月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ランチ ( 65 ) タグの人気記事

蕎麦屋で 驚く

a0236300_10135357.jpg

そば処 藤村

滋賀県東近江長町116

a0236300_10151458.jpg
近江上布関連の催事をしているとのことで ちょいと 出かけてみたのですが、そういえば 前から気になっていた お蕎麦屋さんが このあたりにあるはず、と ナビを頼りにいってみました。
大きな道からはずれ 近江商人の豪邸が 残っているあたりのひっそりした住宅地に、突然、現れる立派な店構え。
へ こんなところに こんなものが。
で、中も いまどきのおしゃれな雰囲気でして また へえ。
で、食しましたら 美味しくて へえ。
で、蕎麦湯が またまた 美味しくて へえ。

で、メニューはごく限られていまして、ここまでシンプルなのは初めてかもしれません。
自信があるのでしょうなあ。

蕎麦屋で驚くことは あんまり無いので うれしくなりました。
車で 一時間弱かかるので そうそうは行けませんが、お蕎麦を食べたくなったら ここ になるかもしれません。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-19 10:28 | 美味しい場所 | Comments(0)

桜帯 

a0236300_11121729.jpg
桜帯
この時期 きもので出かける機会があれば 一番に 選びます。
とにかく 年に一度は 外へだしてあげなくては。
a0236300_11140761.jpg
きもの 真綿紬 袷 霜垣さん作
帯   紬地 染め 九寸 生駒さん作
この日は けっこう冷え込んで 真綿の紬でも風が冷たいくらい。
この上に 単の牛首の道中着 ショール、でした。
町ゆく人は 真冬のスタイル ダウンなぞを着こんでいますが、なんとなく 春めくと きもののときは、その季節感に合わせたくなります。
a0236300_11174588.jpg
京の某所、危険地帯
つい 見たくて さわりたくて 行ってしまう、、、もう しばらく行かないぞ、と心に誓う。
お茶でご一緒の方に声をかけられて 驚きました。
そういえば 素敵な訪問着をお召しだったなあと思いだします。

a0236300_11215023.jpg
a0236300_11222835.jpg
その前に お友達とご一緒だったので ランチ。
リストランテ 三郷
二度目の訪問。
雰囲気もよく 美味しくて ゆったりできて そしてお得感のあるランチ、です。
いつものように あっという間に時間が過ぎて あ、もう、余裕がないと 会場へ急ぐのでした。

そんな 京都へおでかけ でした。






[PR]
by fuko346 | 2017-03-12 11:28 | 今日のきもの 春 | Comments(4)

白いきもので

a0236300_1151780.jpg

一年で一番寒い時に いつも選んでしまう 白いきもの。
真綿で暖かいということもあるのですが、この季節が一番似合う気がします。
きもの ほぼ久米島紬(久米島で織っていた方が、九州へ移住して 同じように織っているけど 久米島の商標はつかない) 袷
帯  九寸名古屋 越後印伝

a0236300_119301.jpg

帯留 漆

今日の取り合わせは まずこの白い着物を着たい、あ、梅の帯どめを使わなくては そうそう あの越後印伝も冬、の季節感。
それだけだと なんだか暗いので 帯留と帯締に色目を合わせた 襦袢。
半襟は 薄いベージュにしました。
よしよし、、、自己満足完成。

a0236300_1114239.jpg

お出かけは久しぶりの京都。
大鼓のお稽古仲間に このチケットをお願いしていたのでした。
私が一番 楽しみにしている 京都囃子方の会 です。
今から 楽しみで うきうきします。

a0236300_11171496.jpg

せっかく 会うのだからと ランチ。
四条烏丸下がったところの チェネッタ バルバ
珍しい赤のスパークリングをいただきました。
このお店 こじんまりとして、繊細で美しい お料理。かつ リーズナブル。
そして 量も適当で 気に入りました。

大鼓はまだお休み中ですが、たまにこうしておしゃべりをしてくれるお友達がいて ありがたや ありがたや。



[PR]
by fuko346 | 2017-01-27 11:24 | 今日のきもの 冬 | Comments(0)

きもので 繋がる

a0236300_1311635.jpg

きもの 結城紬 袷
帯    絹バティック

この日の主役は小さなサンタさん。
たぶん クリスマス付近に 年に一度しか出てこない 赤い帯。
この帯は 布のお店で気に入って 帯に仕立ててもらったものです。
赤の色と(赤といってもいろいろですから)、絹の質感に惹かれたのでした。
通りがかりの 老舗の酒屋さんの若女将が趣味で集めている布、に目がいったのですが、私、けっこう通りがかりのお買いものって 多いかもしれません。
もう 20年近く前のことです。

a0236300_13165380.jpg

四条 寺町下ったととこの 菜の菜 さん 久しぶりに訪問。
ここは ゆっくりお話できるので この日の集まりにはうってつけ。
三人で集まるのは 初めて、というメンバーで ほぼきものの 話をしていました。
もともと まったくきものとは違うご縁で知り合ったのですが、一人は私がこの世界にひきずり、、いえ いざなって 着もの好きになった方。
1人は そんなことはぜんぜん知らず FBで 着もの好き、が判明した方。
親しく会うのは 初めてで 会うことすらも5年ぶりです。

では 三人できものでお会いしましょう という 会だったのです。
不思議ですねえ。
おそらく きもの という仲立ちがなければ ご縁は薄れてしまっていたでしょう。

どこにも属すところがないので 忘年会、なるものもなく、これは 今年唯一の 忘年会、とまあ 自分で思って、美味しい料理と楽しい出会いと 静かな空間を 喜んだのでありました。

一つ 懸念が浮上してきたので いつも以上に 暮れやら 正月やらの気分はなく、そちらは最低のことをして、どうにかなる、とつぶやきつつ それなりの準備はしておこう、と思う 12月23日 なのでした。



[PR]
by fuko346 | 2016-12-23 13:30 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)

近場 の 美味しいもん (蕎麦 作美)

じいっと家にいると うつ うつ うつ がやってきてしまう、と えいっと ひとっ走り、美味しいもんを求めて30分ほど 車を走らせます。
といって お使いのついで でもあるのですが。
a0236300_22541572.jpg

久しぶりに訪れた その店には 横に まだ 鮮やかな紅葉。
a0236300_22552857.jpg

天下に誇れる(美味しいのよ) 朝宮茶の産地。
a0236300_2256331.jpg

すぐ横には 渓谷、といってもいいほどの流れがったりして かなりの山奥感、ではあります。
a0236300_22582736.jpg

かくれ里の 名店というべきか 蕎麦 作美さん。
以前はなかったのですが なにやら いっぱい張り紙が。
要するに お客が多すぎるので まずボードに名前と車のナンバーを書き込み タグを取って、車で待っていると、店主が呼びに来る というシステムになったようです。
タグが無かったらもう 売り切れ、ですね。
この季節 一時ちょい過ぎにいったのですが まだ二組待っていて 結局30分まど待ちました。
なんせ 中年のご夫婦二人で している小さなお店なので これは苦肉の策 なんでしょう。

ということは いい季節の 土日は いかなることになっているのか!?
恐ろし。
これは お客さんを連れて行くのは 難しそうです。
蕎麦本に けっこう載ってしまったみたいなので こんな不便なとこでも お客さん 来るのですね。
a0236300_2352225.jpg

美味しゅうございました。
とくに 蕎麦湯が、美味しい、おかわりできないのかな。
ここの蕎麦湯は蕎麦を茹がいたものではなくて 別に作っているらしい、です。
そば善哉 たべたかったのですが 売り切れ でした。
う~ん 開店前に行くべきか?
もっと遅く行くべきか でも お蕎麦が終わっていたら 笑えない。
お店を出るときに タグは一枚しか残っていませんでしたもの。

へんなところで 悩む お店 ではありました。
これから 少しずつ 近場を 回ってみましょ。



[PR]
by fuko346 | 2016-12-08 23:11 | 山里便り | Comments(4)

きもの日和

うらうらと晴れた 初冬のある日。
久しぶりのお友達と四人集って きもの遊び。
例のワインつながりで きもの繋がりの 不思議なご縁のお友達。
一声かけて 神戸 東京から 集まったのはある意味 すごいなあ、と思います。
a0236300_10214015.jpg

集合場所はこちら ORTO / オルト
前から気になっていたのと、本日の目的地に近いので選びました。
衣棚の狭い通りに おしゃれなお店がいくつかできていて この頃の京都はそんな場所が増えました。
最初の一品で お店の雰囲気ってわかりますね。
a0236300_10291318.jpg

a0236300_10293616.jpg

コースのお料理のいくつか。
きれいで、凝ったものが次々と。
二階のテーブル席が落ち着いていることもあって 美味しい料理におしゃべりに あっという間に 二時間以上がたってしまいました。

a0236300_10343677.jpg

目的地は 京都文化博物館別館で行われていた 貴久樹さんの展示会。
能楽堂のところでも書きましたが きものの展示会も 主催のお店というか問屋というかメーカーというかによって 客層が違っていて面白いです。
貴久樹さんの展示会には何回かお邪魔していますが、こちらは品数がとても多くて見応えあり、でした。
きれいなものを た~んと拝見させていただきました。

そのあと こちらで行われていた 黄金のファラオと大ピラミッド展 も拝見して 盛りだくさんの日。

a0236300_10433377.jpg

a0236300_10442374.jpg

きもの 浜紬 型染め 袷
帯   織しゃれ袋 貴久樹
あれ~ おはしょりが、、、このきものは日常に着始めた初期に購入したもの 誂えたはずなんですが 全体に一回り大きくて かなり上に腰紐を結んでもまだ余る、、、
始末したつもりがゆるんできてしまったようです 恥ずかし。
この姿で写真を撮ってもらい 来春の 美しいきもの に載るようです、あの後ろのほうにでている記事ですね。小さくでるので よくわからないかも、と期待しています。
美しいきもの の編集長さんが お若いのにちょっと驚きました。

この帯 若女将さんが 自社作と気がついて 久しぶりに見られてうれしい と言ってくださったのが こちらもうれしく思いまいた。
だいぶ前のものなのに 覚えているのですね、さすが、です。
貴久樹さんのものは 大方 あ、と見ればわかるけど たくさんの過去の品の中の一つを たくさんのお客さんの中から目を留めるって すごいな、と感心したのでした。

a0236300_10571354.jpg

ちょっとおすまし の日の 道中着。
以上 きもの備忘録 でした。

10年以上のお付き合いの中で この4人で会ったのは初めてで ワイン会等でちらと会っても ちゃんと話したのは 初めて という方もいらして、感慨深し。
また きもので集まって 遊びましょう、と東へ西へ北へと お別れしたのでありました。



[PR]
by fuko346 | 2016-12-04 11:06 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)

さすが 京都の、、、きものやさん

久しぶりにお能繋がりのお友達とご一緒するのに 京都へ。
a0236300_2111723.jpg

きもの 白鷹お召し 単衣
帯   首里ロートン 八寸
根付は 銀のぶどう
昨夜は 大雨警報が出るほどの雨。
気温はかなり下がるようですが 湿気は強く 涼しいほどの気温でもなし。
9月も末、着て行くものが無い お召し、しかない。
では、どの程度の湿気、と雨なら 耐えられるのか お召し、の実験です。
もちろん 予報は昼からは そう降らない、というものでした。
結果 ぽつぽつ 雨にあたったけれど 問題は起こりませんでした。
お召しの種類と 布 それぞれで違うでしょうから、実験は 危険をはらむかも。

まずはランチとこちらのお店へ
a0236300_21184114.jpg

祇園新橋 中谷 さん
お若いかたのまだ 新しいお店です。
これは 先付けや お椀や なにやら出た後の おばんざい。
ご主人いわく 自分もいろいろと食べたいので、と。
最後のデザートまで 美味しくいただきました。
サービスメニューで いいのかな、と心配になるほどの料金で 少々 恐縮。
感じも たいへん 好ましく、お友達も気に入って また来ますね、と 店を出ました。

目的その一 ぎをん齊藤さんの秋の展示。
美しいもの たくさん見せてもらって 一番のお気に入りを当ててみても してしまいました。
いつも思うのですが 京都の老舗は すごいなあ、この品物と 接客の妙。
以前の担当さんがやめられて( ちょっぴりしかお買い物したことないので まったくお得意さんではない私ですが)、新しいかた のあれこれの説明も楽しく、遊ばせてもらいました。

目的その2
織楽浅野さんの5年ぶりとかの個展に。
あの 帯が ずらりと。
もちろん 帯も良いのですが 今回 一番気に入ったのは 掛け軸に表装されたもの。
素敵でした。
こちらでも ご主人の ご自分の愛する作品を 見てもらいたい、という熱意を感じました。
説明を聞いて ああ そうだったのか、と思うところもあり やはり 作り手さんの お話を伺うのは とても 楽しいことです。

ええもん 見せてもらいました。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-29 21:39 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)

九月はじめの 夏着物

この日の京都 最高気温は33度でした。。。
a0236300_1138381.jpg

暑いけど あの真夏の暑さとは違うし 九月なんですから、と 妥協点のこのきもの。
ちょっと京都まで御用で行きました、の 取り合わせ。
襦袢は麻ですが、風が通らないので あ つ い。
ああ ベージュの小千谷を着てくるのだったと 後悔しました。

日常的にきのものをお召しの皆様 気温で決めましょう。
30℃以上は 夏物 といたしましょう。

a0236300_1148734.jpg

袖口にちらっと見えますのは 小千谷の100番手麻襦袢です。
グレイッシュピンクを指定したつもりなんですが 普通の灰色に仕上がってしまいました。
適応範囲が広いから いいかなあと妥協しております。

本日はこの襦袢を試しに着てみる、と 帯どめのトンボと帯あげの トンボ、です。
このきものも 夏物ではありますが 色目で 9月初めの 秋 ですよ、の つもりです。
6月は初夏ですよ 9月は秋ですよ の小物の色目と素材で 季節をこめて 夏着物を召しませ 皆さま。
きもの: 綿ちぢみ
帯  : 麻 八寸 無地に見えますが 藍の濃淡になっています。
藍で染めました~~~~感 が好きな品物です。

この日の目的は ご縁があった ところへ 夏紬の仕立て直しを 引きとりにいきました。
また ご紹介いたします。(といって 期待してくださるかたは いるのかしらん)

お友達とランチに行ったのは 二条あたりの
グリル フレンチ
正しい洋食屋さん 美味しい場所、でした。
質実剛健 かつ おしゃれな 洋食屋さんって 表現は おかしいかしら。
しっかり 食べたいときに また伺いたいです。
最後の プリンが 圧巻であります。



[PR]
by fuko346 | 2016-09-12 12:02 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)

トラットリア ラ・ヴォーチェ

久しぶり二年半(くらいか)にお友達に会うために こちらへ。
a0236300_11494946.jpg

烏丸四条 の 気軽なイタリアン トラットリア ラ・ヴォーチェ
こちらネットでお得に予約できるサイトから 見つけたのですが わあ 肉!!
コースのメイン エゾシカ です。
こういう 画像は私は珍しいです。
肉 美味しかったのでした。
(うちに 跋扈している鹿ども、も 撃ちとって欲しい、という想いも込めて メニューに 鹿 があればそれを頼むのでした)
どうなさっているかなあ、と 時折思い出しては 気になっていた お友達 ますます美しく。
私の知らない興味深い世界のお話 また 聞かせてくださいね。

それから 今日は歩くべく 洋服だったので あそこと あそこと行ってみようと、むし暑い京都をてくてく。
寺町あたりを ずずーっと北上。
a0236300_1159667.jpg

セール中の えり正さんで 二分紐を。
二分紐って 置いてあるところが少ないけど さすがの京都には けっこうあります。
昔の小さい帯留って 二分紐しか通らないものが 多いのです。

とか あちこち寄り道しながら 地下鉄の丸太町まで 歩きましたら 暑さにぐったり。
暑いとこと 冷房のきいたとこと 出入りするのも 身体に良くないみたいです。
夏の暑さと 冷房に弱い この身体 うやめしや。

といっても それなりに 動けるのだから 贅沢いってはいけませんね。
京都まで ひょこひょこ出ていけるようになっただけでも 元気になったなあ、と ちょと 喜んでいるのでありました。



[PR]
by fuko346 | 2016-07-29 12:08 | 美味しい場所 | Comments(2)

宵山能

a0236300_1013191.jpg

祇園さん 後祭りへ。
きもの 宮古上布 (古いものを仕立て直した品)
帯   会津からむし 八寸
この上布は 寺町にある ギャラリー啓さんで その布のはかなさに 驚いたもの。
糸の細さは限りなく 人の手でこれを績むことができる、ということが 信じられないくらいです。
着こまれていることもあり おそらくセミの羽根より薄いくらい。
すごみさえ 感じてしまう布 なのでした。
(ちっさい傷があったので 手に入れやすかったのです、新品は無理、です、、、)

だから、というわけでもありませんが、本日の取り合わせの中心は セミの帯留です。
これは確か てっさい堂さんで 帯留がたくさん入っていた小引き出しで 見つけて連れ帰ったもの、です。
小さい 美しい手仕事。
これもどういう経緯を経て 私のところへきたのか どういうご縁かわかりませんが、古いものを探すのも、きものの楽しみだと思っています。

a0236300_10324081.jpg

東からのお友達と待ち合わせて お昼は ごだん宮ざわさん。
このハモが 美味しくて。
そのあとは ちょっと北上してまだ日のあるうちの 屏風飾りなど眺めつつ、能楽堂 嘉祥閣へ。
宵山能 弓八幡
山鉾 八幡山 にちなんだものです。
神舞のお囃子が 心地良く ひさしぶりのお能に こころ うきうき。
今年で二度目の宵山能ですが 続けて拝見していけば 鉾や山の由来がよくわかるので できれば毎年参加したいものだと思います。

外に出れば日も暮れて とことこ南下していけば 
a0236300_10485757.jpg

後祭りは ゆったりしていて楽しめます。
なんたって 歩けますもの。
あちらこちらに 祇園囃子。
a0236300_10502479.jpg

すこうし お知り合いのお店 ミュゼさん で喉をうるおして 体験したかった 日和神楽の始まる時間を待ちます。
a0236300_1052255.jpg

八坂さんの神さんは ここ寺町四条の御旅所に鎮座しておいでです。
そこに各町から 日和神楽の一団がやってきて お祓いを受けます。
こちらは 大船鉾の皆さん。
途中で北観音山の皆さんもやってきて 祇園囃子の共演。
お囃子好き としては 一度来たかったのです この場所 この時間。
ほんとは10基 全部聞きたかったのですが 帰れなくなるので あきらめて 後ろ髪を惹かれつつ帰宅。
やっぱり 一度 お泊りで来たいなあ。
見てみたい 祇園さんの行事はまだまだいっぱいあって おそらく全部は無理でしょう。
毎年 ぼちぼち ぼちぼち いきましょうか。



[PR]
by fuko346 | 2016-07-25 10:58 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)