月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:草木 ( 198 ) タグの人気記事

柚子の花

梅雨入り だそうですね。
今日は まさにそんなお天気。
でも 明日も 明後日も 天気予報は晴れマーク。
季節関係なく 暑かったり 寒かったり 土砂ぶりの雨が降ったり 日照りだったり、もう そういうことになってしまったのでしょうか。

さて
昨年 柚子の苗木を買ってきました。
なにせ キンカンも枯れる 山里の冷え込み 大丈夫かなあと見守っておりましたが、どうも元気が無く、やっぱり無理なのかなあとあきらめかけてきた 初夏。
急に新芽がどんどん出て あおあお茂ってきました。
あら うれしや根付いたわ、と喜んでおりましたところ、、
a0236300_15002475.jpg
つやつやの葉っぱの先に ころんと 白いものが、
わ 蕾がついた!
なんてかわいいのでしょう。
a0236300_15013245.jpg
そして開花しました。
美しいこと。
鼻を近づけてみますと かすかに柚子の香りを含んだ あま~い香りが そこはかとなくします。
ふわ~ん しあわせ~。
柑橘類は みなだめになっているので その花をまじまじ見るのは 初めてです。

実がなるかしら、大きく育ってくれるかしら。
何年か先の 柚子ジャムを夢見てしまうのでした。


で 今日は曇っているし 涼しいので 菜園仕事 せっせせっせ。
今のうちに やっておかなくてはならないことが いっぱい なのに 柚子で喜んで こんなことを書いているのでした。



#柚子 花

[PR]
by fuko346 | 2017-06-08 15:08 | 山里便り | Comments(2)

強気の山椒

庭(敷地内)に そこそこ大きな山椒の木が4本。
一本は植えたものなのかどうかはわからず 以前からあったものですが、いつのまにやら あちこちに増えて、4本。
熟した身はそれなりに美味しいらしく 鳥が食べるのか 年々 さらに かってに生えて増えています。
新芽 鹿も食べませんしね。
で、それは皆 実山椒なのでした。
さて 収穫の時期が今年もやってきました。
a0236300_20030544.jpg
実のついた房の数はそう多くありませんが、 一房についている数が とても多いです。毎年 按配が違うのは何が影響しているのでしょうか。
a0236300_20043644.jpg
トゲ
うちの子たちは なかなか強気なのです 寄らば刺すぞ。
この枝は昨年のもの、かた~い です。
a0236300_20054531.jpg
実を採るためと巨大化防止のため、この時期に 丸坊主近くにしてしまうのですが 翌春、勢いよく新しい枝がどんどこ生えてきます。なんとなく優しげな色をしているこの春の枝、ですが この棘も強気、です。
こんなものははっきり見えるのでよけますが、それでもたまに あいたた、となり、実の付いた房の根元ににも、小さな棘は生えており それには 取り入れ中 しょっちゅう ちくちく 刺されてしまうのでした。
でも 食べられるものには貪欲に かまわず収穫。
a0236300_20092908.jpg
山椒の木 二本分 二時間かけて収穫した物 右。
左は 実の小枝をとったもの この小枝取りが 手間 です。
新鮮な山椒を料理に使える喜びをかみしめつつ 地味に 作業をするのでした。
昆布と炊いた佃煮を作った 余りは 冷凍保存、一年かけて ちびちび使います。

と 毎年の山椒仕事でした。



#山椒 収穫


[PR]
by fuko346 | 2017-06-03 20:13 | 山里便り | Comments(0)

モリアオガエル と 睡蓮

庭(敷地)には 池 大 中 小 があって、あ ご存じの方はにはしつこいけど、お庭にあるきれいな池、ではなくて、山からの流れがたまっているところ、とご想像ください。
その池 大 に 毎年 梅雨の時期に お客さんが山から下りてきます。
a0236300_10572001.jpg
モリアオガエル 産卵しました。
まだ 早いのじゃないかなあ、このところ雨が少なくて 池の水 減っているし 大丈夫かしらん。
どうして いつものように 横に生えている椿の枝 にしないのかしらん。
危なっかしい場所に見えるけど。
まあ カエルにはカエルの考えがあるのでしょう。
クワココココ の 鳴き声もまだ少なくて これからが本番、これはまあ 先発隊、ということか。

a0236300_11030513.jpg
a0236300_11134554.jpg

水連は けっこう大きな株をいただいて あちこちに分けたのですが、それぞれ その入れ物の大きさに応じて育っており、池 大 のものは のびのびと大きくなっております。
せんだって紹介した メダカ鉢のものより 葉も花も 数倍大きく立派です。
もっと増えて 睡蓮があちこちに咲いていたら きれいでしょうね。

このつんつん している葉は 黄色と紫 ショウブだとおもうのですが それはきれいに咲いていたのです。
なぜ 葉っぱだけ。
そうです 犯人は 鹿 です。
葉はまずいらしく 新芽のときにちょこっとかじるだけ、花茎は 美味しいのでしょう、全滅です。
まあ この池は 動物たちの水飲み場になってしまっているらしく どうにも仕方がありません。

そうそう メダカも年に数匹ずつ大きくなったものを放しているのですが、それらは え おまえはメダカか?というくらいに巨大化している子もいて 環境いいのかもしれません。
トンボもたくさん産卵にやってきます。

山里 あれやこれやにぎやかになっていきます。

いらん子 も出ますがね(巨大ムカデとか ブユとかアブとかヌカカ、とか)



#モリアオガエル #睡蓮



[PR]
by fuko346 | 2017-06-01 11:17 | 山里便り | Comments(0)

睡蓮とめだか

a0236300_12323819.jpg
メダカ鉢 大 の水連 これは昨日。
a0236300_12334617.jpg
今日 咲きました。
メダカも元気に産卵を始めました。

この時期は たぶん 一年で一番 忙しい。
家の仕事に加えて メダカ仕事や 菜園仕事が一番 たくさんある時期なのでありました。
あっつくなる前に さぶいときにはできなかった お掃除もしてしまおうと企むので 家事も増えてしまいます。 それに 今年はいつまでも冷える日が多く 出たままだった 冬道具も仕舞わなくてはなりません。
先日 やっと ホットカーペットを仕舞い、ベットを冬仕様から初夏仕様にしました。

昨日は 久方ぶりに雨が降って 土が柔らかくなったので 草取りと 野菜と花しごとを 半日したら、今朝 体中が痛くなっていました。
むうう もう運動不足もはなはだしい、です。

なんていっているうちに 山椒仕事と梅仕事が始まります。

やっても やっても 片付かないのは 仕方がなくて 仕事は つぎつぎ 現れるのでした。
家も 庭も 広すぎて そして物が多すぎる。

そんなことを言っていられるのは 贅沢なことだと 思いますけれども。





[PR]
by fuko346 | 2017-05-26 17:01 | 山里便り | Comments(6)

もうすぐ、、、

帰宅すると 山里は目を見張るほど 緑が 増えていました。
敷地内では 次々といろいろな草木の 開花が 進んでいます。
少し ご紹介。
a0236300_09571784.jpg
私 もう少しで 咲きます
ミニバラ 葉も生き生きと輝いていて 今年も元気です。
a0236300_10000245.jpg
私も もう少しで 咲きます。
ヤマシャクヤク 蕾のうちからアリがあがってきます よほど美味しい匂いがするのでしょう。
a0236300_10013808.jpg
私は もうちょっとかかりますけど 咲きます。
ヤマアジサイ アジサイたちも順調に蕾がふくらんでいます。
a0236300_10030752.jpg
私は もう 咲きました。
オキナグサ 花も可愛いのですが このほわほわも なかなか見事です。

敷地のあちこちに いろいろな色のサツキも咲きだして、これからしばらくは 花の途絶えない 山里です。





[PR]
by fuko346 | 2017-05-16 10:05 | 山里便り | Comments(0)

ぜんまい の 綿

a0236300_11441563.jpg
タケノコを採ろうと うろうろしていたら 目についたので ついでに収穫してみました。
蕨にゼンマイ。
例年は鹿の口に入ってしまうのですが どうも ちょと余所に行っているらくし ちょっぴり採れました。
a0236300_11460731.jpg
で、 ゼンマイの綿毛。
ぜんまい紬というものがあるので どういうことなんだろうと不思議だったので、この綿毛をとってみました。
a0236300_11475150.jpg
ゼンマイの綿毛なんで どう集めるのだろう どう紡ぐのだろうと 不思議だったのですが、綿毛は簡単にむくことができました。
a0236300_11491339.jpg
綿 そのもの です。
ちょっとめ には 茶綿と見まがうかもしれません。
そういうことだったのか と 納得。
a0236300_11505157.jpg
これは 私の持っている ゼンマイ紬 です。
横糸に ちょぴちょぴ と ゼンマイが織りこんであります。

ゼンマイの綿を 布に使うという先人の知恵はすごいなあ、と思います。
丈夫になるし 糸の足しになるし 防虫効果もある と聞きました。
ただ これくらいの量だと 野趣のため、でしょうが 横糸だろうとは思うのですが 全部ゼンマイの紬糸を使ったものがあって それは ゼンマイの量もたくさんで 手もかかり高級品 なのでした。
布の味も特別で いいなあ、と 眺めたことを覚えています。

ともあれ ゼンマイなんか 布になるのか? という私の謎は解けたのでありました。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-19 11:57 | 山里便り | Comments(8)

むくむくっと

a0236300_10320047.jpg
むくむくっと 出てきた タケノコを むずとつかむ の図。
今年のお初は 大きさも形も 上出来です。

ああ 美味しかった。
これから しばらく タケノコ狩りが続きます。

年々 早くなっている タケノコ。
もしや、と ふっとぬるい空気になった日に竹藪に行ってみたら 出ていました。
もしや だったので 少し驚きます。
10年くらい前は 五月の連休くらいだったのですから。

氷点下の最低気温 冷たい春が うそのように ぼんやりとした 暖かい空気になっています。
カエルたちも 出てきて 大合唱が はじまりました。
以前のように すべてが 徐々に 徐々に ではなくて 一気に になっています。

早春からの 好ましいあわあわとした春がなくて 初夏になってしまったみたいです。





[PR]
by fuko346 | 2017-04-16 10:40 | 山里便り | Comments(0)

ちら ちらちら

しばらく留守にして帰ってきてみると まだ冬枯れていた 敷地に かさこそ動きが見えます。
a0236300_22440539.jpg
シャクナゲのつぼみが どんどん膨らんでいますが、ほとんどは まだ緑色。
ですが、
a0236300_22451084.jpg
ちらっと はなびらが 出てきている子も います。
鮮やかな色ですねえ。
で、
a0236300_22460343.jpg
この子は ちら ちらちらちら
こんなに色が吹き出てしまっています。
一本の木で この差が出るのはどういうことか。
日当たり ということではなさそうです。
蕾 ひとつ ひとつにも個性があるのでしょうか。
面白いです。

この春の進み具合は遅くて 山里のソメイヨシノは まだ 五分咲き、です。
春爛漫は もう少し 先でしょうか。




[PR]
by fuko346 | 2017-04-12 22:49 | 山里便り | Comments(2)

春告げ花

小さな流れのそばに オウレンが 咲き出しました。
a0236300_10525955.jpg
丈 5cmくらいの小さい花ですが、あたりが枯れていて茶色一色なので 目立ちます。
今 敷地では イヌノフグリやタネツケバナが咲いていますが、これは まだまだ冷たい風が吹いて ときおり暖かい陽がさす時には開花してしまいます。
オウレンは 毎朝氷点下で氷が張っていても、「あ、もう春だな」と確実に感じるゆるみが到来したときに咲きます。
空気感が変わった時、毎年咲いている場所に探しに行くと きちんと咲いているのでした。
自然はちりぎ なのでした。
a0236300_10533192.jpg
小さい花ですが 造形は複雑 豪奢。
美しくなりたい という 意志があるように感じます。

オウレンは漢方薬で 根を薬にするそうです。
でも お腹が痛いからといって 煎じて飲む勇気は ありません。






[PR]
by fuko346 | 2017-03-24 11:09 | 山里便り | Comments(4)

春の苦み

a0236300_15100288.jpg
蕗の薹 収穫 第一弾
そろそろ 数がそろうかなと 見に行きましたら 十分な数。
今夜のメニューは てんぷら です。

菜園 今はネギくらいしか 食べるものがありませんが、こうして 土の恵みが 顏をだします。

このところの山里の天気はめまぐるしく 変わり 晴天 にわかにかき曇って 大粒の雪、みぞれ、または 雨、と 思ったら 晴れ、という あんばい です。
朝方の最低気温は まだまだ氷点下で メダカ鉢には 氷がはっては 溶けています。

冬の名残と 早春が 綱引きをしているようです。




[PR]
by fuko346 | 2017-03-10 15:17 | 山里便り | Comments(0)