月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山里 ( 381 ) タグの人気記事

私設紫陽花園

 紫陽花が好きなので、ぼちぼちと種類の違う株を増やしています。

a0236300_2338074.jpg

 こちらは以前からあり、大きな株になっている、ごく普通のこんもりと玉になる紫陽花。
今年は気温がなかなか上がらず、開花も色づきも遅れています。
うちのは紫を含んだ濃い青になりますが、最初は あわあわ こんな風情です。

a0236300_23414030.jpg

ぼちぼち集めたものは、、、
山紫陽花

a0236300_23444679.jpg

墨田の花火

a0236300_23463631.jpg

不明 (名札がどこかにいってしまいました)

a0236300_23483548.jpg

上のものと似ていますが、こちらも以前からあったガクアジサイの大きい版、のような花。

あと二株 あるのですが、この春先の寒さで蕾が枯れてしまい花がありません。

さて、昨年だかも書きましたが、紫陽花を挿し木で増やしています。
こちらもぼちぼちですし、敷地の表には いまだ鹿が出て 新芽を食べてしまうので植えることができず、裏庭だけ、ちょっと増えつつあるところ。

私設紫陽花園の夢は未だ遠いのですが、それでもあと10年もすれば 小さいながらもあちらこちらで咲いてくれるかしら、と楽しみにしているのです。


明日から またしばらく留守にします。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-23 23:55 | 山里便り | Comments(6)

ひとしずく

a0236300_12291146.jpg


また台風がやってきて 雨降りが続きます。

咲きだした紫陽花を撮ろうと裏庭に行くと、ホタルブクロの蕾がふくらんでいました。
その先に 天からの水の そのひとしずく。

蒼いのは 紫陽花 です。


6月生まれのせいか この時期の花が好きです。
あじさい ほたるぼくろ あざみ 

この家にはみな 自然にあるので それは 幸せなことですね。


誕生日だし、、、と別になにもない日常と変わらぬその日を祝いたく、昨日、一輪だけ切り取った ササユリを玄関にいけました。
その香りが、やんわり 漂っています。


思いがけず、ネットの世界でたくさんのお祝いをいただきました。
みなさま ほんとにありがとう。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-21 12:44 | 山里便り | Comments(10)

ほころぶ

a0236300_12171213.jpg


今か今かと待っていた ササユリ が 今朝 ほころび始めました。
うれしいこと。

居間から見える すぐそこの裏山の斜面に自生しているものですから、毎日 何度も見ては、咲くかな 咲くかなと 待っていたのです。
細い茎が伸びてくる頃は あたりにある笹とよく区別ができず、蕾が付き始めると あ、今年も咲くのだわ、とわかります。
昨年は5株に花がついたのですが 今年はみっつしか見当たりません。
どういう加減なのかしら。

蕾は少しずつふくらんで、この細い茎と細い何枚かの葉と、それらから養分を全部すいとるようにどんどん大きくなり、咲く頃には茎がしなうほどになります。
その頃の蕾の紅は、妖艶さを感じされるほどの色になります。

このごろ 美しいと恐ろしいは、とても似ている場所にあるなあ、などと感じています。
ほんとに美しいものは この世のものでないような そんな気配を漂わせているものなのかもしれません。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-13 12:27 | 山里便り | Comments(8)

野菜たち

a0236300_10471358.jpg


野菜をいただきました。
というか 配布品 です。

このあたりでも過疎化、老齢化が進み、たんぼを作ることができなくなりつつあります。
その空いた田を放置しますと、雑草だらけになり、悪影響が出ます。

ドライブなどでどこへ行っても、その耕作放棄されて荒れてしまった土地をたくさん見ます。

このあたり一帯では、それではならじ、と農事法人を作って、空いた田んぼも請け負って米を作り、米を作らない田は畑として野菜を作っています。
作業をするのは、定年退職した60代が中心で、あとは土日にお手伝い、といった人たちです。
それでも人手が無くて、この先はどうなるのかなあという状況です。
おそらく日本中がそんな感じで、、、

人の減った 山村には 鹿や猿や猪や 出放題で、さらに人が減ります。
いいのかな、このままで。


この野菜たちは、その空いた田で作ったものを法人の組合員の家庭へ配ってくれたもの。
収穫品は市場や、学校給食やらへ売りますが、ときおり おすそわけがあるのです。
よくできていますね、土と労働に感謝して、おいしくいただきましょう。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-10 11:00 | 山里便り | Comments(2)

ドクダミ

a0236300_10231692.jpg


いわゆる人間が雑草とか名付けている草は、それは強いので、草取りをしないと、それこそ敷地中がそれらに埋もれて歩く場所もなくなってしまいます。
せっせと少しづつは取るのですが、例年いたちごっこで どこかががぼーっと原っぱ状態になっています。

まあ小さい花壇(のようなもの)の中だけでも すっきりさせようかと わしわしと草むしりをしていて、ドクダミの花は全部むしってしまうのはつまらなく 残しました。
ドクダミの花の、形もさることながら その清浄で温かみのある白、は他にはあまりないように感じます。

草むしりをしていて、むしるべき相手を、きれいだなあ、とぼんやりと眺めていては、何をしているのかわかりません。



花ざかりのラベンダーのとドクダミの
[PR]
by fuko346 | 2012-06-08 10:45 | 山里便り | Comments(2)

いろ

a0236300_22545613.jpg
 

梅の実がふくらんできました。

毎年 見ているけど、この色。
薄日をすかして 美しいこと。

見とれて しまうのでした。


ただ 美しい色がそこにあって。
ただ あるだけ。

不思議でしょうがない。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-06 00:10 | 山里便り | Comments(2)

ミモザ ふたたび

a0236300_12234586.jpg


芽が出て 伸びて 喜んでいたミモザ。
昨冬の厳しい寒さ、 マイナス8度が限度を超えていたのか、枯れてしまいました。

そこで、いただいて残っていた種を蒔くと、ちゃんと発芽しました。
強いなあ 愛しいなあ






最後の課題、なのかしら。
どう 受け取り どう相対することができれば 上がり、なのかなあ。
力のあることを 信じよう。

わたしは その先 も 見たい。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-05 12:30 | 山里便り | Comments(4)

すずなりイチゴ

a0236300_10495777.jpg


前回に続き、一週間ほど留守にして帰ってみると、またあたりの景色が変わっています。
もう、夏の来る音が しゃんしゃんとどこからか聞こえてきそうな、濃い緑の山里です。

菜園を見ると赤いものがごろごろしていて、一瞬 ぎょっとしましたが、はい、イチゴがたくさん熟れていました。
わ、うれしいこと。

a0236300_10544634.jpg


摘んでみるとザルに一杯とれました。
売っているパック三つぶんくらいあるかしら、もっとかしら。

お腹一杯食べました。
露地で完熟したイチゴ、はそうそう口にはいらないものなので、ありがたく。

やさしい甘味が口に広がって、疲れたこころに染みていきます。

寒い土地で、それも露地でイチゴが採れるかしら、と危ぶみつつ、試しに買った二株の苗。
たくさん増えて、それを植えかえながら 毎年 美味しい味を届けてくれます。
[PR]
by fuko346 | 2012-05-28 11:02 | 山里便り | Comments(2)

お田植神事

a0236300_15133554.jpg


皇室への献上米を作る当番(?)に当たったようで、今年はうちの田んぼの隣に立派な竹垣がつくられ、神の田んぼが出現しました。

今日は、そのためのお田植神事。

吹く風に、植えられたばかりの早苗がさやさやと揺らぐ中、畦道を行列が向かっていきます。
にわか仕立ての早乙女ちゃんたちの、赤い袴が、目に鮮やかです。

そこだけを見ていると、どこか夢の中の風景のよう、、、。



私は、お勝手向きのお手伝いをいたしました。



さて、また東へ向かって移動します。
取り込んでいましたが、今回の上京で、少し落ちついた時間が続けばいいのですが。
[PR]
by fuko346 | 2012-05-20 15:22 | 山里便り | Comments(6)

トンボの抜け殻

a0236300_12171012.jpg


敷地にある池の一つ。
そのほとりに見つけました。

背にぽっこり穴があいていて、「ここから出たぞ=」といっているようです。
セミの抜け殻はたくさんみるけど、トンボのものは初めて発見しました。
この池は二年ほど前に掘り下げて水が多くなったものなので、これ幸いと誰かが卵を産んだのでしょうか。
わんわんとオタマジャクシの湧く池なので、餌にこまることはないでしょうね。

トンボはイトトンボから始まって、果てはオニヤンマまで、大小 取り混ぜてたくさん飛んでいます。種類もけっこういるようです。

こういうものを見つけると うれしくなります。
いのちが、動いているのを はっきりと目で追うことができるのは、山里のしあわせの一つです。
[PR]
by fuko346 | 2012-05-16 12:24 | 山里便り | Comments(4)