月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:生き物 ( 81 ) タグの人気記事

野生との たたかい

a0236300_2283510.jpg

玄関脇の柱、です。
これ アライグマの爪後なんですって。
登ろうとしているのですって。
気がつきませんでした。

なぜわかったか、というと 屋根裏の大騒ぎに疲れ果て 市に連絡したろころ 獣害担当の人が来てくれました。
屋根裏も 家の回りも見てくれて、屋根裏に入ってくるのは イタチ、であろう、アライグマもいる、ということになり、罠をしかけていってくれました。
アライグマの繁殖力はすごくて ここ数年もあっという間にそこらじゅうで被害が出ているようです。
でも ここにもいるとは 知りませんでした。

イタチ それもチョウセンイタチであろうものは 数年前から屋根裏で大騒ぎをしていて 頭が痛かったのですが、バルサンたいたり 棒で下からつついてみたり、殺虫剤を吹きれたりしていたのですが、もう 我慢できないので、捕獲することにしたのでした。

屋根裏を走る足跡から どうも 違う種類のものがいるような、、、と感じていたのですが、イタチもアライグマもいたのかもしれません。
さて、捕まるでしょうか。
不穏な空気を察して 侵入をやめてくれればいいのですが。

アライグマもチョウセンイタチもハクビシンも外来生物で 誰かが持ち込んだものです。
脱走、したものもいるでしょうが、捨てた、もののほうが多いはずですから、ニンゲンの仕業ですね。
動物に限らず 植物 昆虫でも わっと繁殖して 元々の生態系を壊しているので、持ち込む ことを禁止できないものか、と思います。
騒ぎになってからでは もう手遅れですもの。

きれいとか かわいいとか そういう売れる ものを 安易に輸入していいものか、と首をかしげます。

外来生物だけでなく 山里には ムカデやヘビが 家に入ってきますし、外では刺し虫がいっぱいで、鹿、イノシシ、サル、と暗躍しているので 日々 生活は闘いでもあります。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-09 22:30 | 山里便り | Comments(6)

トンボの目玉は

a0236300_23475026.jpg


トンボのメガネは♪
水色メガネ、ばかりではありません。
(この歌が ぱっと頭に浮かぶ人って いくつくらいまでだろう、とふと思います。世代でわからない歌ばかりになってしまうのは淋しいな、みんながわかる唱歌は 無くして欲しくないな)

季節の色。
秋の色。

何度かブログにアップしましたが、写真はふらっと庭に出て そのとき目に入ったものを撮るので、毎年、アキアカネが毎年 きれいに撮れるわけでもありません。
思うに。
毎年 いっぱい飛んでいるけど、もちろん、同じ個体がいるわけもなく、世代交代しながら この季節になると この鮮やかな赤、と見せてくれているのですね。

トンボってけっこう静止してくれるので 撮りやすいです。

それと庭をふらふらしていると 帽子にとまります。
気がつくだけで 4,5種類のトンボが 敷地に飛んでいます。
見えないので どの種類のトンボがとまっているのかは わかりませんが、頭に来る時に しゃっと 音がするのでわかるのです。
もちろん 重さも感じません。
でも 飛んで近づいてくる音は それは はっきりとわかります。
なにかしら 地表から とびでているものなら つい とまってみたくなる性質があるようです。

オニヤンマは 脇を 飛び抜けるだけで びゅっと音がします。
ときおり びっくりすることがあります。



池があるので トンボだらけの 山里なのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-06 00:05 | 山里便り | Comments(6)

んふっ

a0236300_20155063.jpg

物干しシリーズ。
ここには いろんな生き物が来ます。
とまりやすいのかしら。

カメラを向けると すす すす と逃げてしまいます。
ん~ 逃げないで お顔を見せて。

面白~い、虫の顔。
表情ありますでしょ。

なんだ おまえ どうするつもりだ。

いえいえ なにもいたしません。

こういう金属にも 足の爪はきっちりひっかかるのですね。
すぐれものの 足をお持ちで。

こういうものを見るとわくわくいたします。

あっちっちの夏は一段落ついたようですが このすさまじいまでの湿気はあまり記憶がありません。
さくっと乾燥した涼風 いつから感じていないでしょう。
でも なんだか この夏はしゅしゅっと力が無くなって う 寒い、っていうようになるような気がいたします。

もう目まぐるしい季節を超えて行くだけで とき が過ぎてしまいそう。
[PR]
by fuko346 | 2015-08-21 20:40 | 山里便り | Comments(2)

擬態

a0236300_21264048.jpg

山椒の木に 小さいナナフシ が。
肉眼では こんな赤い色も おめめも見えませんでした。
山椒の枝の赤に 似せているようです。
例によって おめめはこちらを 見ています。
「何です?」

見事に枝になりきる ナナフシ 葉っぱの上では効果なく あれ、なんか変なの乗ってる、とわかってしまいました。
なりきる、のも 難儀なもの、枝、になれる場所へ移動中だったのかもしれません。

ナナフシ そうめずらしくもなく 山里にはけっこういます。
けっこう見つけられるってことは、、、擬態 って そう効果がない、、、のかも。

いえいえ そんなことはありますまい。
きっちり生き残っているのですものね。
[PR]
by fuko346 | 2015-07-19 21:33 | 山里便り | Comments(4)

それなりに増えています

a0236300_11522544.jpg

留守の間 心配していたメダカたち。
子メダカたちが孵化して けっこう増えていました。
ちょろちょろ ちょろちょろ ちっさい子たちが泳いでいます。

でも やっぱり 卵を産んでいるのは一匹にしか見えません。
そんなに毎日 産むのかなあ。
首をかしげながら ホテイアオイの根基を毎朝見ると 毎朝 数個の卵があります。

ということは うちの子たちは あのお母さんの子だけ、になってしまうのか。
お父さんが違う子も混ざっているから いいのか。

新しい子を入れなくていいのか。
はてな。

なんてことを思いながら けっこう長い間 遊ばせてもらっているのでした。
あきません。

画像には 大 中 小 と写っています。
生まれた順で 大きさがけっこう違います。

たぶん池(大)に放した子たちは ちらちらと垣間見るに元気そうなので 順調に増えてくれていると思います。
池の子メダカは 小さすぎて発見できないので 秋になって水草が枯れ、今年生まれた子たちも大きくなって見えるようになるのを楽しみにしています。
[PR]
by fuko346 | 2015-07-06 12:01 | 山里便り | Comments(6)

メダカ (2015)

今年は 山椒も 梅も 不作ですが メダカも元気 ありません。
卵でいただいてから とても 元気で わんわん 増えていたので 昨年秋、鉢には少し残して 池に放してしまいました。
池 大 のメダカは 元気です。
池 中 は 中がよく見えないので 不明。
池 小 は 全滅。 たぶん 私が留守にすると減っていったので あの金魚を食べていた サギ、が 犯人ではないかと。 メダカ ぽうっと 浮いていることありますものね。

で 冬を越したときは 元気に見えた 鉢の メダカたち。
次々と死んでしまって 今 鉢 中 に三匹。
鉢 大 に 四匹 しかいません。
あら~ どうしたのかしらん。
卵 産んでくれるかしらん。
a0236300_23181810.jpg

鉢 中。
こちらは まだ卵はみつかりませんが、鉢 大 の まだ小さめのメダカ、一匹だけが お腹が大きくなって、ぼつぼつ 産卵中。
a0236300_23185691.jpg

鉢 小 は 子メダカ用。
この時期に まだ5匹しか 孵化していません。
その子たちは 元気だけど 秋までに生き残るのは 3割くらいなので、え~~~、来年が危ういではありませんか。
これからの産卵に期待いたしましょう。
a0236300_23193275.jpg

メダカに反して 元気なのが ホテイアオイ。
どんどこ 増えて花が咲く。
今年は メダカ ではなくて ホテイアオイを 池に移動しています。
ん~~~~。

いきなり みんな死んだりしますよ、とは 聞いていましたが、二年 とても元気だったので、今年は 不安でありまする。
なんでかな。
三年目の子は 寿命かもしれんませんが 二年目と思われる子も死んでいるので 首をかしげるのでありました。

他の子も 産卵しはじめてほしいのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-06-13 23:20 | 山里便り | Comments(2)

モリアオガエルの産卵 2015

a0236300_10395243.jpg

モリアオガエルが 産卵しました。
あの クワコココ という鳴き声が あまり聞こえないので まだ先かなあと思っていたら ありました。
おおきい塊、です。
そばに親たちが いるかなと探してみましたが いません。
さっさとお山に帰ったのかしら。

山里 寒いのでした。
最低気温 9度。
最高気温15度。
昨夜は毛布を押し入れから 引っ張り出し 今日は長袖を着ています。
カエルも 震えて 木の上にいられないのかも。

例年は 産卵時は むうっと蒸し暑いのが 常、ですから。

あっつい日が続くかと思うと 急に冷えるので ニンゲンも動植物も 困惑、です。

a0236300_10442193.jpg

池の中央 深いところの上に 卵があります。
右上、です。
ここへ産み始めのころは 池の端にオタマが落ちてしまうようなところに産んで失敗していましたが、今年は完璧。
ヤブツバキの 一番 池に 張り出した枝に産んでいます。

ここらかな~ 
いや もう少し先だ
おお ここなら 大丈夫 だろう

とか カエルたちも 下の水を見ながら 塩梅して 卵を産んでいるのでしょうねえ。


しかし 寒い。
湿気を含んだ 身体に応える 寒さ、です。
でも たんと動くと じとと 汗が出る。
気持ちの悪い 気候であります。
[PR]
by fuko346 | 2015-06-05 10:49 | 山里便り | Comments(0)

トンボの里

a0236300_1184952.jpg

カワトンボ の類 らしいです。
前回の記事のトンボが気になってネットで調べてみましたら オツネントンボ、というもののようです。
青いイトトンボは みな アオイトトンボ んなんて ざくっと思っていましたら、トンボの種類は多くて、専門家でも同定不明、なんてのも多いようです。

今、このほかに3種類くらい飛んでいて 一つはチョウトンボ、のようです。

、、、のようです、ばかりで 情けないですが、断定もできないので御容赦あれ。


このカワトンボ、実に美しい色彩です。
緑に光る身体に茶色の透き通る翅。
自然光だと きらきら 輝いています。

う~ん この取り合わせは 大好きな色。

トンボの嗜好はわかりませんが、地球上の生き物の 美しい色を見ていると、ニンゲンも含め、何を美しいか、と感じるかは 同じようですね。
あ、もとはみんな一緒でしたね。
それは当然のことでした。
面白いなあ。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-27 11:16 | 山里便り | Comments(2)

イトトンボ は 何 思う

a0236300_11119.jpg

敷地内には 水が 多いので トンボがたくさん 飛びます。

a0236300_1123766.jpg

お目当ては 池での産卵。
アオイトトンボが 一番乗り のようです。
見ていますと つがいの二匹は あちらこちらと草を移動して 卵を産んでいるようですが、その間 ペアになれないオス、とみられる個体が ちょっかいを出して 重そうにうろうろしたり 離れてしまったり。
オス同士で 角付き合わせてみたり。
忙しく10匹くらい 飛び交っています。

ところで 池には メダカの様子を見に行ったのですが、いません、、、、。
大きな池に放したものが 春になって一番大きくなっていて 喜んでいたのですが、いません、、、、。

かなりの雨が降り続いたので、流れていってしまったのでしょうか。
しかし みんないない、というのも 解せません。
捕食者がいるのでしょうか。

池の中の生存競争は 激しそうなので、生き残りは至難の業、なのでしょうか。
でも、今年も増えたら また 放してみましょ。
メダカの産卵も もうすぐでしょう。

あちらこちらで 命が 生まれていきます。

*青いから アオイトトンボとひとくくりにしていましたが、これは オツネントンボ のようです。
越年 して暖かくなると飛び回る、と。
それで一番に産卵しているのですね。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-25 11:11 | 山里便り | Comments(4)

筍 出ました  (下にカエル画像あり)

a0236300_19455023.jpg

五月の連休過ぎ というのが時期だったのですが、だんだん出るのが早くなっているので、もしや、と裏の竹藪へ行くと ありました。
a0236300_19471958.jpg

お初の筍 豊作です。

すぐにゆがいて 筍ごはんと土佐煮に。
わしわし ぱくぱく あ~美味しい。


a0236300_1949033.jpg

ぷにぷに グミのようなキノコが あちこちにあります。
これは もしや 干したら キクラゲになるのでは、、、、、。
じーっと見るけど 毒だったら怖いし。

a0236300_19515221.jpg

この子はだあれ。
竹林の 下で ちょろちょろ何匹もいますけど、あまり 見たことないような。

燕もやってきて 雉も鳴いて 山里は にぎやかになっていきます。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-11 19:54 | 山里便り | Comments(7)