月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

かなしき 廃業

年賀状を見て ああ と 力が抜けるような
a0236300_10112756.jpg
素晴らしいお湯のある 一軒宿 兎口温泉 植木屋さんから 廃業のお知らせ、です。
雪おろしが もう 大変で、と女将さんから聞いていたので びっくりはせず ああ、もう限界だったのだなあ、と ため息をつきます。

ほんとにいいお湯で 家族経営で いいお宿だったのです。
とても かなしくなりました。

ここに限らす ネットなどを調べていると おお 良さそう、と思って調べてみると 廃業しました、と 目にすることが多いのです。
私が いいな と思うのは お湯が湧いているから ここに 温泉宿があります、という場所で、にぎにぎしていなくて 静かで こじんまりしていて、家族経営の お宿、です。
だいたい 人里離れていています。
子供の世代は 町に出てしまい 継ぐ人がいません。
温泉ブームの昨今 有名な温泉地や 有名なお宿は 賑わっているようですが、そういうひなびた温泉宿には そう人はいきません。
じみ~で 古くて きれい とは言い難い。
でも お湯は素晴らしい。

残念至極 であります。
あのお湯に もう 入れないなんて。




[PR]
by fuko346 | 2018-01-22 10:23 | 山と温泉と旅 | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2018-01-26 09:57
この間テレビを見ていたら、海外からのお客様で賑わう温泉も
だれも後を継がないために閉館しますというレポートやってましたけど、
全国にそういうのがいくつもあるんだそうで、、、。
温泉だけでなく、独創的な中小企業も同様だそうで、、、。
そんな風に細ってゆくときは細ってゆくものなのかもしれませんね。
もっと先の未来には、また其処此処で新しく起こると思いますが
すぼんでゆくのを見るのはやっぱり一抹のさみしさがありますねえ。
Commented by fuko346 at 2018-01-26 21:57
> team-osubachi2さん
そうですね、ここも100年前には無かったわけで。
でも ここのお湯 かなり特別なんです貴重なお湯なので ほんと残念です。

今年の豪雪 持ちこたえられなかったかも、なので 正解 だったの
かもしれません。