月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山里 ( 387 ) タグの人気記事

雪げしき

a0236300_09100248.jpg
昨夜 降りだした雪 それなりに積もりました。
定点観測 おタヌキの足元をみると そうたいした量ではないような。
a0236300_09112991.jpg
a0236300_09121014.jpg
a0236300_09123832.jpg
あたりは 一面 真っ白で 色が消えてしまったようです。
しん、と 音のするような静けさは いつものこと。
色も音も 白い雪に 吸い取られてしまったように 一変しています。

湿った暖かい雪なので けっこう早く溶けてしまうのではないかなあ、と思います。

昨夜 なんだか少しあったかくなったみたい、と 思って外をみたら うっすらと積もっていました。
ここは 晴れの時よりも 雪のときのほうが冷え込みが 緩むので ほんわり します。
雪の おふとん です。




[PR]
by fuko346 | 2018-01-14 09:16 | 山里便り | Comments(0)

年末のご挨拶

a0236300_20550404.jpg
今年も東へ向かうべく 一日早い年送り。
ほんとは もう二日前に出ていたはずだったのですが なんとまあ あれから大風邪なのか、胃炎なのか 滅多と医者には行かない私が ふらふらと見てもらいに出かけて イングルエンザではない、検査結果がでました。
三日ほどはほとんど口から固形物がはいらず 五日目の今日も 味覚がすっかり変わっていて ジュースやうどんをやっとすすっているありさま。微熱がとれずほんとぼうっとしています。
もちろん 暮れのそれなり仕事はすべて放棄。
お餅は倒れる前に作っておいてよかったです。

まあもう なんでかしら お正月もひどい風邪で寝込んでいて せんだっても寝込んでいて 暮れももっとひどい状態で寝て暮らしてしまいました。
お祓いしなくちゃ。

もっと身体を丈夫にすることを本気で考えた糸思います。


ことりと 話をかえて
一年 お付き合いありがとうございました。
どうぞ 来年もよろしくお願いいたいます。

みなさまに よいよい年が訪れますように。






[PR]
by fuko346 | 2017-12-30 21:04 | 山里便り | Comments(16)

柚子湯

冬至ですよ 皆様。
うちは もう クリスマス関係ありません。
玄関の飾りに 季節のにぎやかしに 小さいガラスのツリーが 12月に入っておいてあるだけです。
子供のときは ケーキにプレゼントがうれしくて そして 子ができてからは それは世間並みにしてあげたくて。
でも キリスト教の催しを なんで という 疑念が じわじわ膨らむのでありました。

a0236300_17102953.jpg
昨年 購入した 鉢植えの柚子。
今年は 五個 実がつきました。
ちっさい かわいい実。
木が小さいからなのか こういう種類なのか わかりません。
来年は しっかりした 鹿柵を広げる予定なので そこに地植えしてみます。
たっくさん たわわに実るようになったら いいなあ。
ちっさい実ですが うちの柚子です 大手をふって 柚子湯にいたしましょう。
ほこほこ 良い香りの湯に浸かりましょう。

もちろん カボチャも炊きますよ。

この国の季節の催し できるかぎり 味わいたいです。

おっと 今朝の最適気温は マイナス7℃でした 晴れが続くとどんどん冷え込みがきつくなります。
最高気温は たぶん この家 5℃いったかいかないか、ではないかしらん。
計っているとこより 高い場所にあるもので。
先日割ったメダカ鉢の氷は 地面の上で 溶けずにそのまま半分以上残っています。

家の中 ずっとストーブつけていても 足先が じんじん いたします わははは さぶ~い と笑うしかありません。




[PR]
by fuko346 | 2017-12-22 17:19 | 山里便り | Comments(2)

やぶこうじ

a0236300_16110512.jpg
本日 最低気温 マイナス6.4度 最高気温7.4度。
すかん、と晴れた日の冷え込みは きんきん です。
しばらく前から メダカ鉢の氷が 昼間も解けずにだんだん暑くなっていくので ときおり 石でたたいて割っています。 凍りついてしまったら いくら土に潜っているといっても メダカたちが 酸欠になってしまうのではないか、と。
a0236300_16142956.jpg
そんな凍てつく 敷地の中で ぽち、とここだけ暖かいような。
赤い実がかわいい やぶこうじ(だと思うのですが)
同じ気温の中にあるのに 見た感じの 暖かさは メダカ鉢の凍りづけとだいぶんと違いますね。

はてさて 今日は12月20日なそうな。
ありゃん ということは 今年 平成29年はあと11日しかないのでありますか。
ほお~ へ~~ はあ~~。

まあ 年内までに済ませておきたいことは すませるとして あとは ぼちぼち。
特に大忙し ということもなく。
年賀状もだいぶ減らしたので そう慌てることもなく。
晴耕雨読の楽隠居( ほんとか?)の主婦は つらつらブログを書いていたりするわけです。

家族がたくさんで ここと実家と二軒分のあれこれと 仕事してるのに市民活動もしていたころの ばったばったが 今はうそのようです。
いいなあ こういうのんびり。
ほう~。





[PR]
by fuko346 | 2017-12-20 16:32 | 山里便り | Comments(2)

双子座流星群 と 雪

昨夜 今年の 双子座流星群が 極大 ということで 11時ごろ 庭に出てみますと うっすらと雪げしきとなっていました。
低いところには薄雲がかかっていましたが 頭上の夜空は ぽっかりと 晴れており 星々が冷たく輝いていて。
オリオンの小さいほうの三つ星も見えていました。
その中で はらはら はらはら と仰向いた顔に雪辺が落ちてきます。
星空が見えていて 雪が降る こんなのは そうありません。
そして その冷たい空に ひゅっと 流れ星。
大きいのひとつ 小さいの三つ 20分くらいしか見上げていませんでしたが、見えました 流れ星。
全天 晴れていて 寝ころんで見ていられれば きっと たくさん 流れたのではないでしょうか。
あけて、翌朝。
あらま。

a0236300_11211010.jpg
うっすら ではなく しっかりと積もっていました。
夜半 それなりに降っていたようです。
a0236300_11214837.jpg
定点観測 おタヌキ。
これは9時頃のもので もうけっこう溶けています、厳冬期の雪とは はやり違います。
a0236300_11232419.jpg
綿をかぶって 暖かそうにも見えてしまいます。
a0236300_11240834.jpg
空は 真っ青。
気持ち いい~。

今夜も見える、と天文台ではいっているので また夜空を見上げてみようと思います。
夜はずっと氷点下 ですけれども、、、。





[PR]
by fuko346 | 2017-12-14 11:26 | 山里便り | Comments(6)

三年味噌

蔵から 味噌ダル出してきました。
仕込んでから三年目 これで最後、です。
a0236300_22240523.jpg
下のほうで 黒~くなっています。
熟成しまくっていますね。
家の中が 味噌屋か という匂いになっています。

地域で 味噌作りしてくれるので うちの米を持っていって作ってもらいます。
大豆も地域で作ります。
お手伝いしたときは 蒸した米に麹をまぶすとこが とても面白く そうか 味噌とはこうつくのであるか、と納得したのでありました。
少量は受付てくれないので あちこち配っても 食べきるのに三年 かかる量です。
a0236300_22274447.jpg
で、これで底をさらいました。
一年は持つから 来年の秋に仕込んで 新しい味噌ができるまで これで たぶん 大丈夫な量です。
これ以上 熟成してしまうと まっくろけの 八丁味噌みたいになってしまうので これはみな冷蔵庫にしまいます。
生きているのでありました。

なににしろ 在庫が たっぷりあるのはうれしいことです。
手前味噌のお話 でした。




[PR]
by fuko346 | 2017-12-04 22:34 | 山里便り | Comments(4)

青菜

a0236300_11342844.jpg
青菜が食べたくて
菜園で 大根の間引いたものと 小松菜を ひいてきました。
ゴマであえて。

引いてきてここまで 20分とかかっていません。
葉っぱが まだ 生きています。

野菜を引きぬく時 ひゃあとか やめて とか 言いませんが、まあ 殺戮です。
動物も草木も 生き物 としては ほぼ同じと感じているので いやあ すまんすまん 食せねば生きてい行けないのだ、という想いです。

その生きている野菜たちの持っている力、を 私の身体が欲しているわけなんですね。
難儀で因果だと思いつつ 美味しくいただくのでありました。

そんな感じ方をしているので この星は 命に溢れすぎていて ときどき 息苦しくなります。
はうっ はうっ ふう。
その 命の 今の 一メンバーとして 生きていることを 認識する不思議。




[PR]
by fuko346 | 2017-11-24 11:44 | 山里便り | Comments(0)

マイナス 3.9℃

a0236300_11150371.jpg
今年のもみじは ぱっとしない色づきのまま 散り敷いてしまいましたが、これは 私の好きな景色。
なんせ もみじ屋敷には もみじの木がたくさん あたり一面を散り葉が覆ってしまいます。
赤くはなっておらずとも そのあたりは 浮いたように明るく見え とてもきれいなのでした。

今朝の最低気温は マイナス3.9度 でした。
布団から出ている頭が冷たくて目が覚めるので ああ、氷点下になっているなあとわかるのですが、はて まだ11月も半ば過ぎではないかしらん。
常にはそういう気温が続くのは 1月末から2月にかけて。
私がこちらにきてから しかと気温を知っているうちでは マイナス8度が最低、です。
そういう日は 盆地でやや高地のこの山里 放射冷却で冷えているので 翌日は晴れ のはずなんですが しと~っと湿った曇り空。

あん 洗濯物が乾かない 本格的な冬が やってきてしまったようです。
冷え込まない11月中にお掃除、と思っていたのに この冷え冷えでは、、、、
ついでに風邪まで引き込んで。

まあ ぼちぼち。
と いつものとおり。

今回 しみじみ 具合が悪いから、と寝込んでいられるその恵まれていることを 一抹の寂しさを感じつつ、思いました。
がんがん ばりばり 働いている人 働かなくてはいけない人 しなければならない世間との繋がりのある人 は そんなこといっていられませんものね。

今のこの気持ちをどういえばいいのでしょう。

しんとした中に 裏山で鳴き交わす鳥の声がします。
この穏やかさを 望んだのだ、と 長いたたかいの末に 望んだのだ、と 深いところから 声が登ってきました。
ほぅ と 深く一息。

今の気持ちの覚書。






[PR]
by fuko346 | 2017-11-22 11:37 | 山里便り | Comments(4)

けほけほ

a0236300_09492593.jpg
サザンカが咲き始めました。
あれ なんだか晩秋、、、、と思う間もなく 初冬になってしまったような。
もうだいぶ前から 霜はおり 一度 最低気温はマイナスになりました。

敷地の色は 取り損ねている 鮮やかな柿の色と 咲き始めたこの サザンカだけになりました。
もみじは みな なんともいえない色になってしまい 今年は全滅です。

暑いのよりは 寒いほうがいい のですが、この季節はやはり ぶるぶるっとこれからの厳しい冷え込みに 身構えます。
だから というわけではなく 人ごみに出ると やられてしまう、という体質になってしまったか、風邪をひきこんで 二日寝ていました。
はあ、、、。

予定が狂い 茶会のお手伝いができなくなって ああ、使えないやつ だなあ、と 自己嫌悪。
気持ちは上向いてきているのですが 身体はそうそう 回復しないみたいです。
ちょっと 続けて動いたり 寝不足になると もういけません。

エネルギッシュに動く がははおばさん、は どうも無理みたいです。
ぼちぼちだましだまし 細くぼそぼそとやっていくことにいたしましょう。






[PR]
by fuko346 | 2017-11-20 10:01 | 山里便り | Comments(4)

今年の色づき

a0236300_13193538.jpg
もみじ屋敷 今年はきれいに色づくかしらん、と 楽しみにしていましたが、どうも今一つの按配です。この木はなんとか 紅葉している、といえますが 他はどうにも くすんだ色になってしまい、華やかさはありません。
昼間 かなり暖かい日が多かったので 中途半端なのかもしれません。
これぞ 紅葉 という年は滅多にありません。
けっこう 気難しいものですね。

a0236300_13231611.jpg
ヤマサクラも なんとも、、、
強い風がくると はらはら はらはら 葉が落ちてゆき

a0236300_13241594.jpg
少しずつ 降り積もる

モミジもサクラも 葉が落ちていくのを見ている時が 一番きれいかもしれません。

え そう11月なのか そうか もう晩秋なんだなあ、とか ふと しみじみしてみたりしています。






[PR]
by fuko346 | 2017-11-09 13:27 | 山里便り | Comments(4)