月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ランチ ( 77 ) タグの人気記事

日本茜の帯

久しぶりに 京都で ランチ
なあんとなく 赤いものに目がいく季節、ということで。
a0236300_11530190.jpg
きもの 本場結城
おび  紬地 九寸 日本茜染め ユキさん作
北風がとても冷たい日だったので 見た目にも暖かく したくなりました。

お友達とランチにむかったのは 
a0236300_11562378.jpg
こちらは 季節をかえて訪れたい、と思いつつ 年に一度か二度 になってしまいます。
この玄関をみただけで もう うれしくなってしまう、お店。
a0236300_11583580.jpg
写真はあまり撮っていないので 本日のお椀、だけ記録に。
a0236300_11594257.jpg
こちらは 大好物の ご飯のお伴。
白溝仕立ての ちりめんじゃこ と オクラの漬物。
これでご飯たくさん 食べたいけど もうお腹が一杯になっていて そうそうは。
でも オクラだけは お代りしてしまう 貧乏性の私。
今日も しあわせな 気持ちにさせてくれて あちがとうございました。

その後 ちょうど文化博物館で行われていた 貴久樹さんの展示会へ。
きれいなものを たくさん見て いろいろ説明してもらって 楽しゅうございました。

もう少しで 飛び降りてしまいそうになったけど いかん いかん と小物だけを抱えて帰ります。
きもの整理中なんですから それが終わって ほんとに足りないもの(あるのか?)か、もう心臓がばくばくして どうにも仕方がない、ものに会うまでは お買い物は いけません。

繁華街を歩いていないからか 京都だからか クリスマス感のまったくない街は いつもどうり 観光客はおおいけど 古都の風情でありました。
ちょっとした用事があるので あと一度は年内に行きたいのですが 行けるかしら 遠くなったなあ。
翌日は 疲れてぐったり、情けなや。





[PR]
by fuko346 | 2017-12-06 12:08 | 今日のきもの 冬 | Comments(0)

整理、はじめました

a0236300_11283854.jpg
信楽は 陶芸の森 にある アップカフェ。
お友達がいらしたので ミホミュージアムにお迎えに行って こちらでランチ。
先日の氷点下とは打って変わって 暖かい晴天、ぽかぽか陽気で実に気持ち良く。
ここは 美術館やなんやらあって さらに高原の斜面に建っているので 景色も良く のんびりできるのでおススメです。
a0236300_11342908.jpg
さて ご用はなあに。
だいぶ前から 整理しなくちゃと思っていたきものたち、ぼつぼつ仕分けしていましたが本気で片づけ始めました。
とりあえず、仕立て直しやらで繰り回しに回そうというものと、どなたかに着ていただけそうなもの。
これは 着ていただけそうなもの群、です。
いらしたお友達に似合いそうなものを選んでもらって 気にっていただけたので うれし。
もしかしたら 使うかも、と長く箪笥で眠っていた きものや帯も これで陽の目を見ることも近いでしょう。
引きとってくれて ありがとうございました。

これで第一弾。
きもの類はここ一年くらいで ほんとに残しておきたいものだけになればいいなあと思っています。

家の中の外の なにもかも すっきり 必要なものだけ になったら 清々しいだろうなあ、と夢想するのでありました。




[PR]
by fuko346 | 2017-11-29 11:53 | きもの | Comments(4)

伊兵衛織で、、、

渋谷あたりへ お友達に会いに ちょろっとおでかけ
a0236300_11084302.jpg
きもの 伊兵衛織 単(この布は 地厚なので基本 単で仕立てます)
帯   日本茜染 紬地九寸 ユキさん作
根付は ツゲの木彫

このところの東京 暑いのだか寒いのだか 雨なんだか さっぱりわからないので 下着で調節できる この きものを持ってきました。
これに 単仕立のうすでの道中着でちょうど でした。

しかし 渋谷はさっぱりわからん街になりましたねえ、、、

a0236300_11185959.jpg
本日の御用。
お友達にお聞きしたいことがあったのです。
ふむふむ ふむふむ ほ~ほ~。
あらあ~。
とっても納得。
そして 今までしてきたことを肯定してもらったようで うれしくなりました。
ありがとうございました。

で、私はお昼を食べていなかったので キッシュと白ワイン。
ここのキッシュ こんなに大きかったかしらん、、、次にはお友達の食している 美味しそうなタルト タタンも食べたかったのですが 満腹になってしまいました。
そして うまく写っていませんが お向かいに見える 帯 実物を拝見したかったので これも とってもうれし。
なんと美しい 布の質感と その色。

短いけれど とても 満たされた時間 でありました。










[PR]
by fuko346 | 2017-10-26 11:29 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)

うるわしの水郷 近江八幡

とある仲間内で 半日遠足 近江八幡へ 行ってきました。
在住のお友達が 手配をしてくれて たのしい小さな旅。
まず驚いたのは 町へ近づくにつれて 観光客とおぼしき人が 増えてきて 「え、今はこんなになっているの」という驚きでした。

観光地になっている中心部には 二度ほど訪れたことはあるのですが 大賑わいの観光地、ではなくて静かな 町 という記憶があったのです。
すっかり変化していました、たぶん みなさんのご存じの たねやさん の功績でしょう。
そのたねやさんの 店先で メンバーと落ち合って 甘いものでお茶を一杯。
a0236300_10061936.jpg
まずは日牟禮八幡宮にお参り。
そして ロープウエイに乗って 八幡山へ。
a0236300_10083929.jpg
お天気は最高(というか晴れ過ぎて暑 暑) 琵琶湖と比叡から比良への山並みが美しい。
ここは 秀吉に一家全員 殺されてしまった 豊臣秀次がお城を築きました。近江八幡は彼の作った 町、です。
すぐ後には 信長の安土城があります。
近江は交通の要で 昔から 戦乱の絶えなかった土地 です。
ということは 歴史的な見どころも 満載 なのでした。
この少し南には 万葉の頃の紫野 があります。
さて 山を下り お昼へと。
a0236300_10384832.jpg
造り酒屋さんの経営するレストラン。
a0236300_10392978.jpg
この土地のものが詰まったセット。
もちろん お酒も少々美味しくいただきました。
ここからが 本日の主目的。
近江八幡水郷めぐり であります。 ぱちぱちぱち。って このあたりはごく普通に車で通り過ぎることはあるのですが お船にのったことはなく、楽しみにしていたのでした。
a0236300_10423274.jpg
お堀から 和船に乗り込みます。
ちょうど6人で貸し切り。
ゆらゆらと出発。
a0236300_10440667.jpg
船体が低いのですぐ水の上を 滑っていきます。
a0236300_10451569.jpg
水路を通り 少し広い場所に出ます。
意外だったのは 船からの視線が低く 葦 葦が茂っているせいで 回りの畑やら道路やら 建物やらがまったく見えません。
むろん たまに車の通る音などはしますが それらはまったく気にならず、船頭さんの櫂の音、たぷたぷ水の音、さやさやゆく 心地良い風、それは気持ちの良いもので、今 自分が見ている 感じているものは もう 昔から変わってはおらず、いにしえの人々も 同じようなものを感じていたのだろうなあ、と。

a0236300_10521216.jpg
かくて日は傾き。
一番短い80分コース 船頭さんの解説とともに 堪能。
船頭さん とつとつと話し 歌などうたわないところがいいです。
ここの一番の魅力は 静かさ。
春 桜の頃は すごいことになるようですが それをはずして また来てみたなあと 思わせる場所でした。そして もっと長いコースは 西の湖にも行くそうですから それに乗ってみたいなあ。
そう もっと長い時間 この船に乗っていたい と 思ったのでした。
近場の小さな 異世界。

帰りのバスの出る 中心地へ戻ってみれば 例の たねやさんのお店で 買い物をする人ですごいことになっており、またまたびっくり。
人ごみから逃げるように 帰ったのでありました。






[PR]
by fuko346 | 2017-10-09 10:59 | おでかけ | Comments(4)

秋の京都で 夏きものを、、、

お買い物のある お友達に誘われて 京都へ。
a0236300_10132982.jpg
二人とも 塩沢お召に紬 八寸。そういう季節、ですね。
a0236300_10055360.jpg
ランチは 烏丸から西洞院を上がったところの うるう さん を予約してもらっていました。
美味しい生パスタ 量が多すぎて 少し残してしまったのが 残念でありました。
ここしばらく気持ちが不調だったのですが 回復傾向を祝ってスパーリングの御代りをしてしまう私。でも グラスが小さかったの。

たまたま。
ランチの場所を知った時に この近くで omoさんが 開店13年セールをしていることも知り、そちらへも伺いました。
a0236300_10172726.jpg
こちらは 好みのものがあるのは分かっているのですが なかなか行く機会がなくて。
今日の帯留は たしか 開店してすぐあたりに こちらで求めたもの。
ふらっと入って 帯留二つ 買ってしまったのです。
すっかりと上がりこんでしまい、森田さんたちをお話をさせてもらって、なぜか 小千谷縮を一反、仕立てることに。
お稽古用に がんがん着られる濃い色の 小千谷が欲しかったのですが きれいな色のものを見つけました。サンドベージュの手持ちと とっかえひっかえして 夏の稽古にもきものを着よう、と思うのでした。
a0236300_10285982.jpg
おみやも いただいてしまう。
デザイン かわいいでしょう。
かわいいのだけど 味があって こちらのオリジナルや セレクトされたものは 素敵なんです。
つまり 危険なお店 ということもできますね。
a0236300_10321859.jpg
今日の本命。
堀川 四条あたりにある 懐紙の専門店。
お友達が お茶の稽古を始めるのでお買い物に。
なんとも よくぞ残っていました の洋館です。
内部もすごくて 懐紙でこれが建つのだな と 変なことを思ってしまいました。
たぶん 懐紙界の かなりの量を製造販売している老舗 なのでしょう。
面白いなあ 京都。
a0236300_10364513.jpg
きもの 塩沢お召 単衣
帯   紬 八寸
きものは 遠目には しろっぽく見えますが 小さい格子 全体は 染め分けで大きな格子になっています。
帯締 帯あげ で 秋。
帯留 は 今日の高い空 のつもり。

そうそう この日は気温が高くて 下はみな麻、にしましたが 歩くとあっつい 日 でありました。
グレーに染めた 麻襦袢 活躍 です。




[PR]
by fuko346 | 2017-09-22 10:44 | 今日のきもの 秋 | Comments(10)

越後上布で

きもの繋がりのお友達が 上洛なさったので 京都へ。

a0236300_21255098.jpg
きもの 越後上布 (新品で購入ではありませぬ もちろん)
帯   芭蕉布八寸 奄美大島あたりで作られたものらしい
a0236300_21275529.jpg
この越後は おすまし顏なので 野趣あふれる自然布が 今一つ しっくりこないような気がします。
色目が気に入って 一晩 うんうん悩んで購入した芭蕉布の帯 これがけっこう優れもので 登場回数多し。
a0236300_21313315.jpg
今日の取り合わせの中心は 年に一度はシリーズ 蝉の 帯留。
真夏のイメージ。

ランチは これも年に一度は行きたい ごだん宮沢さん。
a0236300_21333124.jpg
お椀は 稚鮎。焼き加減 絶妙でした。
a0236300_21345971.jpg
いきなり デザートへ 絵は飛んでしまいますが いつもどうり たいへん美味しくいただきました。

お友達と別れて 京都駅あたりで用事をすませ 怪しくなってきたお天気に押されるように 帰宅。
今日の京都 それはまあ 暑かったですが 今年はまだ あのとんでもない暑さはまだのようです。
きもので 歩けますもの。





[PR]
by fuko346 | 2017-07-28 21:39 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)

祇園祭 宵山能 (後祭の京)

 祇園さん 後祭り 恒例になった感のある 宵山能へ あついあつい京都の一日。
a0236300_10241638.jpg
いでたちは こんな感じ。
暑さを思うと ふらふらしてお友達に迷惑をかけてはいけない、ので きものを着ていくかどうか前夜まで悩んでいたのですが 思い切って。
ここでひるんでいては 夏きものを着る機会が無くなってしまいます。

ほぼ10時間 きものを着ていいた 一日のご紹介。
a0236300_10284356.jpg
まずはランチへ。
お迎え花も 祇園さん。
東京からと神戸からと お友達と待ち合わせ。
a0236300_10300605.jpg
和久傳 堺町店
こちらは 前を通るたびに 一度 入ってみたいと思っていたのですが まったく雰囲気が分からなかったので、どんなかしらと 期待していきました。
お料理も美味しいのですが その居心地のいいことに少々 驚き です。
カウンターのお席で あのゆったり感は あまり他にはないかも。
a0236300_10382676.jpg
コースのお料理 みなはアップしませんけど、それぞれに美味しくて、、、ごちそうさま。
紫野の和久傳さんにも 行ってみたくなりました。

大汗をかきつつ それでもセールまっさかりのお店をのぞきつつ たくさん歩き うわあ 疲れましたあ、と こちらへ駆け込む。
a0236300_10425505.jpg
永楽屋さんの黒蜜きなこ
ほ~っと ひと息。
気をとりなおして また 歩き 本日の主目的 嘉祥閣へと向かいます。
a0236300_10464429.jpg
ああ 能楽堂はいいなあ 好きだなあ。
祇園祭 宵山能
後祭の宵山に 山や鉾にちなんだ演目を取り上げる催し。
ことしは 田村
鈴鹿山にちなんでいます。
小じんまりとした 能舞台なので 一番後の席に座っていても ほぼ かぶりつき状態で、音もよく響き、ここ好きなのですが 今のところ年に一度 この宵山能だけに 伺っています。
以前 カルチャースクールの お謡教室にちょっと通っていたころは 発表会で舞台に載せてもらったこともあるのです。きゃ!
短い間ではありますが お能の時間に浸ったあとは、、
a0236300_10522084.jpg
うらうらと 宵山を拝見しつつ、地下鉄四条駅へと向かう のですが その前に またもひと息いれましょう。
a0236300_10534344.jpg
ワイン繋がりのお知り合いがなさっている 四条烏丸の ワインバーミュゼさんへ。
すっきりとして 汗のひくような 泡をください なんて いっぱしのことを言い、こちらをいただきます。
ふわ 美味しかった。
ここで また気を取り直し、夜更けの山里へと戻ったのでありました。
(今回は最寄駅まで送迎があったので やすんじて一杯しております)

あちこち祇園さん そのものを見学することは 無くなりましたが、この お能のおかげで 今年も 京の一大イベントを堪能することができました。

a0236300_11021330.jpg
きもの 能登上布
帯   越後上布
襦袢は 染めてもらった120番手の小千谷の麻。
肩先から腕 腰から下は 汗がすぐさま 飛んでいきます。
お友達の万歩計によると 一万歩以上歩いていたようですが、朝10時に 着て 夜10時まで そう不快、でもなく。この夏は あと どのくらい きものを着ることができるかな、と 楽しみになりました。






[PR]
by fuko346 | 2017-07-24 11:08 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(8)

上布の夏

久しぶりに感じる京都へ
a0236300_09063744.jpg
きもの 能登上布
帯 しな布
しな布そのものの色と墨黒の染め分けなので 反対巻きにすると 自然なしな布の色が前に出ます。
今日の取り合わせは 緑色の帯あげで、出先の展示に合わせて身に付けた母のエメラルドの指輪、と合わせました。
a0236300_09104350.jpg
京都ロームの モダンタイムス
お友達はきれいな色のちぢみをお召し。
ここ どんなところかなあ、と気になっていたのです。
コースでないと予約ができないので 初見ということで選んでみました。
少なめで と お願いしたごはん 残してしまいました お腹いっぱ~い。
天井の高い ゆったりした空間で お食事を楽しめます。
a0236300_09204890.jpg
目的は 京都近代美術館 
技を究める=ヴァンクリーフ&ァーペルハイジュエリーと日本の工芸

以前 ミホミュージアムで見た マハラジャの宝石で その美しさに気付いたので その美しいものを見たいなあと 猛暑を省みず、、、。

超絶技巧の日本の美術品も一緒に展示してありました。

直接 見る機会のないものをたくさん 見ることができたのは よかったのです。

が デザイン、として感じたのは 肌合いの違い。

宝飾品としては もう 関係ない世界なので 自分が使うとしたら という想像は無意味なのは 分かっていますが、美術品を見るときは それでも この中で一つ 差し上げますといわれたら、という品を見つけて どきどきするのですが、それが どうも感じられません。

という なんとも もやもやの残った 不思議な感想が残りました。


暑くて 頭が 壊れかけていたのかな。

この日の最高気温は34度とか、かつ 湿気がものすごくて 歩いているとふっと息が苦しくなるほど。

全身 ほぼ麻の場合 暑いのは帯回りだけで あとはすうすう風が通るので きものだから、というわけではないと思いますが 外を歩きまわるには 危ない気候でありまする。

a0236300_09450829.jpg
ということで 今年 お初のかき氷。




[PR]
by fuko346 | 2017-07-13 09:47 | 今日のきもの 夏 | Comments(6)

浄瑠璃寺の、、、夏、、

山道越えて 小一時間 浄瑠璃寺へ。
今までの涼しさから一転 あつい、、、。
目的の半分は 門前にあるという 蕎麦 吉祥庵
a0236300_20120197.jpg
お店の佇まいもお蕎麦も上等 ごちそうさまでした。

浄瑠璃寺には 高校の関西旅行で 40ん年前に来ました。
事前に堀辰雄の 浄瑠璃寺の春 を読んで期待に胸ふくらませて。
その期待を裏切らない その御寺、岩船寺への石仏の道 当尾の里。
後年関西に住むことになって 久しぶりに行ってみたところ 観光地となって わんわんしており 一度がっかりしてしまったのでした。
今日は梅雨時 平日 人もそんなにいないだろうし お蕎麦やさんへ 一度は行ってみたかったので でかけたのでした。
a0236300_20194954.jpg
目論みどうり 人は少なく、、、
a0236300_20203481.jpg
猫ものんびり昼寝。
a0236300_20211538.jpg
九品仏は昔と同じ ひっそりと本堂に鎮まっており、この国宝の三重塔は あまり記憶が無かったことに気づきます。
とても美しいのになぜでしょう。
御本尊の吉祥天は 今回は公開されておらず また ゆっくり暑くないときに訪れましょう、と。
茶屋のおばさんいわく 三時すぎたら いつでも空いています、とのこと。
いいことを聞きました。
a0236300_20272261.jpg
で、その茶屋の わらび餅が 美味しかったのでした。

ちょいと往復 二時間弱 午後からゆっくりでかけて 思いのほか充実した 小さな旅 でありました。



#浄瑠璃寺 #蕎麦 吉祥庵








[PR]
by fuko346 | 2017-06-19 20:29 | おでかけ | Comments(4)

お召し 日和

梅雨なのか、、
降水確率 ゼロ なので お召し日和。
単衣の時期は雨の時期でもあって 水に弱いお召しを着る機会が少ないのですが 今年は連日 晴れ。
やっと きものでお出かけの機会があって 京まで出かけてきました。

京都駅で待ち合わせて まずはランチ。
駅構内にある はしたて です。
a0236300_18311024.jpg
本日の催しは 京都東急ホテルでの 文化講演会。
茂山良暢の狂厳言教室 無料ご招待であります。
狂言のお会話と 実演 清水
蝸牛
楽しませてもらいました。
a0236300_18401384.jpg
茂山さんは アンケート回収中です。

a0236300_18414529.jpg
今日のきもの
きもの 本塩沢 単衣
帯   こうぞ布 絞り染め九寸名古屋
襦袢は麻
半襟 絽ちり 帯上げも 絽ちり
a0236300_18440227.jpg
きものは 大きな格子にもなっているのですが わかりませんね。
帯上げは きれいな薄緑と薄桃です。
全体を冷たい色で統一してしまうと 面白くないなあ、と思いまして。

単衣に実に いい気候 で 快適でありました。







[PR]
by fuko346 | 2017-06-16 18:47 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)