。
ワインつながりのお友達4人でこちらへ。
a0236300_11301055.jpg

ワイン好きのおすすめのお店。
ワインはもちろん 料理もたいへん よろしくて あんまり飲めない 食べられない自分が 今夜も少し悲しくなります。
少しの量で満足できる、のは喜ぶべきこと かもしれないのですが、お仲間の健啖ぶりは 見ていて気持ち良く、やはり 少しうらやましいのでした。
とはいえ満足 ごちそうさまでした。

a0236300_11351396.jpg

a0236300_11383067.jpg

きもの 東郷織物の 綿薩摩の糸と 大島の縦横の単。 すこし透けます
帯   麻地九寸 染め 柄はほおずき (作家さんの名前失念 沖縄の紅型を作っている若い男性だったと思うのですが)
襦袢は麻
この帯の色 好きです、地色も柄も。
色目が赤がかって写っています、上の小さい写真のほうが実物に近いでしょうか。

東京は関西よりも 涼しくて気持ち良く 過ごせました。 



[PR]
by fuko346 | 2016-06-05 11:42 | 今日のきもの 夏 | Comments(6)

ちょいと銀座

きもの繋がりのお友達と会うために 銀座へ。
三越のライオンさんあたりで、と待ち合わせ。
これには 失敗談がありまして。
一年くらい前でしょうか 同じように ライオンさんの前でと 約束し、いそいそ出かけたのはいいのですが、お友達の姿がありません。
はてな?
なんと 私は 日本橋のライオンさんのところへ行ってしまったのでした。
子供のときからの記憶で 三越⇒日本橋の本店、と無意識に思ってしまっていたようです。
もう 困ったものです。
この日は「銀座の三越のライオン、はここでいいのですね」と受付の方に 念には念を入れて聞いてしまいました。
もうすっかり おのぼりさんになってしまっているのでした。
a0236300_10244048.jpg

今日のきもの
きもの 伊兵衛織
帯   紬地九寸 東京友禅染め 佐藤節子さん作

帯は 銀座なので 伊兵衛織を少しおすましにしたい、のと、吹き寄せの柄は もう今しか使えません。
a0236300_10284024.jpg

道中着を。
コート類を充実させたいなあ、と この頃思うのです。
コートから見える きものの衿と裾と その色柄と雰囲気に合わせて 数種類 欲しいなあ、と。
新しく布を買うのではなく 手持ちのもので 繰りまわして 作りましょ、と。
でも どれを何に 長コートにするか 道中着か、羽織か、悩んでいるうちに 月日が過ぎてしまっているので、ここは よいしょ、と腰を上げねばなりません。

a0236300_10433819.jpg

ビストロ ヌガ
ディープな きもの話がたのしくて 美味しいお料理とともに 時間は過ぎゆく。

銀座はいいな 年に 一度ではなくて もう少し 行きたいな。
今回の上京 きものでおでかけ、はこれで お終い。
[PR]
by fuko346 | 2015-12-12 10:37 | 今日のきもの 冬 | Comments(0)

ポルチーニ

a0236300_22223014.jpg

新宿御苑前の駅すぐにある イタリアン クッチーナ・サンタ
常連さんに連れていってもらったので 今が旬のポルチーニのコースをいただくことができました。
これは 栗とポルチーニのリゾット。
(写真 美味しそうに取れなくてすいません)
御料理美味しく 小さなお店も居心地良く、ほっとした時間を過ごしました。
ワインはたくさん飲めないけど また伺いたい、です。


って、また東京へ行っておりました。
急な介護用事 父1 母1 家の修理の件。
一人でなにもかもしているので 頭がぐるぐるしますが、状況に応じて 今できる限りのこと、をしていきたいと思います。
両親への想いが少しずつ変化していて、それを感じることを 実に興味深く自分を見ています。
生きていることが 体験とそこから生まれることを感じることの連続であるならば、結局のことろ、なにもかも おもしろい、と味わっていきたいものです。
なんて めちゃくちゃだった当初から 二年近くたって 余裕が出て来たのでしょう。
こんな場所に来ることが できるとは思っていませんでした。
見えなかったものが 見えてくるのは 面白い、です。

と 頭はいっていますが 身体のほうがちょいと。
介護関係でばたばたすると 頭痛とめまい、この夏からはずっと耳鳴り止まらず。
病院へしょっちゅう行っているのに 自分はまったく検診にも行けていないので、はた、と気がついて 受信してみました。
検査結果は次回 上京時、というのんきさですが、まあ、疲れ、だったら良い、ということで安心できればな、と思ったのでした。
両親がかかっている病院 自分も患者になってみよ、という企みでもあるのです。
楽しく遊んでいるときには 症状出ないので、まあ そういうことなのだろうととは 思っているのです。

ということで 次回上京は 予定がいろいろ入って 11月後半 となりました。
[PR]
by fuko346 | 2015-10-29 22:42 | 美味しい場所 | Comments(0)

そば そば そば

今回の上京 お蕎麦編。
a0236300_11385296.jpg

学芸大にて。
お向かいに きものの佳人がちら、と見えます。
お能 ブログつながりのお友達です、私がきもの着て行きます、といったので 着て下さったのに 私は予定が変わって 洋服。失礼しました。 また きものでご一緒してくださいまし。
で、美味しいお蕎麦と楽しいお話 。

東京では 寸暇を惜しんで あっちこっち。

a0236300_11413027.jpg

高尾山
何十年ぶりに 中学からのお友達を誘って 高尾山にリストで登り 歩いて降りる。
しかしまあ なんとたくさんの人でしょう。
それから 蕎麦やでまったり。
これは そばのてんぷらってなにかしら、と頼んでみたもの。
蕎麦がきをあげて 蕎麦汁に 絡めてかります。
美味しい!
いつもの蕎麦やさんが 満員で ひそっとした 初めてのお店に行ってみたのですが、当たり。
お蕎麦も美味しかったです。
彼女とは12のときからのご縁ですから つかず離れず もう50年ちかいお付き合い。
でも 昔と同じ。不思議ねえ。

a0236300_11492116.jpg

高田馬場
以前から聞いていた 小さなお蕎麦の名店(だと思います)に、ワイン きもの繋がりのお友達に連れていってもらいました。
ここまで 蕎麦を食べにくるのは、と 思ったのですが また行きたくなってきました。
いつもお付き合いありがとう、ほんと助かっています。

この後 沼袋に移動して こちらは きものの名店、シルクラブ さんへ。
お召しの  矢代仁さんが京都からいらしていて、お話を伺い 美しい布と 素晴らしいお屋敷も堪能。
ここはかなり前からお話だけ聞いていて 行ってみたかったお店ですので 伺えて満足です。
お召しのお話 京都のお話 とても面白かったです。
ちょうど こちらのお召しを持っていっていたので 着て行けば良かったのですが、う~ん 着ていかずに正解かな、とも思ったりして。
夜はここに連れていってくれた お能 きもの繋がりのお友達と新宿へ移動。ふらっと入った イタリアンのお店が これまた美味しくて、楽しい時間でした。

とうきょう一人暮らし。
あれこれ あれこれ 介護仕事して 家仕事して おでかけして 人と会って 美味しいものを食べて。
懸案は次々現れて 綱渡りは続いていますが、得難い繋がりをいただいて 豊かな時間を味わっています。

で、最後のお蕎麦は帰り道。
いつも気になっている 国道20号線沿いにある 相模湖過ぎたあたりの お蕎麦屋さん。
今回 入れました。これも 美味しかったのでありました。

備忘録として まとめてしまいましたが お付き合いくださった皆様 ほんとにありがたく思っております。
[PR]
by fuko346 | 2015-10-13 12:08 | おでかけ | Comments(8)