月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山里 ( 346 ) タグの人気記事

柿はなるなる

うちは敷地が広くて、いえいえ大邸宅ではないのです、山里で森で、林で、藪なのです。
柿の木も4本あります。
あ、勝手に生えたと思われる渋柿も二本ほどありますが、こちらは見ているだけです。

今年は柿の生り年のようです。
a0236300_1083221.jpg
こちらは家人が子供の時に登って柿をもいだという古い木。
いつからあるのかわかりません。
この状態で、紙袋に4っつもいで隣近所に配ったあと、です。
まだまだたくさん成っていますが、もう、熟しすぎてきたので、鳥の餌でしょうか。


a0236300_10113322.jpg














実はこちら。
防水型の、手入れはなにもしていませんから、小さめです。
ころりん、としていて可愛いです。







a0236300_1014126.jpg



これは苗木を買ってきて、もう27,8年たつでしょうか、二本並んでいます。
去年、あんまりぼーっと大きくなっているので枝を切ったのですが、樹形が変になってしまいました。
こちらもだいぶもいだのですが、まだまだ実があります。

食べきれませんね~。



a0236300_10171881.jpg
実はこちら。
選定が上手く行ったところは、こんな大きなものが成ります。
ひらべったい形です。
あんまり大きいと ちょと可愛くなくなります。

お味はどちらも甘くて美味しいです。
売っているものよりは、甘味がありませんが、それでも十分というか、あんまり甘い果物は苦手です。



この二つ、甘くて美味しけど微妙に味が違います。
どう違うか、説明しようとするとかなり難しことに気づきます。

味の説明って難しいものなのですね。
[PR]
by fuko346 | 2011-10-25 10:24 | 山里便り | Comments(2)

秋の香り

a0236300_12322365.jpg


今朝、玄関を出た途端にこの香りに気が付きました。

金木犀です。
近づいてみると、まだ蕾、いえ、よくよく見るとすこうし先がほころんでいるものがあります。
この状態で、ここまで香りがするのですね。

今日は、ここ数日とはちがって、むうっとした湿り気の有る空気が山里を包んでいます。
前線が通過するとのこと、その前の蒸し暑さでしょうか。

雨がぽつぽつっと落ちると、あたりから一斉にカエルの声が湧きあがります。
もう、ほとんど声も聞こえなくなっていたのに、まだまだいたのですね。

そういう日には賑やかだった虫の音は息をひそめています。

夏の終わりと秋の始まり。
季節の変わり目の妙、です。


*旧ブログには山里便り 過去記事たんとあります。
[PR]
by fuko346 | 2011-09-30 12:43 | 山里便り | Comments(6)

色づき

a0236300_21331040.jpg


急な冷え込みのせいでしょうか。
庭の柿の色づきが進みました。

この前の台風は大風で、倒れた木や枝の折れた木がいくつかありましたが、この柿も太い枝が折れてしまいました。
でも、その他に実ったものは無事で、こうして秋の訪れを目に見せてくれます。

甘く美味しく熟すかな。

明日の最低気温は14℃とか。
え、それはまた寒いこと。

続く暑さに忘れそうになっていましたが、あの冷たい冬がもうすぐやってくるのですね。

四季折々、忙しいことだけど、山里の季節は美しく移り変わっていきます。


明日からの連休は山へ、どのような旅になるのでしょうか。
いつものとおり、だいだい行くとこ決めて、あとは成り行き任せ、です。
[PR]
by fuko346 | 2011-09-22 21:40 | 山里便り | Comments(2)

上目づかい

a0236300_11392442.jpg


くーっとカメラを近づけたのだから、迷惑千万で なんだ と上目づかいになるのももっともなこと。
このあと、ひゅっと姿が消えました。

台風が去って、いきなり秋が深まり、涼しいを通り越した風が通っていきます。
こういう季節の変わり方に、近年は慣れてしまいました。

テレビの音が聞こえづらいほどのカエルの音も、陰をひそめました。
心なしかほそく聞こえる虫の音だけが、背戸にあります。


話しはころっと変わり。
やっぱり書いておこうと。

過日、東京であった脱原発の集会。
ネットで知っていたので、いつも見ているNHKの7時のニュースで様子を知ろうと思いつつ見ていましたら、最後まで取り上げられず、びっくりしてしまいました。
それどころか、どう考えてもおかしなニュースの選び方。
? ? ?

あんまり驚いたので、メールで問い合わせをしましたら、定型と思われるお返事がきました。

翌日の読売新聞にも取り上げておらず、またまたびっくりしました。

発表された参加人数に差はあるとはいえ、数万人規模の集会は、近年この国ではなかったことです。
もうひとつとっている新聞は一面トップだったのです。
これが自然だと思います。

テレビも新聞も、まったくの公平だとも真実をそのまま伝えているとも思っていません。
医療関係のことで、世の中のちょっと奥を除いてから、その想いは強くなっています。

しかし、大きく取り上げるところと、しらんぷり、という対比がここまで鮮やかで作為的なことが、あからまさだったことがはっきりと見えてしまったことはなく、はじめはびっくりし、そして怒って、今は哀しくなっているのです。

ほんとのことを深く淡々と伝えて欲しい。
報道というのは基本的にそういうもの、と、それを目指している、とそう思うのは幻想でしょうか。

おかしい おかしい 根本的にどこかおかしい、と胸の中がもやもやするのです。
[PR]
by fuko346 | 2011-09-22 11:58 | おもいつれづれ | Comments(0)

ヘクソカズラ

a0236300_1142276.jpg


庭木にくるくると巻きついて映えています。
かわいい花が目を引きます。

しかし、、、
ヘクソカズラとはいったい誰が名付けたものか。
葉をもんでみるとその意味がわかるそうですが、恐ろしくてできません。
どんな匂い?

別名をヤイトグサ、これはお灸をすえたあとに似ているから、とか。
こちらのほうがまだましだけど、どちらにしてもあんまり可愛くありません。

でも、こういう名がつくということは、どこにでもある親しみやすい草、だったということなのでしょう。

山里は、今日も晴天。
気温は高いですが、涼やかな乾いた風が吹いています。


こういう日には、どこもかしこも開け放って お掃除 片づけ。
[PR]
by fuko346 | 2011-09-08 11:13 | 山里便り | Comments(6)

池のサワガニ

a0236300_21205146.jpg


台風の雨で庭の池が溢れてしまいました。
そのたっぷりの水の中にサワガニが。
カメラを向けると急いで横歩きして陰へと逃げ込む前に、写しました。

以前、離れの横のコンクリのところにいた子からら。
別の子かしら。
あの子より大きいような気もします。

この日は台風からの湿った風で蒸し暑く、水の中の涼しげな景色を載せようとと撮ったのですが、その台風が去って、今日は晴天。
吹く風は乾いて肌に冷たい。
こんなさわやかさがあったのか、と、数ヵ月の暑い蒸す夏を過ごした身は驚きます。

毎年 繰り返す季節の移ろいですのに、がくんとその季節が入れ替わったことを実感すると、その度に目の見張る気がします。
この頃は季節のあわいの、ぼんやりとした気候が無くなって、夏からいきなり寒いくらいの秋、になってしまうので、今年もそうなのかしら、と思っています。

山里では、朝晩は冷えるようになり、羽毛布団を引っ張り出してきました。

昼間、陽のあたる場所で草取りなどしていると汗をかきますが、それ以外はすっかり秋になってしまいました。

冬の冷たさを思い出しています。


・過去5年分の旧ブログはこちら山里便り のカテゴリーもあります。
[PR]
by fuko346 | 2011-09-06 21:37 | 山里便り | Comments(4)