月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:温泉 ( 87 ) タグの人気記事

秋田駒ケ岳へ 玉梨温泉共同浴場 (6-5)

ちと 疲れてきましたが、備忘録のために もうひと踏ん張り。
a0236300_22374960.jpg

 さらば 猪苗代湖。
会津 只見川沿いを どんどん 行きます。
美しい場所です。
この道を通るのは二度目 です。
見つけたのが、、、こんなのあったかしら。
a0236300_22392345.jpg

大塩天然炭酸水
福島県大沼郡金山町大字大塩
ここでうろうろしていると 地元の方が来て こっちのほうがいい、と連れていってくれました。
道のちょっと下に こんこんと湧き出ている炭酸水。
a0236300_2241263.jpg

取水口の脇に すくっと咲く ダイモンジソウ。
ここのお水は 炭酸たっぷりなのに 柔らかくて さわやかで 実に美味しかったです。

さて今日のメインは 立ち寄り湯のこちら。
a0236300_2248758.jpg

a0236300_22484068.jpg

玉梨温泉共同浴場
福島県大沼郡金山町玉梨湯ノ上
泉質/ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉
うははは うれしい こういうの大好きです。
いいお湯でした。
地元の人たちの守っている共同浴場ですので 入らせていただきます、という気持ちでありがたく堪能。
タオルの赤くなるあっついお湯、すごいなあ こういうのが どんどん湧いているのだなあ。
このあたりには素敵な温泉 共同浴場が一杯です。
また 行けるかしら、行きたいなあ。

さて新潟へ抜けて 最後の宿泊は 水上温泉 松乃井へ。
こちらは 巨大ホテルで、お祝いのお返しのカタログから選び ちょうど帰り途だったので 行ってみました。
思うところ 源泉かけながしのみ、は あの小さめの 30℃くらいの冷泉ではないか、と。
かなり 強めの温泉ばかり 連日はいってきたので この単純泉は なかなか落ち着く感じでした。
バイキングを大きな食堂で食べるのも あまりないことなので楽しかったです。

しかし 昔 私が谷川あたりへ 上野発の最終ドン行で 山へ通っていたころの水上は もう 面影もなく、ほう、こんなになっているのだなあ、と感慨深し。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-28 23:07 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

秋田駒ケ岳へ 角館から吾妻高湯へ (6-4)

9月21日(火)
テントを撤収して 福島へ向かって出発。
a0236300_1020611.jpg

連休に観光地は人で一杯なので行きたくないけど、また来ることはないかも、なので 角館へ寄ってみました。
あら~ 素敵。
観光地って予想より素敵ってことは 少ないのですがここは違っていました。
武家屋敷 を見学してお店を覗いていたら一時間以上かかってしまいました。全体は行っていないので、ゆっくり散策したら半日はかかるでしょう。
桜の時期を想像して ため息をつきました。
ただ、こちらも朝一番 まだ開いていないところもある時間で人が少なかったので、わんわんしていたら、また印象が違うのかもしれません。

この後、そうそう来られないので 平泉へ。
こちらはすごい人で笑ってしまうくらい。
でも とりあえず 金色堂はしっかり拝見。
昔 しんしんとした この場所の記憶があるので、まったく観光地と様変わりした ここは さらっと。
たいしたことないよね、と はいったお店の ずんだ餅が美味しくて 満足しました。

で、びゅうーっと 福島へ向かいます。
連日(テント泊 二泊は除き)一日の移動距離が長いので 途中 寄ってみたいところも はいってみたい温泉も てんこ盛りにあるのですが、みんな スルー。
a0236300_10305676.jpg

五時ちょい過ぎには到着。
高湯温泉 ひげの湯
福島県福島市町庭坂字高湯15-1
酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩泉
あの温泉臭 硫化水素の匂いが満ちております。
部屋の中もすごくて 一度うるさいので停めた換気扇を息苦しくなって夜なかにつけました。
ので 温泉は大変良くて とくに貸し切り露天風呂が 良かったなあ。
秘湯ではありません、モダンな感じに 懐石風のおいしい御食事 良いおやどです。
ただ これは京都から寄り寄せた豆腐です、という説明からわかるように、地の物をあっさりと料理した 温泉だけが自慢のお宿、が好きな私達としては ちょっと中途半端かなあと思ったのでした。
例にもれず ジャズがかなりの音量でかかっていて ん~ちょと違うのね、と思ってしまいました。
むろん、大変評判の良いお宿で 私達がレア好きというか マニアックなんですけども。

温泉は濁り湯かけ流し 文句無しのいいお湯です。
おっと 今まではいった温泉は みなかけ流しです、むろん。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-28 10:48 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

秋田駒ケ岳へ 登って黒湯温泉 (6-3)

9月21日(月)
秋田駒ケ岳は 八合目まで細い道が通っており 車で入れます。
が、混雑時には交通規制がかかり自家用車では行けません。
バスの乗るのがいや、という私達は 規制がかかる朝 五時前に八合目駐車場へ入るべく、四時起床。
a0236300_21591428.jpg

こんな細い曲がりくねった道を ほんとにバスが通るのか、といぶかりながらくねくね道を八合目駐車場へ。
夜が明けてきました。
パンとコーヒーの朝食をすませ 登りはじめます。

a0236300_2224126.jpg


a0236300_223834.jpg
a0236300_2232743.jpg

素晴らしい晴天で。
ひんやりとした風が心地よく。
ぴたりとそのときにあった あでやかな紅葉。
美しいこと限りなし。
a0236300_227066.jpg

山頂からは 周囲の山々が見渡せて、その蒼い空には こんな白い 大鳥も飛んでおりました。
a0236300_2285394.jpg

とてもよく整備された道を ゆっくり歩いても一時間半もかからず山頂まで来ることができます。朝一番に登ったおかげで まだ人影の少ない 山様を楽しむことができました。
帰りは横岳に登り返して 行きとは違う道を下山。
あまりの美しさにこころ うきうき こんなに上機嫌の山歩きは そうありません。
しあわせ しあわせ。

昼からは 田沢湖駅で 稲庭うどんを食べて 田沢湖を一周。
その後は、、、、期待の乳頭温泉へ。
a0236300_22173259.jpg

鶴の湯 妙の湯 あたりは きっと人でいっぱいであろうと、一番奥にある 黒湯 へ行きました。
これ なんだと思います?
宿の敷地、湯治棟の目の前にある源泉です。
池になってる どんどん湧いてる すごおい!
もちろん 温泉 極楽 でございました。
茅葺屋根のお宿 いいなあ。
泊まりたいなあ 湯治棟いいなあ。
また来たいなあ。

この夜は朝早いかったのと 歩いたのと 温泉とっぷり入ったので、テントで翌朝までぐっすり10時間睡眠してしまいました。
ああ 気持ち良かった、のでした。

山と温泉は 私の大大好物でございます。

乳頭温泉郷 黒湯温泉
秋田県仙北市田沢湖生保内2番地1
単純硫化水素泉・酸性硫黄泉
[PR]
by fuko346 | 2015-09-27 22:30 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

秋田駒ケ岳へ 乳頭キャンプ場 (6-2)

9月20日(日)
ひたすら走って 3時には 今日 明日の泊まり、乳頭キャンプ場へ到着。
a0236300_20125338.jpg

秋田県仙北市田沢湖駒ケ岳2-1
とても 居心地のいい施設でした。
連休中とて かなり広いサイトは ほぼ満員。
テント設営後、子を拾いに 秋田新幹線 田沢湖駅へ行き、スーパーで買い出し。
その後 待望の 温泉へ。

選んだのは 水沢温泉露天風呂
来てみてびっくりしたのは かの有名な乳頭温泉郷だけでなく 付近には たくさん温泉があって、かつホテルやらなんやら 立ち並んでいて にぎにぎしいのでした。
秘湯をイメージしていたのが 間違いだったようです。
写真はとっていませんので、こちらをご参照ください。
水沢温泉露天風呂のサイト
秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73-15
含硫黄・カルシウム・マグネシウム・ナトリュウム―硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
毎分1000リットルの湧出量
人はたくさんいるのですが 内湯 露天風呂とも広く、温泉どばどばですので、ん~~~~いいお湯。
それに なんとも美しい水色なのでございます。
ここまできれいな水色の湯は 初めてでして うれしくなってしまいました。

夕食は焼き肉で、明朝早いのでさっさと就寝。
空には砂をまいたような 星。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-26 20:30 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

秋田駒ケ岳へ  出湯温泉 (6-1)

連休に 秋田駒ケ岳へ登りに行ってきました。
まず 簡単に行程のみ 記録です。
9月19日(土) ~ 新潟 出湯温泉泊
   20日(日)~秋田 乳頭温泉 水沢温泉露天風呂へ テント泊
   21日(月) 秋田駒ケ岳 登山  田沢湖ひと巡り 乳頭温泉郷黒湯へ テント泊
   22日(火)~ 角館 平泉見学後 福島 吾妻高湯泊
   23日(水)~群馬水上温泉泊
   24日(木)~ 長野 田沢温泉に入り 帰宅

19日 晴天の中 一路新潟へと向う途中、お友達からその存在を聞いていた 富山県入善町の 杉沢の沢スギを見に行きました。
a0236300_22442191.jpg

立山からの伏流水がわき出す扇状地に 不思議な植生が ありました。
ここの杉は 湿地に横に枝を出し、そこから新しい木が育っているのです。あたりは鬱蒼としていて 澄んだ水が流れています。
湧水が暖かいので暖地の生物も混じっており、今まで見たことのない森でした。
現在は少なくなってしまっていますが 一角が保存されていて公園になっています。
こんな土地があったなんて 驚きでした。
沢スギ自然館  富山県下新川郡入善町吉原950番地


a0236300_1035618.jpg

一日目のお宿
五頭温泉郷 出湯温泉 清廣館
新潟県阿賀野市出湯802番地
ラジウム泉 自噴源泉100%掛け流し

以前 この五頭温泉郷のうちの一つ 村杉温泉 環翠楼に泊まったときに この国登録有形文化財になっている建物が気になって 泊まってみたいと思っていましたので、秋田への途中泊に選びました。
お湯も料理も優しい いいお宿でした。
a0236300_1275175.jpg



御料理は地のものを やさしく御料理。
女将さんはじめ 女性三人の仕事のようですが、今回は季節もあって きのこ、がとても美味しかったです。聞いたことのない(名前わすれてしまいました)とても美味しいものを三種類いただきました。
お湯に入って このお料理をいただいて一週間もいたら すっかり毒気が抜けて すきっとしそうです。
この温泉郷は 静かで実に好ましいので、また機会があったら他のお宿にも泊まってみたいなあ、と思うのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-25 22:29 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

三徳山三佛寺投入堂

三朝温泉に泊まった 翌日 参拝してきました。
近頃 有名になっているので 御存じの方も多いかと。
a0236300_14421453.jpg

奥の院 投入堂
お寺で受け付けをして 靴のチェックを受けて、登ります。
見上げる 断崖絶壁に 建っていて どうやって立てたのか 定かではないそうな。
えいっと 投げ入れたそうな。
手前の黒い柵のところまで 近づけます。
a0236300_14464997.jpg

険しい修験道に こんな鐘楼や お堂や ありまして 手も使って 急な道を這うように登るのでした。
a0236300_14481323.jpg

登ったぞ、の証拠写真。
前日 雨が降ったので 乾いていても いかがなものか、の道は よく滑り とっても怖いのでした。
TVで放映さえれていたのを見たり お寺のサイトでも 危ない 危ない、と書いているのですが、きっと大げさに言っているのよ、と思っていたら ほんとに危なかった。

信仰というのは すごいもので こういうものを作ってしまうのですね。
そして 人はお参りに 登ってしまうのですね。
しみじみ、、、。
下の車道の投入堂遙拝所から 仰ぎ見ることができますので まあ そちらが無難かもしれません。
経験して思ったのですが、トレッキングシューズがお勧めされていますkれども、滑ります。
使いふるしの足袋(木綿のしっかりした底のもの)を持参して 受付に売っている わらじ、を掃くのが一番 歩きやすいか、と。
いつか わらじウォークというイベントで けっこう長い時間歩いたことがあるのですが 快適でしたし、あの坂を上り下りするのにも いいと思います。

とても 貴重な体験でした。
ほとんど動いていない日常から いきなりの運動で へ~へ~ 大汗かきました。
a0236300_1504780.jpg

ということで 三朝温泉へ戻って 温泉へ。
公衆浴場 株湯
三朝温泉 発祥のお湯、だそうです。
あ~ いい気持ち、でした。
[PR]
by fuko346 | 2015-06-24 15:05 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

三朝温泉 旅館 大橋

観光、ということではなくて ひたすら いいお湯を求めて山陰へ。
でも 何度も近くまで行きながら 素通りしていた 鳥取砂丘を見に行きました。
a0236300_1253417.jpg

見ました お終い。

目的地は 鳥取 三朝温泉 旅館大橋
ここは いいお湯を求めてどこまでも、の温泉好きには有名な 旅館です。
いいお湯があればいいの泊まるところは清潔安全ならいい、の私としては 贅沢の部類に入りますが、ここは立ち寄りではなくて ゆっくり浸りたかったのと、還暦だい!のお祝いで 泊まってみました。
a0236300_12574559.jpg

お知らせしたあったので ちょっぴり 御誕生日めでたいバージョンで 御料理が出てきました。
a0236300_12584340.jpg

水タコの 炙り。
解禁日ということで 今年初、一番のお客さんなんだそうで、お兄さんの力説が 楽しかったです。
御料理 たいへん 美味しゅうございました。
が 量が多すぎて食べきれず、ううん 慙愧の念。
朝もちょっと残してしまい もったいない。
あんまり食べられない人用コースがあればいいなあと思うのでした。

目的のお風呂ですが、うひひひひ 好物です。
河原の湧き湯を そのままお風呂にしており 4っつある 岩穴、にこんこんとお湯が湧いております。
足元出湧が 一番 お湯が新鮮なので 大変喜ばしいことなのでした。
泉質:含放射能 ナトリウム 塩化物泉
源泉が五つあり 一つがトリウム泉 残りがラジウム泉、かけ流しは 二つある浴場のうち岩窟の湯、です。
お湯が重い、という感覚は初めてかもしれません、気持ちいいです。
汗をかかない体質なんですが 今回は だくだく、でありました。
写真はあまり獲らなかったので ネットで検索していただければ 一杯でてきますので よろしければ見てみてください。
四回 入浴してしまいました。 極楽湯、です。
a0236300_13293870.jpg

部屋からの眺め。
これがあきません。
昼は 水の流れと 揺れる緑と 鳥たち。
夜は 水辺に 光り 水面に映る 蛍、向いの林の上の空に輝く星。
聞こえるのは 水の流れと カジカの声のみ。
温泉で ほてった頬に 過ぎ行く 川風。
この欄干にもたれて ぼお~~~っと かなりの時間を過ごしました。そういうことも初めてかもしれません。

翌日、投入堂に登ったあとには、三朝温泉 発見の元 外湯公衆浴場の 株湯に 入り、満足 満足。
しかし 同じ場所の 放射能線なのに 源泉によってみな 微妙にお湯と温度が違います。
どういうことなんでしょ。

三朝 予想以上に いい温泉でした。

投入堂 参拝 奮闘記は 別記で。

三朝温泉 旅館大橋
こちらが公式のサイトです。
[PR]
by fuko346 | 2015-06-23 13:48 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

人間国宝 佐々木苑子―絵絣紬に生きる― と 伊香保温泉

群馬県立美術館にて 人間国宝 佐々木苑子―絵絣紬に生きる―  を開催していると聞き、出かけてきました。
今回の上京の目的の一つ、です。

それは もう 素晴らしい作品の数々で、頭が くらくら くらくら。
作品、というのは どの分野でもあれ 作者そのものが 出てしまっているものなので、この佐々木さん、というかたの 魂の強さ、を深く感じました。
ただ あまりに手の込んだものは 着てみたい、という魅力を感じないことがけっこうあるのですが、今回は これが欲しい これを着たい、と思えるものが多くて、まあ 購えないのですが、もしかしたら ひょんなご縁ができるのではないか、などと 不穏なことを考えます。

あの紫の濃淡 市松 藤の絵絣、、、、、目に焼き付いてしまいました。

作品は呉服屋さんで手に取ったり 展示会で拝見したりしたはずなんですが 今回はそれと違うものを見た、という気がしています。

会期はまだありますので ご興味のあるかたはぜひ。


a0236300_12495867.jpg

群馬在住のお友達に高崎までお迎えしてもらって お昼も美味しいお蕎麦屋さん。
帰り道に ここまで来たのだから温泉にでも浸かって帰ろうと 伊香保温泉まで送ってもらいました。
で、せっかく来たのにもったいなあ、とふと魔がさし、夕方 観光協会に電話して宿を紹介してもらって、一泊してしまいました。
a0236300_12541277.jpg
a0236300_12543494.jpg

帰りは高速バスを予約して、翌日はぽくぽくぽく 汗だくになって歩きまわり 伊香保堪能。
小さな温泉地なので 充分歩きで回れます。
紹介してもらったお宿は もうひとつでしたが、一番高いところにある この町営の外湯、露天風呂がいいのでした。
カエデの大木から 頭上に枝がさしかけられ、 湯に浸って 仰向くと 青葉の間に陽が ちらちらとして 大変気持ちがいいのでした。

ふむ 突然 温泉一人で一泊 ということも できるのであるなあ、と 新鮮な驚き。

なんで絵絣が 温泉に化けるのは よう わかりませんが、とても楽しい二日間でした。
[PR]
by fuko346 | 2015-05-29 13:03 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

東京の行き帰り

a0236300_23402572.jpg

下諏訪温泉共同浴場 菅野温泉
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
このところ 車で上京しているので 行き帰りに 一風呂。
熱目のお湯に入ると しゃきっとするのです。
遊泉、と 児湯には 入ったので 下諏訪三湯目。
行きは 児湯に入りました。
菅野温泉 気に入りました。いいお湯です。地元感 満載、です。
他の共同浴場も みんな入りたいなあ。

下諏訪にこんないい共同浴場がいくつもあったなんて 近年まで知らず もったいないことをしまいた。
30年以上 通っている中央高速ですのに。

東京でのお遊びは おいおい 書いていきます。


さて 本題の両親ですが 落ち着いてきて 私もほっとしています。
とても 良くしてくださるので、安心しています。
ただ どう言う意味にしろ 「違う人」になってしまった二人に別れるときは なんともいえない気持ちになります。
はて 違う人 なんだろうか 本質 なんだろうか。

いろいろな たくさんの 葛藤を 味あわせてもらっていることは、人の修行としては ありがたいのだろう、と思うこともできるようになりました。
ただ 不自然に長生きしてしまうことは いいことだとは 思えません。
人によって 長生き はいくつ とは 言えませんけれども。

むきだしの いのち を目の当たりにすることは 力技、です。
なんだか そういうことに どぷっと浸っている 人生だなあ。
これも 私が 望んでいるのだろう かしらん、、、。
[PR]
by fuko346 | 2015-05-28 00:02 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

新潟 南魚沼あたり

連休には 新潟 巻機山山麓にある 山小屋へ 二泊。
いつも横を通る 美人林にやっと行くことができました。
a0236300_1118515.jpg

車で行くことができる場所に、これだけの広さのある ブナの純林があるのは珍しいです。
a0236300_11192270.jpg

ブナが 太陽の暖かさを集めて その周りは一足先に雪解け、です。
a0236300_11202915.jpg

雪解けを集めた池に 一か所日が当って 底が揺らめいて見えます。
とても 美しい場所でした。

あとは けっこう長いこと塩沢の街をうろうろ。
すっかりと建て替わっていて、賑っていたのに驚きました。
布、を少々お買いもの。
いわずとしれた 織物の町、ですから。

a0236300_11221680.jpg

山小屋です。
手前の沢は まだたっぷりの雪で埋まっています。
a0236300_11231726.jpg

私の仕事は 薪ストーブ係。
火と水と雲は 見あきません。
a0236300_1125759.jpg

二階の窓から。
巻機山の稜線には 雪 です。

今回は事件が起こって、山岳救助隊の活動を目の前で見ました。
山スキーの人が沢に落ちた、とのことでしたが 大きな怪我もなく ヘリコプターで救助され 近くの駐車場へ 吊り下げられて パトカーの中でかなり長いこと 事情聴取されていた模様。
沢の上空で ホバリングしているヘリコプターを見て心配していましたが 無事でほっとしました。
新潟県警山岳救助隊(と思われる) お兄さんたちの動きが素晴らしくて 見とれてしまいました。

帰りは群馬方面へ出て 四万温泉に入って 両親のお見舞いに東京で一泊。
帰宅の道は 御嶽山をぐるりと回って 開田高原を走って。
新緑と 山の遅い桜を楽しんだ 三泊四日でした。
この時期の 山の 美しさは たとえようもありません。

今回の旅の温泉。
六日町温泉 ゆらりあ (公衆浴場)
新潟県南魚沼市六日町392-3
単純温泉 源泉かけながし
山小屋に来たときは 必ず来ます。
湯沢温泉 山の湯 (湯元 共同浴場)
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢930
単純硫黄温泉 かけながし
a0236300_1151518.jpg

四万温泉 積善館
群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
ナトリウム・カルシウム塩化物硫酸塩温泉 自然冷却かけながし
ここは一度は入りたかったので 満足。
連休の湯名温泉地は すさまじく混むのですが 四万なら そんなではないだろうと行ってみました。
まあ、混んではいますが イモ洗い、ではなく十分 楽しめました。
クラシカルな サウナも 面白かったです。
二本木の湯
長野県木曽郡木曽町新開6013-1
含二酸化炭素・カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉(低張性弱酸性冷鉱泉)

四万以外は再訪です。
新潟の兎口温泉町営の露天風呂が閉鎖されていたのが がっくりしました。
あそこは三本の指に入る温泉だったので とても残念です。宿泊すれば 味わえるのかしら。

緑に染まってしまいそうな 山の景色も 観光も蕎麦も 温泉も 布も 堪能した 旅 でした。
[PR]
by fuko346 | 2015-05-07 12:13 | 山と温泉と旅 | Comments(2)