人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

お気に入りの 牛首紬


a0236300_11334919.jpg
きもの 牛首紬 胴抜き
帯   織 八寸 秦荘(図案は洛風林)

以前から見て下さっている方々には あれこれ同じものを着まわして 目新しくないので恐縮ですが。
これは お気に入りの いかにも牛首、という一枚です。
少し前まで 牛首は見ればわかったものですが 染め下地に使うようになってから、もしくは今風に色柄を増やしてから なんだかわからないものになってしまいました。(個人的意見)
より高価にたくさん売れるように という気持ちはわからないではないのですが、各地に残る紬たち、それぞれ個性的で魅力的。その布の 美しさと風合いを愛でる ヒトにとっては なんてもったいないことをするのだろう、と思います。
ひとときは 珍しがられても おそらく その土地の紬としての価値は下がってしまう、と私などは思います。

今日はお茶の稽古。
お仲間が 牛首を見たい、というので着ていきました。
帯も小物も このぐらいかなあ、という押さえ方をしています。

私のまわりには きもの繋がりのお友達が多いので いつもは感じないのですが、きものを着ているといっても、各地の紬のことを知っている人はほんとに少なくて ああ そういうことなのだなあ、と思います。
もったいないなあ。
あれ 私がかわっているだけ かしらん。

おっとお稽古の覚書もしておかなくては。
茶壺の拝見、が本日のメインでしたが 年に一度ではとても覚えられそうにありません。
ころころと転がして見る、のには ちょと驚きました。
はい お稽古場は 炉 になりました。




by fuko346 | 2017-11-16 11:55 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)
Commented by Medalog at 2017-11-16 14:15
大胆な織の帯、赤い帯締めに緑の帯揚げという強い色柄の組み合わせでありながら、牛首紬としっくりマッチしていて、かといってお互いに溶けこむわけでもなく、とても素敵です。
後ろの落ち葉がさらに引き立ててくれていますね。
同じような気温でも背景が春の桜なら違う小物の組み合わせになりますものね。着物の楽しみがこの一枚の写真に詰まっていますね。

茶壺をころころと転がして見る、って面白いですね。
そのような動作も上級者なら優雅に見えるんだろうなあ。
自分がやりたいというより、どなたかが転がしながら拝見しているところを見てみたいです。
Commented by fuko346 at 2017-11-16 22:00
> Medalogさん
背景に気付いてくださって ありがとうございます。
モミジが散っていたので 一緒に写ろうと思いまして (^O^)
で 赤い帯締め です。(うちのこは今年は赤くなりませんでしたが)
おっしゃるよに 小物をほんわり春色にすれば 春を楽しめます、きものって
楽しいですよね♪

ころころ いえ 私上級者じゃないし。
この口切りのときの お作法の練習なだけ です。
それらしく すましていることはできますが、、、すぐにぼろがでるのでした。 笑
Commented by さくらこ at 2017-11-19 15:37 x
太子間道好き~~
茶壷ころころ、は口切だけのお楽しみですね。
あの紐が何度見ても判らんです。
判らんようにしてあるのだろうけど。
Commented by fuko346 at 2017-11-20 10:06
> さくらこさん
ですよね これ 太子間道 変形バージョンですよね。
私も 大好きです。

あの紐ねえ、、、、
大事なものを守るために 他者にはわからんように 難しい結び方を
いろいろ発明したそうですが あれはあれで あそこまでしなくても
と思います。